SPROUT-BLOG

outdoor espresso

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Running Trans JAPAN 3500km

2020-02-28 | Camp&Go
昨年、走って日本一周をした香港のランナーWong Ho Faiのトークイベント。

前日はちょうどSTRIDE LAB NISEKOのグループランの日で、Faiくんも参加。


国際色豊かなニセコ。
夜のナイトランも地元どころか日本人よりも海外からの参加者が多い。


翌日の夜はトークイベント。


トークの内容はとってもポジティブで力をもらえるものでした。


周囲に左右されることなく、自分の選んだ道を進む。

そして実際にやった人にしかわからないことを伝えていく。
そんなFaiくんのこれからの活動にも注目したいと感じました。


昨夏のスコットジュレクが遊びにきた際にたまたま日本縦断中のFaiくんも日程が合ったことで出会ったご縁。
力になるお話をありがとう!


少人数で行ったことで親近感も湧きました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

camp meeting

2020-02-27 | Field
いつからか毎年の冬の恒例となったキャンプミーティング。



例年だとこれは細革ウロコのニセコオートルートの山行計画。

ニセコオートルートは昨年の4月に最高の形でフィニッシュ。
今年はどこに行こうかみんなで山の遠征計画を話し合います。

夜が明け、朝は日の出とともに朝活です。


ここからもうすでに山行は始まっています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

UltraLight Gear Makers POP-UP STORE

2020-02-25 | Camp&Go
2月22日、23日にCamp&GoのWhite Wall Roomで開催された、
「UltraLight Gear Makers POP-UP STORE」
全国各地から個性豊かなガレージブランドの皆さんが集まってくれました!


出展者の皆さんだけでも個性豊かな人がたくさんなのに、それに集まるお客様も個性豊か。
それが集まった空間はたくさんの化学反応が起きて笑いあり、真剣さありと濃い時間となりました。

遠方からの出店の場合、出展者とお客様のどちらがゲストでどちらがホストなのかわからなくなってしまいます。


backcountry geekers equipment
あらゆるアウトドアアクティビティにオーダメイドのULギアを


if you have
東京、長野、高知を経て、現在は札幌を拠点にアウトドアギアをつくっています


ogawand
使いやすさにこだわった、軽量なギアを制作するアウトドアギアブランド


otopuke knit
北海道は十勝、音更町(おとふけちょう)を拠点に活動するオーダーメイドニットブランド


wanderlust equipment
2013年より軽量シンプルなアウトドアと旅の道具を制作するガレージメーカー

最終日は出展者のみんなとアンヌプリへスキーに行きました。

またぜひ、ニセコに遊びに、出展しにきてください!
楽しい時間をありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メディアチーム ミーティング

2020-02-19 | Camp&Go
7時間にも及ぶCamp&Goメディアチームのミーティング。


キャンパーも個性たっぷりだけど、
ログブックやウェブを盛り上げてくれているメディアチームのみんなの個性もすごいもの。
このみんなの個性が出たらすっごくおもしろいものができる。

本当に恵まれた環境です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みんなで真面目にマリファナの話をしよう

2020-02-18 | Camp&Go
「ヒップな生活革命」「ピンヒールははかない」などの著者として知られる佐久間裕美子さんをお迎えして、昨年8月に刊行された「真面目にマリファナの話をしよう」をテーマとしたトークイベントです。



日本では”ダメ、ゼッタイ”と言われている大麻が、現在アメリカをはじめとした各国で少しずつ「合法化」に舵を切りはじめています。一体何が起きているのか? 2015年からアメリカの歴史を変えるパラダイム・シフトが起きているのだと確信した佐久間さんは文筆家/ジャーナリストとして、アメリカの大麻事情最前線を具(つぶさ)にリポートし続け、それをまとめたものが本書となります。本の帯文にある「マリファナはなんで悪いの?」「マリファナはなんでいいの?」。まずは佐久間さんのお話を伺い、現在の世界の動きの一端に触れることができました。
本トークイベントは入門編のような意識で、偏見あるなし問わず様々な人にお越しいただきました。語ること、考えること自体は決してタブーではないですし、そこがスタート地点だと考えます。そしてこれは今回のテーマに限らないはず、です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする