アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

大切なお知らせです!

2014年10月29日 | ブラジル雑記


おっ、今日は何か大切なお知らせがあるようですよ!!





アマゾナス州、アクレ州、パラ州等々、北部の州が対象だそうです。







シロタさん、スマホもってるのかい?!

リオやサンパウロでは、すでに実施されていますよね。

ただし、最初の3ヶ月間は「9」を付け忘れても…



と、アナウンスが流れ、自動的に転送してくれるそうですが、3ヶ月をすぎると…



となり、あっさり切れてしまうそうです。



それでは、TVペケペケより、大切なお知らせでした!
コメント (2)

縦列駐車

2014年10月29日 | 生活
娘の運転教習。
たしか、そろそろ路上教習も終わり。
教習が終わったら、交通局の実地試験が予約できるんだって。
でも、通常予約ができるのが2週間先ぐらいになるそうです。
それまでに、運転の仕方、忘れちゃいそうだよね~。
先日はとうとう70kmhまでスピードを出せたそうです。
すごいぞ!!

さて、娘が言うにはブラジリアでは「縦列駐車の試験がない」というのですが…
マナウスの知り合いの方達はみんな縦列駐車の試験もやっていたと思うのですが…
っていうか、縦列駐車できないと困るよね。
実際問題として。

もしも、娘の言うように、本当に縦列駐車の試験がないんだとしたら、マナウスに帰ってきてから特訓だわね。
他の車にぶつけない場所でね。

さあて~、娘の自動車教習も大詰めになって来ましたね~。
本当に免許が取れるのかいね?
っていうか、取れないと、困るがね!!





ペケ姉さん、娘と一緒か?1


コメント (6)

世にも恐ろしい話

2014年10月29日 | 人間
朝、5時。
まだ真っ暗ななか、いつものようにわんこ散歩に出かけます。

わんこたちの引き綱を手に持ったまま、片方の手でドアを開き、靴を確かめて足を入れると...

ぐしゃ!

つま先に、何か乾いたものがつぶれる感触。

うっ、こっ、これは...

恐る恐る靴を持ち上げ、逆さにしてみると...

「ご」のつく中型昆虫!!
(昆虫??)
おそらく死亡からしばらく経っているものと思われ、中ぐらいの乾燥度。

そう、日本では「小型」かもしれないけどね、ここはアマゾン「大型」なんです。
森の中に入ると、さらに「超大型」がいるらしい。

普通の女性なら「きゃ~」と叫ぶところでしょうが、ペケママ、すでにアマゾン主婦歴10年ですからね。
「ご」ぐらいでがたがた言って入られません。
おもむろにほうきとちりとりを取って、さっさとごみ箱ポイしました。

でも、その後でこそっと思っちゃいました。
「シロタのうんちじゃなくてよかった...」
コメント (6)

選挙の後に

2014年10月28日 | ブラジル雑記
選挙、ジルマ現大統領が勝っちゃったじゃない!
予想が外れた!
決選投票にも連れ込んだら、アエッシオ候補が有利だと思ったんだけどな~。
第一回の投票では、南部や首都ブラジリアなどの州はアエッシオ候補が勝っていたからね。

なのに、なのに、今回は...
出身地のミナスジェライス州でまで負けてるし!
いくらなんでも、それはないでしょう?

今回も南部の方はおしなべてアエッシオ候補が有利だったのよね。
北部、東北部地方で大きく票数を離された。

で、ジルマ現大統領があと4年政権を続けるとはっきりして...
サンパウロ市場の株価が大きく下がった!
ドルが急騰し、レアルが下がった。
経済界、大打撃...だそうです。
いや、テレビの受け売りなのでね。

多くの人が経済変革の必要性を望んでいるようです。
新聞で報道されている現実から、それこそ昨日乗ったタクシーの運転手さんまで。
そうでもしないと、現在でも多い失業者がますます増え、貧困対策どころではならなくなります。
小手先の対策よりも、より根本的な対策が必要と言うことです。

選挙でおいしいことを言って票を集めるのは常套手段ですが、その後がどうなるか。
多くのブラジル人は期待よりも不安を抱えながら、成り行きを見守っているような印象を受けます。
コメント (2)

ドラゴンフルーツ

2014年10月27日 | 生活
久しぶりにいただきました~。



ドラゴンフルーツ!!

