磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【NHK総合】模擬原爆パンプキン~秘められた原爆投下訓練~

2008年08月31日 | 読書日記など
NHK総合 2008年8月27日
その時歴史は動いたvol.333

模擬原爆パンプキン
~秘められた原爆投下訓練~


再放送があるので書きました。
興味をもっていただいた方はぜひ、番組を見てください。
--よくできた番組だったとボクは思います。

平成20年9月2日(火)※月曜深夜
03:30~04:13 総合 全国(近畿除く)
平成20年9月2日(火)
16:05~16:48 総合 全国
平成20年9月6日(土)
10:05~10:48 総合 近畿のみ
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。



福島県福島市、B29が一発の巨大爆弾を投下。
--爆弾の破片が瑞龍寺の本堂に保存されているという。

■巨大爆弾の破片■



猛烈な爆風がおこり、みんな吹っ飛ばされたという。

全国で49発おとされたという。

近年発見された極秘資料からなぜ落とされたか理解できた……。
--それは原爆の訓練をかねていた。

■春日井の戦争を記録する会・金子力さん■

なぞの爆弾の正体は模擬爆弾で、長崎に投下されたファットマンと同型だったという。

色や形からパンプキンと呼ばれた。

原爆投下の予行演習をおこなっていた……。

NHKの松平キャスターは、長崎の地から語りかける!

■東京大空襲■

アメリカ軍は市街地への無差別爆撃を開始した……。

トルーマンなど政治的な話しがすすめられる。

■秘密部隊・第509混成群団■

輸送や補給を加えた、自前で任務を遂行できる部隊。

B29爆撃機で投下することは、あらかじめ決められていた。


最終目的は原爆であることは、隊員は伝えられなかったという。

ティベッツが要求をだす。
--実戦訓練として日本本土の目標を爆撃したい。
そのため、大型の特性爆弾を用意してほしい。
--ファットマンと同じ大きな重さ。
重さ1万ポンド(約4.5トン)
ふつうの大型爆弾の4倍以上
全長は3メートルをこえる。

■トルーマンが3つの方針をだす。



※ 事前の警告なしに……。

■福島県福島市に投下される■


■愛知県名古屋市に投下される■

五人即死。

重傷をおい、失明した女性も出演(当時18歳)。

--軍需工場もない市街地の一角に投下された。

第一目標の富山県の軍需工場だったが……。

富山県工業高等専門学校 工藤洋三教授も出演。

きびしい制約があり、レーダーではなく目視で投下することになっていた。
--レーダーの性能がよくなかった。

富山県は天候が悪く、目視ができなかったという。

静岡県島田市も富山県に投下されるものが、パンプキン一発が投下されたという。
--民家に投下され47人なくなり200人以上が重軽傷をおったという。
遺族の人が語られていました……。
--住宅街を攻撃するのは、戦意を高揚させるためだという。

ポツダム会議……。ポツダム宣言発表。

そして、ヒロシマへ。

ソ連参線から11時間後、ナガサキへ原爆投下……。

史上空前の無差別攻撃であった……。

■原爆投下後もパンプキン投下■

愛知県春日井市、工場。

8月14日午後、4発投下。

春日井の学校の先生たちは、どうしてかと調査しはじめたという。

原爆の予行演習ではなく……、

パンプキンが通常兵器として使えるかどうかのテストをしていたという……。

--もはや、戦争のためでもないということか……。


模擬原爆による予行演習
死者 400人以上
負傷者 1200人以上

学校の先生たちの地道な研究によって明らかになった事実と、強く話す松平キャスター。

■後世に伝える運動。

・大阪市住吉区田辺で追悼式
 80人が死亡した。記念碑があり、語り継ぐ運動……。
 そして47年住みつづけている被爆者が強く訴える!



【磯野鱧男の感想】

アメリカとロシアの冷戦は終わったといわれますが、冷戦体制は今も続いており、とても風化などできるわけがありません。日本の周辺には水爆をつんだ原潜がいっぱいひそんでいるそうです。

よく、被爆された人たちの話や、このようなことがあった事実を真剣に受けとめていただきたいと思います。

それにしても、トルーマン大統領は予告するなという決定なのに、予告したという米兵たちがいるのは、どうしてでしょうか?

ビラをひらったという人もいるし……。

今すんでいる西東京市にもパンプキンは投下されたという。

写真が語る原爆投下 ヒロシマ・ナガサキをもたらした側の全記録

ティニアン・ファイルは語る 原爆投下暗号電文集

米軍資料 原爆投下の経緯



また、このような番組を以下の本に関するテーマでも制作していただきたいと思います。

もうひとつのビキニ実験  1000隻をこえる被災船を追う

ビキニの海は忘れない 核実験被災船を追う高校生たち

隠されたヒバクシャ 検証=裁きなきビキニ水爆被災









index

目 次





エンタメ@BlogRanking

コメント

原爆詩人ものがたり-峠三吉とその周辺-

2008年08月31日 | 読書日記など
『原爆詩人ものがたり-峠三吉とその周辺-』
   増岡敏和・著/日本機関紙出版センター1987年

峠三吉は、原子力について平和利用ができると思っていたのだろうか?
--しかし、彼の生きた時代はTMIもチェルノブイリ事故もなかった時代である……。



こんなことが書かれてある……。下「」引用。

「また今日、江藤淳や吉本隆明や曽野綾子や鮎川信夫(評論家・作家・詩人)らのような反・反核文学者もいて、マスコミに擁護されて一定の影響をあたえている。
 かれらの論旨は一様ではないが、およそ文学者が反核声明をだすのは文学者失格だとか、言論の自由は「反・反核」にあってもいいとか、「この世界など核戦争によつて亡びてしまえという考えだってあっていい」などというかたちで、人類の平和と生存を守り、核廃絶運動をすすめる人たちを嘲笑罵倒し、敵意をむきだしにしている。」

--このことに似たことで悩む。
もし、ドイツでネオ・ナチスを対等に扱う討論番組があり、ウソを公平に扱っていたら、それが民主主義といえるだろうか?
--そもそも差別主義で虐殺をその手段とする人たちを……。
日本も同様な状況下にあると思うが、ドイツとは大きく異なる……。
--ウソも平等などといったら、それはウソつきの集団と加担した幇助ではないかとも思える……。
差別主義を民主主義とした時点で、もうまともな討論もできないような気がしてならない……。

占領下のレッドパージも忘れてはならないことだろう……。下「」引用。

「しかし、戦後八年間は、そのほとんどの期間がアメリカ占領下の暗い谷間の時代であったが、かれは文学・平和運動をとおして幅広く活躍し、誠実にひたむきにその輪をひろげ退くことがなかった。そのなかで、原爆被爆者として身をもって反原爆のたたかいをすすめ、その非人間性を告発した。また、被爆者救援の運動をおこし、そしてさらに原爆告発の一大叙事詩を書きつぐ体力を欲し手術台にのぼったが、被爆したからだは手術に耐えきれず無惨に死んでいったのである。
 といって、かれはいかつい詩人ではなかった。その逆だった。抒情詩人であった。」

私は共産主義者ではないが、このような愚行をするのが民主主義とは思っていない。
むしろ、小学生のころから、共産主義者からひどい扱いをうけてきた者です。
--だけど、このようなことを認めたら、もはや民主主義ではないと考える……。

ソ連の核実験を考えていたという……。下「」引用。

「峠さん自身が現実との闘い--たとえば、一九五○年の八月六日の闘いとか、被爆者救援の闘いとか--そういうものにずーっと参加して、自分が行動を起こしながらソ連の核実験などを大いに勉強して、原子は平和のためにどういうふうに使われるべきか、というところまで考えているんです。」

