アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

お肉を食べに

2011年07月31日 | グルメ
昨日は娘はお友達のお誕生フェスタ。
「フッチボール デ サボン」なんて不思議なところに行ってきました。
なんのことはない、大きな大きなビニールプールに、石鹸水をまいて、その中でサッカーするんだって。
もちろん、つるつるで、転倒続出。
みんなびしょびしょ。
大笑い、大騒ぎだったそうです。
ご近所ガブリエル君を一緒にれて行って、お迎えも一緒に連れて帰ってきたのですが、帰りの車の中では、二人ともぐったりでした。

フェスタの始まりが早かったので、帰りも午後7時前。
お早いお帰り。
ガブくんを家に送り届けた後、ソーセージやさんに。
でも、ビールは思ったほどおいしくないし、注文は間違えるし、ここももう限界?
さっさと食べて、帰宅。

本日日曜日は、昨日のリベンジ。
「お肉」を食べに行ってきました。
何度も言っているけれど、写真を載せるのは初めて。

注文して最初に来るが、ご飯のセット。



「ファロッファ(マンジョッカの粉)」、「ブロッコリーご飯」、「ビナグレッチ(野菜を細かく切ったものをオリーブオイルと酢に漬けたもの)」「ピメンタ(白唐辛子のすりおろし)」、セットで13レアイス(約600円)。
今日は、それに「ポン ジ アーリョ(ガーリックトースト)」を一つ、2.2レアイス(約100円)。
お肉はピッカーニャ、400g、「マウ パッサード(レア)」。




お肉は100グラム9レアイス?(約400円)。
「Com Sangue? Sen Sangue?」(血が滴るようなの?そうじゃないの?)って聞いてくれることも。
我が家はもちろん「Com Sangue!」

昔は300グラムでも余すぐらいだったのに、娘が大きくなったから、食べる食べる。
本日もぺろっと完食!



ごちそうさまでした!
コメント (6)

ペケママ家御一行様、健康診断

2011年07月30日 | わんこにゃんこ
本日は一気に3匹(2わんとぽにょ猫)を予防接種に連れて行きました。
旅行前の準備の一環です。

3匹連れて行くのは、それは、大変!
駐車場のないところなので、夫に送ってもらって、娘がぽにょ猫を入れたキャリーバッグを抱え、私が2わんを連れて...
待合室では、キャリーバッグを肩にかけゆすっていないとぽにょ猫は、にゃんにゃん鳴くし、かりんちゃんとぺけちゃんは、交代で「ママ~、抱っこ~」だ。
のんびり雑誌を読みだした娘に「ちょっと~、まじめにこもりしてよ~」と八つ当たり!

順番が来て、我が家御一行様が診察室に入りました。
ペケちゃんを飼ったときからお世話になっているハケエル先生。
もう8年のお付き合いです。
なので、我が家のわんこたちの扱いも慣れたもの。

注射の時は、ぽにょ猫は恐怖で硬直状態。
この状態を「本当におとなしい子ね~。こんな良い子、見たことないわ~。」とほめてくださるハケエル先生。
誤解です。
私と娘は、いつぽにょ猫が失神するかと、はらはらして見ていました。

ペケちゃんは歯をむき出すし。
ハケエル先生、慣れたもの、歯をむき出したペケちゃんでも、相手にせずにちゃっちゃとお注射。

かりんちゃんはすぐに「きゃん」。
ペケが心配して、診察台に手をかけて、伸びあがって見ているし...
一番けんかっ早いくせに、一番弱虫のかりんさんです。

3匹終わって、ペケちゃんとぽにょ猫は「肥満警告」!
とくにペケちゃんは8歳なので、「糖尿病の検査をしましょう」とのこと。
かりんちゃんは皮膚病を見てもらい、ぽにょ猫は先日おしっこの調子がおかしかったので、その相談。
フードを変えたら普通に戻ったのですが。
というわけで、3週間後に、また、ペケちゃんは体重の再測定、血液採取、かりんちゃんはシャンプーを処方されたのでその経過を見せに、ぽにょ猫はおしっこの調子の報告と一つ在庫のなかった予防接種をうちに行かなくてはなりません。
また3匹連れ?!

帰り道、迎えに来てくれた夫が一言「動物はプラノデサウ―ジ(健康保険)がないから、大変だ!」
本当です。
予防接種だけでもばかになりません。
とはいうものの、わが子の健康は、家庭の平和の第一歩でございます。
母の留守中、動物たちの健康管理とダイエットコントロール、娘が一手に引き受けてくれました。
まずは、夫とお掃除おばさんがわんこたちにご飯を分けてあげるのを禁止するのだそうです。
ハケエル先生も「ペケママは甘いから、サフィーリア(娘の名前)あなたがしっかりしなくちゃだめよ!」と励まされておりました。

とにかく、娘もわんにゃんも、頑張ってくださいね~。



今日は疲れたね~。



コメント (4)

いいわけ~

2011年07月29日 | 生活
いやー、今週は忙しい日が続きました。
娘たちが帰ってきた次の日から、さっそく、娘は学校、夫は仕事。
家に帰ってくると、二人ともぐったりでしたから。
その合間に、今度は私の出発の準備をしなくてはならず、怒涛のような毎日でした。
PCの前に座る時間もなく、っていうか、ひどい時は、朝御飯も夕御飯もまともに座って食べる暇なし。
仕事も休みだというのに、なぜ?!

今日は朝から掃除洗濯をして、それから車を洗いに持って行きました。
家の近くの洗車やさん、珍しく時間通りに開いていたわ。
午後は、娘を迎えに行って、ピアノに連れて行き、その間に運転免許証を受け取りに行かなくては。
ああ、娘のコンサート用の靴を買いに行くのと、明日のお友達のお誕生会のプレゼントを買いに行くのもあるんだわ。
忘れてた!

行ったり来たりです。

というわけで、みなさま、まとめ書きしてありますので、よろしく~。

コメント

出発準備 進行!

2011年07月28日 | 生活
朝6時20分、もうじき学校に着く~、というときに、娘の携帯電話が鳴りました。
娘が電話に出てみると、かけてきたのは近所のガブリエル君。
「お父さんの車が壊れた~。もう家出ちゃった~?」
すまん、ガブくん、もうすぐ学校だ。
戻るには遠すぎます。
娘によると、ガブくん、タクシーで来たって。
まあ、ガブくんちは、お母さんもセントろで仕事してるし、妹ちゃんの学校もセントろだしね。
タクシーで来ても、損した気分にならないですよね。

さて、午後は、私の旅行中、娘のお迎えをしてくれる友達を乗せて、道順を説明しに行きました。
曜日によって、学校の後ろがお迎え場所だったり、ピアノの先生の家だったり、場所が違いますから。
確認しておかないとね。

私の留守中はバスで帰らせようかとも思ったのですが、最近バスの便が少ないことと、荷物が異常に重いことなどから、誰か迎えに行ってくれる人を探していました。
夫の会社で使っているタクシーの会社をお願いすることも考えたのですが、その都度運転手も違うだろうし、やぱり心配だしね...
朝は、夫が送っていけますので。

友人に「だれか信用できる人、いないかしら?」と相談したところ、その友人すかさず「Eu!(私~!)」。
決まりです!
よろしくお願いします。

ということで、出発準備、ちゃくちゃくと進行中です。

コメント

今回は逃げ切りました

2011年07月27日 | わんこにゃんこ
またやられました。
ロットワイラーです。
しかも、去年、かりんちゃんのことを噛んだ犬。

朝、いつものように、夫と散歩に出ました。
曲がり角を曲がって、次の曲がり角に差し掛かったところ、角の家の植え込みの中から、のっそり、現れたんですよ~。

すぐに、かりんちゃんを抱っこ。
夫もペケちゃんをすぐに抱えます。
夫が大声で脅しますが、寄ってくるロットワイラー。
だって、かりんちゃん、すさまじい声で吠えますから。
一声も発しないペケちゃんのことは、何もしないんです。

