めざせ中医学的健康生活

日本人中医師による美容と健康に役立つ情報。「未病を防ぐ」をモットーに心と体の健康を保ち、毎日楽しく暮らせますように♪

土も体も通り良く

2022-05-25 | Weblog

我が家の家庭菜園はベランダでのプランター栽培です。

春に増やした分から虫が出てきていて、様子を見ていたのですが…

日に日に増える虫に、もう見過ごせないなと諦めて土の総入れ替えをしました。

 

原因はわかっています。

水捌けが良くない。

そう、通りが悪いのです。

ミントの鉢からもキノコが出てきていますし。

 

 

幸い昨日の予定は後日に移動できたので、朝から鉢をひっくり返し、ストックの赤玉土を混ぜて手で撹拌し、鉢底用の軽石を入れ直して、新しく水捌けが良くなったはずの土を入れていきます。

昨日は風も心地よく、外で作業をするには本当に良いお天気でした。

本当は午前中だけで終わらす予定でした。

土もちょうどなくなったし。

 

デモ

 

どうせやり始めたなら!

 

と、追加の赤玉土を買いに走り、夕方まで作業に没頭することに。

14ℓの土は5キロの米袋以上に重くて嵩張ってリュックが悲鳴をあげていました…

 

今回の問題になったのはキノコバエですが、アブラムシに、ハダニ、ネキリムシ、コナジラミもいて、それぞれの被害が多くなってきました。

植物も健康なら害虫に負けないようなので、土の環境を良くしてあげたいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豆ご飯

2022-05-24 | 薬膳&食療(野菜)

今年もいただけました。

大好きな緑のお豆の豆ご飯。

一緒に炊き込むので仕上がりの色は悪いですが、味はこっちの方が好みです。

 

今年のお豆は痩せ気味…と言うわけではなく、実はこの子たちはサヤエンドウ。

絹サヤです。絹サヤとしては成長しすぎた子達。

ならば豆としていただきましょうとお豆を取り出したわけです。

 

すると気になるのが鞘部分。

もう硬くなっているかな?

でも、豆を取り出すときに脆くて取り出しにくいのが多かったぞ。

と言うことは…

 

 

実験隊の血が騒ぎます。

 

 

間違いなく硬いであろう両脇のスジをキッチンバサミで切り取りまして

 

 

 

透明感のある明るい黄緑のサヤ部分だけになりました。

 

 

いけそう。

 

 

ちょうどフライパンが空いていなかったので、簡単にレンチンで加熱。

その後斜めに刻んだら「なんの野菜?」と思える千切りの出来上がり。

自然な甘みと豆らしい味で美味しかったですよ。

 

楽しかったー!

 

 

あ、緑のお豆は脾を健やかにしてくれます。

梅雨に備えるには最適の食材ですよ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

弱点

2022-05-21 | 健康・養生

鼻水が出る。

下痢をする。

便秘になる。

浮腫む。

食欲が落ちる。

胃もたれがする。

目におできができる。

口内炎ができる。

腰が痛くなる。

 

等々、色々あるプチトラブル。

どうして私はいつもこうなの?

嘆きたくなるプチトラブル。

同じように冷気に当たっても、鼻水が出る人もいれば、下痢になる人もいるし、便秘になったり、腰が痛くなったり。

 

どうしてこうなるの?

 

患者さんは理由を知りたがりますが、検査でもわからない事は沢山あります。

検査でそれなりの結果は出ても、ではなぜそうなったのか?はわからないことが多いです。

 

でも、中医学には、「正気存内、邪不可干。」と言う大原則がありまして。

つまり、そこが弱点だからです。

守りが不十分だから、内外の病因の影響を受けるのです。

 

なぜそこが弱点なのか?

 

それは遺伝とか、生活環境の影響等かな。

 

探っていくと対策もわかります。

 

繋がりがあっておもしろい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桑男でした

2022-05-20 | Weblog

今年は花が咲いたので「雌だった〜♪」と喜んでいた桑の木。

しばらくしたら花がボトっと全部落ちまして。

え?

受粉が上手くいかなかったのかな?

 

と軽いガッカリをしていました。

 

 

この時はまだ無意識のうちに事の核心に触れるのを避けていたのかもしれません。

 

 

先日、現実に向き合わなければと、桑の木の雄花について調べたら、向き合いたくなかった現実がそこにありました。

雄と雌で木が分かれていると言うことは…

雄の木は雄花を咲かせるのです。

 

 

我が家の桑は雄の木で雄花を咲かせていたのです!