--「へたくそ」論争があったという……。
ヘタうま」という言葉は現在にはあるけど、当時はなかったろうと思います……。








index

もくじ

Index





エンタメ@BlogRanking

コメント

日本の核・アジアの核-ニッポン人の核音痴を衝く-

2008年08月31日 | 読書日記など
『日本の核・アジアの核-ニッポン人の核音痴を衝く-』
   金子熊夫・著/朝日新聞社1997年

--日本人の核音痴?
日本には核保有論者の政治家もいるのに、そんなことは何もないかのような記者は、政治音痴?
それとも、いつものこと……。



中国もアメリカも核保有国であり、それだけでなく武器を輸出する『死の商人』の国でもある……。下「」引用。

「九五年から九六年にかけ、中国がCTBT交渉完了前に“滑り込み”的に核実験を強行したとき日本人は一斉に抗議したが、中国側の回答は、いつも決まって「米国の『核の傘』の下にある日本は“準核兵器国”であり、日本に抗議する資格はない」(一九九六年六月二○日付、中国共産党機関紙「人民日報」)であった。「被爆国として核兵器には絶対反対だ」の一点張りの日本人は、力めば力むほど「本音はいずれ核武装するのでは」と疑われかねない。」

中国とアメリカが仲が悪いようにだけ伝えるのも不思議だ……。

こうやって、原子力帝国は強化されていった。

今の政府と平和主義者は異なるとしかいえないでしょう……?

冷戦時代のゲームだという……。下「」引用。

「日本は冷戦時代の遺物じみた、米中両国の“核のポーカーゲーム”に否応なしに突き合わされ、いつまでも恐怖の悪循環から逃れることができない。」

今も、核保有論者などがいるのも、金儲けの対象に考えている人たちもいる……。

--日本政府は核疑惑を払拭すべきだという。
「もんじゅ」事故や、東海村再処理工場の火災・爆発事故があるからこそ、主張せよという……。
核保有論者がいるのに、そのことは無視して、そんな主張ばかりを繰り返しても相手も本気にしないだろう……。

1995年12月、第5回アセアン首脳会議で「東南アジア非核兵器地帯(SEANWFZ)条約」が調印されたという。

「南半球はほぼ非核化された」され、「「北東アジア非核地帯重役」構想」だという……。

相手のことより、自分のことのみ……。下「」引用。

「中国とロシアからの核の脅威が確実になくなれば、日韓は、米国の「核の傘」を必要としなくなるはずである。」

核保有すれば、儲かる人たちもいるのだ……。
そして、二枚舌の論理も世の中にはある……。

「アジアトム」……。下「」引用。

「私は、ここで、一つの布石として、北東アジアと東南アジアをともにカバーする「アジア原子力平和利用協力機構」、いわゆる「アジアトム」を作ることから始めるのがよいと思う。」

戦争よりも悲惨だというチェルノブイリ事故も記憶にないのだろうか?

そして、気になること……。下「」引用。

「フィリピンのバターン原発の場合も、原子炉は米国ウェスティング・ハウス社製であったのに、緊急時救援活動だけはもっぱら日本に期待していた。同国の原子力委員会の委員長が直接私のところに「原子炉だけは購入したけれど、完成後の関連諸経費までは資金がないので、日本がなんとか助けてくれないか」と再三泣きついてきたことが想起される。しかし、こちらとしては、なんとか助けてあげたいと思っても、日本以外の国の製品や技術で作った原発の事故処理を、日本の技術者や企業が行うのには、必然的に困難が伴うだうろ」


WHは日本企業の系列にはいったという。
--大きな取引の場合、政府が介入している場合もあると思うが……。








index

目 次



エンタメ@BlogRanking

コメント

岩波ジュニア新書3 わたしの少女時代

2008年08月31日 | 読書日記など
『岩波ジュニア新書3 わたしの少女時代』
   池田理代子、他・著/岩波書店1980年

「まえがき」で書かれてあります。下「」引用。

「この本では、いま、社会の各分野で活躍されている三十代から七十年代におよぶ十三人の方々に、それぞれの時代的背景のなかでどのような少女時代を過ごされたか、そのころ抱いた夢や希望が、その後どのように実ったか、を語っていただきました。」



■目 次■
まえがき
“生きる”ことに目覚めたとき 池田理代子  1
わが道を行く 今井道子  17
バイオリンと歩むななから 黒沼ユリ子  33
幼き頃へのノスタルジア 増井光子  49
二番目娘の個性 中川季枝子  65
二、三秒の闇 林京子  81
私、もう一人の私 宮城まり子  97
弁護士にかけた夢 土井たか子  113
戦時下の青春 石井ふく子  129
地理学にあこがれて 籾山政子  143
似顔絵かきの体験 丸木俊子  161
女学校へゆきたい 沢村貞子  177
アメリカに旅立つまで 石垣綾子  193
   カット 飯山勇


