アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

お休み最終日

2013年03月31日 | 生活
朝から暑い~!
今日は異常に蒸し蒸し暑さ。
出てくる汗が違うのよ。
いつもの、水のようなさっぱり汗じゃなくて、日本の梅雨時みたいなべたべた汗。
もう、150%不快!

こんな中、夫はゴルフ。
いつものように、朝5時半出発。
一昨日作って、ほとんど飲まなかった「粉末スポーツドリンク」を持っていったのですが、一口飲んで、吐き出した。
腐っていたらしい...
たった、2日で~?
いつもは、ゲートレードを持っていくのですが、現在スーパーで姿を見かけないのよ。
品切れ中らしい。
まいったね~。
ほとんどは吐き出したものの、少しは飲んでしまったらしく、その後「いつおなかが痛くなるか」とどきどきしながらゴルフを続けたらしい夫。
そのせい?で今日は思うようなスコアが出ずに、「お稲荷さん」のお土産もなかったわ。
そのかわりに、お肉を食べに連れて行ってくれたけどね。

昨日は、午後6時過ぎ、無事に釣りから帰ってきました。
午前中は一匹も連れなかったけど、午後からは大量だったそうで、結構な数の「ツクナレ」を持って帰って来ました。
家は「未処理の魚はお断り!」なので、夫、帰ってくるなり駐車場で魚の処理。
4匹ほどは切り身状態まで解体。
2匹は腹とうろこを取ってエスカベッシュ用に。
残りは、お世話になっている方にあげましょうと、そのままアイスボックスにおいておきました。
今晩は、ツクナレのお刺身よ!

もって行ったお弁当は、意外にもほぼ完食!
サンドイッチ6パック(1パックの中身は、卵、ツナ、ハムチーズ)完食は、まあいいでしょう。
いっしょに行く人もブラジル人だし、船頭さんもブラジル人だしね。
そのつもりで、大目に持たせたんだから。
でも、お稲荷さん完食って、意外だった~。
お昼を食べた後は、結構残ってたけど、釣りが終わってから、おなかが空いたらしく、みんなバクバク食べちゃったって。
普段日本食に縁のなさそうな船頭さんまで。
すっぱいご飯って、嫌がるかと思ったのにね。
さすがに、筑前煮のサトイモは残ってた。
これは帰ってきてから、わんこたちのおやつになりました。

けっこう、えええ~?!って思ったのが、6本も持たせた水(500ml)が一本しか減らなかったこと。
コカコーラも残ってた。
アイスティーはみんななくなっていた。
みんな、水分取らないと、体に悪いぞ!

復活祭の休暇、夫はゴルフ、釣り、ゴルフの幸せ満喫状態。
私は、お掃除みっちり、なんとか持ち帰りのお仕事も終わらせたぞ!
娘は...



憧れの外務省前で!
コメント

久々の釣り弁当

2013年03月30日 | 料理
テレビでXUXA(TV GLOBO の エンターテイナー)の50歳の誕生日をやってたわ。
まあ、自分の番組の中でやるんだから、文句ないけどね。
でも、そうか~、XUXAも50歳か~!
なんとなく感無量。
ペレとかアイルトンセナとか、有名どころの恋人として浮名を流した彼女よ。
いやいや、年をとったね、お互いに、なんて思ったわ。

さて、昨日はSEXTAーFEIRA SANTA(聖金曜日)、キリスト受難の金曜日、明日は「復活の日曜日」 復活の日曜日。
間の土曜日です。
みんなお仕事。

ペケママはね~、今日、初めて、我が家の屋根に上っちゃったわよ!
娘の部屋の雨漏りがひどくなってきたので、門番君に頼んではしごをかけてもらって、いっしょに上がってみたの。
いやいや、スリルだった~。
結局、雨漏りの現場まではたどりつけなかったんだけどね。
門番君が「ペケママ、下見てごらん~!」って意地悪いのを、ひたすら無視して、上ばっかり見ていたわ。
寝不足なんだから、下見ていたら、目を回しちゃうわよ!

なぜ、寝不足か?!
昨日は、午後から夜一杯、弁当つくりに追われていたからよ!
夫が、釣りに行ったんです。
復活祭なのに、不謹慎な?!
まあ、久々ですから。
昨日はよほどうれしかったと見えて、「出発まで、少しでも眠っておかないと、持たないよ~」って言うのに、「なんだか眠れない~」って何度もおきてきた。
バスで行く団体旅行ならいいけど、今回は同僚と二人、我が家の車で行く釣行ですから、眠っておかないとね。
最後は「いい加減に落ち着きなさい~!」って怒鳴って部屋にこもらせました。

私は、相変わらすのお弁当係。
この日のお弁当は...



出しまき卵、とんかつ、鮭の香味焼き



お稲荷さんと筑前煮



デザートのオレンジと朝食用のサンドイッチ。
サンドイッチは、ハムチーズ、卵、ツナ。

この日いっしょに行ったのは、ブラジル人の同僚の方。
日本食食べられるかな~、って心配だったので、サンドイッチを多めに持たせました。

おかげで、今日は少しのんびり。
わんこたちとくつろぎの午後です!
コメント (4)

あってよかった~

2013年03月29日 | 生活


SiNUSの開会パーティーだそうです。
娘たちの学校のグループ。
ほとんどの子がが高校2年生。
なのに、みんな娘より大人っぽい?
ちなみに、パーティーのテーマは「ヴィンテージ」だそうです。
みんなそんな感じの服装ね。

昨日は初めての発表があったとかで、携帯でメッセージを送ってきました。
今日は「なしのつぶて」!
「本当に、「行ったっきりすずめ」だね、あいつは、昔から!」
と夫と愚痴りました。

さて、一昨日、お昼過ぎ、身分証名証の番号を確認する用事ができ、お財布から身分証名証を出そうとしました。

ない!

お財布のすべてのポケット、普段持ち歩くバッグの底の底まで、どこを見つけてもない。
久々に顔面蒼白!

落ち着け、落ち着け。
最後に身分証明証を使ったのは?

自問自答。

先週の金曜日、目医者さんに行ったとき。
すぐに目医者さんに電話。
でも、落し物として届いてはいませんとのこと。

目医者さんが入っている、メディカルタワーに入る受付で?
ここは電話がわからないので、実際に行ってきました。
受付でビルの管理センターに行くように言われ、行きましたが、ありません。

家に帰ってもう一度考えます。
仕方が無い、明日再発行手続きをする?
とりあえず、夫に電話。

...夫の声を聞いたとたんに思い出した!

娘が出発する前の晩、私と夫の身分証明証のコピーが必要だと、取り出したんだ!
電話をつかんだまま、PCの上の印刷機のふたを開けると...

あった~!!!

あったよ~。
すぐに夫に報告。
っていうか、夫、なにがなにやらわからなかったでしょうね。
心配そうな声で電話をして、途中で突然叫び始まったんだから。

馬鹿娘、許さん!
すぐに、ブラジリアまで電話して、「この馬鹿娘~!」としかりつけましたが、「あっ、ごめん、今忙しいから、またあとでね。」って着られちゃったわ。
で、それ以来、電話かかってこないじゃないよ!
くやし~!

...それにしても...
あってよかったよ、身分証明証!
コメント (3)

雨宿りしてる?

2013年03月28日 | わんこにゃんこ
夜半から大雨。

先日、夜中に娘を空港に送って行った帰りに、家の近所のショハスコやさんの前で野良犬「ジライヤ」を発見。

ジライヤ君、最近見かけなくなったと思ったら、サルナなのか、他の病気なのか、毛がかなり抜け落ちて、ひどい状態になっていた。
私のこともすっかり忘れてしまったみたい。
もともとがひどく人懐こいので、それが仇となってか、あまりよく人に扱われていないのでしょう。
人を怖がる様子を見せました。
きっとショハスコやさんで、お肉をしつこく人にねだったりもしていたんでしょう。
私がえさを持っていると、飛びついてくるような子でしたから。

この日は、閉店したショハスコやさんの前の歩道で熟睡。
ショハスコやさんの前の家のおじさんが置いたと思われる、ドッグフードの中に顔をうずめて寝ていました。
車を止めてみると、ドッグフードは真ん中あたりが食べられている。
このおじさん、よく自宅の前に野良用ドッグフードを置いておくのですが、このドッグフードがいまひとつ人気がないのよね。
なので、車の中にあった、野良エサ容器からその真ん中部分にエサを補充。
そのあと、家に戻ってから、豚のスペアリブの骨を持っていってあげました。
次の朝見たら、ジライヤは姿を消して、エサもすっかりなくなっていたわ。

というわけで、昨夜も夜中にジライヤ君がいるかどうか見に行こうとしていたのですが、土砂利になったので中止。
こんな雨の中、いるはずがありませんから。
それほど激しい雨。

今日は午前中、お日様がさして暑いぐらいになったのですが、昼過ぎからまたまた土砂降り。
お昼少し前にわんこ散歩を済ませてきてよかった。

昨日、2階のお掃除を済ませて階段を降りてくると、窓辺に張り付くチコちゃんを発見!



なに見てるの?



ち・し~!ママしゃん、声が大きいでしゅ!

声が大きいって?
失礼ね!



ち・ほら、あそこ!
  シロタしゃんが、気持ちよくお昼寝中ですから、静かにしてあげてください!

視線の先には...



真っ黒な白猫、シロタさん。
日陰で気持ちよくお昼寝中。
凶暴わんこがいる我が家の庭で熟睡してるのって、すごく珍しい光景なんです。
たいてい、お昼寝場所は6号室なのよ。



今日みたいな雨の日には、どこに行ってるんでしょうね。
トラ子さんは、お隣の玄関先にいたけどね。
シロタは男の子なので、昼間は近所の縄張りをパトロールしていることのほうが多いんです。

ジライヤ君もシロタさんも、男の子は一つのところにじっとしていないんでしょうかね。
ふたりともどこかで雨宿りしていますように。

コメント (4)

娘 出発 SiNUS参加 1

2013年03月27日 | 旅行
昨夜、帰ってきたばかりの夫の前に、日本に行くときに持っていく、でっかいスーツケースを「よいしょ、よいしょ」と引きずってきた娘。
夫、一喝。

「おまえは、どこに何日間行ってくるつもりなんだ?!」

はい、ブラジリア5泊6日です。

復活祭のお休みですが、お休みの楽しい旅行ではありません。
まあ、本人にとっては楽しくて仕方が無いんだけどね。
「A Simulação das Nações Unidas para Secundaristas – SiNUS」(高校生のための模擬国連会議)の出席するためです。

本当は昨年参加が予定されていたのですが、学校側の申し込みが遅れて、参加枠から外れてしまったのだとか。
昨年参加枠からもれてしまった学校は、今年は優先的に参加させてくれるということでしたが、この活動は本来「高校2年生対象」。
すっかりあきらめていた娘ですが、先週になって主催者側から「参加枠が3つ空いてしまいました。そちらの学校で参加したい生徒さんはいませんか?」という申し出があったそうです。
学校側はもう参加者を組織してしまい、会計に旅費の申請なども済ませてしまったので、この3人は旅費は自費でまかなわなくてはなりません。(娘の学校はこういう旅行は、旅費は基本的にすべて学校側が負担してくれます。)
一週間前ということで、安いチケットを手に入れるのは難しい。
というわけで、高校3年生の娘にまで、参加枠が回ってきました。

我が家は、参加の打診があった日のうちにチケットの手配をしました。
それでも、帰りの飛行機は安いチケットが取れたのですが、行きは通常チケットしか取れず。
行きの飛行機のチケット代、帰りの2倍以上のお値段なんですけど~?!
この違いってすごいのね!

娘たちの学校は、ブラジリアのコレージオ ミリタールの宿泊施設に泊まるので、宿泊代はかからないのが助かります。
マナウス市内の私立校では、参加費が生徒一人当たり3000レアイス(約15万円)ですって!
飛行機代、宿泊費込みです。

さて、このでかいスーツケースの中身は、洋服!靴!
きちんとした会議ということで、紺色のスーツ、ワンピース等々。
昨年、コストレイラ(縫い子さん)に作ってもらったのが役に立ちました。
夜のパーティー用の服。
ちょこちょこっと教科書。
帰ってきたら、すぐに試験ですからね。

というわけで、夜中の12時に空港まで送ってきました。
スーツケースは案の定、ウエイトオーバー。
でしたが、正規料金を払っているのと、娘、かなりのマイレージを持っているため、「33kgまでOKです。」って言われたって。
でも、帰りはそういうわけには行かないんだからね~!
考えて荷詰めしてきてよ!

私は月曜日まで、つかの間、送り迎えから開放される日々。
幸せ~。

娘たち、今日の午後から活動が始まるはず。
この活動の準備組織は、娘が進学を希望している、ブラジリア大学の国際関係学部が中心になってやっているそうです。
そういう意味で、娘にとっては「キャンパス訪問」という意味合いもあるのです。
有意義な旅行になるとよいです。
コメント

あな!

2013年03月26日 | 生活
フォルタレーザに旅行された方から、お土産をいただきました。



「ナッツの砂糖がけ」
これがおいしいのよ!
一目見たときから、もうあの「カリカリ じわ~(甘みが口の中に浸透する音)」感が口の中に広がって、家に帰って開封するのが待ち遠しかったわ。

で、家に帰って、早速がっつく!
「カリカリ じわ~」
そして、その甘みをビールでシュワッと洗い流すあの幸せ。

「ビールのつまみに甘いものなんて邪道だ!」という保守派の皆さま、これはおいしい。
お勧めです!
って、まだ午後2時だけど...

あっ、もう娘のお迎えは済ませましたからね。
ご安心を!


先日の雨で閉鎖になったショッピングセンター、写真を撮ってきた同僚の方が、写真を送ってくださいました。
ありがたや~。
なので、早速、公開!



これは人気がないので、多分土曜日?
雨の当日。
天井にぽっかり大穴。
かなり雨もたまっているみたいですよね。

拡大してみましょう。



このはがれた部分の天井の板って、下に落ちたのかしら?

で、これは人通りがあるので、日曜日。



天井の穴は...



薄い布(もしかしたら、「不織布」だったりして?)で覆われています。
上の写真より、かなり広範囲で天井板が落ちていますよね。

先日、別のショッピングセンターの映画館で、利用者が指摘した、避難経路の案内不備で、一時閉鎖されるということがありました。
このショッピングセンターも、明らかにお客さんへの危険があると思うのですが...
こういう状態で営業してしまうショッピングセンター側の態度が一番問題だけど、ここまで大きな問題になっていながら、閉鎖を命じない市当局側の管理体制にも大きな問題があると思います。
コメント (4)

すでに営業しているし

2013年03月25日 | 生活
さっき、ざーっと降ったのに、もうかんかん照り。
もう、むしむし。
オーブンの中で蒸し焼きになっている豚の気持ちがわかります。
雨季もそろそろ終わりよね~。
なのに、毎日の雨。

雨が多いのは、ここマナウス付近だけなのか?
ネグロ河の水位は昨年ほど上昇していません。
3月22日現在の水位は26m47cm。
昨年の同日は27m28cmでした。
昨年より80cmほど水位が低いです。
一日の上昇幅も4cmとだんだん少なくなってきていて、もう少しすると、今年の最高水位をマークするかもしれませんね。
ちなみに、昨年の最高水位は5月39日でした。

さて、昨日も用事があってショッピングセンターに行ってきました。
先日半分が「雨のため立ち入り禁止」になっていた「マナウアラ ショッピング」にいこうかと思ったのですが、考えて、市内でも一番老舗の「アマゾナス ショッピング」に行くことにしました。
また、立ち入り禁止だといやですものね。

アマゾナス ショッピングに着くと、駐車場に入るのに、車の列。
これだけお客さんが多いということは、やっぱり「マナウアラ」はまだ立ち入り禁止が続いているのかしら?なんて娘と話しをしながらお買い物。
今日のお買い物は、娘の靴下とか細々としたもの、パーティー用の靴。
娘、明日の夜中からまたまたブラジリアです。

さて、今日職場に行くと、マナウアラ ショッピングの話。
穴の開いた天井の写真を撮ってきた方がいました!
見せていただいたのですが、本当、新しいショッピングセンターでこんなことあるの?
で、その方、日曜日にも見に行ったそうですが、穴のところに薄い布をかぶせてカバーして、しっかり営業していたって。
それも怖いですよね~。
もしも、お客の頭の上に、天井が落ちてきたらどうするの?

このショッピングセンターは、完成が予定よりも半年以上遅れて、最後はかなりの突貫工事でした。
無理な工事をしたため、工事中に亡くなった方もいて、オープン当時から怪談話も数知れず。
昨年(一昨年?)にはフードコートで火事騒ぎもありました。
今度出来上がるショッピングセンターは、そんなことがないといいな。
新しいショッピングセンター、市内、ポンタネグラというところにできます。
{ZARA}とか「ANIMAL」とか入るらしいので、娘と今から「楽しみ~!」

というわけで、娘はこの「セマナ サンタ(復活祭)」休暇中、ブラジリアです。
ペケママはわんこたちとお留守番。

あっ、夫がいたか?!
コメント (4)

雨で閉鎖!

2013年03月24日 | 生活
昨日の雨は、本当にすごかったらしいわ。

どのくらいすごかったかって?
娘の部屋が雨漏りしてる。
以前に雨どいに問題があって雨漏りしたところから、また漏れ出した。
なんとかしなくちゃ!

なんて思っているうちは、まだかわいかったのよ。

昨日の夕方、娘の買い物があって「マナウアラ ショッピング」という、「今のところ」しないで一番新しいショッピングセンターに行くことにしました。
(もうすぐ、別なショッピングセンターができるからね~)
娘をフランス語の学校まで迎えに行って、ショッピングセンターに向かっていると...

娘の友達、パウロくんから携帯メール。

「マナウアラショッピング、雨で現在閉鎖中!」

はい?
嵐でもあって、屋根が飛んだとか言うならともかく、なぜ雨で閉鎖?

すぐに娘、パウロくんに電話して詳細をたずねましたが、どうやらパウロくんも「お母さんから、そういうメッセージが入った」ということで、詳しいことはわからない様子。
でも、まあ、いいや。
どうせ帰り道だし、寄って行ってみよう!
近くまで行くと、普通に車が駐車場に入っていくよ。
よしよし、普通にやっているみたいだね。

売り場に入ってみると、結構な人出。
この日の娘のお目当ては「ノートPC」。
小型の「ネットブック」がとうとう修理不可能になって、結局買い換えることになりました。
ただし、支払いは娘。
最初に銀行によって、しっかり自分の口座からお金を下ろしました。

2軒目のお店で納得の割引価格で、ソニーの「Vaio」をゲット。
いいな~!

お店を出て、ぶらぶらしようと思ったら...
あれ?
向こう側がしまっている!

このショッピングセンターは、細長い8の字のように通路があり、その両側にお店が配置されている造り。
その8の字の半分側にロープが張ってあり、いけなくなっています。
近くの係りの人に尋ねたら、「雨で天井が落ちてきそうな部分があるので、向こう側は閉鎖しています。」だって。
オープン以来、何かと建物の不備が取りざたされているショッピングセンターらしいわね。

それにしても。閉鎖された側には、チョコレートやさんが集中しているのよね。
復活祭前の土曜日、災難でした。
書き入れ時だったのにね。

今日のゴゴも、昨日買い忘れたものを買いに行く予定。
今日は開いているかな~?
コメント (2)

どっちだ~?

2013年03月23日 | 生活
夫が車やさんに車を修理に出しました。

お昼少し前に出来上がるということだったので、お掃除の切がいいところで夫をお車やさんまで送りに。
曇り空でしたが、雲の間からお日様がさしているので、「まあ、大丈夫でしょう!」と、洗濯物は外に干したままにしておきました。
行って帰って、30分ぐらいですから。

車やさんが近くなり、夫を降ろし、家のほうへ車を走らせたとき、いやいや、びっくり!
一瞬、「血の気が引く」ってこういうことね、と思いました。

だって、家のほう、真っ黒...真っ暗...いえ、やっぱり真っ黒なんですもの!
ぎゃ~!と思いました。

少し車を走らせ、ショッピングセンターの近くまで来たところで、どしゃ~!
ポツポツ、なんてかわいい段階はなかったわ。
いきなり、どしゃ~!

