ゆみねこ日記

アラ還おばさんの日常日記です。

酔芙蓉

2016-09-30 22:32:43 | 花と緑
ご近所のお宅の庭に紅白の美しいお花が。

芙蓉の花ということは知っていましたが、白い方が酔芙蓉という種類だと。
朝花が開いたときは純白、夕方近くになるとほんのり赤く色づいて、花が
終わってしぼむ時には赤くなるのだと。

ちょうど読み終えた本が、須賀しのぶさんの「芙蓉千里」シリーズ三部作で
酔芙蓉ってどんなお花かな?って思っていたのです。


綺麗ですね~って言うと、持って行ってよ~っておっしゃって赤いのと
酔芙蓉を一枝ずつ下さいました!

ただこのお花、すぐにしおれちゃうから今日一日のお楽しみねって。


確かに活けてから数時間でくたっとしおれちゃって。

でも、お昼頃にいただいてきたときは真っ白いお花が、夕方過ぎには
ほんのりとピンクに!









このお花は、やっぱり切り花ではなくて自然に咲いているのが良いですね。


香りは全くと言っていいほどないのですよ。

コメント

うーー!

2016-09-29 21:09:16 | 日記
9月7日に受けた健康診断の結果が届きまして。

結果はD判定、要精検。

なんで~~?

2年前にピロリ菌の検査をして除去成功してたけど、今年からピロリの
検査も健保組合が負担してくれることになったので、受けたら。。
結果はプラス。

もう~~、なんだよ~。

まあ、11月にコレステのお薬をもらいに行くときにこの検査結果を
持っていくのでそのときにまた受診してまたお薬かな?
こんなことってあるのか。

一度除去しておけばもう大丈夫って言われたのになぁ。


あとは、まあ異常はなくて。

でも、あと4~5キロは落とさないとヤバいわ。

ヘモグロビンA1cも、やっぱり数値が悪くなっていた。
これはね、自覚してます。
今年はアイスを食べ過ぎてる。
やっぱり自制しないと。

この頃、アイスが甘過ぎて美味しく感じないのです。
これを機に減らそうと思いますわ。

冷蔵庫にアイスの買い置きは控えます。
お出かけのときに、美味しいジェラートやソフトをたまに食べる。
そんな感じで頑張ってみよっと!
コメント

5年の差

2016-09-27 10:23:27 | 日記
昨日、誕生日でした。

先週金曜日に免許証の更新に行って、ゴールド免許なので5年間。
5年前の自分と、今回免許更新で撮った写真の差!

いや~、月日の流れは残酷です。
前回はさほど5年の差を感じなかったけれど、今回はかなり。。

体重が増えたので、フェイスラインは崩れているし。


土曜日にお祝いでお寿司屋さんへ。
駅ビル地下のお店。
このボリュームで、お手頃な値段にびっくり。
回転すしでちょっと高価なものをあれこれ選ぶより、お得感ありです。

良いお店を見つけました~。






お寿司で満腹の私、そのあとダンナに付き合ってオクトーバーフェストへ
行きましたが、ウーロン茶飲んだだけ。


1週間開催期間があったけれど、今年は雨降りばかりでようやく晴れた
この日はすごい混雑。
やっと座席を見つけて座りましたよ。

行った時間帯が悪くて、ドイツ人の生バンドではなく、若手の日本人バンド。
やっぱりドイツの方々のステージを見たかったなぁ。






コメント (2)

秋刀魚

2016-09-25 21:53:50 | 料理
秋の味覚、色々ありますが、やっぱり秋刀魚!

我が家のグリルだと、尾頭付きは無理なので頭は
落とします(*^ー゜)

去年大ブームになった、大根おろしアートで猫を
あしらってみました。
形は簡単ですが、海苔を小さくカットするのが
難しい!
目は黒ゴマで、つぶらなお目々に(*^▽^*)





美味しかったです。


コメント

河童

2016-09-22 15:36:27 | 旅行
先週土曜日、遠野物語で有名な、あの遠野へ。

釜石を先に観光し、帰りに立ち寄ったのですが、見たのはここだけ。

河童淵です。






お寺の境内には、カッパの狛犬!





伝承によると、いたずら者の河童が、馬を川に引きずり込もうとしたら
村人につかまり懲らしめられた。
でも、許してもらえたので、お寺が火事になった時に河童は皿から水を
噴き出して消火させてお礼の気持ちを表した。
お寺では河童の功績をたたえるために狛犬として形を残したと。












なんだか河童が現れても不思議じゃない雰囲気でしたよ(笑)






こんな看板に思わずにっこりw





遠野駅方面で遠野物語館を見ようと向ってみたら、なんと年に一度のお祭り!
大々的に車の通行を制限して、大通りいっぱいに踊りの輪。
町内ごとに踊りが違っているようで、観客より踊り手さんが多かったです。

物語館には行くことが出来なかったけど、また日を改めてゆっくり散策してみたい
遠野の町でした。






コメント (2)