林京子と、丸木俊子が原爆に関わる作品をつくらてれいますね。

林京子さんの文章……。下「」引用。

「私は娼婦の遺体が乗せられた車を、ぼんやり見送っていた。娼婦が、犬や猫や馬や、そして行き倒れの乞食たちと等価に処理されたことが、不思議でならなかった。日本人なのに、と思った。母がいう、あんな女だからなのだろうと、とも思った。」

そして、差別意識をもっているようだという……。下「」引用。

「子どもである私が意識していたとは思えないが、母が娼婦にたいしたように、私も名静に差別意識をもっているようだ。不思議なことだが、時代の流れや母の意識を通して、私もまわりの人たちの価値を決めていたようである。」

この文章を書いている時も、もちろん林京子さんは差別意識をもっているけれど、それを意識されてもいません。

行き倒れの乞食も同じ人間ですね……。

編集者の人たちも、気付かれなかったのでしょうか?










index

index

もくじ





エンタメ@BlogRanking

コメント

光文社文庫 核兵器図鑑-ミリタリー・イラストレイティッド16-

2008年08月31日 | 読書日記など
『光文社文庫 核兵器図鑑-ミリタリー・イラストレイティッド16-』
   ワールドフォトプレス・編/光文社1986年

ヒロシマ・ナガサキなどといった被害者を見つめる目はこの本にはありません。
--そして、それらのことを知っている人たちには、理解できないことも書かれてあると思います。



米ソの核兵器……。下「」引用。

「現在、米国が保有する核弾頭数は25,000とも26,000とも言われる。片やソビエトは23,000~33,000の核弾頭を持つと言われている。米国の核弾頭は米本国はもとより、ベルギー、ギリシャ、イタリア、オランダ、トルコ、イギリス、西ドイツのNATO各国、太平洋地域でも韓国、グアムにの貯蔵されている。例えば最もシンプルな核兵器である核弾頭を例にとると、B28、B43、B53、B57、B61の5種類で核弾頭数は4,350発、この内B61、B83の2本立てで3,500発の核弾頭が有事に備え、備蓄される。」

日本人観光客で賑わうグアムには、SAC戦略爆撃機部隊の重要な基地があったという。

--アメリカの核兵器博物館
ニューメキシコ州アルバカーキにあるカートランド空軍基地内、国立原子力博物館。下「」引用。

「カートランド空軍基地には、特に核兵器の研究、開発を行なう空軍兵器研究所(AFWL)もあり、この実績をこの博物館に展示しているのである。」

ニューメキシコ州ロスアラモスの科学博物館
テネシー州オークリッジの米原子力博物館
オハイオ州ライトパターソンの空軍博物館
ワシントンの国立航空宇宙博物館
ネブラスカ州ビレビューの戦略航空宇宙博物館
カリフォルニア州マーチ空軍基地の博物館

この本では人種差別ではないと書かれてある。
しかし、日系人に対しては強制収容所は造られたが、ドイツやイタリアにはそんな措置はとられなかった……。

当時にも、アメリカにはひどい人種差別があったことも忘れてはいけないことだと思う……。

アトミック・ソルジャーのことをこう記している。下「」引用。

「核爆弾の直後、爆心地目指して周辺に待機していた米陸軍、海兵隊兵士が突撃するという、今に思えば非常に危険な人体実験も行なわれた。当然、彼らの身体には死の灰が降り注ぎ、高い残留放射能を浴びることになった。彼らは突如持つことになった新兵器にとまどい、また無知をさらさられたのである。」

そういうことなら、今も無知といえるだろう……。
劣化ウラン弾に関することなど……。
--ずっと無知なんて、悪意があるとしかボクには思えない……。

index

戦前から放射能が人体に有害なことは知られており、原爆が放射能をつくりだすことは知られていた。

それに無知なら、責任のがれができるというものでもないだろう……。








INDEX





エンタメ@BlogRanking
コメント