ゆみねこ日記

アラ還おばさんの日常日記です。

ひよっこロス

2017-09-30 19:59:07 | 日記
毎日楽しみに見ていたNHKの朝ドラ「ひよっこ」、とうとう今日で最終回。

今季の朝ドラは、何かを成し遂げたり、何者かに成長したヒロインではなく、
ごく平凡な田舎の女の子が、出稼ぎに行っていた父の失踪で、東京へ出て
家族のために仕送りをし、父を捜す。
そして彼女の成長を、時代の流れとともに描いていて、大好きなものでした。

悪人が出てこない、ほっこりとしたストーリーに毎回笑ったり涙ぐんだり。

あの時代をリアルに過ごしていた人間としては、バックに流れる音楽や
その時代の空気感を懐かしく感じていました。

みね子の成長と幸せをたっぷり堪能した半年間、終わって寂しくてしかた
ありません。


しばらくひよっこロス状態になりそうだなぁ。。
コメント

自分にお祝い(笑)

2017-09-27 08:04:36 | スィーツ
めでたく、いや、本音を言えばあまりめでたくもない私の誕生日でした。

娘たちからはラインでお祝いメッセージ(笑)

読書メーターでつぶやいたら、大勢の人からナイスボタンとメッセージを
これもありがたいことですよね。


そして誕生日なので、ケーキ屋さんのケーキを♪
駅前に行こうかと思ったけれど、地元の美味しいと評判のケーキ屋さんへ。

ブルームーンさんという小さいけれど、素敵なお店で。
ずらりと並んだラインナップから4種類をチョイス。

秋なので、栗やチョコレート系のが美味しいかな~?って思ったのですが
選んだのは次の通り。


抹茶のチーズケーキ。
これは濃厚な美味しさ!
買ってきて真っ先にいただきました。






そしてモンブラン!
これ、食べるの楽しみだったのですが~~(笑)
夕食後ダンナがこれが食べたいって言って、食べられちゃいました^^;
味見だけしましたが。






ぶどうのタルト。
こっちをダンナが選ぶと予想したのに、見事外れwww
私が夕食後にいただきましたよ。
もちろん、これも美味~。
クリームは甘さがほど良く、ぶどうの甘みとバランスも良かった♪






最後はいちじくのタルト。
こちらは今朝食べました。
いちじく、大好きなので、この季節なら外せない!
こちらも美味しかった~。
いちじくの食感、プチプチした舌触りとクリームの相性は最高でした。






最近はコンビニやスーパーでも、手軽にスィーツを入手出来るけれど、
やっぱりケーキ職人さんの手によって作られたケーキは最高。


普段節制して、たまにこういうお店のを食べた方が、ダイエット的にも
良いのでしょうね。

日ごろの食べ方を見直して、記念日とか特別な日に、美味しいものを食べよう
と思った次第です。












コメント (2)

野草園・萩まつり

2017-09-25 22:22:28 | 花と緑
大好きなスポット、仙台野草園へ。

仙台と言えば「仙台萩」、こちら野草園はまさに萩の公園です。


広い園内は、萩の花が咲き乱れ、とてもキレイ。
そして萩の花の香りも、柔らかな甘い香り。


日曜日のお昼前に行ったのですが、平日に行くことが多かったので
人が大勢いて、ちょっとビックリ。

萩まつりの最終日ということで、園内の広場ではお琴や和楽器の演奏
も行われていて、とても気持ち良かったです。














彼岸花や梅もどきの赤い色もキレイ!










秋の草花もおとなし目だけど、可愛いですね!











抜けるような青空、すっきりと高い空でした。








コメント

秋のバラ

2017-09-24 13:47:06 | 花と緑
農業園芸センターのバラ、秋もまだまだキレイでしたよ。


春に比べるとお花は小さくて、数も少ないけれどね。


バラ、見ていると癒されますね~。
















コメント

仙台文学館・上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展

2017-09-23 13:31:21 | 日記
大好きな上橋菜穂子さんの、精霊の守り人。

シリーズは文庫本で全部そろっています。

NHKでドラマ化されて、主人公の女用心棒・バルサを綾瀬はるかさんが
演じていましたね。


今年の春、第2シーズンが放送されて、いよいよラストシーズンの放映が
11月から。


地元で上橋さんの展示会がみられるなんて、ラッキー!
平日の午後、一人で出かけて来ました。

文学館は2度目、駅前を通過してゆくのが最短距離なのですが、運転する
のが駅前はちょっと苦手なので、遠回りして出かけました。


うん、やっぱり上橋さんは素敵!

「鹿の王」が本屋大賞を取って、すごく嬉しかったんだよね~。

お忙しいとは思うけれど、そろそろ新作を出して下さることを待っています~。



















コメント