アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

嵐とウナギ 夫の日本訪問1

2018年09月30日 | 旅行
今回の台風、大変だったみたいですね。
被害にあわれた方には お見舞い申し上げます。

思い起こせば、何週間か前、天気予報で「台風24号が発生しました」というニュースを聞きながら、「まさか この台風が今度の日本訪問に関係するなんてことはないわよね」なんて夫婦で話していたものでした。
まさか、本当にどんぴしゃりでやってこようとはね。

話は前後しますが、夫、先週から日本に行っています。
行き帰りを含めて10日間ほどの駆け足訪問です。
所要を済ませて、さて明日はいよいよ成田、って時にやって来た台風。

「今度の台風はすごいみたいだよ」
「早めにホテルに入って 動かないのが一番だよ」
友人たちからは ホテルでおとなしくしているように勧められました。
でもでも、みんなが薦めていた鰻屋さんには行きたい!
空模様をにらみながら、ホテルのシャトルバスで成田駅まで。



成田山新勝寺はすぐそこ!

でも、今日の目的地はこっちよ。



大正時代に創業という成田の老舗鰻屋さん「川豊」
誰に聞いても、「成田で鰻だったらここ!」って言うもんね。

どれどれ、それではいただきましょうかね。



うーん、香ばしい香りが漂ってきそうだわ。
娘は、この写真を見て「サンパウロで鰻の食べられる店はないものか?!」と考えていたわ。

夫、鰻を堪能。
満足満腹で店を出ると...

そこにはすでに台風の兆しの雨。
ホテルに帰るためのシャトルバスを拾うためにバス停に向かう間も、雨はどんどん強くなっていきます。
雨に打たれてびしょぬれになりながらも、鰻の余韻をジワリとかみしめる夫なのでした。
(ここのところ 想像)
コメント

もしかしたら

2018年09月29日 | 人間
隣のお家から おいしそうなショハスコの匂いがただよってくるわ。
お肉の焼ける香ばしい匂い。
たまらない~。

現在 我が家は夫が日本旅行中。
なのでペケママはかなり料理に手抜き中。
いえ、手抜き中だったらいいのよ。
一応作っているしね。

夫がマナウスを発って 家にいなくなった最初の二日、イモムシ騒ぎやら 部屋の片づけやら なんやら、で全く食事をする時間さえ取れませんでした。
準備や片付けの時間どころじゃない。
例えば、腰を下ろしてパンをかじるような、そんな時間さえとれないのよ。

そうしたらね、体は疲れて 起きているのがやっとという状態だし、何もやる気が出ない。
軽くうつ状態。

ありゃありゃ これはいかん!
そう思って、がんばって食べることにした。
なんといっても、あたしにゃ 世話しなきゃならん わんこにゃんこがいるからね。

そう思って 時間を作って、ちゃんと料理をして食べることにした。
夫がいるときみたいに いろいろは作れないけどね。
少なくてもメインとおかずぐらいは。
今日できる片付けのいくつかを明日に回して、がんばって台所に立った。

そうしたら、あらあら不思議。

体に力が戻ってきて、テキパキ仕事ができるようになってきた。
楽しくお掃除や片付け物ができるようになってきた。
わんこ達と楽しくお散歩に行けるようになってきた。
結局 予定の日までに予定の仕事がほぼ終わった。

ごはんって すごいなー。

で 思い出したのが、しばらく前に亡くなった友人のこと。

彼女はご主人様をなくされ、1年ほどたったころから だんだん病気がちになり、食事をとらないことが多くなり、亡くなってしまいました。
とてもエネルギッシュで 明るく 姉御肌だった友人。

みんな 彼女が旦那様の後を追って、食べることをやめて 旅立ったように言うけれど、もしかしたら もしかしたら...
体が疲れて 少し横になってしまったら 食事を作るのがめんどうになってしまい、そのままずるずると寝込んでしまったのかも。
ああ 一人だし ご飯一回ぐらい食べなくてもいいかなー、なんてね。
彼女には失礼かもしれないけ、どそんなことを考えちゃった。

でも、そのほうが元気に跳ね回っていた彼女らしい。
食べるということをやめて 死ぬことを選んだとは思いたくない。
食べることが 本当に好きなご夫婦だったから。

食べることって ホント大事だ。
夫が帰ってくるまで、あと一日ぐらいだけど、その間も自分のために せっせとご飯を作ろう!
わんこ にゃんこと一緒に 元気に夫を迎えよう!



コメント

完成!

2018年09月26日 | 生活
ほぼ1か月以上かかった 2階の床のタイル張替えも、ようやく終わりました。
今度は作り付けの洋服ダンスの設置。
タイル張替えのために、ばりばりみんな取り壊しちゃったしね。



イケメン建具屋さんに依頼。

素材の色を選んだり、棚のレイアウトをいろいろと変えてより使いやすくしたり、私たちの希望をてんこ盛りにしてもらって、素敵な洋服ダンスが出来上がりました。

寝室のテーブルは...