夫がたてになって、防いでくれようとしますが、夫もペケちゃんを抱っこしているので、思うように動けません。
走ったら飛びかかられますから、走るわけにもいかず、とにかく飛び降りようとするかりんちゃんを必死で押さえて、速足で逃げます。
が、もちろん追いつかれる。
大声で助けを呼びますが、みんな怖いですものね。
出てきません。
去年、この犬と、もう一匹の親犬に襲われて、かりんちゃんが足を8針も縫う大けがをしました。
その時の記憶と、それから先日亡くなった友人Kessaの旦那様のFernandoが、最近、自分の犬と近所の犬のけんかを止めようとして、腕を噛まれ入院したこともあり、とっても怖かったです。

幸い、今回は夫が一緒にいてくれたのと、ペケちゃんがとにかくおとなしく夫に抱かれていてくれたので、しばらくいったところでロットワイラーはあきらめて家のほうに帰っていきました。

家に帰ってみると、娘が携帯電話を握りしめて、滑り台のてっぺんに登って外を見ていました。
犬のほえ声と、私たちの叫び声とでびっくりして外に出てみたんだって。
でも、外に出るのは危ないと思って、コンドミニオの中で様子を見て、私たちが帰ってこないようなら、近所のガブリエル君のパパにSOSをしようと思ったんだって。
飛び出してこないところが優秀!

というわけで、私の方からおなか、足にかけて、かりんちゃんの引っかき傷でがりがり、全身筋肉痛、家に着いた後は胃がきりきりと痛んでまいりました。
それでも、とにかく、何事もなくてよかったです。

肝心のロットワーラーの家には、私の叫び声で起きてきたご近所さんたちで、「ぴったりしまっていなかった門から、ロットワイラーが逃げ出して、犬を散歩中の人を襲った」と言いに行ってくれたそうです。
って、ここいらへん、みんな、一軒家の人はロットワイラー飼っていますからね。
それでも、言いに行ってくれたご近所さんたち、感謝です~。


こわかったでしゅ...
コメント (6)

運転免許の更新

2011年07月26日 | 生活
運転免許証の更新に行ってきました。
ブラジルのです。
やっとお休みになって、時間に余裕ができてきましたので。

必要書類は、身分証明証、CPR(納税者番号)、住所証明、そして、今までの運転免許証、すべて、オリジナルとコピーです。
書類を持って、いざ、交通局(DETRAN)へ、
朝8時からだというので、8時少し前に出ました。
家からDETRANまでは、車で10分程。
なのに、朝の渋滞で30分以上かかったわ。
DETRANに着くと、すでに8時半過ぎ。

ついてびっくり、更新のための部屋は、人であふれています。
整理番号を撮ると、120人待ちだって!
120人?!
この間の検査の保険承認を取りに行ったときの、100人待ちを上回る!

ちょっと、くらくらっときたけれど、待っていたら、あらあら、けっこう進むじゃない。
受付カウンターが多いので、ちゃっちゃとすすみます。
1時間かからずに、書類の受付完了。
そのまま、同じ場所にある会計で手数料を支払い、写真室へ。
写真を撮って、両手の指紋を撮って、DETRANでの手続き完了。

こんどはそのまま、身体検査のための病院へ。
身体検査っていたって、視力だけなのよ。
DETRANの中でやればいいじゃないよね~。
結構離れた場所だし。
ここもちゃちゃっと終わって、午前10時にはすべて完了。
5日後に発行です。
私は前回試験を受けてあるので、今回は試験も講習もなしでいいそうです。
次回はするのだとか。
試験や講習は、10年間有効なのだそうです。
あと5年のうちに法律が変わって、「試験なし」でもいいようになればいいのにな~。
コメント (2)

Kessa へ

2011年07月25日 | 人間
大切な友人が旅発ちました。


私のおぼつかないポルトガル語を一生懸命に理解しようとしてくれた。
本当にうれしかった。


娘たちが新体操をやっていた体育館で、薄暗いところで本を読んでいた私に、声をかけてくれてありがとう。

ユニフォームのこと、新体操の発表会の衣装のこと、いろいろ教えてくれてありがとう。

娘のこと、お泊まりに誘ってくれてありがとう。

VARIGショックの時、一緒になって怒ってくれてありがとう。

アマンダが「学校で子供たちが話した、幽霊の話が怖くて眠れない」って、相談してきてくれたとき、申し訳ないけど、ちょっとおもしろかった。
日本のお母さんみたいだなって。
お母さんって、どこでもおんなじなんだなって。
本当に、アマンダのこと、心配していたのね。

娘と、アマンダと、もう一人のお友達カリーナと、3人で一緒にお誕生会をしたとき、うちの夫と、フェルナンドと4人でワインをしこたま飲んだよね。
いろいろな話をして、楽しかった!
パーティーを良い具合に放っておいて、4人でおしゃべりしたのが、なんだか若いころに戻ったみたいで、とっても楽しかった!

パーティーの準備のために、一緒にセントロに買い物に行ったときに、いろいろなことを話してくれた。
娘たちと一緒に、ごちゃごちゃいいながら、面白いものをいっぱい買った。
とても楽しかった。

アマンダの15歳のフェスタのスライドショー、とても素敵だった。
あなたとフェルナンドが、どんなにアマンダのことを想っているのか、とてもよく伝わってきました。
みんなで馬鹿みたいに踊って、子どもたちがびっくりしてみていたね。

手術の後、電話した私に「大丈夫!あなたのほうこそ、元気出して!」って逆にはっぱをかけられた。

そして、ついこの間、アマンダちゃんの帰国をあんなに喜んでいたあなただったのに...



マナウスに引っ越してきた当時、「リオに帰りたい」と、本当に毎日のように泣いていた私。
そんな私が、こうしてマナウスでしっかりがんばってこられたのは、なんでもばしばしと遠慮なく言ってくれたあなたがいたからこそ。
遠慮なく言ってくれているようで、一番気を遣ってくれていた。
いろいろ、気がつかない、ポルトガル語がわからない私に教えてくれた。

いつも連絡を取り合っていたわけではない、まして、娘が違う学校に行ってからは、本当に何度かしか会うことはなかったけれど、いつも身近にあなたを感じていました。


いえ、いつもあっていたわけではないからこそ、きっとこれからも身近にあなたを感じていくことができます。

これからも、きっと心の中で、いろいろなことをあなたに問うていくことがあると思います。



大好きな、大好きな、Kessa。
「元気」にこの世を旅発っていった。
あなたの姿を忘れません。
そして、いつか、私にもその日が来たら、私もあなたのように「元気に」旅発ちたい。
そんな私を見ていてください。





Kessa   Amanda   Fernando

Kessa は、この笑顔の2週間後、旅発ちました。
「元気に」精一杯、病気と闘って、「元気に」旅発っていった、大切な友人です。





コメント

おかえり~

2011年07月24日 | わんこにゃんこ
娘と夫、無事にサンパウロに到着したと朝電話がありました。

通関で「やはり」夫が引っかかったようですが、幸いスーツケースを開けられるまでにはいかなかったよづえす。
食べ物とか、種とか入ってたからね。
開けられてたら、大変だった?!

お昼少し過ぎ、定刻通りに夫と娘の乗ったTAM機が到着。

 



荷物をとるのに30分ほどかかりましたが、無事に到着しました。

日本の皆様、お世話になりました~。


さて、一方、マナウスの家では朝からわんこにゃんこがベランダに居座っています!

ぽ「まだかしらね~」



か「ねーちゃん、横着しないで、外に出てきてみてください。」



ぺ「しょーがないわね~。どれどれ...?」



ぺ「くんくん。まだ匂いはしないわよ。」



か「まだだってよ~」



ぽ「あら?そろそろだと思ったのに...」



ぽ「そういうわけで、みなさま、猫パパの到着は、しばしお待ちを~」



少し前まで、一緒にベランダに出ていたのに、隣の子どもの声に驚いて、一目散に部屋の中に逃げたぽにょ猫でした。

ぺ・ぽ・か「パパ猫、人間姉ちゃん、到着~」







コメント

たそがれ~

2011年07月23日 | わんこにゃんこ
夫と娘、無事に日本を発ちました。



夫の妹さんが、飛行機がゲートを離れるところまで写真に撮って送ってくださいました。
本当にお世話になりました~。

成田では娘は相変わらず「買い忘れたお土産さがし」をしていたそうで。



まあ、最後の最後まであわただしい人ですね~。


さて、夫と娘の不在で日に日にやさぐれていく我が家の動物たち。
今日はかりんちゃんに砂をかけられて、真っ黒になっているペケ姉さんをお風呂に入れました。
かりんちゃん、おしっこの後、いつも景気よく後ろ足で「パッ、パッ」って砂をかけるんです。
で、いつもそこに都合よくペケちゃんがいるっていうわけ。
ほとんど毎回かけられています。

今日、新しいシャンプーを衝動買いしてしまったので、試しに使ってみました。
いいかおり~。
クプアスのオイル入りだってさ。
こころなしか、ピカピカになったような...

...ってよく見たら「濃い毛色の犬用」シャンプーだったわ。
まっ、関係ない、関係ない。



ぺ「ママしゃんったら、本当にデリカシーのない人...
  あたちもう いやっ!」



ぺ「パパしゃん、まだかしら?」



ぽ「けっ、デリカシーで腹はふくれませんぜ、ペケ姉さん。」



か「そうそう、寝る子は育つ...よ!」
コメント (2)

育児疲れです

2011年07月22日 | 生活
ペケママ、フェリアス(休暇)に入りました。
やっと~。
娘たちと、完全に入れ違いだしね。
娘と夫、今、ちょうど空港に向かう車の中だそうで。
連絡一本入ってこないので、夫の妹さんに「せめて出発前に連絡入れるよう伝えてください!」と愚痴ったところ、速攻で電話がかかってきたわ。
母のいらだちに、びびったか?!
Tal Pai 、 Tal Filha (この父にしてこの子あり)ですからね。

さて、フェリアスに入ったペケママ、一番最初にしたことは...
美容院!
髪を染めて、髪を切って...
いえいえ、平日でも十分にいけるんですけどね、でもやっぱり気分的にあわただしくてね。
美容院で「前回来たのいつでしたっけ~」って尋ねたら、何と、5月の末でした。
いや~、やまんばにもなるはずです。
なんだか、白髪が交じった、やまんばみたいに、ぼさぼさでしたから。
久しぶりに、のーんびりとおしゃべりして、全部終わったのが、10時過ぎ。
それから野菜の育ち具合を見に言って、買い物をして、結局家に着いたのはお昼になっていました。
いつもと変わりないじゃない?!

午後は私の車と夫の車を洗いに出して、すっきり。
娘と夫が帰ってくる準備。
日曜日のお昼には二人、帰ってくる予定。
大変にはなるけれど、でもやっぱり楽しみです。
なんにしても、一人で3匹+ハム1匹の育児は疲れました。
やまんば現象は、育児疲れも影響してるかも?
とくに、朝の散歩に夫は必需品。
早く帰ってきてくれ~!

あっ、フランスでの土産も忘れずにね!
コメント