アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

リオ旅行 4 買い物三昧

2011年09月30日 | 旅行
K家を出てから、タクシーを拾い、コパカバーナのホテルへ。
行ってみたら...
娘がバレエの発表会のたびに通っていたスタジオのすぐ近く。
ピアノの先生のお住まいのすぐ近く。
つまり、私にとっては、「よおっく知ってる場所」なのよ。
あら、うれしい!

チェックインはできないので、荷物だけ預かってもらって、身軽になってセントロに。
最初にシネランジェアの夫の知り合いの事務所に。
土曜日なので、誰もいません。
あたりまえか?
夫、ちょっとがっかり。

そのままメトロの二駅分歩いて、ウルグアイアーナの文房具やさんへ。
娘が小さかった頃、教材をそろえに来ていたところですが、画材部門がさらに充実していて感動!
もう、画材って、いくら見ていても飽きないわ!
でも、夫がいるので、そんなにゆっくりもしていられない。
さささっと買い物をして、夫のご希望、ウルグアイアーナのカメロランジア(露天商街)へ。
ですが、すごい、人、人、人。
夫、人気に押されちゃいました。
速攻でメトロに乗り、そのままボタフォゴヘ。
ボタフォゴからタクシーに乗って、ショッピングセンター RioSulへ。
RioSulでは、目的は夫のズボン、半ズボン。
私のお気に入りのお店の一つ、「Elle Et Lui」でバーゲンをしていて、あらあらラッキー!
ズボンを2本購入。

このころちょうどお昼になったので、タクシーを拾ってコパカバーナに。
海岸沿いで下してもらって、ブラブラ。
適当には行ったお店で、「リオ風魚介類の煮込み」を注文。



ここは一皿一人分が基本なのですが、我が家は二人で一人分。
申し訳なかったのですが、ちょうど良い量をおいしくいただきました。

ごちそうさまでした~。

お昼を食べ終わるとちょうどいい時間。
今度は徒歩でホテルに戻って、チェックイン。
お部屋はかろうじて海側に眺望あり?かな? 





この日のコパカバーナは波も静かでいい感じ。

部屋は狭かったですけどね。

部屋に入って夫はすぐに沈没。
私はすぐに娘が昔習っていたピアノの先生の発表会会場へ。
マナウスのコンサートばかやろ~事件がなかったら、こっちの発表会に参加するはずだったのよ、娘。
発表会自体は見られないけれど、リハーサルをやっていた昔馴染みのIさんと再会。
Iさん、70過ぎになる方ですが、私がリオで現役日本語教師だった時代に、コンビを組んでいた方です。
おだやかで、かつはつらつ!
ちなみに、リオ日本語教師「その世代組」(みなさま70歳以上組)の先生方には、本当に本当にお世話になりました。
まだ、幼稚園児だった娘をよく「飲み」に誘ってくださったり…
その当時、まだ30台だった私を子供扱いせずに、ほんとうによくいろいろと教えてくださいました。

でIさん、娘につられて、ご自身もピアノを習い始めました。
発表会に出るくせに、「ほら、ペケママさん、私のなんて見ないでさっさと帰って!」ですって!
はいはい、ご希望通りに帰りますよ...なんて言いながら、ピアノの先生に「静かにしてください!」なんて叱られながらも、1時間以上おしゃべりていました。
たのしかった~。

3時半過ぎ、発表会会場の前からバスでコパカバーナに。
夫には「タクシーか地下鉄を使いなさい!」って言われていたけど、やっぱりリオでは私はバスが一番便利。
バスで20分ほどでコパカバーナ到着。
近くのスーパーでお土産を調達しながら、午後4時過ぎ、ホテル着。
夫、お昼寝していました。

コメント

リオ旅行 3 K家でのんびり!

2011年09月29日 | 旅行
飛行機は、リオ時間朝5時20分、予定通りにリオに着きました。
ホテルのチェックインは午後1時。
午前中、いるところがないので、リオに行ったらいつもお世話になるK家に、この日の午前中もお世話になることになっていました。
が、さすがに朝の5時半は早いでしょう?!



リオは海岸一帯がかすんでいました。

アマンダ達と朝御飯?とも思いましたが、アマンダ達はお父さんの従弟が迎えに来てくれるんだって。
おしゃべりしたかったのに、残念!

