half moon bay

酒と釣りの友 天国の mさんヘ

金門橋 

2009-12-31 17:29:01 | 西海岸
Photo by Frederic Larson / MYSTICAL PHOTOGRAPHY /San Francisco Chronicle

ブログにご訪問いただきありがとうございます。

早いもので6月18日にブログを開設してから本日で195日目を迎えました。

たまたま見たサンフランシスコ・クロニクル紙電子版に掲載された当時の写真により丁度その日が金門橋が開通してから72年目にあたっていることを知り、この橋の橋げたで一緒に釣りを楽しんだmさんに写真を送ったことがブログを始めるきっかけになりました。投稿数は今日で151。自分でもよく続いたなと思います。

今年もあと数時間で終わりですね。第一回目にならい金門橋の写真を再びアップし、あとは紅白を見ながら年越しそばをいただくことにいたしましょう。

mさん、それから拙い僕のブログに訪問いただきました皆さん、良い年をお迎えください。

来年が皆様にとりまして素晴らしい年になりますように心よりお祈り申しあげます。

 よろしかったらお帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

年末夜廻り

2009-12-29 15:58:18 | 日記
mさん お元気ですか?

僕の住んでいる町では12月28日から30日までの3日間防火のための年末夜廻りをやっています。一回目が午後9時にスタートし一時間毎に一日3回、3日間合計で9回歩きます。

「マッチ一本火事の元~」 カッチカッチ。先導が提灯を掲げ、後続の何人かで拍子木を打ち鳴らします。陣屋を中心に東西に2コース、約20分で一周、一団あたりの人数は大体10名前後です。

参加者は小学生から中高年まで。歩かない時間帯は陣屋に集まってただひたすら熱燗 を飲み続けます。近くに住んでいてもめったに飲み交わすことがない方と膝を交えて交歓できる誠に良い機会で僕はほぼ皆勤を続けています。東京にお住まいのmさんには参加したくともなかなかやっている自治会はないかも知れませんね。

毎年、中日にあたる今晩は地元の自警消防団員がイノシシ鍋をするので消防機庫に夜回りの途中で押しかけご馳走になります。団員の何人かが猟友会のメンバーでこの日のために射とめたばかりのイノちゃん をいただきます。メスの方が肉が柔らかく美味であることをご存知ですか?南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。

今年もあと少しで終わりですね。火の元には充分お気をつけ下さい。

それではいざ出陣。 「寝たばこ用心 火のよ~じん!」 カッチカッチ!

Photo by Frederic Larson / MYSTICAL PHOTOGRAPHY / sf chronicle
昨日のラルソンさんの一枚をアップしました。モーニングショットだそうです。

 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

jasper schuringa

2009-12-27 00:30:01 | 海外ニュース
記事 NY DAILY NEWS紙電子版 12/26/2009

278人の乗客と11人の乗組員の命を救った勇敢なオランダの若者。

なんとテロリストに素手で飛び掛り火の着いた爆破物を奪い取るとは!

あなたの勇気と行動力には頭がさがります。オランダ人を見直しました。

記事で危惧が表明されているように今回の事件が PART OF A LARGER PLOT? でないことを祈りましょう。

関連記事 CNN電子版 12/26/2009


 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。

コメント

a year in pictures

2009-12-25 17:48:48 | 海外ニュース
Photo : Markus Schreiber / AP

サンフランシスコ・クロニクル紙が選んだ "2009:A Year in Pictures " をご覧あれ!

上の写真は5月の Our favorite shot に選ばれた一枚です。

Dave の名前で知られるスイスの芸術家4人組がボディーペインティングをして創り上げた作品だそうです。どー見てもオバマさんですね。Obama-o'-lantern とどちらが似ていますか?笑ってしまいますね。

昨年の1月から12月までのベスト12枚が選ばれていますが My favorite shots of 2009 は6月と12月です。小さな写真をクリックすると拡大されます。

果たしてみなさんの選択はどの月でしょうか?コメント欄への投稿大歓迎です。
奮ってご参加ください。

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。

コメント

scared of santa

2009-12-23 19:48:52 | 海外ニュース
Photo by Vlcki / Your scene / Los Angeles Times

日本では子供の泣き相撲がありますがアメリカはロサンゼルスでも似たようなことをやって大人が楽しんでいるんですね。

サンタさんに恐れをなして泣く子供たちの写真のオンパレードです。
面白いですよ。あなたはどの子に投票しますか?