から



こんな風にシンプルに。

はしっこの三角棚は役に立たなかったので



から



こんな風に変更してもらいました。

棚の様子はこんな感じ。




から  



隙間家具も忘れずに!」」


いろいろわがままも聞いてもらって、助かりました。
色も白っぽくしたので ずいぶん明るくなりました。

お世話になりました。


コメント

食事中の方 ごめんなさい

2018年09月25日 | 娘のブラジリア暮らし
我が家の自慢で シンボルでもあるジャスミンの木。
前の家主がこの家を買ったときに植え、すでの20歳以上になる長生き選手。



3年に一度ぐらいの割合で枝を切り払い、若返りを図っていたのですが、ここのところ怠けてしばらく放っておいてありました。

ところが今年はこいつが大派生。



蛾の幼虫。
うちだけじゃないのよ。
どうやらマナウス全体で大発生しているみたい。
家の近所でも多くの家で木を切り倒している。

なので我が家もバッサリいったわ。

だって、全部で50匹以上叩き落して捕獲したのに、それでも車の上にイモムシうんこが降り注ぐんですもの。
さすがのペケママも精魂尽き果てました。





自慢しちゃうけどね、これ一人でやったのよ。
夫、旅行中なのでね。
ふん!

私ってすごいわ!

まいったか、イモムシ!
コメント (2)

旅立ちのトトロ

2018年09月15日 | わんこにゃんこ




























1月から我が家に居候していた娘の猫「トトロ」。
先週 娘が迎えに来て、無事にサンパウロに連れられて行きました。
我が家ではわんこにゃんこに囲まれて 賑やかに暮らしていましたが、これからは娘と一対一。
娘にべったりだそうです。
でも、娘は昼間は仕事、夜は大学という忙しい毎日。
トトロちゃん お利口にお留守番できるかな?
母は遠い星から心配しております。






コメント (4)

大統領選~ケガの功名?

2018年09月11日 | ブラジル雑記
ブラジルでは10月に大統領選挙を控えています。
当初 立候補者は13人。



その中には、汚職で逮捕された元大統領のルーラさん



なんかがいたりするんだから、おいおい 国民バカにしとるのかい?って思っちゃうわよね。
結局、何だかんだで ルーラさんの立候補は認められなかったみたいだけどね。

さてさて、今日はルーラさんの話じゃなくて、この人 ボルソナーロさん。



社会自由党からの立候補者。
現在は連邦議会議員。
過激な発言で注目を浴びることがある人だそうです。

9月6日ミナスジェライス州の山間の街ジュイス・ジ・フォーラを遊説中だったボルソナーロ氏は、運動員の肩車で支持者に囲まれていたところ、近寄ってきた犯人に刃物で刺されました。
ボルソナーロ氏はすぐに病院に運び込まれ、処置を受け、生命に影響はありませんが、傷は内臓にまで達し、25針も縫う大けがだったそうです。
その様子は支持者のスマホでばっちり撮影されて、ニュースで流されました。

でも、怪我の功名?

この事件の後、ボルソナーロ氏の支持率は上昇。
マスコミの中には、「襲撃事件は得票率を上げるための、自作自演のお芝居では?」なんて言い出すところもありました。
いやいや、選挙票のために25針はちょっとハードだわね。

先日行われた投票意向調査で、ボルソナーロ氏に投票する意思を示した人は22%。
これは候補者中トップで、襲撃前よりも2%上昇しています。
ただし、ボルソナーロ氏に「決して投票しない」とする人も44%で、こちらも全候補者中トップ。

ブラジルでは候補者の得票数が50%に及ばなかった場合、上位2人による決選投票となります。
その場合を、他有力候補者4人とボルソナーロ氏とのそれぞれの組み合わせで投票の意思を訪ねた結果、ボルソナーロ氏はどの候補者との組み合わせでも、投票意向数で相手を上回ることはなかったとのことです。

とまあ、こんな感じで投票まであと1か月を切った大統領選。
当のペケママは選挙権がないので、こうして好き勝手なことを言っていられるのですが...
現在の大統領テメール氏が、ジルマ大統領失脚の後のつなぎ大統領だっただけに、今度はきちんとした大統領が選ばれるのか目が離せません。

コメント

国立博物館の火災

2018年09月03日 | ブラジル雑記
昨夜、リオデジャネイロの国立博物館で火災がありました。



火は、建物内をほぼ焼き尽くしました。



幸い外壁は残っているので、教育省は緊急に1500万レアイス(約5億円)の予算を計上し、今後4年間かけて博物館の復旧に取り組む予定です。

博物館は、すでにかなり老朽化が進んでおり、建物の一部は放置された状態になっていたところもあり、今回の火災もそうした部分での漏電が原因だといわれています。
管理者のリオデジャネイロ州は、財政難から建物の補修整備を行っていなかったということです。

この博物館には地質学、考古学、歴史学、鉱物学、生物学等々、幅広い分野の研究物や標本等が保管されていました。
その数は2000万点にものぼるそうです。
エジプトから持ってきたというミイラや大きな恐竜の骨格標本などは訪れる子供たちに大人気でした。