仕方がないので、一番居心地のいい場所、ダイナースラウンジに。
でもね、リオのガレオンのダイナースラウンジ、第1ターミナルにしかないのよ。
私たちがついたのは、第2ターミナル。

延々と歩きましたわ。



この通路を

で、たどりついたラウンジは...
ブラデスコラウンジになってるし!
どうして?
荷物をゴロゴロ引っ張った夫と、ダイナースラウンジを探しに歩きました。
で、ようやく見つけ出したラウンジは...

しまってる?

まじですか?

と思いましたが、しばらくして、無事にオープン。
コーヒーを一杯飲み終わること日は、朝の6時半になっていました。

「電話なんかいいから、直接来てよ~」というK家M奥さんのお言葉に甘えて、直接お宅に伺いました。
タクシー運転手がよくわかっている人で最短距離で運んでくれました。
周りの懐かしい風景に、夫も私も感動うるうるです。

K家では、実のお子さんたちを一部屋に追いやって、夫と私が休むために一部屋を開けておいてくださっていました。
その前に、k家お父さんの手作りの朝御飯!
K家お父さん、「ペケママさんが来るんだったら!」と3日も前から私の好物の「イワシの酢漬け」を準備してくださってたんですって。
おいしかった~。
K家にお世話になるたびに、朝昼晩とおいしいご飯を準備してくださったK家お父さん。
72歳の現在もますますお元気!
お父さんとK家M奥さんとおしゃべりを楽しみました。

一方、夫もおしゃべりに参加していたものの、途中から、こっくりこっくり。
準備してくれていたお部屋に送り込みました。
お休みするのも必要ですよ。
夫、それからたっぷり2時間は眠っていました。

そんなこんなで午前10時。
K家の皆さんに、さようならをしました。
夫は「もっとのんびりしていたかった」だって!
K家って、本当に居心地がいいんです。
いろいろ気を使ってくださっているのに、それを感じさせないと言うか...
K家お父さんとM奥さんのお人柄でしょうね。

お世話になりました!

コメント

リオ旅行 2 出発まで

2011年09月28日 | 旅行
金曜日、リオに出発する日です。
ペケママ、仕事はありませんが、大忙し!

まずはプードルペケちゃんを美容院に。
毎週日曜日には夫がお風呂に入れるのですが、今週はできませんから。
その後は車を洗いに出して、週末の買い物をして...
特に、娘のお友達が4人、お泊まりに来ることになっているので、ピッツア、ポップコーン、お菓子等々山ほど!

お昼に娘の学校までお友達のお泊まり荷物を引き取りに。
お友達、みんな土曜日は学校のテスト打ち上げパーティーから来るんだって!
その後、娘とガブ他、予備校組を予備校まで送って、いったん帰宅。
家の掃除の続き。
お弁当作り。
この日のお弁当はハヤシライス弁当。
夕方4時半、娘を予備校にお迎えに。

大忙しでございます。

夕方6時過ぎ、いつもより早く夫帰宅。
ハヤシライスで夕ご飯。

実は今回、このドタバタよりも大変なことがあったんです。
ブラジルは先週からすべての銀行がスト。
キャッシュデスペンサーは動いているのですが、そこにお金を入れに来る人がいない?!
ということで、使えない機械が続出。
お金の出てくる機械を探すのに、いやいや苦労しました。
朝早く、人気のない銀行のキャッシュデスペンサーのコーナーに行ったのは、久々に怖かったわ~。

そんなこんなで、午後10時半、家を出ました。
飛行機は12時半。
チェックインしてあるので、急ぐ必要はなかったんですけどね。
一泊なので、預ける荷物もないし。
わんこたちは、もう察しているのか、おとなしく引き下がりました。

空港についていつものようにラウンジに。
夫はここに来ると、なぜかいつもポンジケージョを食べる。
これを食べないと済まないみたい。
私はコーヒーを飲みたいけど、今飲んじゃったら飛行機で眠れない?
どうしよう!と思いましたが、結局飲んじゃいました。

予定時間通りに飛行機に搭乗開始。
席について、前を見ていると...
あれ?見た顔が?
娘のお友達のアマンダとお父さんのフェルナンド!
そう、先日、お母さんのケッサが亡くなった、アマンダです。
乗客が席に落ち着いたところで、行って声をかけました。
「どこにいくの?」
「Rock In Rio」だって!
アマンダはともかく、フェルナンドは大丈夫か?!
夫とまじめに心配しちゃいました。

そんなこんなで、飛行機は予定通りに出発。
娘は今頃ぐっすり夢のなかでしょうね。
離陸してすぐ、私もすぐに夢の中でした。
コメント

リオ旅行 1 リオに旅行したわけ

2011年09月27日 | 旅行
この日付で書くと未来の話になってしまいますが、まあ、まとめ書きをするとこういうこともあるとお許しください!

