頼成(らんじょう)の森だより

「県民公園頼成の森」総面積は115ha
東京ドーム25倍、日々の!写真を中心に
森の今をお伝えします

野鳥と昆虫の観察会2024

2024年07月21日 | 紅葉
本日、イベント「野鳥と昆虫の観察会」を開催しました。

講師は「ねいの里」の竹内さんにお願いしました。
昆虫や小動物に詳しく話を聞くのが楽しみです。

まずは、肩慣らし、森林科学館前の芝生広場でバッタ類の観察です。
ショウリョウバッタ、トノサマバッタ、クルマバッタモドキ、コカマキリなどたくさん見ることができました。

さて森へ、森の中での観察の主役は、カブトムシなどの甲虫類。
いるかどうかは、運しだい、樹液の出ている木を見て回ります。
幸いカブトムシ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタなど大物も登場してくれました。

暑い日でしたが、森の中は多少涼しかったかな?


山から下りてきて、栂野尾園の池で水中生物など探ります。
アメリカザリガニ、なにかのヤゴ、マツモムシ、オニヤンマ、オオシオカラトンボ、オオイトトンボを観察しました。

テントは、朝一番にスタッフの山ちゃんが暑さ対策のため張ってくれました。
一人で張る術を会得したとのこと、頼もしい限りです。

今回12名の子供さん参加でしたが、昆虫などにたいへん詳しい子たちが何人もいて驚きました。将来楽しみです。

竹内さんありがとうございました。
参加の皆さんとのやり取りも本格的で勉強になりました。
今後ともよろしくお願いします。




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「カブ・トム氏」登場

2024年07月18日 | 紅葉
本日、森林科学館玄関にカブトムシが登場しました。

春に知人から幼虫を頂き育てていたのが、1週間前ほどに羽化し土から出できたので、しばらく調子を見て、本日からのお目見えとなりました。


喧嘩をして体力が消耗ないよう個室暮らしだったのですが、本日より大鉢で相部屋です。



その個室のための小さな飼育ケースを倉庫から取り出したところ、ケースの中の1つにこれが入っていました。

なんだこれは・・・・・?!面白い、いい
というわけで、玄関ケースの右肩に貼っておきました。



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オカリナ演奏 2024

2024年07月01日 | 紅葉
今年の花しょうぶ祭りは、最高気温30℃超えが3日あり、
会期中の平均最高気温29℃と、過去6年の24℃を5℃も上回りました。

大変暑かったわけですが、この中でのオカリナ演奏会、
オカリナの軽やかな綺麗な音色で、暑さを大いに和らげて頂きました。
ありがとうございました。


それでは、
演奏頂いた20組の皆さんを、順に紹介させていただきます

【6月14日(金)】
① オカリナの風

【6月17日(月)】
② フィオーレ

③ フォンターナ

④ オカリナアンサンブル こだま

⑤ 輪音

【6月18日(火)】
⑥ コスモス

⑦ かめり~な

⑧ エーデルワイス

【6月19日(水)】
⑨ かなりあ

➉ ぷらせ~な

⑪ すみれ

【6月20日(木)】
⑫ 夢音

⑬ こころ音♪ YuRina

⑭ はーとふるカメリア

【6月21日(金)】
⑮ なでしこ

⑯ こぶし

⑰ ひまわり

【6月22日(土)】
⑱ カナリーナ

⑲ ハートエンジェリーナ

⑳ Fuwa Fuwa

皆さま、どうもありがとうございました、
来年もよろしくお願い致します。




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「第39回花しょうぶ祭り」閉幕

2024年06月24日 | 紅葉
「お知らせ」欄でお知らせしたとおり、
昨日、祭りの最終日はあいにくの大雨で中止せざるを得ませんでした。

本日、花しょうぶ田を見て回ったところ、衰退期に入った中での強雨で相当花が痛んでおり「見終わり」状態でした。

強雨は恐怖です。
中止は、残念であり、楽しみにして頂いた皆さまにも申し訳なかったのですが、強雨が祭り初めでなくて良かったとも思いちょっと慰めております。

第39回は9日間の開催となりましたが、無事終えることができました。
たくさんの関係者の皆さま、ご来園いただいた皆さま、ありがとうございました。




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名脇役

2024年06月19日 | 紅葉
花しょうぶ祭り開催中ですが、
水生植物園の名脇役アジサイも見頃です。



コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オカリナ演奏会、最前列かぶりつきにいるあなたは、もしや

2024年06月17日 | 紅葉
開幕日の午後からオカリナ演奏会が始まっています。
下記の日程です。
音楽を聴いて、花を見て、美味しいものを食べて、お土産を買って・・・
ぜひ、お越しください。

お日柄も良く、花咲きも良く、本日もたくさんのお客さんで賑やかでした。
さて、この中でかぶりつき席にいたのが、あなたです。

スピーカーアンプの上で聴き入るカナヘビ君

もしかして、カナヘビ界の芸術家?




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花がら摘み

2024年06月15日 | 紅葉
本日も晴天に恵まれ多くの方に来て頂いています。

開花が盛りなので「花がら摘み」もたいへんです。
咲いた花は2日ほどでしぼんでくるので美観保持のためと、
脇から次に咲いてくる2番花を綺麗に咲かせるための作業です。

暑い中、たいへんお疲れさまです

きれいな花のための作業しているその菅笠姿がまた風情があります。
カメラの方々の絵心を大いに揺さぶっておりました。
私も着物姿の美女の了解を得て(風情)²を写してみました。
「花がら摘み」は1日おきに行う予定です。
コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「第39回花しょうぶ祭り」開幕

2024年06月14日 | 紅葉
本日「第39回花しょうぶ祭り」が開幕しました。
会期は14日から23日までの10日間です。

式典は8時45分より行われ、晴天に恵まれたいへん良かったのですが、6月の朝方とは思われない暑さでした。

庄東認定こども園の園児さんが可愛らしい踊りを披露してくれました。


最近の暑さで開花が進み、開幕にして見頃を迎えています。

飲食・物販コーナー、23日までの毎日やってます

遠くに見えます紅白幕は野点会場でございます
本日と15・16日、22・23日の土・日曜やってます

その他、花しょうぶ苗販売やクイズラリー、オカリナ演奏などもありますのでぜひお越しください、お待ちしております。

追伸、
暑い日が続きそうです、水分補給など熱中症対策はお忘れなく。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「花しょうぶ祭り」準備の準備

2024年06月03日 | 紅葉
本日、「お知らせ」欄で、
「花しょうぶ祭り開催」と「通行止め箇所の通行再開」をお知らせしました。

「花しょうぶ開花状況」は、通行再開予定の7日の前日6日より始めたいと思っています。

花しょうぶは、品種によって極早生・早生・中生・晩生・極晩生など、咲く時期に遅い早いがあります。
頼成の森では、いろいろな品種を植えてあるので、一面を埋め尽くすお花畑にはならないのですが、最も咲きそろう見頃になるのは6月中旬と思われます。

車でお越しの方は、7日まで今しばらくお待ちください。

本日の状況
早咲き品種の多い1号田、法面の除草作業中です。

2号田から奥の状況




コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛を持って自然を撮る

2024年05月26日 | 紅葉
爽やかに晴れた本日、イベント「ネイチャーフォト教室」を開催しました。

講師は富山県写真家協会の野崎会長と柴田さんにお願いしました。
お忙しい中ありがとうございました。

まず30分ほど研修室で講義です。
シャッタースピード、絞り、ISO感度、露出補正などの基本のほか、
・アングルを変えてみる
・アリの視点、鳥の視点で撮ってみる
・背景で写真は変わる
・目をとめたところに発見がある
・生き物たちを愛を持って撮りましょう
・四季、天候、光の変化を新鮮な気持ちで楽しみましょう

野崎会長から様々な暗示を受け、新鮮な気持ちで自然の中に飛びこみます。


普段ならなんでもないクモの巣も、本日は七色に輝く美しき被写体

なにしろ、暗示にかかり新鮮なので、
もう少しで開くネジキの花もいつもより綺麗に見えます。
さらに、いつもなら見逃すものも目に入ります。
これは何だろう、見たことない、花?
ところがどっこい、ツクバネウツギの花が落ちたあとの萼でした。
「ガクッ」会長得意のダジャレも聞いたような気がします。
5枚の萼の下が果実で、萼を羽根つきの羽根に見立て、衝羽根でツクバネウツギ、ひとつ勉強しました。

池ではスイレンが咲き、トンボが飛び、カナヘビが日向ぼっこ
真ん中には、かわいらしいカメラマンも登場、
自然を一杯吸収してたくましく育ってね、将来楽しみです。

(おまけ)
キリンを彷彿させるモウソウチク
下を向いて歩いていても気付くホオノキの存在

本日は子供のような新鮮な気持ちで自然を見つめ直すことができました。
参加の皆さん、また良い写真を撮りに来園下さい、お待ちしております。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黄色い花

2024年05月20日 | 紅葉
この時期黄色い花が目立ちます。
森林科学館周辺で見かけた黄色い花を拾ってみました。

ニガナ
舌状花が5~6枚のものがニガナ
8~11枚のものが亜種のシロバナニガナ(黄色はハナニガナ)
とのことですが、見分けつけがたいものもあります


ブタナ
ヨーロッパ原産の帰化植物、首の長~いタンポポ


イワニガナ(ジシバリ)
ジシバリは茎が地面を縛るように覆うことから

コナスビ
萼と果実が小さいナスのようだそうです

コメツブツメクサ
ヨーロッパ原産の帰化植物、カマキリを添えて

ハハコグサ
春の七草の「ゴギョウ」

ウマノアシガタ(別名キンポウゲ)
昔、馬に履かせた藁の馬沓が花に似ていた・・・他諸説あり

イヌガラシ
アブラナ科、食味はカラシのような辛みありとのこと

花の多くは昆虫などを介して受粉する虫媒花です。
春にいち早く活動し始めるアブ、ハエ類などは黄色に敏感のようです。
この結果、黄色の花の植物が次世代に子孫を残し今に至るようです。

そう言えば、花しょうぶの花弁の基部も黄色。
この黄色がネクターガイド(蜜標)といわれ、ハナバチなどを吸い寄せます。
昭和のオヤジが赤ちょうちんに吸い込まれるごとく。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日の人口密度は高かった

2024年05月12日 | 紅葉
ゴールデンウイークが終わった後の最初の日曜日
曇で雨も降りそうな日ですが、本日は大盛況

富山県ナチュラリスト協会の皆さん
「頼成地区の植生と植物」現地研修です。
午後までじっくり研修、
これだけの強者が集まれば内容濃厚、面白そうです。


ガイア自然学校
子供たち、職員の方々、大学生のボランティアの皆さん
「自然教室ガイアキッズ」で子供たちが五感を通して自然やお兄さんお姉さんとふれあってます。

家族連れの皆さん
つたない施設ではございますが、工作、ぬり絵、クイズを楽しんでください。


多くの皆さんが野外活動をされていますが、午後は雨予報。

夕方まで晴れるよう館長に得意の神通力をお願いしようと思ったのですが、
まてまて、日々これをお願いしたらこれまた問題である、やめた。

このことにより午後は小雨、雨となりましたが
頼成の森がサハラ砂漠にならないためには仕方がありません。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

緑徐々に濃くコントラスト激しく

2024年05月12日 | 紅葉
あっという間に緑が濃くなってきました。
以下は日差しが強かった昨日11日の写真です。
人が見る景色は脳内で光を補正しているためかそうでもないのですが、
日差しの強い日の森の写真は、正直に光を反映するのでコントラストが強すぎてそっけないものになりがちです。

が、個別にスポット的に見ると、コントラストも面白いです。

タンナサワフタギ
名前の由来は、沢に蓋をするように生えるのでサワフタギ、タンナは不思議な語感ですが、最初に「耽羅(済州島の古名)」で発見されたからだそうです。
普通に撮ると光が強すぎたので、
思いっきりマイナス補正で光を少なくしてみました。

小さく目立ちませんが、タカノツメの花が咲いています。
拡大してみます。
たくさん飛び出ているげじげじは雄しべのようです。

近くのタカノツメの花も、
拡大すると、先ほどの花と違います。
白く小さく先が2裂しているのが雌しべのようです。

調べるとタカノツメは雌雄異株とありました。
はて?ウコギ科は雌雄異株が多いのか。

ウコギ科のタラノキ、ウド、ヤツデ、コシアブラ、ハリギリなどどれも球状の小さな花が集まった花序をもちます。
が、しかし、両性花あり、雄あり、雌あり、同居あり、別居ありで、同じような花に見えてもたいへんややこしい。

ネット検索した中で、「ウコギ科の花を調べるとめまいを催す云々」という記述がありました。
これに倣い、めまいを起こさないよう深掘りはやめました。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「緑に親しむ集い」

2024年05月04日 | 紅葉
本日は、みどりの日、
毎年恒例のイベント「緑に親しむ集い」を開催しました。

60余名の方々に参加いただきました。
ありがとうございました。

9時30分簡単な開会式の後、まずは、クイズを解きながらの森林散策です。
10班に分かれ、フォレストリーダーの皆さんの先導で森の中を歩きます。
上の写真の右上に白い花があります。
沢沿いなどに多い「ケナシヤブデマリ」です。

尾根に上ると、緑のトンネルです。
コナラ、ホオノキ、タカノツメ、コシアブラ、アズキナシ、オオバクロモジ、リョウブなどの落葉広葉樹が頭上を覆います。
10班に分け比較的少数で周るので、会話にも花が咲きます。
落葉広葉樹の緑も日に日に濃くなってきています。

11時頃森林科学館に戻り、しばらくしてからシイタケの植菌体験です。
フォレストリーダーの岡山会長さんから植菌の仕方、家に持ち帰ってからの管理方法について説明いただきました。





この種のイベントは天気次第なところがありますが、近年の「緑に親しむ集い」では雨がなく助かっています。
一説には館長の神通力とも言われていますが、本日も100%晴で、ゆとりを持って開催できました。
フォレストリーダーの皆さまにもお世話になりました。
ありがとうございました。





コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元気ハツラツBBQ

2024年05月02日 | 紅葉
“さわやか”というのは秋の季語のようですが、本日は実にさわやか。

この良き日に、遠足の御一行様でバーベキュー卓が埋まりました。

富山いずみ高校看護科、
世に大切なエッセンシャルワーカーを目指しておられる皆さんです。
若者で卓が埋まったことが嬉しく、せっかくの記念にと思い出しゃばって出かけました。


「撮って大丈夫?」
「事務所の了解とってま~す、あははは」
「・・・・」
先生にも了解をもらい皆さんの記念撮影










今後の活躍に期待してます、皆さんの前途に栄光あれ!




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする