アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

Tal Pai Tal Filho (この親にしてこの子あり)

2014年07月31日 | ブラジル雑記
パラナ州のカスカベルという街の動物園で、11歳の少年がトラに襲われました。
少年は二重になっている柵を乗り越え、立ち入り禁止になっているところに入り込み、トラの檻の前を走り回り、トラの檻に腕を入れてトラを挑発しました。
トラは少年に襲いかかります。
少年は肩のところから腕を食いちぎられました。

近くにいた人の話によると、保護者であるべき父親が猛獣の檻のそばに行ってみることを、少年に提案したのだとか。
父親は、立ち入り禁止や、檻の前で走ったり騒いだりしないことというすべての注意の立て札を無視して子供を遊ばせていました。
少年が猛獣の檻の前で走り回ったり、騒いでいるのを止めさせるよう注意した人の言葉をすべて無視し、少年をやりたいようにさせていたそうです。
少年はトラの前には、ライオンの檻でも同じようなことをしていました。
この区域には9人の警備員が配置されていたそうですが、このとき近くには一人もいなかったとか。
警備員がいて注意したとしても、父親がそれを聞いていたかは疑問ですが。
近くにいた人たちは、その様子を映像に収めていました。

その様子はこちらから

少年が襲われたとき、父親はすぐそばにいましたが、3歳になる弟の世話をしていて、少年の様子を見てはいなかったということです。
少年は近くにいた人たちにすぐに助け出され、街の大学病院に搬送されましたが、一緒に運ばれた腕がもとのようにつくのは難しいだろうとのことです。

少年は普段は母親とサンパウロに住んでいるそうですが、この日はたまたま休暇をすごすために父親のところに来ていたそうです。
五体満足で遊びに出したはずの母親は、腕のない子供を迎えることになります。

父親は少年が救急車で運ばれた後、「注意義務怠慢」で警察に連行されましたが、事情を聴取されすぐに解放されました。

バカな親っていろいろいますが、本当に親自身が社会的なモラルを教えてあげられない…というより、親自身がモラルのない大人だということは、本当に危険なことだと思います。
子供を危険から守れないばかりか、親自らが子供を危険な場面に遭遇させる。
こういう親がいるのって、ブラジルばかりではないともいますけどね。




コメント

ゴーヤ 豊作よ!

2014年07月30日 | 生活
畑のゴーヤ、今年は成り年です。



毎日毎日、山ほど収穫。
今日も6本収穫。
昨日も5本。

ブラジルの人も食べてくれるならうれしいのですが、ブラジルの人、食べないもんね。
料理の仕方を教えてあげたところで、こればっかりは無理みたい。
昨年、持って帰って奥さんに調理してもらったという人は、調理途中に味見をした奥さんが「これは毒だ!」と騒ぎ出したとか。
「いや~、殺人罪で訴えられなくて良かったね!」と言ったら、「説明するのに苦労したよ。離婚されなくて良かった!」だって。
だから~、最初に説明したろうが、かなり苦いからねって。

というわけで、ブラジル人にあげるのはもうやめた。
毒薬盛ったと思われちゃあ、かなわん。

日本人のあなたにターゲットを絞り…
といきたいところですが、ペケママの職場、今休暇中。
職場に来ているのは、毎日2人程度。
出勤表を眺めながら「今日は**さん来るはずですよね!早く来ないかな~。」的状態。
今日も6本を抱えて部屋に戻ると…
昨日2本持ち帰ってくれたパパさん。
ゴーヤは嫌いだと聞いていたので「今日は…むりですよね。」と弱気発言をしたら、「いや、いただいていきますよ!」
「え~、本当?いいんですか?!好みが変わった?!!」
そういうわけではなくて、奥さんと娘さんがせっせと食べてくれているそうです。
そうそう、女性にはビタミンCたっぷりですから、肌にいいのよ!
パパさんが天使に見えましたわ。
やはり昨日2本持ち帰ってくれたお姉さまは、さすがに今日は「いやいや~」。
そうですよね、我が家と同じ、ご主人様と二人暮らしですもの。
昨日姿を探していたけど、見つからなかった男性、「え~、まだこの間もらったのが冷蔵庫にありますよ!」
一週間前ですよ、一週間前!
早く食べてくださいよ~。
今日は無理やり3本押し付けちゃった!

そういうペケママは一本持ってかえってきました。
最近のペケママの食べ方は、オリーブオイルとリモンをきかせたパスタにするか、アサイジュースに混ぜちゃうの。
特に、アサイジュースは手軽なので、毎日5cmぐらいジューサーでアサイとジュースにして飲んでいます。
ほのかな苦味がたまりません。
そういえば、昨日日本のテレビで「ゴーヤビールカクテル」なるものを見たわ。
ビール+りんごジュース+きざみゴーヤですって。
今度やってみようかしら。

というわけで、ペケママ職場の関係者の皆様、ペケママ畑のゴーヤ、どうぞ収穫に来てくださいな!
もうすぐおくらもできてくる予定!
コメント (3)

ペケママの賭け

2014年07月29日 | 生活
今、私はちょっとした賭けに出ています。

さっきまでかんかん照り、レンガの上はあっちっちにお日様に焼かれて、そこに寝ている三女のチコちゃんはほどよい焼き加減のショハスコになってしまいそうでした。
こんなに暑くては、お散歩は夕方だね、な~んて思っていたのにね。
あっという間に黒い雲がもくいもく。
遠雷ごろごろ。

そんな「今にも降り出すわよ」的な怪しい雲の下、果敢にも洗濯物を庭干ししたペケママ。
だって、風が吹き始まったんですもの。
こんな空模様のときに、風が吹き出すとね、風が雷雲を吹き飛ばしてくれることがあるのよ。
雲の位置も高そうだしね。
あわてて洗濯物を取り込んだのに、な~んだ、って思ったことが何度もあるのよね。

なので、賭けに出ました!
さあ、結果はいかに!
30分後ぐらいには結果がでるかしら?
もう一度顔をのぞかせたお日様に向かって、わっはっはと誇らしげに笑っているペケママに賭けるあなた?!
振り出した大粒の雨に、右往左往しながら洗濯物を取り込んでいるペケママに賭けるあなた?!
どちらに賭ける?

後記・これを書き終えてものの5分もしないうちに、大粒の雨が、バタン バタンと  
   落ちてきた…と思ったら、それも3分ほどでやんじゃった!
   それでも、あたふたと洗濯物を取り込んじゃったから、ペケママの負けか!
   くやし~!!
コメント (2)

今日もお買い物!

2014年07月28日 | 生活
ようやく天井がふさがったわ。
工事の人が朝の8時に着たので、思ったよりも早く終わったし。
でも、今からでは職場に、山ほど物が詰まれた机を片付けに行くには、中途半端な時間。(ペケママ休暇中です)
そうだ!
健康診断の検査の予約に行こう!
ということで、目医者さんの入っているメディカルタワーへ。
血液検査等の説明を聞き、超音波診断の説明を聞き。
時計を見ると、ちょうど10時。
そうそう、夫のウイスキーがもうないんだったわ。
併設されているショッピングセンター内の輸入物やさんへいくも、ここではアルコール類扱わなくなったんですって。
あら、残念。
それでは、近くにある別のお店に行きましょうか。

ウイスキーを買って、次は夫の会社の方のお誕生日のプレゼントを買いに。
2歳のお誕生日よ。
よし、今回はZARA KIDにしよう!
少し離れたポンタネグラショッピングまで。

ポンタネグラショッピングはセール中。
途中で「ANIMAL」に吸い込まれそうになりながらも、ぐんとふんばって「ZARA」まで。
ANIMALは、はまると被害が大きくなりまする。
もちろんZARAもセール中。
でもね、私、幸いなことにZARAの服はあまり体に合わないのよ。
でも、でも、お安くなってるわ~。
う~ん、ゆっくり見たい!
いやいや、目的を果たしたら、すぐに帰らねば。
わんこたちのお昼ご飯になっちゃう。

誘惑を振り払いながら、ZARA KIDに無事に到着。
さて、素敵なのがたくさんあるけど、目的の3-4歳サイズは、数が少なし!
2歳のお誕生日だから2-3歳サイズでもいいんだけどね。
でも、まあ、大き目のほうが安心かな、と思ってね。
店員さんに手伝ってもらって、こんな組み合わせにしてみました。



ブラウスにはシャーリング部分にぽちぽち刺繍。
素材が薄めで、涼しそう。
カルソンは夜空の感じの青に、お星様が飛んでいるの。
最初はジーンズ素材に短パン?って思ったのですが、ウエストがゴムじゃなかったのでやめました。
小さい子は伸縮素材のものが脱ぎ気もさせやすいしね。

それにしても、小さい子供の服、見ていても飽きないわ~。
今回は上下ともセール物ですが、もらった方が気に入らなかったら取替えができるように、取替えチケットをつけてもらいました。
お店によってはセール品は取替えができないところもあるので、その点ここは良心的だわ。

さて、さて、来週は新生児!
出産プレゼントを買いに行くわよ!
やはり夫の会社の方のお子さんですが、今日産まれたの。
男の子ですって!
楽しみ楽しみ
コメント

お買い物

2014年07月27日 | 生活
いまひとつネットの調子にムラがあります。
特に、FBがうまく出てこないことが多い!
昨夜なんて、夜の9時近くまで粘ったけど、結局開けなかったよ。
もおお~!!