記事および写真 ロサンゼルス・タイムズ紙
小さな写真をクリックすると拡大します。

 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

christpher cross

2009-12-22 22:16:54 | 海外ニュース
天使のようなハイトーンボイス。1980年には新人としてグラミー賞5部門受賞。

これは2007年に発売されたクリスマス特集のアルバムですが英国でこの冬ふたたびリリースされました。ちょっとだけ触りを聴いてみましょう。

全12曲収録  Tracks の▲印で選曲してください。

記事および視聴 英国BBC電子版

 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

demonstration of force

2009-12-22 21:25:50 | 海外ニュース
一本! 見事な投げが決まった瞬間。

どなたかと思えば、先頃上半身裸で馬に乗り、マッチョ振りを盛にアピールしていたプーチン元大統領ではありませんか。さすが黒帯だけあって様になっています。

今度はセント・ペテロスブルグ(旧レニングラード)まで出かけて力の誇示ですか。

12月18日の撮影。

Photo : AFP/RIA-NOVOSTI/ALEXEY DRUZHININ

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

michael jackson's coffin

2009-12-20 22:27:04 | マイケル・ジャクソン
Photo by Wally Skaliji / Los Angeles Times

ロサンゼルス・タイムズ紙電子版掲載 ”2009 in Focus : Best of Times photography " の一枚

金メッキされた棺に納められ恐らく盗掘を防止するためにコンクリート詰めされたマイケルよ。安らかにお休みください。

君を死に追いやり、今盛に金儲けしている連中にはいずれ天罰がくだることを祈る。

 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

ufo over kremlin

2009-12-19 22:04:48 | 海外ニュース
記事およびビデオ 英国テレグラフ紙電子版 12/18/2009
ビデオが始まるまで若干時間がかかりますが暫しの忍耐を。必見です。
画面が出たら▲印 Play Video をクリック。

モスクワの赤の広場クレムリン宮殿の上空を飛ぶ謎の三角形の飛行物体

昼間と夜間のビデオ。いずれもアマチュアのカメラマンにより撮影されたもの。

目撃者の証言によれば幅およそ1マイル(1.6キロメートル)と推定。

出たー! あなたは信じますか?

僕は小学生5年のころ夜の9時ごろに近所の電信柱の街灯の横で小さな幅50センチくらいの円盤状の飛行物体を見たことがあります。その時はびっくりして誰にもしゃべってはいけないことだと何故かそー思ってしまいました。先日母親にそのことをしゃべったら寝ぼけていたのよと一笑にふされました。あのときの記憶は鮮明に残っており、今でも現実のことだったと思っています。僕って変ですか?



写真 英国デイリー・ミラー紙電子版
こちらは北ノルウエー上空に現われた謎の渦巻き発光体。撮影本年12月。


 ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。

コメント

eroding cliff

2009-12-19 20:13:00 | 西海岸
写真 サンフランシスコ・クロニクル紙電子版

mさん お元気ですか。

僕が30年前に住んでいたサンブルーノから車で10分で行けるため何度も釣りに通った Pacifica 海岸に聳え立つアパートが侵食のため倒壊の危機にたたされているみたいです。住民には避難勧告が出されたとか。

目の前は太平洋、夕焼けの絶好のビスタ・ポイントで何度足を運んだことか。一度はこんなところに住みたいと当時は憧れたものですが、そのアパートの住民の方はさぞかしがっかりされていることでしょうね。

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

casette tape

2009-12-19 00:23:39 | 海外ニュース
記事 英国タイムズ紙電子版 12/18/2009

Why the music cassette has never died.

Central to the lingering affection that people still have for tapes is the fact that you can compile them yourself.

なぜ音楽用カセットテープは消滅しなかったのか?

自分自身で編集できることへの未練が断ち切れないから。


レコード盤の人気復活の記事を書いたばかりだが、どっこいカセットテープ派もしぶとく生き残っていました。音楽を愛する一部の人たちはデジタルでは実現できないアナログの世界に価値を見い出しているんですね。

そうなんです。音楽は生で聴くのがベスト。デジタルは生から最も遠くにある世界。生で聴けなければより生に近いところで楽しみたいのが人間の本能なのでしょう。

写真 Google画像検索

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。
コメント

christmas cracker

2009-12-18 21:20:29 | 海外ニュース
Photo by Carl de Souza / AFP /Getty Images

ロンドンの動物園での写真

題して ‘How to drive a meerkat crazy’

大好物の昆虫が入ったクリスマス・クラッカーをプレゼントされたミーアキャット君、もー無我夢中。

ところでクリスマス・クラッカーってなに?

