磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

C012.小さな虹

2005年09月30日 | 【小説】 レインボー...
II.ときどき、雨

C012.小さな虹





 ユリカは水泳は得意じゃないけれど、プールの水面を見ているだけで、涼しくって気持ちがいい。

「ねえ、ユリカ、見て、きれいな虹よ」
 プールの入口近くのシャワーは、滝のようにいきよいよく降りそそいでいた。

 ユリカの頭に水の束が当たり、しぶきになって、まわりに落ちていった。
 目を細めているユリカは右手で耳をおおい「なにか、言った」ときいた。

 バシャバシャという水の音がまわりの音を小さくしていた。

 葵は、手でメガフォンをつくり
「きれいな虹だよ」
 とユリカの耳のあたりで言った。

 ユリカは虹なんて雨も降っていないのに出るわけないし、そんなこと葵が言うわけがないと思ったので、
「何、言ったの?」
 ときき返した。

 葵がまた同じことを言っていると、ヤスの声で
「ほんまや、虹やんか」
 と聞こえた。それから、あわただしくペシャペシャと水の音が近づいてくるのがきこえた。

 足音の主は「ほんまやんか!」と、かん高い声であいずちを送った。その声の主はチャボだった。チャボは虹を見つけたことで、たいへん驚いているようだった。

 ヤスの声が、
「こいつに、何度言うても、あかんがな、都会育ちの豆モヤシやもんな」
 投げやりに言いはなった。

 その声はユリカのだんだん近くできこえた。

「こっちゃ、こい」
 ヤスはユリカの手をひっぱった。

「ほうら、虹が見えるやろ」
 ユリカは顔の水をぬぐっていた。

「見えんか」
 そんなこと言われても、ユリカはまだ、顔の水をはらっていた。

「どんくさー、チャボ行くで」
 パシャパシャ。ヤスはチャボとさっさっとプールの方へ走って行った。

「こらー、プールサイドを走るやつがあるか」
 注意をする大人の声がきこえた。

 すぐに「すんまへん」とヤスの愛嬌のある声がきこえた。





閑話休題

ぼくの通っていた小学校のプールの水は、
地下水でした。
井戸水と子どもたちは話していました。

町の水道も地下水を吸い上げていました。
木津川があるのですが、
木津川からそのまま汲み上げることはせず、
近くで井戸をほって、
地下水を吸い上げる方式をとっていました。
それは、地層が不純物を濾過してくれると、
学校で習いました。

しかし、地下水だからといって、
そのま使用されていたわけではなく、
塩素消毒されていました。
先生方が水質も検査されていました。

命の水=人間の体の70%以上が水だとか。

水道水の浄水も電気を大量に消費されているそうです。
水道水を使用するということは、
電気代を払っているということを念頭においた人たちは、
雑用水(雨水など)利用されています。
知恵のあることです。

雨水を研究されている方々もおられます。
大切なことと思います。
雨水からもたくさんのことが学べます。
ここをクリックしてくださいませ。










↓1日1回クリックお願いいたします。

ありがとうございます。





[レインボー・ループ]もくじ

コメント (2)

【気軽11】

2005年09月30日 | 短編など



【お気軽作品シリーズ】


狸の話のうそ本当

ある日僕はとってもうそつきで、
空が赤いって歩き回ったよ。
だけど赤いサングラスをかけたひとは、
「赤いよ」って言ったもんで--
とても罪を感じたんだ。
それから僕うそをつくのやめたんだ。




下、1日1回クリックお願いいたします。

ありがとうございます。















コメント

AB011.雲の上の家

2005年09月29日 | 【小説】 レインボー...
I.衛星放送?