また、かつてこの建物は帝政時代の皇帝の住居となっており、その頃の家具、皇帝の蔵書等もすべて焼けてしまいました。



帝政時代1862年の王宮はこんな様子でした。

火事が発生したのは午後7時30分。
博物館が火事という話を聞き、多くの職員、研究者が集まってきました。



その中の何人かは火の勢いが収まってきたところで、比較的被害が少なかった後ろ部分に入り、何点かの研究物を救い出すことに成功しました。







    *     *     *     *     *     *



かつて 美しい庭園が広がり、休みの日などには人々の憩いの場になっていたQuinta da Boa Vista公園。
公園を見下ろして優美な姿を見せていた博物館が復興されるのはいつになるでしょう。
復興されても、そこにはかつて集められていた、多くの学者、研究者たちの研究の成果、歴史的な価値のあるかつての皇帝の所持品などはもうないのですけれど。

でも、もしかしたら、そうやって形あるものがいつかは消えてしまう、それこそが「歴史」なのかもしれません。


コメント

もっと明かりを!

2018年09月02日 | 人間
昔から 娘は電気製品とはあまり仲良しとは言えないお付き合いでした。
娘が近づくと、洗濯機は動きを止め、ドライヤーは火を噴き、コンピューターは宙を舞う。

そんな娘がサンパウロの電力会社に就職したときには、親として「サンパウロの皆様 ごめんなさい」と思ったものでした。
幸い娘が就職して以来、サンパウロ方面で大停電なども起こっていないようです。
少しは電気とお近づきになれたのか?!

さてさて、この度、娘たち電力会社のトレイニーのグループは、NGO団体Litro de Luz と一緒にインフラが整っていない場所に街灯を設置するプロジェクトを実施しました。
インフラが整っていない場所で街灯の必要な場所??
具体的にはファベーラの中になります。
まあ、ファベーラの中には、電気も正規にひかれてきちんと街灯が設置されている場所もありますが、多くの場合、電気は「GATO」と呼ばれる盗電で賄われ、街灯が設置できる状態でないところがほとんどです。

そんな場所に街灯が設置できるのか?!

今回 娘たちが準備したのは、これ!



LEDライトを中に入れたペットボトルの電灯、エネルギー源は太陽光パネルで発電したものを蓄電池にためて夜ともします。



発光しても発熱しないLEDライトが開発されたおかげですね。

これを わっせわっせとファベーラの上まで運び上げ...





住民の人も笑顔で見てるよ。



鍬をふるって 支柱を立てる場所を作り...



これがともると、結構明るい。





実際にともった明かりを見ると、鍬をふるったかいがあったね。





プロジェクトの皆さん、ご苦労様!



コメント

UMAMI DELI

2018年09月01日 | グルメ
ブラジリアの「ネッ友」ポぺミちゃんがご主人様と営む日本食レストランが、「日本産食材サポーター店」として認定を受けました。



農林水産省が、日本産農林水産物・食品の海外発信を強化するため、日本産食材を積極的に使用する海外の飲食店や小売店を『日本産食材サポーター店』として認定しているんだそうです。

恥ずかしながら、初めて知ったわ。

ブラジリアでは 「レストラン ニュー古都」「レストラン 柚木庵」「日本食材店 MIKAMI」そして ポぺミちゃん夫婦のお店「UMAMI DELI」の4店舗のみ。



サンパウロは32店舗、ブラジル全体で36店舗あるそうです。

「UMAMI DELI」に「レストラン」とか「日本食材店」とか カテゴリーをつけなかったのは、いったいどんなカテゴリーに入れたらいいのかな?っていうのがよくわからなかったから。
新聞では「デリカテッセン」となっていたけれど、お惣菜を売ってるわけではないものね。
お店はコンパクトだけど...



中にたい焼きあり、肉まんあり、ギョーザあり、肉そばあり、手作りクッキーあり...
お弁当の種類も すごい!















メニューを考えたり、試作したり、ほとんどご主人様がお一人でなさっているそうで、ほんと すごいです!
しかも、細かいんだな、作業が!
以前伺ったときにいただいた里芋の竜田揚げ。
美味しかったので、作り方を教えてもらったのですが、一度だけ作って挫折しました。
そのぐらい、手が込んでるのよ。

私は写真を眺めるだけで いただいたことはないのですが、この肉そばも魅力的!



最近はラーメンに挑戦中だそうで...



手のかかる料理なので日常的にはメニューに載せられないそうですが、「ラーメンナイト」なるイベントを開いて、希望するお客様に食べていただいているのだとか。

お客様への心配りも頭が下がる!!

ご主人様の研究熱心なのもすごいし、それをしっかりとサポートするポぺミちゃんパワーもすごい!
これが、開店からわずか半年余りできちんと評価されるだけのお店に育った原動力だわね、

これからもお二人、体に気を付けてがんばって ますますおいしいもの作っていってください。
またたべにいきますね!



コメント