 

 

あああああああ、、、

脱力。

 

 

桑の葉茶でも作って飲んでみようかな。夏風邪をひいたら試してみようかな。

できればそんな機会が訪れない事を願いますが。

あ。

我が家には大黒柱と言う被験者がいましたね。

熱がある時は味覚も鈍るので、良いかもしれません。

 

ふふふ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

頭の体操

2022-05-17 | Weblog

猫から引き出しの中身を守る為につけたチャイルドロック。

小さな子供が引き出しを開けないようにするものだそうで。

我が家の引き出しや開き戸は使用対象に適合はしないのですが、無い知恵を絞ってなんとか取り付けてみました。

一応機能しています。

一部爪と牙で破損はしていますが…

 

しかしこのロック、本来の使用方法とは異なる取り付け方をしているためか?とにかく開閉がしづらいです。

なかなか上手くはまらなくって、ものすごく時間がかかります。今ではかなり開閉頻度が減りました。

ほぼ使わないものを入れるか?何も入っていないかの状態。

 

それって意味あるの?

 

そう思って何も入れずにロックもせずに一晩過ごしたら、翌朝引き出しが全開していて、その奥から入って上の引き出しに入り込んで食料を…

 

 

そうか!

 

その手があったか!

 

 

と言うわけで、今は回収前のトレイやら牛乳パックを入れているのですが、ロックを触らず上の引き出しを全開してその奥から放り込んでいます。猫からの学びを利用。転んでもタダでは起きません。

 

 

何も入れないにしても、侵入経路を塞ぐ為にロックをせざるを得ない引き出し。

 

猫と暮らすとボケ防止になりそうです。

 

それにしても

生米を喜んで食べる猫って…

炊いたご飯もすっごく好きで隙あらばと狙うし、茹でたカボチャやサツマイモも大好きで匂いがしたらすっ飛んでくるし、面白い猫です。

試しにもう1匹の猫にもあげてみたけど、食べないどころかシャーって怒られました。(汗)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

成長の季節

2022-05-16 | 二十四節気

夏は成長の季節です。

緑はぐんぐんと伸びて葉を増やす季節。

人間だって成長します。

成長期を過ぎた大人は、、、、新陳代謝が活発に。

傷の治りも早くなるかな?(笑)

 

精神的にも逞しくなれるといいですね。

え? これ以上?

いやいや、まだまだ逞しくなれそうです。

 

梅雨入りしたかのような天気が続きます。

脾を労って過ごしましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オアシスを探そう

2022-05-13 | Weblog

サバ缶

オートミール

 

これらは私のオアシスでした。

楽もできるし、美味しいし、価格も控えめで、体にも悪くない。

困った時にはとても助かる救世主的な存在でした。

 

ブームになる前は。

 

 

と言うわけで、新たなオアシスを求めて彷徨い中です。

でも、ストレスになっては本末転倒なのでセネバで積極的には探しません。

そのうち出会いがあればいいな。

 

 

皆さんのオアシスはなんですか?

多種多様であればいいですね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏は麦

2022-05-12 | Weblog

最近のお気に入りコースは麦畑の横を通ります。

夏といえばの素麺を始め、麺類の消費が伸びそうな感じですが、小麦は涼性なので、麺類を求めるのは季節に合った体の反応かもしれません。

同じ小麦製品でもパンは高温で調理されるので温性になります。

男子(陽)に麺好きが多く、女子(陰)にパン好きが多いのもなるほどなあと感じます。

面白い。

 

モチロン、男子の中にも冷え性タイプがいたり、女子にも熱が多い暑がりさんがいたりと様々だし、食の好みも様々ですから一概にはいえませんが、これについてちょっと調査してみたいなあと以前から思っています。

 

 

 

ここからは大黒柱さんのお話。

くだらない話なので心と時間に余裕のある方だけどうぞ。

 

我が家の男子である大黒柱さんは麺好きです。

そしてパンも好き。

だけど、パンへの愛が芽生えるほど好きなわけではないようで。

幼少期からの刷り込み…と言うよりむしろ思い込み的な感じで朝食はパンでないとダメらしい。

 

彼の思い込みは体調にすら影響するので、蔑ろにはできません。

あとあと厄介なことになるので、決して彼の意思を尊重するためではなく、自己防衛の為に従っています。

もう、ごねた者勝ち(笑)。

 

そう言えばこの週末、最近食の不摂生(夕食後のビールと多目のスナック菓子)が続いていたので、

「明日天気も良さそうだし走りに行ってきたら?」

と提案して、

「その為にもスナックは早めに切り上げて早く寝た方がいいのでは?」

と助言したのですが、いつも通り一袋を食べ尽くすまで楽しんでから就寝。

 

翌日は昼前に走りに行ったようですが、帰宅後にぐーすか寝ていたようで…「週末だけでいいから。」とお願いしている夕食のご飯炊きを放棄してました。

私は午後からの家族代表で参加する用事の為に朝から出かけていて、夕方遅くに帰宅したらボーッとした大黒柱さんに迎えられたわけです。

 

さては、ずーっと寝ていたな!