AB011.雲の上の家





 安田の部屋はまるでアストロビジョン(全天周映画)のようになっている。その画面には雲の上に小さな家があった。

 その家の中にカメラは入っていく。

 おばあさんは、キッチンで白いポットを持っており、ミルク・ティーを二杯いれて、おじいんさのいるところにもって来て、丸い白いテーブルに置いた。

 口髭がチョコンとあり、髪の毛の一本もないおじいさんは、てれくさそうに、
「旧式と馬鹿にされるが、テレビの魔法の粉」
 と言って、鏡にピンク色の粉をかけた。

 食事の手をとめた石井はとっても驚いた。テレビ画面のおじいさんは、石井よりも大きく見えた。そして、おじいさんが粉をかけるとき、本当にかけられるように思い、石井は体をエビのように小さくした。

 右の画面には、白い椅子に座っているおばあさんが、
「これで、おじいさんの身の上にあったことが、手をとるようにわかるのね」
 うれしそうに微笑んでいた。

「そうらしいな」
 おじいさんは照れ臭そうに微笑んだ。

 鏡は部屋の中をうつすのをやめた。そして、すべての鏡がまっ黒になった。すぐに鏡には、たくさんの星々をうつしだした。

 おじいさんと、おばあさんはそれを見て、互いに顔を見合わせて、にこにこと笑った。

 小さな人工衛星が、鏡の中でだんだん大きくなってきて、ついには部屋中の画面が人工衛星になって、石井に、ぶつかってくるかのようだった。

 しかし、人工衛星は、石井の頭の上を通り過ぎて行った。後には静かな宇宙が部屋全体に広がっていた。そして、太陽系ががうつり、地球がだんだん大うつしされ、すぐに画面全体は地球になっていた。

 赤道付近のコバルトブルーの海がうつり、まぶしい太陽がガラス板のように目につきささるほどの輝きを見せた。

「美しい」
 と石井はうなった。

 太陽の熱気は水を蒸気にかえ、蒸気は大きな雲になった。雲は北上し、雨をふらせ、南の国から北へ向かいながら、大地をうるおしていくのだった。

 これこそが、何万年以上も続けられている地球の美しい物語であろう。この舞台でわれわれは生きているのである。悲劇もあれば喜劇もある。そして、ホラーのようなものもあり、たまにはロマンティックな物語もどこかの街角で起こっている。

 画面は次に石井が見たことがある景色が映った。
「どこかなー。うーん。ああ、そうだ、そうだ。わが母校のプールじゃないか」




閑話休題

「京に田舎あり」といいます。
ぼくが府下に引っ越したとき、
まさにそれでした。

牛や豚小屋、養鶏場、
農業によって生計をたてておられた方が
多かったけど、
そのなかでも、会社員との両立をされている家も
多かったです。

いわゆる「三ちゃん農業」ですね。

農業とはそんな簡単なものでしょうか。
こんなこともできたのも、農薬があったからです。
農薬の恩恵はあります。

でも、農薬の使いすぎは健康に害があるといいます。
きちんとした農業をしようと思えばやはり
専業となり、価格も高くなっても仕方がないように
思えます。

有機野菜では、
味までちがう商品もあるとか、
レタスはかなり味がちがうそうです。
でも、僕は食べたことがありません。
レタスってこんなに美味しいもんだったのかと
本には書いてありました。

おいしいケーキ店やパン屋さんも、
有機食品を使っておられる場合があります。
本を読むと、材料も厳選されているようです。

藤村屋さんのおかあさんのは無添加で
合成保存料なしという商品を、
さらにお安していただいて、ありがたいものです。








↓1日1回クリックお願いいたします。

ありがとうございます。





[レインボー・ループ]もくじ


コメント (2)

弱虫・強虫

2005年09月29日 | 短編など
これを書いたのは小学生でした。
斎藤隆介のファンでした。

弱虫・強虫(よわむし・つよむし)

(1)