以前にも書きましたが、夫のもとの同僚(と言っても夫より10歳年上の方なのですが)の方の具合がおもわしくないと聞いたのが6月末。
6月に奥様とマナウスに遊びに来るとおっしゃっていたのに、連絡がないので、こちらから連絡を取ってみると、旅行に行けるような病気の状態ではないとのことでした。
心配だったのですが、7月8月は、夫と娘、私と日本に行っていたので、なかなか連絡を取る機会もありませんでした。
8月末に連絡をしてみると、9月初めに手術をするとの話。
手術前に会っておきたいと、独立記念日のお休みに併せて旅行を計画しましたが、うまく飛行機がとれずに、結局キャンセルしてしまいました。

その後、手術の日からちょうど一週間たったところで電話をしてみると、まだ病院にいるとのこと。
ブラジルでは通常、手術をしても院内感染を防ぐという観点から、よほどのことがない限りすぐに退院させ、自宅療養させるのが常です。
手術後一週間も入院しているというのは、よほど術後がおもわしくないということ。
心配になって奥様にたずねましたが、病室内にいると言うことで、詳しいお話はされませんでした。

そしてまたその一週間後、電話をしてみると、ずっと付き添っていらっしゃったはずの奥様はご自宅に帰っていました。
意識不明に陥り、集中治療室にいるので、付き添いの必要がなくなったとのこと。
手術前には夫と元気に話ができたのに、どうしてそんなに急に?!

驚いてすぐに夫の電話。
とにかくすぐにでもリオに行きたいと、飛行機を探してもらいました。
が、おりしもブラジル最大の歌謡イベント「Rock in Rio」の最終日。
思うように飛行機もホテルも空きがありません。
でも、値段のことなんて言っていられないと、とにかく航空券とホテルを予約しました。
こうなると、娘のコンサートが延期にならずにキャンセルになったのは幸いでした。

そして次の週、その日の晩にリオに出発すると言う日のお昼、奥様に電話してみると「ペケママさん、奇跡が起きたのよ!」とのこと。
一週間意識不明だったYさん、意識不明から抜け出したとのこと。
まだ酸素マスクをしたままで、話をすることはできませんが、とにかく意思表示はできるとのこと。
「大丈夫、ペケママさんたちが来ても、会ってもらえるわ!」と奥様もうれしそう。

そんなわけで、ペケママと夫、急きょリオに旅行することになりました。
娘はわんこにゃんこのお世話ですが、お友達を呼んでお泊まり会をするそうで、家のことを任せていきます。
楽しい目的の旅行とは言えませんが、夫は5年ぶりのリオ。
「Mata Saudade」(昔をしのんで)きます!
コメント (2)

最高のプレゼント!

2011年09月26日 | 料理
とっても嬉しいプレゼントをいただきました。

これ~。



お野菜の山!
しかも、マナウスでは見かけないお野菜ばっかり!

ホウレンソウ、アスパラガスetc...

特にうれしかったのが、これ!



豆類!

スナップエンドウ、ソラマメ。
特に、ソラマメは、ブラジルで初めてお目にかかったかも!
私の実家のほうではあまり食べないのですが、主人の母がよくゆでてくれました。
ただゆでて食べるのももったいないな~と、今料理本を久しぶりにめくっています。
てんぷらなんか良さそうですよね。

日曜日のお昼は、いただいた野菜でサラダ!



おっきなトマトは切るだけ。
スナップエンドウとアスパラガスはさっとゆでて。
オリーブオイルと塩とレモンで味付け。

一緒にいただいたキューピーマヨネーズ。
実は娘、キューピー初なんです!
私があまりマヨネーズにこだわっていなかったので。
でも、こうして食べてとやっぱり違いますね!
濃くてクリーミー。
夫なんて「マヨネーズって言われなかったら、何かのドレッシングって思ったかも」ですって。

お野菜、まだ楽しめそうです。
でも、鮮度を考えたら、早めにいただかなくちゃかな?!
すごいすごい、うれしいプレゼントでした~。
どうもありがとうございました!
コメント (6)

何がいた?

