末吉洋文の平和研究室

帝塚山大学法学部で「国際法」や「平和学」を担当しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月と7月の記憶。

2010年08月01日 | 平和
いやいや、前期は大忙しでした。
社会人の一員として自分で「忙しい」と言うこと自体が禁句だと思っていますが、それでも言いたくなるものです。。。

最後に更新したのが5月末でしたが、それからあっという間の8月・・・前期終了でした。
4月から法政策学部より法学部となった学部内イベントの企画・運営など、自分なりにも頑張ったのではないかと思います。
詳細は法学部HPをご覧ください

今年度は入試委員の2年目であり、法学部2期生を迎えるべくいろいろと手を打っているのですが、こればかりは年度末が来ないと何とも言えません。あとは後悔しないようにベストを尽くすのみです。


思い返せば休みのなかった6月の記憶がなく、7月は3日(土)に神戸で秋葉忠利広島市長の講演会に行き、10日(土)にはユニセフ兵庫県支部でのルワンダフルコンサートに参加。翌日は選挙に行き、18日(日)、24日(日)とオープンキャンパスでした。

19日(月)は海の日であるにもかかわらず、授業実施日であったし、結局は7月もあっという間でした。



ただはっきりと記憶に残っているのは、26日(月)にいつもお世話になっているユニセフ兵庫県支部の竹本成徳(しげのり)会長に「平和学」の締めくくりとしてご講演頂けたこと。

竹本会長の被爆体験の話は通算で確か4回目になるはずですが、何度聞いても胸を打たれます。学生が竹本会長のお話をどれだけ感じ取ってくれたのかは定かではありませんが、改めて平和の尊さ、そして有難さを感じずにはいられませんでした。

終了後は竹本会長と兵庫県支部事務局長のFさんと富雄の鮨田へ。前期の溜まっていた疲労が吹っ飛んだのは言うまでもありません。


「平和学」最終回の竹本会長によるご講演の様子

この記事をはてなブックマークに追加

大津司郎さんとの再会

2010年05月29日 | 平和
昨晩はジャーナリストの大津司郎さんと再会。いつ以来だろうか。
最近までスーダンに替って「世界最悪」になったコンゴ民主共和国へ取材に行かれていたとのこと。
現地では酷い目にも遭ったそうですが、御無事で何よりでした。

アフリカでの資源をめぐる紛争の実態や中国の進出、そして日本がどうあるべきか等、大いに刺激を受けることができました。
「大津司郎知らずしてアフリカを語ること勿れ」まさにそんな内容のお話しでした。



ソフトクリームで有名な住吉の鈴木商店

この記事をはてなブックマークに追加

神戸まつり

2010年05月21日 | 平和
先週末は、神戸まつりのパレードに参加しました。
ユニセフ兵庫県支部の一員としての毎年の恒例行事ですが、当日は良いお天気にも恵まれ、多くの人にユニセフの活動を知ってもらえたのではないかと思います。

最近、忙しくなるばかりですが、なんとか更新をしていこうと思っています。



小生は写っておりません。念のため。

この記事をはてなブックマークに追加

あっという間の1週目

2010年04月16日 | 教育
新学期のはじめはテンションが高いまま突っ走ってしまうので、夜、眠たくなりません。身体がどこか疲れているはずなのですが、それを気力が押し切ったまま過ごすため、けっきょく風邪を引く教員が多いのだと思います。寒かったですし。そういう小生もちょっとだけ体調を崩して復活。疲れがどっと来て、例のごとく研究室でマウスを握ったまま居眠り(これは得意技です、はい)。

平和学の授業では、多くの新入生とご対面。終わってから「予習はどうすればよいのですか?」と真面目な子がいたので、思わず「別にええよ~」なんて言ってしまいました(笑)。もっとも、文科省からお叱りを受けてはいけないので、そのあたりはチャンと指導しておきました。ひとコマ2単位の授業を修めようと思えば、1単位に必要な45時間の自習(予習&復習)@2=90時間ということになりますからね。


その後、新任の先生の歓迎会の幹事や、専門ゼミや基礎ゼミなどの月曜日から水曜日。

非常勤で母校へも行きました。阪神なんば線が微妙に不便なのです。三宮まで直で行きたいのに難波駅ドマリだったり。しかし、神戸市営地下鉄がその上を行きます。各停でこれまた時間がかかる。

通勤だけでひと仕事ですが、サバティカルで欧州へ行かれたF先生の代打をしっかりと務めなければなりません。

こんな状態でありながら、入試業務と締め切りのある書きものが頭の片隅を支配している状況です。・・・ゆっくり映画でも見たいものですが。



この記事をはてなブックマークに追加

前期開講

2010年04月11日 | 教育
金曜日はあるとすれば大学院の授業のみ。中規模大学の小規模大学院で、しかも小生はメインの担当者ではないので、毎年履修者がいるかいないかという状況です。

学部の担当業務(いわゆる雑務)に専念したいのだけれども、それを考えたら金曜日の1限目があるかないかというのはどうしても気になってしまいます。

・・・結局、履修者ありということになりました。ま、自分も勉強になるテーマを持った院生だし、朝早くから出校して有益な時間を過ごすことができそうです。

自分が指導教員になったつもりで、それでいて出しゃばらず、丁寧かつ熱意ある指導を1年間継続して行こうと思っています。




この記事をはてなブックマークに追加