磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

被爆者230人の証言

2010年05月31日 | 読書日記など
『被爆者230人の証言』
   長崎原爆被災者協議会・編/長崎原爆被災者協議会2001年

たくさんの人が短い文章を書かれています。



台湾からの留学生……。下「」引用。

「諌早の私の家に下宿していた台湾の留学生長崎医大三年生の元(ゲン)さんが救護隊に編入され、私が収容されている長田國民学校に来られました。元さんは私を見て「寺沢さんひどい傷」と言い、私は特別に元さんの治療を受け、毎日強壮剤の注射を打って下さったので命びろいしました。心から感謝します。-略-」

日赤へ。下「」引用。

「治療が終わり、帰り支度をして居る処に、三菱製鋼所の人で、対空監視櫓の上から、爆風にに吹き飛ばされ、頭から肩にかけて負傷し、血だらけになつた男の人が独り入つて来て「治療してくれ」と医者が話していたが、医者は「こんなに、大きな傷は、此処では、治療出来ないから、赤十字病院に行け」と言われていたが、本人が「病院が何処に有るか知らない」と言つていた。可哀想になり、皆に、一緒に先に帰る様に話して帰し、此の人に肩をかして、寺町下の日赤病院に連れて行き、出て来た看護婦さんに後を頼み、高商に帰った後で不思議に思つたのは、此の病院では、負傷者を殆ど見なかつた事である。或は自分の行くのが早かつたのかも知れない。-略-」

「永井博士のこと」中島富夫・著。
著者は針灸師であり、永井隆に指導を乞い何回か文通をしたという。
病床であり指導はできない永井。永井も灸の治療を受けていたという。

もくじ

「原爆死」、「個人墓の芳名(霊名)碑」。下「」引用。

「浦上周辺の墓地には仏教徒・キリスト教徒共、原爆で親族が殉教された方達を「原爆死」と刻んだ墓が多い、特に長崎キリシタンの中心地、浦上方面では「こららんば墓地」「赤木墓地」「白山墓地」「経ヶ峰墓地」には一家全員原爆死と、連名した墓石が数多く見受けられます。」

松脂採集。下「」引用。

「-略-八月九日は朝から部落別の松脂採集に五人一組で駆り出されていた。二つ上の姉(当時小学校五年)も別の班で、同じく松脂採集をしていた。
 午前十時過ぎ、その松脂採集が終わり、集めた松脂を持って小学校へ向かった。小学校では、廊下に松脂のドラム缶がへあり、そこに一括して貯めていたのだった。」

被爆少年少女追悼之碑

「修学旅行生の皆さんへ」土本ミツ・著。下「」引用。

「被爆の語り部として修学旅行生へ語りかけてこられた土本ミツさんは、二○○○年十一月十四日八十七歳の生涯を終えられました。ここに生前のテープを起こし、収録します。-略-」

カトリック割り当てがあったという土本。下「」引用。

「終戦の声が聞こえてからも、まわりの家々には、カトリック教会から割り当てられていたのか、数人の人たちが痛んだ体をよこたえていました。私の実家にもいましたが、一人の奥さんが、「おせわになりました」と紙づつみを渡します。あとで、ひらいてみると、なにも入っていなかったのです。お金の持ち合わせもなく、心から感謝していたのでしょうが、つらかっただろうと思われてなりません。その奥さんも、4~5年前、目がみえなくなり、先月末に亡くなられたそうです。」

index








目 次





エンタメ@BlogRanking


コメント

武装解除-紛争屋が見た世界-

2010年05月31日 | 読書日記など
『武装解除-紛争屋が見た世界- 講談社現代新書 1767』
   伊勢崎賢治・著/講談社2004年

やはり、こんなことをできる彼は、お坊ちゃまではなかった……。
--ぼくと似たような子供時代だったようである……。



建築家をめざした著者。下「」引用。

「スター建築家の舞台は、公共建築である。丹下健三氏や磯崎新氏の世界である。しかし、ああなるには一体どんな世渡りをしなければならないのだろうか。それに、公共建築は規模が大きいから当然、公的資金を元に造られる。血税だ。大きい建造物はできてしまってからが大変だ。維持費がかかる。-略-」

幼年期、米軍基地が花盛りのころ……。下「」引用。

「僕が幼年期を過ごしたのは、まだ米軍基地が花盛りの中央線立川である。基地の町であり、米兵、歓楽街、そして競輪場に群がる得体の知れない男たち。記憶は五歳ぐらいまでしか辿れないが、父親を亡くした親一人子一人の母子家庭が暮らしていたのは、黒人米兵に逃げられた子持ちもいる夜の女たちが寄り添い共同生活をしているうらびれた木賃アパートであった。-略-」

掃き溜めのような団地。下「」引用。

「小学校二年に上がった頃か、-略-都営住宅の母子家庭専用住宅の入居を決めてきた。-略-ここも米兵との間に生まれた子や障害を持つ子を抱えるなど男から捨てられた女たちの、社会の掃き溜めのようなコミュニティでった。」

団地の自治会で差別を受け母子家庭の女達は団結したという。

自治会長宅になぐりこみ。下「」引用。

「-略-今度は双眼鏡でこちらの“男”の出入りのチェックまでし始めた。自治に値しないコミュニティだと吹聴するためだ。自治会などをつくっても実益はたかが知れているが、こうなると後には引けない。“男”のうわさをたてられた当の女が、自治会長宅に単身殴りこみ(本当に殴りこんだ)、警察まきこんだ示談沙汰になり落着。第13自治会は発足し、女たちの独立運動は終わった。」

テロ解決の方法、オサマ副大統領に、ラジオ放送(シエラレオネ人主婦の意見)。テーマは「9・11とテロ世界戦」。下「」引用。

「なぜなら、この方法は内戦を止めるためにシエラレオネで実施されたことで、大虐殺の首謀者で、何千人もの私たちの子供の手足を切った反政府ゲリラのボス、フォディ・サンコゥを副大統領に祭り上げたのは他でもないアメリカなのです。そのお陰で私の国では今、武装解除が始まろうとしているのです」

クリントン政権=「非民主的という理由で侵略される昨今」 下「」引用。

「シエラレオネの和平に決定的な影響を及ぼしたロメ合意を演出したのは、クリントン大統領に指名されたジェシー・ジャクソン師であった。“グローバル・スタンダード”としての民主主義的な観点から言うと、涙が出るほど美しい、戦争犯罪をも取り込む多元主義(Pluralism)だった。紛争の仲裁者としての米国は、身勝手なまでの寛容さを、紛争の当事者へ押し付けるのだ。
 しかし、この過剰な寛容さはイラクやアフガニスタンでは微塵も行使されなかった。そこでは米国自身が、紛争の当事者だからだ。-略-」







もくじ

もくじ





エンタメ@BlogRanking


コメント

【絵本】むこう岸には

2010年05月31日 | 読書日記など
『むこう岸には』
   マルタ・カラスコ(作)/
     宇野和美(訳)/ほるぷ出版2009年

原書名 La otra orilla



チリの人の作品らしいですね……。

岸といっても川のようです。

ある日、ボートが。そして、恋人どうしに……。

橋をかけたい……。







もくじ

えほん

もくじ

目次



エンタメ@BlogRanking


コメント

【絵本】ホームランを打ったことのない君に

2010年05月31日 | 読書日記など
『ホームランを打ったことのない君に』
   長谷川集平・作/理論社2006年

草野球でホームランはうったことがありますね。
一応キャンプテンでしたね……。それにしてはドジだったんですけど……。



いつもの長谷川集平の絵のタッチよりソフトな感じがしますね……。

ホームランをうったことなくても、努力すればするほど、気楽にホームランをうった人より、よろこびは大きい! その日を楽しみに!