2011年09月25日 | 生活
酷暑だった今年の乾期ももう終わり?
一日に一度、雨らしきものが降るようになりました。
花壇への水やりもそれほど気にしなくてよくなって、うれしい~。
今年はオクラやゴーヤ、けっこう成績良かったもんね!

今年の乾期はマナウス市内、かなり厳しいものがあったけれど、上流もそうみたい。
今年のネグロ河(アマゾン川の支流のひとつ)の減水のスピードは今までにない早さだそうです。
一日30cmだそうです。
最低水位が史上一位だった昨年の減水スピードが一日25cmだったそうで、今年は去年を下回る最低水位になるのではと懸念されています。
現在の水位18.79m。
今年も石に掘られた顔、出てくるかな?!

さてさて、昨夜11時、ものすごーい風の音で目が覚めました。
しばらくして、大粒の雨の音。
もちろん、わんこ達は大騒ぎ。
ペケちゃんはソファーの下にもぐりこみ、かりんちゃんは私のうでにすがりつき。
雨がかなり強いので、窓から雨水が入っていない?
雷も鳴ってきたので、電源抜かなくちゃ!
でも、体が動かない。
あ~、どうしよう~、と思いつつも、結局起き上がれずに終わってしまいました。
幸いすぐに止んだみたいなので、よかったのですが...

次の日、ベランダにお掃除に出てびっくり!



隣の家のプールに何か沈んでる!
か...かめぇぇぇ?
しかもひれの具合から、ウミガメじゃない?!
腰が抜けそうになりました。

このカメ、壁にかかっていた、かざりもののかめでした。
昨日の大風で吹き飛んだみたい。
いやいや、びっくりしました!

お隣はただいま旅行中。
明日、お隣のメイドさんがお掃除に来て、びっくりするのが楽しみ~。
コメント (5)

ENEM 2010 の結果

2011年09月24日 | ブラジル雑記
先日、昨年の全国高校統一試験(ENEM)の結果が発表されました。

この試験は全国の(基本的に)高校3年生が受験し、結果によって大学への入学が許可されるというものです。
ただ、大学によってはこのシステムを取り入れていない大学、学部などもあります。
そのほかにもこの試験の点数は、公的な奨学金支給の判定にも使われます。

政府としては、将来的には高校生の学力アップのため、すべての高校生に受験を義務づけたいと言うことですが、現在は各高校、各学生に受験の自由はまかされています。

試験の結果は、すべて公開されます。
そのため、高校によっては平均点を上げるために、学校内で受験できる生徒を選抜するなど、平均点競争がエスカレートしがち。
そのため、平均点が公開される時には、併せて校内の受験率も発表され、受験率によって4つのカテゴリーに分けて結果が発表され、受験率も詳しく発表されます。
具体的には受験率75%以上、75%から50%、50%から25%、そして25%以下と。

さてさて、アマゾナス州の結果は...
一位がマナウス市内の私立校(L校)。
アマゾナス州唯一の100位以内に入った学校です。
全国で62位でした。
二位が企業内の私立高校(N校)。
この学校の形態は少し変わっていて、カテゴリーは私立校なのですが、ある企業が基金を創設し、そこの運営になっています。
なので、生徒が支払う授業料は普通の私立校の三分の一以下?ぐらい。
精密機器企業がもっている基金のため、技術情報系の科目に重きが置かれ、生徒によっては、学校への好き嫌いもあるそうです。
ここが全国で126位
三位が娘たちの学校、コレ―ジオ ミリタール マナウス校。
国立校なので、一応公立校。
アマゾナスの公立校では最上位です。
全国では823位。
ちょっと2位との差がつきすぎじゃない?!

ブラジルには全国で10校、コレ―ジオミリタールがあるのですが、その中で8位でした。
おしりから3番目?
いえいえ、本当はおしりから2位です。
一校、なぜかランキングから外されていた学校があるので。
コレ―ジオミリタールの中でトップは、リオデジャネイロ校、次がカンポグランジ校でした。

ENEM全国一位の学校は、リオのサンベント校。
先日、上級生が下級生に暴力をふるったことで問題になった、男子校です。
今年はリオの成績がよく、各カテゴリ―、一位はすべてリオの学校でした。

公立校トップはミナス州のビセンチジソウザ国立大学付属校。
ここは、生徒の学習環境を整えることに力を入れていて、生徒が質問があるときにはいつでも質問したり、検索したりできるよう、通常は半日契約の教師を、一日契約にしているのだそうです。