むかし権太という少年がおった。
何かいわれるとすぐ泣き出してしまう。
ほ~ら~。また、弱虫権太の泣き虫が村中に響いている。

おかあさんはいいます。
「むかしは、権太はあんなに弱虫ではありませんでした。
ある夏の日、権太は弱虫になったのです」


一つはとっても、とっても大切なおじいさんが死んだのです。
脳卒中という病気で、権太は
「くそじじい、くそじじいー」
と、死ぬ前に言ったことを覚えています。

寝たきりのおじいさんだから、ずっと権太のお母さんが、
おじいさんの面倒をみていたからです。

「権太、すまんのう。おまえのかあちゃん、すっかりとってしまって」
と、おじいさんを床についたまま、目頭に涙を浮かべていました。

それを見ていると権太は息がつまりました。
でいう言葉が出てこないので、ついこんなことを言ってしまったのです。

「おじいー。はよー。死ね!」
と、おじいさんにいってしまった。
そして泣きながら家を飛び出しました。

そして河のところに行きました。
すると同級生の三平が釣りをしていました。
静かに近寄っていいました。

「ねぇ、三ちゃん、何釣っているの?」
「何でもいいんだ。エビでも、鮒でも、ナマズでも」

権太と三平は水面で浮きながら流れているウキをじっと見ていました。

「釣れないね」
「うん、釣れない」

三平は権太の顔をみて、
「今まで鮒一匹」
と、言いました。

「ところで、権太、おまえ泣いたろう」
「泣いてないよ」
「うそつけ」
「うそなんて……」
「何言っている、ほ~ら。目の下に涙の跡が残っているよ」

「うそだ~い」
 と、いいながら権太は目の下をあわててこすりました。

「ほ~ら、やっぱり泣いたんだ」
「……」

「何で泣いたんだ。泣いちゃいけないよ。誰に叱られたの」

「うそだ~い」
「うそつけ」
「なに!」
 三平と権太は大喧嘩になりました。

魚が釣れないから気のたっている三平。
おじいさんのことで寂しくって、むしゃくしゃしている権太。
二人のその感情が爆発したのです。

三平は髪をつかんだり、爪でひっかいたり、
でも権太も負けていません。

「コーン」と、突然変な音がしました。
それに続いて、「ドボーン」と変な音をたてました。

権太が三平を押し、そのいきおいで、
三平はバケツにつまずいてしまったのです。
そして、河にはまってしまったのです。

「権太、助けてくれ~。権太……、うわー!」
権太は一瞬ボーとしました。
何をすればいいか、わかりませんでした。

権太は泳げません。
そして権太はとにかく走り出しました。

「誰か誰か、いないかー。三ちゃんが……」
真っ赤な顔して走りました。

そして、そこに呑気な保さんがいました。
「おじさん、おじさん、助けて、助けて」

「三平、どうしたんじゃ」
「おじさん、おじさん、助けて、助けて」

「何を助けるんじゃ」
「三平、三平だよ、おじさん」
「三平がどうしたんじゃ」

「バケツにバケツに」
「バケツに顔を入れて取れなくなっちゃったのか。アハハ。
俺も前にや~た。アハハ」
 呑気な保さんは大きな口を開けて大笑いしました。
 権太はあせってしまって、足をドタバタ、手を左右にぶらぶらとせわしなく振った。

「違うよ、違うよ」
「なら、どうしたんだ。落ち着いていえ」

権太は悲しくなりました。だって三平ちゃんの命がかかっているんです。
でも悲しんでいても、三平は助からないということも権太はわかっているので、
精一杯考えて、
「つまずいたんだよ、バケツに。そして河に落ちて、おぼれているんだよ」

「そういえば、昨日の雨で水かさが増えているから、流れも早いから、流されてしまうなー。うん」
と、保さんは左手でアゴをなで、右手で鍬によりかかって考えました。

「おじさん、早く、早く」
「よし、急ごう」
「三平、死ぬな、死ぬな」
 権太も保さんもひた走りました。

でも、元のところにつくと誰も見えませんでした。

「権太、それ本当の話ケ」
「本当だよ-。こんな悪い冗談なんていわないよ。ほら、あそこに三ちゃんが釣りをしていた。竿とバケツがあるだろう」
 バケツから水がこぼれ、一匹の鮒が飛び跳ねていた。

「三平ちゃん死んじゃう」
「三平はどこぞにおよぎついたんじゃないかー」
「うーん、それならバケツと竿をもって帰るよ」
「そうじゃなあー。しっかり者の三平のことだからのう。
三平は下流の方に流されたのかもしれん。わしは村の人を連れてくる」
「うん」と、権太は返事した。

「三平~、三平ちゃん」
もう辺りは暮れかかっていました。でも、権太は、
「三平、三平ー」と泣きじゃくりました。
そこに権太の母と、消防団の人が来て、
「保さんから話は聞いた。三平は本当におぼれたんだね」
「本当だよ」

「まあ暗くて、もう晩だから、子どもは帰れ!」
「でも三平ちゃんがー」

「そうしょうね、権太」
と、母は言いました。

「でも三ちゃんがー」
と、いってみたものの、権太はお腹が減ってたまりません。

「権太、大人にまかせ」
「そうだよ、権太。家に帰れ!」
「暗いから家に帰れ!」

「また河に落ちたら大変じゃ」
「そう、おまえみたいな子どもがいても仕方がない。帰れ」

 そんなことを大人にいわれた権太は、小さな声で、
「じゃ、帰る」
 と、つぶやくように話した。

 権太が一人家に帰り、家に入ると、奥の部屋から人のうめき声がしました。
 おじいさんがまた脳卒中になったのです。
 権太は泣いていたのさえ忘れて、近所のお医者を呼びに行きました。

 五分ぐらいしてから家に帰ると、おじいさんは静かにしていました。
「おじい、おじい、医者つれてきたぞー。しっかりせえー」

 脈を医者はとりはじめました。
「何! カンフルを」
「はい」
 看護婦(看護師)さんはあわてて注射器と小さな瓶をとりだしました。注射器にうつしている時、おじいさんの脈をみていた医者は脈をみるのをやめて、まぶたを裏返しにして、懐中電灯を照らした。

そして、看護婦さんに、
「もういい、ご臨終です……」

 そして医者は目のところに手をやり、まぶたを閉ざしました。

 権太も目の前が真っ暗になり、まぶたを閉じ、涙はたらたらと流れました。


(二)

権太の母は悩みます。あの日から権太はすっかり変わってしまいました。引っ込み思案になり、泣き虫になりました。

暗闇の中で一人でいることができません。
きっとあのことを思い起こすからでしょう。
権太の母は悩みます。どうすれば権太は普通の子にもどることができるのかと。

今日、学校に行きました。
また、友達にからわかれているのでは?

「ゴン、ゴン、ゴンタ、ごんたはゴンタで、悪たれ小僧」
 4~5人の子どもたちに囲まれて権太は泣き出しました。

先生も権太のことを心配しています。
「あの日まであの子はあんな子ではありませんでしたよ。そう頭はいうほどよくありませんでした。」

でも活発な無邪気な子どもでした。
あんなに変わってしまうなんてのも無理ないことです。

あんなに一度で変わってしまうなんてのも無理ないことです。
ただ、一教師として、できることは、ただあの子はどのように奮起するか、やさしく見守るだけです」

「オーイ、幸ちゃん。権太、権太をねらえ」
「権太なら、すぐ当たるぞ」
「そうだ、そうだ権太をやっちえ」
 ドッチボールする権太はすぐに当たりました。

「権太、権太、権太のバーカー。女に当てられてらあー」
「権太、権太のバーカー」

先生が言いました。
「権太のドッチボールや、みんなで何かすることはパッとしませんね。
でも、水泳の時間になると違います。うーん、カナヅチだったあの子が、小学三年なのに500メートルは軽く泳ぎますからね」

私は深く、あの子のことは知りませんが、何か心にわだかまりがあるんじゃいないですか。

権太の母さんは学校に来て先生の話を聞くと、とても権太をいじらしく思いました。

そして、このままではいけない。権太を元の権太のようにすると心に決めました。


白い雪が降っています。
権太の心も昔はこの白い雪のように清らかで、さも楽しそうだったのに、今はその雪がふってくるあの雲のように、なってしまった。でも、雲になったのなら、必ずまた地面におりてきますと。それが自然だから……。と母は思いました。


(三)

権太は小学四年生になりました。
いくらおかあさんが、わだかまりをとろうとしてもとれず、約八か月が過ぎました。

権太は八か月たっても、三平とおじいさんのお墓に毎日一回は行きました。
だから、おあかさんは引っ越しを考えたのです。が、お父さんが「いや、ますます、知らない人たちの間に行くと、権太はダメになる。ほら、裕美ちゃんみたいな友達がいるではないか。あの子と遊んでいるうちに、きっと昔の権太にもどる」と言いました。

春です。だから土筆(つくし)とりに学校の友達同士でハイキングに行きました。写生をしたり、蝶々をとったり、お弁当を食べたあと、権太と裕美ちゃんが座っていると、一匹の蝶が飛んできました。

「まあ、きれいな蝶々」といって、裕美ちゃんは立ちました。
「権太、蝶々とらない」
「うん、いいよ。僕、お空の雲、みている方がいいや」
「じゃ、私はとるわよ」

ドボーンと大きな音がしました。
裕美ちゃんが落ちたのです。
「オーイ、大変だ」
「どうしょう」
「やっぱり、権太なんかと仲良くするから、こんなめにあうんだ」

わいわいと、みんなは勝手なことを話します。
級長はあわてて遠い所にしかいない大人を呼びにいきました。

「雪のとけた水で、ほら、裕美ちゃん流されていくよ」
 と、気の抜けた声で花子が言いました。

「おーい、権太、何をしてるんだ。服なんかぬいで」

ドボーン。
「権太」
「権太、権太、権太、がんばれ」

裕美ちゃんのところまで来ましたが、雪どけ水で泳ぐのが難しいのです。
「裕美ちゃん、がんばれ。権太、がんばれ」
いままで、あんにいじめてばかりいた友人です。
みんなが権太を応援します。
それでも、権太の耳には入りません。

(四)

権太は死にました。
裕美ちゃんは何とか、健一君が差し出してくれました
竿(さお)につかまって、助かりました。
権太は力つきて竿を握ることもできずにいました。

母は思いました。
権太はこの日のため、水泳の時間がんばったのだと。

三平ちゃんがおぼれた時、自分で助けられれば、泳げたらと強く思ったのでしょう。

裕美ちゃんは涙浮かべてみんなに言いました。

「権太のどこが弱虫なの。私が蝶々をおっていって、蝶々が橋の手すりにとまってい、それをとろうと飛びかかって、おぼれた時たすけてれたのは、権太くんだけだった。私なんか、ほっておいてくれたら、良かったのに……。もう何をいってもダメなのね」

みんなは思いました。
権太は弱虫ではないと、そして強虫だったんじゃないかと、いじめたことを罪に感じました。

権太は罪を感じて思いつめていって、あんな風にのなっていた。
権太、弱虫だったのだろうか。
罪を感じても忘れてしまう子が弱虫だったのだろうか。
それはわかりません。
でも、私には権太は弱虫なんかじゃなく、
きっと、きっと、心のやさしい少年だったのです。


(五)

権太の墓のまわりには、一年目くらいまでは、
友達の花や供物がありました。
二年目には花だけがありました。
そしてみんなが中学校を出るころになると、
花一輪が……。半紙に包んだ手製のビスケットがありました。
それを見ると、権太の母は心が救われるような思いになりました。

--弱虫・強虫--終わり--
「権太のような人間だけなら、決して二度と戦争はおこらない」
と、先生のノートに書かれてありました。




下、1日1回クリックお願いいたします。

ありがとうございます。










コメント

A010.無農薬?

2005年09月28日 | 【小説】 レインボー...
I.衛星放送?

A010.無農薬?





「これは無農薬だ……。そんなことはないか。無農薬!? ううん。農家の息子に生まれたのに、こんなこともわからないんだから。俺も、桃子とかわらず、親不孝かもなあー。まあ、低農薬だから、あやちゃん、安心して飲んでくれたまえ」

 あやちゃんはおいしそうにチュパチュパと新鮮なピーチのジュースを飲んでいた。

 それを見た石井は、
「一生懸命つくったものが、こうやって、おいしくって、血や肉になるなんて、若いころは、農業ってのが、こんなにクリエイティブなこととは思わなかったなー」
 と、ひとり言を言った。

 そして、キッチンにもどると、やはり、桃子は冷凍食品を買いこんでいただけで何も作っていなかった。でも、いつものことだから、石井は気にもとめない。淡々と、食事の準備をはじめた。

 チンと電子レンジが音をたてると、湯気をたてたインスタント食品のできあがり。床に置いた丸い照明器具で新聞を読みながら、ラザニャを食べはじめた。外で食べるよりは、面倒ではないと思っている。

 しかし、無農薬かどうか、健康にいいかどうなんで理解できない。

 まあ、そんなことに神経をとがらせても、病は気からという。そんなことで病気になってたまらないと、何か他に気をまぎらわせるものがないか思う。

 石井の趣味は世界のテレビ番組を見ること。石井の部屋には、何台ものテレビが置いてある。寝ころんで見られるようにもなっている。

 石井は趣味というのは、衛星テレビであった。世界中の放送をできるだけ見れるようにと努力したもので何百チャンネルもある。そして、コンピューター技師の石井は同時に何チャンネルも見られるように作った。それもきちんと契約したうえでのことである。

 机の上に葉書が無造作においてあった。石井は、それを手に取った。献血センターから来た葉書であった。

 葉書をはがしている。はがしたところに、献血した血液成分表が書き込まれていた。石井の数値はすべて正常値の範囲であった。

 これで、献血された血は使用されているだろうと思った。問題があれば、輸血されないと聞いていた。先日献血した血が誰かの命をつなぎとめているとしたら、素敵なことだなあーと自分のしたことに感激している。

 昨日、見たあと、リモコンを床に置いたままだった。あやちゃんは、はいはいして来て、リモコンの上にのった。何十台ものテレビが同時についた。

 あやちゃんは、テレビにうつっている女の人の顔を見て、
「マンマ、マンマ」
 よだれをたらしている。

 喜んでいるあやちゃんは体を音楽にあわせて動かせたので、何十台ものテレビの画面(モニター)がかわった。そして、すべての画面は女の人だけを映し出した。

「わたしのかわいい赤ちゃん」
 アップでうつしだされたテレビの女の人は、何十台ものテレビ画面で同じようにやさしく語りかけたので、あやちゃんはうれしくってたまらない。

 リモコンから離れ画面に近づいたあやちゃんは、目をキョロキョロさせた。それと同時にリモコンがまた動いて、テレビの画面は戦闘機がごう音をとどろかせていた。

「プシュ!」
 ミサイルが発射された。
「ドカーン!」
 戦闘機が爆発した。

 あやちゃんはびっくりして、おしゃぶりを落とし、目をつむったけれど、次にはおもしろいという顔をした。それから、すぐに手をたたこうとしたが、うまく手はかさなりあわなかった。

 それから「マンマ、マンマ」と言いはじめ、テレビの下の機械類を目茶苦茶に手のひらでパンパン叩いていた。

 右左に、そして天井にもテレビの画面がうつっていた。それは近くのプラネタリウムを見に行ったとき、パノラマ映画というのをやっていた。天井にも風景が映るというものであった。何十台ものテレビで一つの画面をうつしだした。それは、テレビというより一つの世界のように見えた。

 石井はそんな装置が欲しいと思ったけれど、どうしてわが家がいつの間にそんなことになったのだろうと思う。

 石井は眼鏡をはずして、目をこすった。こんなことが……。

 その画面の中には、あの有名な地中海ぞいにならびたつ真っ白な建物に似た小さな家があった。雲の上に建つ小さな家。真っ白と空色、その二色がやたらまぶしく見える。

 その家の中には、白い髪をした体つきのふっくらしたおばあさんがいた。






閑話休題

無農薬かどうか……。

これは実に見ただけでは理解できない。
遺伝子操作をしていない大豆を目でみても判断できないのと
同様である。

無農薬で農家の方がつくられたとしても、
隣の畑や田んぼから、風や水によって、
運ばれてきた農薬の影響を受けているという。

江戸時代のように、化学化合物の影響のない
食品を手にいれることは不可能である。

それは、雨のなかにさえ、それは含まれているからだ。
便利な生活と同時に、安全な食品を手に入れることも、
人類の智恵で可能にすることはできるだろうと思う。

しかし、現状はいいとは決していえないと思う。

こういうことでも、
インターネットは役立っている場合がある。

無農薬や有機などの商品を販売している
方たちがいる。

私もお金があれば注文したいのだが、
そんなことは現状では無理である。

お金に余裕のある方は、
このような農家の方のWebShopを利用していただきたい。

日本の農業を応援するためにも……。
ここをクリックしてくださいませ。

卵が昔より安くなったのではなく、
安い卵がつくられるようになったが正解だと思います。
昔の卵と同じものではないのですから……。









↓1日1回クリックお願いいたします。






[レインボー・ループ]もくじ
コメント (2)