そんな感じで、出版したこともないけど、出版できたらいいなあーと思っていますよ。

好きなことをどりょくすることは楽しいですね。

--やせてないですけど、やせがまんでしょうね……。






もくじ

えほん

もくじ

目次



エンタメ@BlogRanking
コメント

896 天使のメガネinヒロシマ その266 日本は組織犯罪優遇国家か?

2010年05月31日 | ライト小説
あかねさんシリーズ002
男が女de女が男


九、タイム・ゼイ・ワラ・チェンジング……




896 天使のメガネinヒロシマ その266
維新オリンピック構想 その79
日本は組織犯罪優遇国家か?


--タモリに似た中国の政治家が来日。

トラさんは、このような足腰の軽い、フットワークのある政治家が日本にはいないとなげいていた。

そりゃ、そうでござろう……。

世襲議員とは、ようするにお坊ちゃま、お嬢ちゃまの政治!

--それと、タレント議員。

テレビで派手なことをいうのは、宴会みたいで楽しいけど、一番国民が必要としているときには、存在しない。

それが、日本の政治家。

タレント候補が幅をきかせる……。

やってくれるのは、都合のいいことばかり……。

もちろん、国民に都合のいいことではなく、彼らにとって都合のいいこと……。

--フットワークがいいだけでなく、タモリのように繊細な心遣いがあると、トラさん。

トラさんは中国ぎらいなのだけど、タモリファンでござるよ。

タモリは政治のことはいわないのがいい!

あの政治家も政治家らしくないところがいい……。

それが、トラさんの持論でござるよ。

--それにくらべて、超おぼっちゃまの総理は……。

いてほしくない、来てほしくないところに来て、誠実ぶっている……。

通る話か、通る話でないかも理解できないようだ……。それでどおして誠実なのか?

話し合いもできないようで、まるで、カタログ・ショッピングをしているようでござるね。

すっかり「ルーピー」という言葉をはやらせてくれた……。

こんなことは、国民にとっては、うれしいことではないでござろうなあー。

アホウ総理は、アホウなことではブレなかったそうでござるが……。

誠実も「ルーピー」を通されては困ったことになるでござるね。

--沖縄の基地問題は人権の問題とまでいわれはじめているというでござるよ。

高利貸のような新自由主義者たちは、金の亡者でござるが……。

--計算されていないこともたくさんある……。

沖縄が独立した方がいいという主張をしている人たちもいるそうでござるよ。

まず、独立した場合、これほどの基地は必要なしと琉球王国(沖縄)は当然、主張しつづける……。

そして、国際世論も高められるだろう……。

そうしたら、日本の防衛のためだといい、アメリカは米軍を岩国や横須賀などにさらに増強しなければならないだろう……。

新自由主義者は、そんなことになった場合の計算などもしているわけではござらぬね……。

--90円のレンガを買ったら、放射能つきで、ガンなどの病気にかかるかもしれない。

そんなことも彼ら新自由主義者は計算しないでござるよ。

ザルのような計算ばかりしているから、どんどん、日本はおかしくなる……。

原子力推進すれば、するほど、こんなことも当然増えるでござるよ。

--議員の給与もきらない。公務員の給与などもきらない。

自らはきらない……。それは与野党ともに同様でござらぬか?

消費税をあげることを、与野党ともにいい、それが政治の責任だというでござるよ。

まあ、こんな人たちが何をいおうが信用できるものではないでござるね。

これは、トラさんもヨネさんも、せっしゃも意見を一致しているでござるよ。







【資料など】







index

NPT「一定の進歩」と歓迎
(中国新聞) - goo ニュース


核廃絶へ行動計画 NPT
(中国新聞) - goo ニュース


決定に従う義務なし=NPT再検討会議を非難?イスラエル首相
(時事通信) - goo ニュース


中国が北朝鮮向け支援を制限か
「核融合に成功」報道後(朝日新聞) - goo ニュース











下、クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ありがとうございます。



















コメント