half moon bay

酒と釣りの友 天国の mさんヘ

細田実回顧展続き

2016-10-20 20:55:25 | 日記
細田実回顧展に行ってきました。

細田実さんは明治生まれの方でご存命ならば百歳以上とのこと。

写真を拝見する限り大変男前で酒はなんでもござれ、特にウイスキーが大好物だったとか。さぞかし女性に持てた方だったのではないでしょうか。

水彩画が得意分野であったようですが若い頃の油彩の小品も展示されていて、素晴らしい内容の回顧展で感銘を受けました。

生前、実際に使われていた絵筆、絵の具、パレット、スケッチブックなども自由に手に取って見ることができるユニークな演出方法が素晴らしかったです。

40点を超える出品作の何点かをご紹介いたしましょう。





















本日、こんなブログ記事を見つけましたのでリンクさせていただきました。
細田実さんに絵を習った方のブログ記事です。「細田実先生回顧展と柳井白壁の街と」



ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


コメント (4)

細田実回顧展

2016-10-19 20:47:39 | 日記
柳井在住の友人から絵画展覧会の案内状をいただきました。

僕も時々訪れる白壁の町並みにある「やない西蔵」で明日20日より開催されるとのことで是非見に行こうと思っています。

友人は保育園時代に細田先生に絵を習ったそうですが、今は存在していない富士銀行のレンガの建物や昭和の古き良き時代の町並み

が描かれた作品が多数出品されているとのことでとても楽しみです。



ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コメント

海と月の見える町 team特別枠 version

2016-10-19 20:35:15 | 音楽
海と月の見える町 team特別枠 version


ビデオの長さ :3分50秒


お待たせ致しました。

ギターバージョンに引き続き「 team特別枠 」の演奏をお届けします。

《 Musician 》 藤山周:guitar / UKOSAXY:sax / 大橋祐子:piano / KahoRin : percussion


ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント

海と月の見える町 guitar version

2016-10-14 13:38:49 | 音楽
海と月の見える町 guitar version


ビデオの長さ :2分45秒 
題名     :海と月の見える町

時々遊びに行く柳井市在住の友人から素敵なCDをいただきました。

僕もよく出かける瀬戸内の海をイメージしたオリジナル曲で歌バージョン、楽器バージョンがあります。

まず最初に山口県柳井市大畠出身の新進気鋭のギタリスト・・藤山周さんの奏でるギターバージョンを

瀬戸内の美しい映像とともにお聴きください。


ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コメント (2)

本年初の大物ゲットなのだ~!

2016-10-02 22:54:23 | 
苦節9ケ月。やっと大物が釣れました。

年金波止場の連中に海の上から「下手くそ~」とおびかれながらも耐えに耐えたこの一年。

遂に大物ゲットです。



「 へっへっへ・・・見たかば~ろ~! 」と得意満面の僕ちゃん。



出世魚のヤズ ハマチになりかけのサイズ 体長62センチ 体重 2.4キロ

実はこれは2度目に当たりのあった奴。

最初に掛かった奴もかなりの引きで取り込みに苦労しているところ、すっ飛んで来たH船長。


「竿を立ててたてて、もっともっと、ゆっくりゆっくり、え~わしに貸してみ~ ゆっくり竿を立ててこ~してポンピングして・・・

あっ ああ~ ばれてしも~た~ 」

はいそうでしょう。そんな予感がしてました。予想的中です。僕には以前にも苦い経験があるのです。

あれは今から35年も前のことになりますか・・・。場所はアメリカはサンフランシスコ。フィッシャーマンズ・ワーフで船に乗り

サンフランシスコ湾を横断して上流のデルタ地域に初のスタージャン(チョウザメのこと。メスのお腹からはキャビアが取れる高級魚)釣りに挑戦

した時のことです。

「 スタージャンはだいたい100キロはある。先週の客には150キロの大物を釣らせたんだぜ。 」 Captain

そんなでかい獲物どうやって取り込むの? ドキドキ、ワクワクしながら期待に膨らむ胸。するととんでもない衝撃がロッドに・・・


 ” Captaaaain Fish Ooooooo~n ! ”  僕

 ” Hey,hand me your rod. It's difficult for beginners to pull it out first time・・・

   OH shit・・・Damn it・・・Jesus Christ・・・ it's gone. " Captain

よい子の皆さん、決してキャプテンのような言葉は覚えたり、使わないようにしましょうね。

ここで僕が学んだ釣り人の心得を一つ。

「船長にロッドをゆだねると、ろくなことはありません。」

ヤズの刺身を肴に今晩の黒ラベルの味はまた格別であった。


ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


 













コメント

ランキング投票ボタン

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