今回の結果から、全国的に公立校の学力の低さが問題になりました。
特に市立校など。
これはひいては教師の育成、待遇に問題があるためだと指摘されていました。
って、何年も前から同じことが言われているんですけどね。

娘は高校1年生ですが、今年はENEMに初挑戦。
受験するだけなら誰でも出来ますから。
「ママもやらない?」と言われましたが、ありがたく遠慮しました。
大学受験の悪夢をもう一度なんて...!
娘、どのくらいにランキングされることやら?
お楽しみ~。


コメント

私の待つ場所

2011年09月23日 | 生活
娘を予備校に迎えに行った車の中から、ぱちり!



アーチを見てわかるように、ここじは昔「イガラっペー」と呼ばれる、川が通っていました。
でも、水のあるところには人が集まる!
土地を買えない人々が「パラフィッタ」と呼ばれる高床式の家を建てまくり、汚水はながし放題、ゴミは捨て放題の貧民街となっておりました。

そこを再開発。
住民用には新しく、きれいな共同住宅を作り、川になっていた部分は公園にしました。



朝晩は、犬を散歩させる人や、ウオーキングを楽しむ人、スケボーする人、自転車を乗る子ども等々、人々の憩いの場になっています。
夕方になると、歩道にずらっとプラスティック製のテーブルやいすを並べて、即席バールに早変わりだしね。
ただ、人の動きも多い分、強盗ひったくりなども多いのが難点。
私も車の窓はぴったり閉めて子どもたちを待ちます。



ここは、「Palacio Rio Negro(ネグロ河 宮)」。
Secretaria da Cultura(州の文化局)が入っている建物。
当面の私の敵?!

てねわけで、今日も私はここで延々と子どもたちの帰りを待っているのです!
コメント

つながった~

2011年09月22日 | 生活
先日、電柱の交換でぶっちぎられた電話線、やっと復活しました。
それにしても腹が立つわ~。
交換したところの街灯もまだ電気付かないしさ。
家の前、3本電柱を交換したので、3つも街灯がついていないことになるのよね。
真っ暗よ真っ暗!

それでもって、本当に間の悪いことに、丁度ここに電気代の請求書が届いたのよね。
電気代の請求書の中には、街灯の電気量を住民で負担するための費用が入っています。
それを見るのも腹立たしい!

まあ、すべてが腹に発つのよ、マナウス エネルジア!

というわけで、プンプンのペケママなのですが、電話線の修理はきっちり来ました。
すごいぞ、oi!
テレマール時代は、電話しても電話しても修理に来なかったのに、今回はきっちり来ました。
しかも、午前中着て留守だったからって、また午後、ちゃんと来てくれるし。
みんなoiになって、悪くなったっていうけれど、我が家に関しては、っていうより、今回に関してはちゃんと来てくれました。
ありがとう~。

さて、肝心の電話線ですが、家の前だけでなく、なんと電柱を交換した区間、すべてでずたずたぶっちぎりですって。
コンドミニオから200mほど離れた交換機までの電話線、延々交換。

来てくれた青年が、また今までにないてきぱき青年で、一人で来たと言うのに、汗みずくになりながら、すべての線の交換をやってくれました。
電柱一本一本に梯子をかけて...
好青年なので、思わず名前聞いちゃったわ!
Fabioくんだって。
ジュースまでさし入りしちゃったわよ!

工事を最後まで見届けずに、途中で出かけなきゃならなかったのですが、好青年Fabioくんのおかげで、無事に電話がつながりました。
よかった~。
Fabioくん、ありがとう~。
そうそう、Oiに電話してくれた夫にも、感謝!
コメント (2)

夕焼け

2011年09月21日 | 生活
学校帰り、ご近所ガブくんを送り届けてから、家の裏の通りにのらえさを置きに行きました。
すると、娘がいきなり叫びました。

「すごーい夕焼け!」



おお、いい感じじゃない?!

娘、すぐに私のバッグをごそごそあさってカメラを取りだしました。

「ああ、あっという間に沈んじゃうよ~」



夕日の沈むのは早いんですね~。
「つるべ落とし」と言う言葉がぴったりかも。



あっという間に沈んじゃいました。

寒気が終わりに近づいたのか、一日に一度は雨が降るようになったマナウスです。
コメント (4)