コメント返信などが遅れるかと思いますが、申し訳ありません、こんな事情です。

昨日は夫とお買い物。
車を買いにいってきました。

もうあと200kmほどで7万KMになる私の車。
先日、調子が悪くてディーラーさんにもっていったところ、出てきた修理費見積もりに腰を抜かしました。
部品代だけで3000レアイス(約15万円)!
いえいえ、単発だったらいいのよ。
実は昨年も同じぐらいの額をかけて、後輪の同じ部品を交換しているのよ。
今回は前輪部分。
使用期間はまだ3年半ほどですが、娘の送り迎えに酷使してきたので、すでに走行距離は7万KM目前。
通常3万KMを車の交換の目安にしてきた私としては、すごい距離!
パワーがあって走りやすくて大好きだったSX4くんですが、さすがによる年波には勝てなくなってきたようです。
もう一つの理由は、大きさ。
昨年までは娘+娘のお友達、パウロくんやご近所ガブくんなど、でっかい男の子達を運ばなくてはならなかったので、ある程度の大きさの車が必要だったのですが、今は通常は私一人。
たまに夫、そして3匹のわんこ姉妹。
そんなに大きな車はいらないわ。
というわけで、サイズダウン。

何件かディーラーを訪ね歩いて、無難なところに落ち着きました。
値段の交渉をして、SX4くんの下取り価格の交渉をして。
このディーラーに友達のいる知人が間に立ってくれて、なかなか良い条件で交渉成立。
購入決定しました。
でも、ここは陸の孤島。
車も、輸送車ではるばるサンパウロ?から陸路で運ばれてくるのよ。
現在ディーラーにある車だったら、すぐに手続きを始めて、1週間ほどで納車になるのですが、私の欲しい車はまだ一生懸命に運ばれている途中だそうです。
納車予定は1ヵ月後。
SX4くんはここのディーラーで下取りをしてくれる予定なので、手続きをしました。

さて~、1ヶ月でちゃんと着くかな?
楽しみ~。
それまでSX4くんをぶつけたりしないよう、丁寧に乗らなくちゃ!
う~、緊張しちゃう!

えっ?何の車かって?
それは1ヵ月後のお楽しみ~!
コメント (2)

地下鉄で赤ちゃん!

2014年07月26日 | ブラジル雑記
先週末、帰宅ラッシュもほぼおさまったサンパウロの地下鉄駅で、一人の女の子が誕生しました。

女の子の母親は、その日の午後、おなかの張りを感じて、父親とともに診察を受けていた病院へ行きました。
しかし、病院側はまだ出産の時期ではないと、診察もしないで追い返しました。

母親のおなかの張りはますます強くなっていきます。
父親は母親を抱えるようにして、病院から100mほど離れた地下鉄の駅へと行きました。
そこで地下鉄に乗り込み、今度は乗り換え…
というところで、母親は痛みに我慢できなくなり、崩れるように倒れました。
父親は地下鉄の警備員に助けを求めました。

警備員たちは駅で母親を降ろすと、救急車を呼び、車椅子で母親を移動させよとしました。
しかし、女性職員がこれ以上移動させるのは難しいと判断。
警備員と地下鉄職員たちは、急遽、地下鉄内通路の床にシーツを敷き、周りを囲って緊急の分娩室を作りました。
そして、女性職員が母親の服を取り、下着を取ると…
まもなく元気な産声を上げて赤ちゃんが産まれました。
2600g強の元気な女の子でした。

その後母親と赤ちゃんは救急車で近くの病院に運ばれました。

これを報道したニュースの中でキャスターは、「地下鉄職員たちは訓練を受けているとはいえ、医療従事者ではない。その地下鉄職員、警備員たちが率先して女性を手伝ってあげることができるのに、なぜ、プロの医療関係者たちが、診察もせずに追い返すことができるのか?!」と大変憤った様子で話していました。

実はこれとまったく同じようなシーンが、今から10年以上前のドラマ「COR DO PACADO」で放送されているんです。
主人公の黒人女性が産気づいてバスで病院に向かいます。
ところが、途中で我慢できなくなりました。
バスの運転手は、機転を利かせて路線を外れて最寄の私立の産科病院へ向かいます。
乗客はだれも文句を言いません。
一緒についていた女性の友人は(事情があって父親はこのとき不在でした)、近くの私立病院へ駆け込みますが「分娩日を現金で前払いしてくれるなら、受け入れます」の一点張り。
そこで、バスの乗客たちがみんなで協力して、急遽バスの中で女性を出産させることになります。
男性達はみんな後ろ手に腕を組み、回りからの目隠しとなり、女性達は全員で協力して赤ちゃんを取り上げ…
とても、感動的な、印象に残るシーンでした。

でも裏を返せば、こうした問題は、10年以上前も、現在も、同じように存在する問題だということですよね!