4時間もオネンネ!

 

「寝てたの?ご飯まだ炊いてない?」

と聞きつつ急いで炊飯。すると、

 

 

「疲れて寝てしまった。もう走りに行くのはやめる。」

 

 

なんて言うではありませんか!

まるで私が走るのを提案したせいで疲れて寝てご飯炊きができなかったかのような言い方!

 

 

は?

 

 

 

いやいや、夜早く寝てればそこまで長く昼寝する必要も無いでしょうに。

と言う感じのことをやんわり言ったら、「それは関係ない。」

ですって!

 

 

ほー

 

へえー

 

そうかそうか、きっとママに「〇〇くんは悪くないよ、悪いのはアレだよ。」って大事に大事にされて育ってきたんだな。

 

そりゃあ仕方ない。

と思うことにしました!

 

そして一昨日の夜…

一度寝に行ってから起きてきてゴソゴソと薬箱を漁る大黒柱さん。

どうしたのかと尋ねると、歯茎が痛いから痛み止めを探しているとのこと。

 

そりゃあ、あれだけ不摂生が続けばねえ。

自業自得です。

こればっかりはママもどうしようもできないみたい。(笑)

あ、「私が走りに行くことを提案したせいかな?ゴメンねえって。」言っておくんだった!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

変化を恐れずに

2022-05-09 | Weblog

先日久しぶりに歩いて近所のお店に買い物へ。

雑草の緑がいい感じでした。

空気も澄んでいて心地よい。

緑が好きな私は、今から梅雨までの季節が一番大好きです。

ものすごく健康体ならば梅雨の緑だって瑞々しくて好きになれそうですけどね。

 

私と同じように梅雨時の湿気に弱い人は、脾が弱い人が多いと思います。

脾だけの問題ではないですが、日本人は脾が弱い人が多いですから。

脾を守るにはいくつか方法がありますが、これまた日本人に多いストレスも、積極的に回避したい。

ストレスを周りに撒き散らすような人は、ある意味無敵な存在なので、自分の身を守る為には回避する方が疲れずに済む様な気がします。

かと言って相手が一切変わらないのも理不尽な気がしますけどね。

難しい。

カウンセリングでも突き詰めていくとこの手の話になることが多いです。

 

でも、やっぱり「できることから」と考えると、自分の身を守る事だと思います。

自分の事は自分でコントロールしやすいし、上手くいかなくても幾らでもあの手この手と自由に手段を変えれます。

相手は「自分を変えれない可哀想な人」だと思って、自分が変わってあげましょう。

変化は大変だったり勇気が必要だったりしますが、新しい世界が広がります。

きっと楽しみも幸せも広がりますよ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の空気

2022-05-08 | 二十四節気

今年の立夏は5月5日。

朝から天気も良く夏を感じる一日でした。

私は朝から外に出ていたので午後3時過ぎに帰宅した時にはグッタリでした。

水分が途中で切れまして。

走れメロス事件(!)の日ほど酷くはありませんでしたが、そろそろ水筒を500ミリから750ミリに変更した方が良さそうです。

 

一年で一番活発に活動する時期で、新陳代謝も活発で、夜の睡眠時間も短め。

そんな夏なので、養生ではお昼寝をオススメしているわけですが…

この忙しい現代社会にそんな悠長な!

と思う人が多そうですね。

 

お昼寝は難しくても、5分でも、3分でも、安静モードでお休みすることをお勧めします。

お昼休みもとれないほど忙しい人もいるかもしれませんが、なんとかスキマ時間を作って、机に突っ伏したり、椅子に深く腰掛けて壁にもたれたりして、目を閉じて暗くしてジッと静かに過ごしてみてください。

省エネモード。安静モードをイメージして、できるだけ心を無にして頭も休めてくださいね。

私は在宅の時は床に寝っ転がってヨガの死屍のポーズをやります。

重要なのは暗くする事。

カーテンを閉めるのは大変なので、自分だけ色の濃いめのタオルを顔にかけたり、本を被せたりします。

本には良くないんだろうけど、本の重みが結構好きだったりします。

 

眠れねくても大丈夫。

じゅうぶん休まりますから、とにかく静かに。

午後からの疲れや眠気が辛い人も、そうでない人も、是非お試しください。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする