カメの眼通信

青空を見上げるカメの眼は、ルビーのような赤い色。

反省

2018年06月21日 | 掲示板
管理人です。

先日アップしたハイブリッド個体について、
反省します。

無理をして調査を実施したため、
結果的にカメを溺死させてしまいました。

今後、カメ調査を実施する際には、
時間的・金銭的余裕をもち、
安全対策を講じて実施します。

また、なぜ当地ではハイブリッドが発生するのかを突き止めるため、
クサガメやハイブリッドを人為的に排除することなく、
調査をできる限り長く継続します。

産卵場所も特定する必要があるでしょう。
そのために2500分の1白地図を購入しました。

いままで培ってきた技を活かすときです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きなこと

2018年06月20日 | 掲示板
管理人です。

私は郵便局で働いていますが、
郵便局員として生まれてきたわけではありません。
当たり前ですが、
この当たり前がとても大切だと思うのです。

休みの日は、
映画を見たり、
無線の勉強をしたりして過ごしています。

また、連休があると生物調査に出かけたりします。
研究者ではありませんので、
論文を書く義務はありませんが、
報告書は書いて提出します。

反抗期を迎えた息子を見ていて思うのです。

自分で好きなことができる環境になるように努力をしなさい、と。

方法は幾通りもあるでしょう。
また将来は制度も変わるでしょう。(どのように変わるかわかりませんが)

私が中学生だったころとは、
中学校も随分と変わったようです。
なので、口やかましく叱ることを止めました。
自分の頭で考え、選択する力を養ってもらいたい。

「自分で好きなことができる」環境こそが一番、大切だよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイブリッド

2018年06月15日 | 掲示板
管理人です。

久しぶりにカメのネタです。

とある場所で、カメの調査を行ったところ、
イシガメとクサガメの交雑個体(ハイブリッド)と思われる個体を捕獲しました。

外部形態からの推測ですが、
イシガメとクサガメの両方の特徴が出現しています。

この場所では、これで2例目となります。
不幸にも捕獲の際に、事故で死んでいましたが、
すでに20年は生きて、卵を産んでいたことが想像できます。

今後、ハイブリッド個体についてどのように取り扱うべきか。
頭を悩ませる問題です。

自分で解析はできませんが、
DNAサンプルを採取しておきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子のための地震イツモノート

2018年06月05日 | Weblog
管理人です。

近くの図書館で面白い本を見つけましたので、
紹介します。

ポプラ社からでている「親子のための地震イツモノート」といいます。

何だか変な表題ですね。

『地震がおこる可能性は、
 モシモではなくイツモ。
 イツモしていることが、
 モシモのときに役立つ
 あたらしい地震へのそなえかた』だって。

中身をのぞいてみると、
あいさつという防災。
アウトドアという防災。
スポーツという防災。

なんだこりゃ。
でもおもしろそう。

これもまた、図書館が仲人の本との出会いです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新企画!

2018年06月05日 | 掲示板
管理人です。

自分で言うのも変ですが、
私は変なおじさんかも知れません。

自分の親が変なおとうさん、
なんて子から言わせたら最低でしょうね。

けれども、いまさら治らない。
慣れるしかない。

今は、会の活動の新企画を思案中です。
日常生活に、非常時や野外での活動をいかにして持ち込むか。

アウトドアライフでもない、防災活動でもない、
グランピングでもなければ、サバイバルでもない。

いざというときに、
知恵が働くような人間になるために。
新企画を現在、思案中!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アライグマ防除隊解散

2018年05月31日 | 掲示板
管理人です。

とある民間の活動助成金に、
掲題の活動を申請していましたが、
昨日、不採択通知が届きました。

落胆しましたが、
正直、ホットしました。

これで本業以外の仕事をしなくて済むからです。

アライグマが増えている問題は、
プロが主導して問題解決に導いてもらわないと、
素人がボランティアでできる範囲をはるかに超えています。

昨年、学術研究目的によるアライグマ捕獲を行い、
調査報告書を書き、
提出や郵送などして、
より多くの方に知っていただく努力はしました。
けれど、一個人でできることには限界があります。

残念ですが、
これにて糸島アライグマ防除団は解散いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トークショー 林えいだいを語る

2018年05月28日 | Weblog
管理人です。

いまをさること30年前。
北九州で文章を書く真似事をしていた私は、
小倉の本屋で一冊の本と巡り合いました。

それは、若松に住んで印刷屋を営みながら、
脳梗塞のリハビリから絵をイラストを描き始めた
山福さんとの出会いでした。

独特な画風と北九州のにおいがする文章に惹かれ、
山福さんに会いに行ったこともあります。
わたしは山福さんが出版した本によって、
多くの方を知ることとなります。

今は炭鉱画家として有名になった山本作兵衛さんや
筑豊文庫の上野英信さん。
天籟通信の穴井太さん。

北九州に綿々と流れる土着の文学。

決して見て見ぬふりをしていたわけではなく、
単に灯台下暗しの無知だったのです。

そして時代を記録しつづけた、
林えいだいさんについて知ろうと、
箱崎にあるカフェ&ギャラリー キューブリックに出かけました。

「関門港の女沖仲士たち」出版記念トークショー。
すごい人がいたものだ、というのが率直な感想。
自分には何ができるのだろう。
後世に残せるものは何かあるだろうかと、
夜の闇に包まれた箱崎の街をスーパーカブで走りながら、
少しだけ文学少年の心を思い出しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガジェット好き。

2018年05月21日 | Weblog
ガジェットが好きな管理人です。

いままで契約していたキャリアから、
格安SIMに乗り換えたのを契機に、
スマホもユニヘルツのジェリープロという、
小さいものに替えました。

老眼ですので、
小さい画面をのぞき込んで情報を得る、
なんてことはしません。
必要最小限の機能があれば充分。

ガラケーでもよいとは思いますが、
機能が圧倒的に優れているスマホを選択。
モバイルバッテリーはコンセント付きのものを選びました。

自分の身は自分で守る。
防災現場での鉄則ですが、
ガジェットひとつがあなたを守るかも知れないと思うと、
モノ選びは重要ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図書館へ行こう!

2018年05月21日 | Weblog
管理人です。

貧乏暇なしの管理人は、
図書館をよく利用しています。

おかげで本代が減ったかといえばさにあらず。
逆に本代が増えました。

老眼ですので、
本ではなく電子書籍購入費と書くのが正確。
本が増えずに、拡大して読むのに最適。

図書館の蔵書から、
いろんなジャンルの本を借りてきて斜め読み。
「この本は良い」と思ったら、
電子書籍で購入するという寸法。

みなさんも近くの図書館に行ってみましょう!
きっと、素晴らしい本との出会いが、
あなたを待っていますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反抗期を迎えた子供たちへ

2018年05月18日 | Weblog
管理人です。

このブログの出発点は、
元岡「市民の手による生物調査」の掲示版として機能し始めました。

途中、上記のHPがプロバイダーの都合で削除され、
このブログだけが残りました。

このまま掲示板としてだけ続けていてもよかったけれど、
子供たちも大きく成長し、
立派に反抗期を迎えました。
親の言うことなんて聞きやしない。

そこで、会の活動以外の目的で、
文章を綴っていくことも良いかも知れないと思い、
反抗期を迎えた子供たちへの手紙として、
ブログを更新して行くことを追加しました。

自分の道は自分で切り開いて欲しいとは思いますが、
生きてゆくうえでのアドバイスはアップロードしましょう。
そんな思いから、
少しだけ個人的な、
変なオヤジの独り言が、今後増えて参ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加