道路はすでに急流の世界。
前は見えない、後ろも見えない!
もう、このときは正直、「洗濯物なんて、どうなってもいい~!とにかく家に無事にたどり着けるかしら?!」って言う気持ちのほうが強かった。
そのぐらい、強烈な雨だったのよ!

ゆっくりゆっくり走って、ようやく我が家に到着。
家に走りこみ、群がるわんこたちを蹴飛ばしながらテラスまで行くと...

当たり前ですが、びしょぬれ。
がっくり。

すぐに、びしょぬれの洗濯物を洗濯機に放り込み、ゆすぎからもう一度。
いいんです、私が悪いんです。

洗濯物が一段落してから、夫に「道路がとても危ないから、雨が弱くなってから帰ってきたほうがいいよ。」と電話しようと思ったのですが、何度かけてもつながらない。
洗濯場から居間に戻ってもう一度ダイヤルすると...私のすぐ後ろで電話が鳴った。
夫、携帯忘れていってるし...

雨はそのまま降り続き、現在はしとしと系の雨が降り続いています。
わんこたちも、たいくつ~、



か・雨ですから、こういうときこそ、毛並みのお手入れをしましょう!



ち・いいんでしゅ、あたしは汚いままでも。
  それにしても、たいくつ~。シロタちゃん遊びに来ないかな~。



ぺ・あたしは、パパに無理やりお風呂に入れられて、腹がたっていましゅのよ!



たいくつだから、クイズしましょ!
どっちがどっちだ~?



んば~、しているのは、かりんちゃんでしょうか?
チコちゃんでしょうか?

コメント (4)

壊す

2013年03月22日 | 人間
我が家の後ろは、空き地になっています。
私達が今の家に住み始めたから、10年間ずっと。
我が家のすぐ後ろには、イグアナがすむ小さな森があり、隣側は草ぼうぼうの荒地でした。
森と荒地では、持ち主が違います。

この荒地、2年ほど前までは、一年日度程度の割合でお掃除をしていたのですが、ここしばらくは完全放置状態。

ところが、1月下旬、日本の妹が我が家に滞在中に、急にガガガとブルドーザーが入ってきて、二つの土地をきれいに整地してしまいました。
小さな森がなくなって我が家はちょっとショック。
すぐ後ろが整地されてしまったため、向こう側からの道路から直接後ろ側に入ってこられるようになり、たちまち隣の家は泥棒に入られました。
一方、荒地のほうはすぐにレンガの塀が作られ、なにやら小さな家を作り始まりました。

そんな感じだったのですが、昨日、朝の9時半ごろ、わんこたちと散歩に行くと、荒地だった土地の周りに、警察の車。
なになに?
何があったの?

レンガの塀の中から出てきた工事のおじさんに「どうしたの?」とたずねると、「いや~、本物の持ち主が現れて...」
はい?
本物の持ち主?

どうやら、現在、建設工事を行っているこのおじさん達、この土地の所有者ではない、ブラジルで一般的に「インバゾン」(侵入者)と呼ばれている人たちだったみたい。
いわゆる「不法占拠者」。
工事が始まって、3ヶ月もたってから、ようやく本当の持ち主が、工事に気がついたのね。
のんきというか、何と言うか...

家について、わんこたちの足を拭いてあげていると、ガガガ!とすごい音が響き渡った!

2階に上がって、外をのぞくと、

いきなり...



窓の外に現れた、ブルドーザーのショベル!
腰抜かすかと思ったわ!



このブルドーザーは、元の森側との塀をすべて壊すと、次はおもむろに建築物のほうに移動。

ショベル部分で...



グワッ!



がしょ~ん!

長い腕の部分で...





ガラガラ~、ガシャ~ン!!



そして最後の建物。



バリバリ、ガシャ~ン!

この建物には、電気もひいていて(もちろん盗電)、ガラスもはめ込まれてありました。
壊される前に、慌ててガラスをはずしていました。



見守る、本当の持ち主。



そして、最後に道路側との塀を壊して、任務完了



残るは瓦礫の山。

何年もかかって育ってきた森を壊すのも、あっという間だった。
3ヶ月かかって、作ってきた小さな家々を壊すのも、本の2時間程度の仕事。

壊すって、すごい行為だな。



コメント (4)