二つにきってみると、中は…



激紫!!

そんな日本語があるのか?!

わんこたちには割りと好評で…



くん、くん



がぶ、がぶ!!

かりんちゃんと三女のチコちゃんがかぷり始めました。
なので、すぐに撤退。

この中身の小さいな黒い粒、一つ一つが種なのよ。
以前いただいたのを植えてみたら、小さな芽が出て育っています。
でも、土が悪いのか、大きくなりません。
知り合いの方のお宅でも、かなり大きくなったものの、実はならないって。
なかなか難しいのね。

いかにもアントシアンたっぷりの果実。
私は毎日のジュースで、夫は食後のデザートで…



チョコチップ入りミントアイス!

娘に「パパは毎日夕食後にアイスクリームを食べるんだよ~」って言ったら、腰を抜かすほど驚いていた。
昔は、甘いもの嫌いだったのにね!!
ドラゴンフルーツを添えると、ちょっとは華やかでしょ!!

コメント (9)

ぽにょ猫姐さんの秘密!

2014年10月26日 | わんこにゃんこ


おお!
TVペケペケ、今日も待望の新コーナーですね。
さて、なつこおばさま、どんなお話ですか?

ふんふん、うわさの真相に迫るコーナーとな。
して、今日の主役は…?

あれ、あれ…
ぽにょ猫姐さんが、三女のチコちゃんになにか打ち明け話をしているみたいですよ。
いつも強面のぽにょ猫姐さんとは思えない、しおらしい態度。
一体なんでしょうね…







ふん、ふん、トラ猫さんにとって、白いもこもこは憧れなわけね!



シロタさん、あんたもこもこじゃないから!
しかも、白とはいっても、薄汚れてるでしょう?!

そうなのか~。
ぽにょ猫姐さんにも、あこがれのものがあったのね!
母は、うれしゅうございます。



ぽにょ猫姐さんは、本当にペケ姉さんが大好き。
でも、怖い!
毎日、ペケ姉さんの周りをうろうろしては、寝るときはそっとそばに近寄って寝ます。
その様子が、とってもいじらしくてかわいいんですよ!





コメント (2)

空を見ながら

2014年10月25日 | 生活
「降るかな~?」
空を見上げながら、思案顔の夫と私。

何も遠出をしようというのではありません。
車で10分ほどのところにあるお店に、海のものを買いに行こうとしているだけなのよ。

でも、私は庭に洗濯物を広げたばかり、夫は2階のベランダに、昨日行った釣りの道具を干したばかり。
一応お日様は顔をのぞかせているものの、気になる方向に気になる黒い雲があるのよ。

「遠くへ行くわけじゃないし、なんとかなるわよ~!」
と、心を決めて出発!
車で少し走ると、お日様が完全に顔を出しました。
よかったよかった。
部屋干しは部屋の中も湿るし、何より部屋の中に洗濯物ってうっとおしいしね

お店に着き、冷凍ケースを除くと、めぼしいのは「海老」だけ。
バカリャオ(塩タラも欲しかったのにな。
残念!

海老を500g袋に詰め、レジに向かうと、レジ横のスナック売り場に夫の憧れ「パステル(揚げ餃子のようなもの)」!!
「カニ肉」と「ほぐしバカリャオ」の2種類を一つずつ購入。

さて、雨が降らないうちに急いでかえりましょうか?
と、車を走らせますが、あと5分でつく!
というところで、フロントグラスに露のようについてくる、雨粒。
降ってるじゃない~!!

まあ、あせっても仕方がありません。
のんびりいきましょう!

