SPROUT-BLOG

outdoor espresso

滑り納め

2020-05-18 | Field
今シーズンの滑り納めは5月15日。

例年になく雪が少なかったシーズンだったけれど、春の気温の低さと、
黄砂や有害物質の飛来がなく、雪が真っ白なおかげで山の雪は長く残りました。

とはいえ、少雪シーズンなので山麓の雪は早くなくなりました。

取り付きまでは道路を自転車で上がります。

キツイと思っていた上りも意外と楽にいけた。
車で上がるよりも鳥や雪解けの水の流れる音を聞きながらの上りは新鮮。


気持ちよく滑れる雪渓を10本近く滑りました。


途中お昼ご飯も食べて、コーヒー飲んで、昼寝もして…。

最後の一本はニセコ連峰に向かって吸い込まれるように滑りました。


最高の滑り納め。

下りはまた自転車。
風を感じながらの爽快な下り。
これも最高。
コメント

夜のスペシャルなまかない

2020-05-16 | Life
山菜の季節。
昼間、山菜採りに行っていたみんなが山菜料理をご馳走してくれました。


春のエネルギーがたっぷり含まれた山菜。
とっても美味しくいただきました。
ありがとうございました!


コメント

昼のスペシャルまかない

2020-05-11 | Camp&Go
雪山シーズンもほぼ終了。
冬の間忙しかったみんなに特別まかないです。
出張ミールス。


さまざまな事情でシーズンの終了がしりすぼみになってしまって、なかなか区切りがつきにくくなってしまった。


スパイスは内側から体を温めてくれて、沈んでいたみんなの気持ちに元気をくれました。



食べ物は力をくれる。と強く感じたまかないでした。


ありがとうございました!
コメント

旅と道具展

2020-05-11 | Camp&Go
5月8日から、Camp&Go White Wall Roomにて「旅と道具展」を開催。
日頃からさまざまなことに取り組んでいる4名の方の「旅」と「その道具」にまつわるストーリーを展示。



仕事や遊び、その人の旅のスタイルからさまざまな表情が垣間見ることができます。


自分の旅の視野を広げるきっかけの一つになったらと思います。


コメント

大きな栗の木

2020-05-05 | Camp&Go
倶知安の街のあるところに大きな栗の木がありました。
保育園や幼稚園の近くで、秋になると子供たちが栗のみを拾って袋に入れて家に持って帰ってきていました。

2018年、台風21号が直撃し、42m/sの強風が町を襲いました。
国道沿いにあった大きな栗の木はとても危険な状態になってしまい、切られてしまいました。

子供たちにとっても大人たちにとっても、とても記憶に残っている木なので切られてしまったのはとても残念でした。

今回tunnelviewの計画を相談にさせていただき、大きな栗の木がまだ保管されていることを知りました。
この何世代にもわたる倶知安町民の記憶に残る木に触れてほしい。
切られてしまったけれど、木の丸太に座ったり、上に乗って遊んだり、テーブルにしたり、
さまざまな使われ方で、この木との思い出をまた新しくを作ってほしい。と純粋に思いました。

ちょうど子供たちがウッドチップを敷き終えた頃、大きな栗の木は大きなトラックに積まれて到着しました。


この栗の木とともに育った大人と子供で設置する場所まで転がして運びました。


丈夫で身の詰まった栗の木はとってもとっても重かったです。
なんとか5ほんの丸太を設置した時にはみんなクタクタでした。


大きな栗の木はCamp&Goの広場tunnelviewに設置させていただきました。
たくさんの人がこの木とともに楽しい時間を過ごしてくれればと思います。
コメント