英国を中心にイギリス連邦文化圏ではクリスマスには無くてならない必需品だそうです。

ネット検索で見つけた簡単な紹介文はこちらをクリック。
1840年代にロンドンのスミスさんが発明したそうですが、「パン!」と音がしてプレゼントが出てくる仕掛けはワクワクしますね。

僕がアメリカにいた当時はあまり見かけなかったけど現在はどうなんでしょうか?

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックしていただけましたらラッキーです。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=pierrenicole-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B002TEKYA6&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0">
コメント (1)

julie andrews

2009-12-15 22:00:20 | 音楽
Photo by IAN JONES

みなさん、覚えていますか?この笑顔。

そうです。御とし74歳になられたジュリー・アンドリュースさんです。

1997年に声帯の手術を受けてから後、けっして唄を歌うことがなかった彼女が、来年ロンドンのミュージカルの舞台にふたたびカムバックをするとの嬉しいニュースです。

かつて4オクターブの声域を誇った奇跡の歌姫ですが、‘sing-speak’ なる独自のスタイルを開発し、かって使ったことのない低音域に新境地を発見したとのことです。

彼女はのどの手術の後にふたたび歌える喜びをセックスの後の余韻にたとえています。

果たして、どんな歌声をまた聴かせてくれるのか。楽しみですね。


   
記事1   米国CNN電子版 12/14/2009






ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。

ビデオ 英国テレグラフ紙電子版 12/15/2009

クリックしてビデオ画面が出るまで少し待ってください。しばらくすると ▲印 Play Video が表示されますのでクリックするとビデオの再生がスタートします。


コメント (2)

wine adulteration

2009-12-15 13:45:14 | 海外ニュース
地図 Google画像検索

ヨーロッパに住んでいない我々としては飲んだことのないワインを選ぶ際に頼りとする情報はラベルに頼るしか方法がない。

ラテン民族はワインの歴史が長いため産地を厳しく規定し、品質保持に努めているものとの認識をこれまで僕はもっていた。

いわゆる原産地統制呼称ワインがそれでフランスのA.O.C.(ACとも)やイタリアのD.O.C.などのことだ。

ところがである。

イタリアがワインの原産地の偽装疑惑で今揺れている。ことの発端はトスカーナ(Tuscany)産のワインに一千万リットルものトスカーナ以外の産地のワインが混入しているとして当局が捜査に着手した。捜査中の会社は42社にのぼる。
しかも事件はトスカーナだけにとどまらない。疑惑は次の産地にも拡大するものと見られている。

Abruzzo,Trentino,Piedmont,Lombardy,Emilia-Romagna

記事 ニューヨーク・タイムズ紙電子版 12/14/2009
More accusations of fraud in Italy.

ヨーロッパでワインスキャンダルが発生したのはもーかなり昔1985年のことだ。日本にもジエチレングリコール=不凍液混入のワインが輸入され大々的に報道されたのでその時のことをご記憶の方も大勢いらっしゃると思う。

上の記事の中で僕に衝撃を与えたのは次の一文だ。

It's unfortunate that it has come to the point where nobody surprised by these reports.

そりゃ~ないでしょ。ラベルを頼りに選ぶしかない僕は怒りに震えています。

なおフランスの原産地呼称ワインについてはこの手の疑惑はまだないので誤解のない様一言添えておきます。

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左コラムの投票ボタンをパコンとクリックしていただけましたらラッキーです。

コメント (1)   トラックバック (1)

houston's new mayor

2009-12-13 15:12:48 | 海外ニュース
Photo by David J. Phillip / Associated Press

記事 ロサンゼルス・タイムズ紙電子版 12/13/2009

Houston elects first openly gay mayor.

テキサス州ヒューストンはニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次いで全米で4番目に大きな都市である。

この町で昨日、女性市長が誕生したが画期的な出来事と報じられた。

理由は彼女はレズビアンであることを公言して市長選を戦い勝利したからである。
これまでにいくつかの小さな市で同性愛の市長が選出されているが大都市では今回が初めて。

彼女の選出の二日前に、カリフォルニア州議会は初の有力ポストの同性愛の民主党議員を選出し話題となったばかり。

ご訪問いただきありがとうございます。お帰りの際に左サイドの投票ボタンをパコンとクリックして投票いただけましたらラッキーです。




コメント

ランキング投票ボタン

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