最近サンパウロでは病院の診察拒否が大きな問題になっています。
一つの例としてサンパウロという都市を取り上げていますが、この問題はブラジルではどこでも見られることだと思います。
先日は、サンパウロの私立病院の入り口で、心臓発作で苦しむ男性が「助けてくれ」と叫び、地面を転げまわって苦しんでいるのに、でてきた病院の職員と看護師は何もせずに見ている、そしてそのまま戻ってしまったという様子が、近くにいた人(その男性の妻という話も)が一部始終を映像に収めました。
その後、男性は、近くにいた人たちの手で呼ばれた救急車で公立の緊急病院に運ばれましたが、命を落としました。
この男性は、公立病院ではできない検査を受けるように言われ、この私立病院を訪れたそうです。
しかし、私立病院側は男性が「民間保険(Plano de Saude)」には言っていなかったために、受診することを拒否したとか。
男性の妻は、この映像を証拠として、病院側を警察に訴えました。

ブラジルの公立病院は診察は無料ですが、それだけに病院自体が抱える借金は膨大なものだそうです。
また、そのことに起因する病院側、医者側のモラルの低下も大きな社会問題となっています。
各自治体がどれだけこうした公立病院を支えていけるのか、今年のの選挙でも焦点の一つになってきそうですね。
コメント (2)

IN USJ 娘の日本旅行8

2014年07月25日 | 旅行
炎天下の日本。
夏休み開始!
ハリーポッターのアトラクションがオープン!
で、激混みのUSJ(ユニバーサル スタジオ ジャパン)へ行ってきたそうです。

同伴者は私の妹次女Kとその息子くん。
息子くんは直前まで野球の大会で活躍していて、一緒に行けるかどうかわからなかったのですが、無事に同伴してくれることになりました。
久しぶりに写真を見たら、細長くなっていて、びっくりしたよ~。



本当は次女Kの娘ちゃんも一緒の予定だったのですが、残念ながら部活の合宿で参加できず。
しょうがないよね、高校1年生、進入部員だものね。
そのかわり、次女Kにホテルを取ってもらい、二人で夜の多摩地区をはいかいしたそうな。
とっても楽しかったみたいよ。

さて~、炎天下の大阪。
暑かろう!
だが、娘は暑さも何のその。



スヌーピー君に抱きつき…



ジョーズをかぶる。

娘、15歳のお祝いに、オーランドのUS(ユニバーサルスタジオ)に行ってるのよね。
実は、そこですでにハリーポッターは体験済み。
なので、勝手知ったる?
それでも、やっぱり親しい人と一緒なのは、楽しさ倍増だったみたい。



次女Kも好きだしね、こういうアトラクション。

それにしても、このジョーズをかぶった写真…
オーランドに行ったときに、帰ってきた娘は手に1匹の「エイ」のぬいぐるみを持っていたのよ。
で、尻尾をつかんでぶんぶん振り回しながら、空港の出口を出てきたの。
それを思い出しちゃったわ。

三女のチコちゃん妹(人間)情報によると、どうやらここでも娘は「カエルチョコ」を買ったとのこと。
それだけはやめてよね~、って言ったのに!
前回、食べるのに一苦労したんですもの。
しかも、それを次女Kの荷物に入れたままにして、忘れてきたとか。
次女Kが送ってくれるといったけど、いいよ~。
お土産にしなよ、次女K娘ちゃんに。

すっかり次女Kにお世話になった娘。
締めは大阪城。



この前、大阪城に行ったのは、夫の友達の方が一緒だったときだね。
その友達の殻も、お亡くなりになってしまいました。
写真を見て、ちょっとしんみり。

というわけで、娘の日本滞在も、あっという間にあとちょっと。
色々なところにいけて、たのしかったね。
東京を案内してくれた、夫方の姪さん、台湾に同行してくれた三女のチコちゃん(人間)、暑さにも負けずUSJに連れて行ってくれた次女K、同行してくれた次女K息子ちゃん、ありがとうございました。
そろそろ、荷物の整理をしろよ、娘!
コメント (4)

畑風景 3

2014年07月24日 | 生活





前回「畑風景」の記事をUPしてから、結構な時間がたったような気がします。
だって、一気に…

こ~んなに大きくなっちゃったんですもの!



朝顔も花盛り!





ピンク三姉妹に紫三兄弟?
同じ形に咲いているところがかわいい!



おくらもどんどん大きくなってきています。
収穫できるまで、もう少し。

こちらは、もうどんどん収穫しています!



ゴーヤ!!

でも、みんなあんまり喜んでくれないの。
特に男性陣には不評。
本日、唯一喜んでもらってくれた男性がいたわ。
後光がさして見えた!!



なんていう名前だっけ?
う~、忘れた。
プルメリア??
深い赤紫がきれい。



ジャンボの苗も大きくなってきています。
がんばれ!



これも、名前のわからない花。
植えてからかなりたつので、花の数が少なくなってきています。
植え替え時?

今日もはれたり降ったりの一日でした。
どんどん大きくなるぞ~!!



コメント (2)

天井に 穴!

2014年07月23日 | 生活
昨日から夫はサンパウロに出張。
一人でのんびり~!

…のはずだったのに…

忙しかった!

今日は朝からエアコン屋さんが来て、家中のエアコンのメンテナンスをしてくれました。
お掃除をして、屋根の上にある室外機のガスを確認して。
すごい大変だったと思うよ~。
大きいはしごを使って屋根の上まで上らなくちゃならないしね。
おまけに、4つある中のひとつの室外機の、ファンをまわすモーターが壊れていて、それも付け替え。
いやいや、まめにメンテナンスしてもらうものですね。

居間のエアコンは、ホースから水漏れがしたのか、天井にしみになっていた。
ので、その部分を壊して、天井裏にあるホースを包む断熱材の交換。
きれいに交換してくれたものの、天井にはこんな大きな穴が開いた。



え~ん!

そばにあるエアコンや絵の大きさと比較したら、どんなに大きな穴かがわかるでしょう?

日本だったら、そのまま、エアコン業者が手配して天井をふさぐ人を連れてきてくれるのでしょうが、ここはブラジル。
自分で手配です。
これが結構大変なのよ。
リオではこういう石膏天井の職人さんを探すのに苦労したことはなかったけど、マナウスではいないのよ~、いい職人さんが。
幸い、先日よい職人さんを紹介してもらったので、明日ふさぎに来てくれる予定。
ああ~、明日は夫も帰ってくるしね。
空港に迎えに行かなくちゃ。
また、忙しい、忙しい。

午後は、お医者さん。
今年は、健康診断をやろうと思って、お医者さんに検査のオーダーを書いてもらいに行ったのよ。
それで、一日終わっちゃいました~。

   *    *    *    *    *

さて、皆様にご心配をおかけしました、三女のチコちゃんですが…
すっかり元気になったようです。

その証拠は?!



元気な腹だし んば~寝!
これが出れば、元気度120%!
病気だったときは、ずっと丸くなって寝ていたしね。

ちなみに、他の2匹は…



かりんちゃん、妙に人間っぽい寝方。



ペケ姉さんはお行儀良し!

明日、天井がふさがったら、やっと一息つけるかしら!
夫は来週も出張の予定。
来週こそ、のんびりするぞ~!

コメント (2)

青蛙の卵? 娘の日本旅行7

2014年07月22日 | 旅行
娘、日本でも大学めぐりをしていましたが、台湾でもこんなところに行きました。





台湾大学!

この椰子の並木を見ていると、台湾ってやっぱり亜熱帯なのねって思うわよね。

ここで大学を見て歩く。
学生さんの後を着いていくと…



学生さん御用達の軽食やさんに到着。
この看板を見て、母は、ちょっとぎょっとした。

ここに「黒糖 青蛙」って言う文字が見えない?
私のPC中国文字が出ないので、「青」の字が違うけど、きっとそうよね。

黒糖 青蛙~???!!!

なんのことやら?

もしかして、これのこと?



タピオカミルクティー

底に沈んだタピオカが、蛙の卵に似ている!
本物の「青蛙の飴がけ」なんかじゃないよね?
娘、椰子の実についた芋虫を食べられるやつなので、もしも、そんなのがあったら、喜んで食べちゃうと思うわ。

そのほかにも、ここでは中華料理の定番



ショウロンポウ



蒸し餃子

そのほか、山ほどの学生飯を食べたみたいです。
価格も学生価格だったみたいで、二人でたっぷり食べて1000円にみたいない額。
学生食堂様様ですね。

娘、そのほかにも色々行った、色々食べた台湾旅行でした。
現在、大阪USJに、もう一人の妹と訪問中。
今度はそちらの様子も見て見ます!

コメント (6)