アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

復活のふとし

2018年08月10日 | わんこにゃんこ
退院してきてからも 血尿が出たり 尿自体が出なくなったりして なかなか調子が戻らなかったふとしくん。
食欲もなくて、何日も食べ物を口にしていませんでした。
水もほとんど口にしません。

さて、どうしたものか?

処置をしてくれたアリーネ先生に電話で聞いてみました。

どうしても水を口にしないようだったら、注射器の針を除いた部分に水を入れて、一日5ccほど口に入れてあげる。
これはOK。
ふとしは素直な子なので、ちゃんと水を入れさせてくれまず。

さて、食事はどうするか
もう何日も食べていないので、触るとあばら骨が手に触れます。
これも、アリーネ先生のアドバイスに従って、鶏レバーをゆでてみました。
それだけではもったいない。
多めの水でゆで、ゆで汁を多くして、それをゼラチンでゆるく固めました。

自家製キャットフードの出来上がり!

これでも、 自分からなんて食べないのよ。
食事の時には、指先でレバーをつぶしながら、ゆで汁のゼリー部分とまぜまぜして口に入れてあげるの。
牙がぶつりぶつりと指に刺さって なかなかつらい作業です。

でも でも!

3日目には、自分から口をつけて食べるようになりました。
はじめは鶏レバーだけでしたが、徐々に尿路障害用のキャットフードも口にするようになってきました。
今では 他の子のフードを食べちゃわないかと見張る日々です。

そんなわけで、徐々に普通以上のパワーを取り戻しつつあるふとしくん。



もう、こんな病気が起こらないようにね~

コメント

TVペケペケ 怠惰ドラマ 「いつも肉球にアンパン」

2018年06月25日 | わんこにゃんこ
あら?
伝ちゃん みけんにしわよせて、困った顔して...
いったいどうしたの?





あらま~ ピアノの上にどっかり!
これはよくないわね。
大切なピアノなんでしょう?





ずいぶん若い時の写真みたいだけど...
間違えなくお姉ちゃんね。



あんたたち 相変わらずおおげさね~



いや...ママしゃん そんなに弾けないから どっちでもいいんだけどね...



カチン!
そういわれると それなりに むかつくわね~



ええっと...ボクシングの曲ですか?






なんか 曲が交じっているような...





あっ、最後にモナカちゃんまで出演!
伝ちゃん、そうね もう少し勉強しましょうね。

...っていうか

ふとし ピアノから降りなさあああーい!!




コメント

あら 失礼ね!

2018年05月06日 | わんこにゃんこ
夫の愛人猫ふとし



自分の好みの場所を見つけると、その後 1か月間ぐらいはそこに居続けます。

この度は 廊下の段ボールの上



何がいいのか、ここから動かずに 気が向くとがりがりと爪を研ぐ。
掃除をする母はたまりません。

そんなある日、オレンジジュースが入っていた段ボール箱を使って、トンネルを作ってみた。



気が付いたふとしさん すぐにもそもそ入り込んだ。



そこにやってきたのが 三女のチコちゃん。



くんくんと匂いをかいで、興味津々。



あっちをのぞいて...こっちをのぞいて...
そんなんんしてたら、ばびゅんっとふとしが飛び出した!



えっ?
た...たぬきいい??



たしかに...

たぬきだ!!


コメント (2)

元気になあれ

2017年04月09日 | わんこにゃんこ
友人の住むコンドミニオの門で、門番君たちと一緒に住人たちの出入りを見守っていたわんこ。
元気な男の子で、つながれているわけでもないので、気の向くままにお出かけもします。
今までにも生傷が絶えなかったそうですが、今回は大変なけがを負いました。

目の上の皮膚がえぐれ、足は骨折。

この状態でも何とか自分の住処に戻ってきたのはすごい!

この子の食事担当だった友人は大慌て。
彼女は猫を保護したことはあっても、こんなに大けがをした犬を保護した経験はありません。

けがをしてから3日ほどたったところで。別の友人を通じて私のところにSOSがきました。
とはいうものの、私がお世話になっている近所の獣医さんたちはみな「骨折しているなら、手術して骨を接がなきゃだめだよ」
手術は最低でも1000レアイス(約3万4千円)。
友人はそんなにお金をかけられない。
私や彼女と仲の良い私の同僚も手助けをしたいとは思うものの、やはり限度があります。
手術をしない場合、もちろん骨は元通りにはなりませんが、まあ、それなりに歩けますし、普通に生活する分には不自由なさそうだしね。

というわけで、とりあえず左足の傷の治療。



すでに骨が見えるほどになってしまっています。
ここにくすりをぐりぐり。
抗生物質等を注射でちくっ!!

そりゃあ、怒る 怒る。
って、治療の間は麻酔使用でしたけどね。

      *     *      *     *    *

二日後再診。

傷はずいぶんよくなってきていました。
今日も治療中は暴れて、麻酔でおやすみなさい~。



この次の日、「ペケママさん、どうしよ~」と友人から電話がありました。

友人は、わんこの傷がよごれては困るというので、庭に出るところに柵を配して出られないようにしているのですが、その柵を壊して庭に進出。
庭を掘り返し、穴の中に腕を突っ込んだ。
包帯はもちろん泥だらけ。
次の日に診察があったので、この日は様子を見ることにしました



三回目の治療の日。
この日は保護主の友人は仕事で連れてこられません¥。
なので、私と同僚で連れてきました。

当のわんこはいっぱいお友達がいてご機嫌!!



傷のほうもどんどん良くなってきています。

早く元のように走れるhが来るとよいですンw!
コメント (3)

くしゅん

2017年03月05日 | わんこにゃんこ
風邪が流行ってる。
我が家の場合はのどに来て、体中が痛くなって、とにかくだるく眠くなる。
人によっては、おなかに来る人もいるみたい。

治りにくくて、何回も同じ症状が出てくるのも今年の風邪の特徴。
よくなったかな~、と思うと、またぶり返したりしてね。

我が家は夫も私もずっとぐずぐず。
いやいや、私と夫だけじゃない。

先週の月曜日は、雨が降ってかなり気温が下がりました。
とたんに「くしゅん くしゅん」とくしゃみを始めたのが、この人!



でっかい亭伝助さん

伝助さん、体はでかくて、顔もごついけど、呼吸器系が弱いのよ。
洗車場を追い出された後の放浪時代に、雨に打たれていたせいで、我が家に来た時にはひどい肺炎にかかっていました。
そのせいがあるのかもね。

ひどいときには「ぜー ぜー」っていう咳になるから、「くしゅん くしゅん」は まだ軽いほうなの。
鼻水まき散らすけどね。
でも、風邪は風邪。
食欲もやや落ちているし、お散歩のときも元気がない。

ということで、今週はお風呂免除。
伝助ちゃん 
ラッキーっていう顔していました。

そのうちに、ほかの子たちも「くしゅん くしゅん」って言いだした。



三女のちこちゃんは、鼻水たらしながら「くしゅん くしゅん」



ガッツふとしは夫曰く「ふとしのくしゃみは 人とおんなじなんだよ~」。
夫はふとしがかわいくて仕方がないらしい。

なんにしても、動物たちは軽くて済みそうでよかったわ。
私たち人間も節制して早く良くならないとね。
コメント (2)

小心者

2017年02月12日 | わんこにゃんこ
我が家のポニョ猫さんは、まれにみる小心者。
内弁慶を絵にかいたような人...いや、猫。



我が家に伝助が来て以来、伝助が家のなかに出入りを許される昼間の時間帯には、絶対に階下に降りて行かずに、ずっとお二階暮らし。
伝助ちゃん、階段が怖いから、普段はお二階に上がらないのよ。

そして今、家じゅうを我が物顔に闊歩するガッツふとしが来て、とうとう2階の一室のソファーの下に立てこもるようになっちゃったの。
ふとし、だれかれかまわずじゃれるからね~。
ぽにょ猫はそれが怖い。
一日中、本当に一日中、ふとしが自由に家の中を歩き回る昼間の間、ソファーの下から一歩も出てこない。

このままじゃあ、健康にいいわけがない。

というわけで、立てこもりソファーのおいてある部屋のドアを昼間の間、閉め切っておくことにしました。
こうしておけば、少なくても、部屋の中を歩き回ったり、窓を少し開いておけばベランダに出て外の空気に触れることができる。
掃除のときとか、週末の時間のある時などはドアをあけ放っておくと、ぺけ姉さんや三女のチコちゃんが随時訪問してくれます。
私が近くにいるときに限るのですけどね。

夕方5時にはふとしと伝助は内庭に出しちゃうし、とらこさんは表庭にお散歩に行くので、その時間になると階下に降りてきてうろうろ歩き回るんです。

何とか、ぽにょ猫さんが昼間もまた元気にお庭で「んば~」をする姿が見られるようにならないものかしら?



何か良いお知恵はありませんかのお。

     *     *     *     *     *

現在ミナスジェライス地方を中心に、サルが黄熱病のためにたくさん死亡しているそうです。



中にはサルが黄熱病を媒介すると勘違いされて、殺されるケースも出てきているとか。
黄熱病を媒介しているのは、あくまで「蚊」ですから。
サルを刺した「蚊」が人間を刺して病気を移す。
これはもちろん人間-人間でもおこること。
おサルに罪はございません。

予防は予防接収を受けること。ブラジルでは全国のポストデサウージで無料で接種が受けられます。




コメント

がりっ

2017年02月07日 | わんこにゃんこ
比較的良い子に爪を切らせてくれる 我が家のにゃんこたち。

ぽにょ猫さんは...



にゃごにゃご文句を言いながらもおとなしく切らせてくれるわ。

ガッツふとしは...



太った体を ぬらりくらりとうねらせながらも、結構ちゃんと切らせてくれます。

一番の問題児がこの人

トラ猫トラ子さん!



今日は何とか捕獲。
うみゃ うみゃ 叫びながら前足を切っていたところ...

うぎゃ~~~~~

この叫び声をあげたのはペケママ。
トラ子さんがいきなり爪を立てて、ママのぼりをして、そのまま背中に回って逃げ出したのよ。

見ていた夫は、あっけにとられて ぽかん。

爪を立てられたあとは、ヒリヒリ。
胸元から首筋、背中にかけて爪を立てられていて、夫にプロポリスをつけてもらいましたが、これがまた、ばっちりしみるんだな~。

まあ、でも、何とか切れたからよかったわ。
苦労しながらも、結構猫の爪切りが好きなペケママなのです。
コメント

一年

2017年02月06日 | わんこにゃんこ


でっかい亭伝助 この2月3日をもって、我が家に来て無事に一年になりました。

一年前は...



現在は...



態度だけはでっかくなりました。
伝助ちゃん、もともとはペケママ職場に突然現れていついてしまったわんこ。
体がでかいので、放っておいては危ないからと、行きつけの洗車やさんの警備犬として雇ってもらいました。
しかし、その洗車さんがほかに移転。
新しい場所でのお店が整うまでの間と、その場所を引き継いだ洗車やさんが面倒を見てくれていたのですがその洗車さんも閉鎖。
その後、その場所を追い出され、路上生活を送ることになっていたのです。

そのことに気が付いたのは、雨が強く降る中、ご飯の時間にだけびしょぬれになって現れる伝助ちゃんを見たとき。
とにかく、。体がでかいので衝動的に連れて行くわけにもいかず、いったん家に戻って居場所を整えてから迎えに行きました。

来てすぐに、気が緩んだのか、雨に濡れたため患っていた肺炎が悪化して心配した時期もありました。
幸い薬で治療し、すっかり回復しました。
我が家のわんこたちとはすぐに仲良くなり、ポニョ猫を除くにゃんこたちとも仲良し。
ポニョ猫だけは一年もたつのに頑固に伝助ちゃん拒否なのですが...

というわけで、伝助ちゃん、無事に我が家での一年が過ぎました。
推定年齢5歳。
まだまだ楽しい毎日を送っていきましょうね!

コメント

はえはえ かかか?

2016年12月16日 | わんこにゃんこ
最近、トレーニーとして働き始めた娘。
午前中仕事をし、午後から大学に行っています。

そんな娘の職場にふらりと現れたこいつ。



いや~、人相…いや、猫相 悪いね~。



ちょ…ちょっと、そんなよらないでくださいな。





コメント (2)

てってこ

2016年11月26日 | わんこにゃんこ
暑くなりそうだったので、少し早目におひる散歩に出かけました。
朝の9時前。

近所のアパートの前でチコちゃんがうんちをしてしまいました。
あららら。
さあ、お片付け。

片づけをしていると…

うん???

手に持っている伝助の引き綱が急に軽くなりました。

顔を上げると、こちらを振り向きつつ、てってこと走り去っていく伝助の姿が…

こりゃ大変だ!
チコちゃんを引っ張って追いかけると、どんどん坂を下っていく伝助の姿。

こりゃだめだ。

とりあえず、チコちゃんを家に連れて行って、車のカギをつかみました。
車で追いかけましょ。

ところが、私の車が近づくと、逃げる伝助。
とうとう、幹線道路沿いのガソリンスタンドまで到着しちゃった。

スタンドでは、手の空いているお兄ちゃんたちがみんなで捕まえようとしたけれど、捕まらない。
伝助は幹線道路の歩道をどんどん逆行。
車で追いかけるには、一度大きくユーターンしてこなくては。

ユーターンしてくると、今度はバイクのお兄ちゃんが二人、バイクを路肩において伝助を捕獲しようとしていてくれてる~。
もちろん伝助は掴まるはずもなく、それでも自宅への道を戻って行ったわ。

車を止めてバイクの兄ちゃんたちに事情を説明しお礼を言って自宅への道を急ぎます。
伝助が戻って行った道は一方通行なのでね、遠回りしていかなくちゃならないのよ。

さて、家からガソリンスタンドへ通じる道で待っていると…
来た 来た!!
伝助がてってこ登ってきたよ。
そこに家によって持ってきたサンドイッチをひらひらさせると、、、

くいついた~~

伝助釣り成功!!

そのまま捕獲。
車に入れて家に急ぎました。

思いがけない運動で、疲れたみたい。
午後はぐっすり。



おまけ!



さて、明日はスタンドのお兄ちゃんたちにお礼を言いに行ってこようかね。

コメント (4)