家に着くと、うちのほうも霧雨だったみたい。
地面がしっとりとしている割に、洗濯物はほとんど濡れていませんでした。
たすかった~。

洗濯物や釣りの道具を整理して、買ってきたパステルで一休み。
あっちっちにトースターであたためなおしてね。
わんこたちもはしっこをおすそ分けしてもらったみたいです。





今夜は海老を使ってなにを作りましょうね?



コメント (2)

FELIZ ANIVERSARIO!!

2014年10月24日 | ブラジル雑記
FELIZ ANIVERSARIO!!

本日10月24日はマナウスは休日です。
ブラジルではね、その町だけとか、超地域限定のお休みがあるんです。

今日はマナウスのお誕生日。
345歳です。
345年前、ネグロ河の岸辺に作られた要塞がマナウスの起源。
その要塞を中心として発展したのがマナウスの街と言うことです。

私が初めてマナウスを訪れたのは1992年の7月。
今から22年前。
まだ、空港からトロピカルホテルへ続く「AV。TURISMO」も完成しておらず、トロピカル周辺のポンタネグラ地区も草が生い茂る河岸でした。



現在ではネグロ河に沿ってビーチや公園、遊歩道などが整備され、高層アパートの立ち並ぶ高級住宅地となっています。

まだ免税地域としてにぎわっていた頃で、混沌とした市内にはテレビなどの電化製品屋さんが軒を連ねていました。

   *    *    *    *    *     *

絶対にここに住むことはないだろうと思っていたマナウス。
ここに越してきたのは10年前。
セントロニはまだたくさんの小さな支流が残っていて、そこには「パラフィッタ」と呼ばれる高床式の家が並んだ貧民地区が存在していました。



現在では支流のほとんどは整備され、遊歩道が通り、その頃の貧民街は公営住宅となっています。
「パラフィッタ」は現在ではこうして本流沿いのわずかな地域に残っています。

  *    *    *    *    *    *

日本からリオに越してきたときよりも、リオからマナウスに越してきたときのほうが激しかったカルチャーショック!!
「同じブラジル国内なのに…」と思うことがたくさんありました。
リオではいつでもクラシックのコンサートやバレエの講演などが行われ、たくさんある博物館や美術館ではいつでも何か興味深い催しが行われていました。
しかも、そのほとんどがとても安いか、無料!
ですが、マナウスではそうした催しがほとんどない。
また、リオにはいつも私や娘のことを気にかけて声をかけたり、食事に誘ってくれていた友人達がいました。
マナウスでは、まずは人と知り合うことからはじめなければ。
夫が気を使って色々なところに誘ってくれるのですが、正直、気疲ればかり。
夫の交友範囲と私の交友範囲は完全に別!っていうのがリオでの生活だったしね。
そのうちに、娘の学校のお友達を通じて、ぼつぼつ気のあう友達ができてきました。

そんなこんなで10年。

素敵なコンサートが少なかった分、娘がここ!



アマゾナス劇場で演奏するという機会をたくさんいただきました。
リオで普通にピアノを習っているぐらいでは、なかなかめぐり合えないチャンス。
オーケストラとの協奏曲も経験できました。

また、この写真の向こう側に小さく見えている、コレージオ ミリタール。
この学校にも、マナウスだからこそ合格できたのかもしれないし。
普通の学校ではなかなか経験できないことをし、良いお友達ともたくさんであうことができました。

   *   *   *   *   *   *

この先、どのぐらいマナウスでくらしていくのか?
ずっと住み続けるのか?
それとも他の街に移るのか?
ブラジルに家族と言うものが娘しかいない私達には、どうなるのかわかりません。
ただ、きっと、次にここから引っ越すことになったら、その街でまた「マナウスがよかった」と泣くことになるのかな?と今となっては思います。

色々欠点もあり、不満もありますが、10年ここに住み続けることができたということは、やはり私がこの街を好きだからなのだと思います。

PARABPÉNS MANAUS!!

美しい自然と共存する、素敵な街として発展できますように。












コメント (10)

こわした?!

2014年10月23日 | 生活
はあ~、ペケママ、ショックだわ。
買って2ヶ月の車、「壊した」よ!!
「壊れた」って言わないところが謙虚でしょう?
だああって...
「壊した」んだもん!!

昨日は仕事が早く終わったので、少し遠くのスーパーまで買出しに出かけたのよ。
帰り道、幹線道路をしばらく走ると...
一斉取締り!
走行車線を完全に閉じて、みんな取り調べられてるよ!




失礼ね!
ペケママ、あせりませんわよ!
運転免許証、車の登録証を入れてあるポーチを確認して...
よし、準備OK!!

ところが、次はペケママの車...というところで、誘導していた警官が
「あっ、もうあなた、そのまま行っていいですよ。」
どうやら、取調べ場所がいっぱいになっちゃったみたい。
こころならずもほっとするペケママ。
でも、通りすがりに
「セニョーラ、トランクがよくしまっていないようですよ。」
インパネを見るとたしかに「扉が半開き」の表示が。

「ど~も~」とお愛想笑いをして、走り去るペケママ。
しばらくしてから、路肩に車を寄せ、トランクを開くと、「ばっちん」!!
勢いよく閉めました。

でも、でも、まだともり続ける「半開き」表示。
もう一度、車を止め、トランクを開こうとすると...

ひらかない~!!!

家に戻ってもう一度トライしますが...

やっぱり開かない~!!

仕方が無いので、後部座席を倒して内部から買い物の荷物を取り出します。
よく見ると、買い物用のエコバックの持ち手部分をかんでしまっているみたい。
引っ張ってもびくともしない!

時計を見ると午前11時半。
今からディーラーに持っていく?
もうお昼だって言われるだろうな~。
でも、午後になると、ディーラーの前の道路はイベントのために閉鎖になるかもしれないし、次の日金曜日は休日だし。
だめでもともと、もっていきました。

修理のお兄さん快く見てくれましたが、思ったとおり内張りをはずさなくてはならないということで、時間がかかりそうなので、他の日に予約をするよう言われました。

はあ~、ちょっと、本当にちょっとしたことなのに、がっかりだわ~。
保障期間内なのでお金はかからないそうですが、がっかり。
まあ、よいお勉強になったということで、あきらめましょうか。
コメント (19)

娘 近況

2014年10月22日 | 生活
娘、この10月から大学内のビジネスコンサルティング会社で「働いて」おります。



教員養成系大学(学部)に教育実習のための「付属校」があり、医療従事者養成系大学(学部)に医療実習のための付属病院があるように、娘の大学の国際関係学部および経済学部には付属の「ビジネスコンサルティング会社」があるのです。
ここで扱っているのは主に、国際間取引に関する業務だそうで、実際の中小企業の取引業務のお手伝いをしているのだそうです。
日本で言うところの「産学協働??」ってやつ?

こういう活動って成果が目に見えますからね。
活動している本人はとても楽しそうです。
もちろん、無給ですけど...
親としては「まあ、勉強に差し支えない程度にね...」というしかないんですけどね。

運転免許取得の方は、ようやく路上教習に出始めました。
最近は教習所から大学までが路上教習コースだそうで...
なんか、便利というか...
それでいいのかい?!

最高速度60km出せるようになったそうです。
たった60kmh?
されど60kmh!
娘にしたら、普通の人の時速100kmにも匹敵する速度なのよ。
きっと去り行く景色が、線になって流れてゆくのよ。
果たして、12月までに免許が取れるのか?!
最近、電話のたびに夫から「運転はどうなった?免許は?」とたずねられ、かなりプレッシャーかかってるかも。

10ヶ月ぶりのマナウス帰省まであと残り2ヶ月。
朝は気温15度、昼は30度、夜はまた冷え込むという「苛酷な環境」(本人談)ですっかり風邪を引き込んだみたいですが、まあ、がんばって乗り切ってください。
母は歯医者さんと目医者さん、それから美容院(1年間行っていないそうで)予約して待っています。
コメント (2)