アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

イゾラド考1

2018年12月16日 | 人間
NHKで「イゾラド」を見ました。
「イゾラド」はポルトガル語で「ISOLADO」。
孤立したとか、隔絶されたとかいう意味です。


森の中で発見されたイゾラド(今日の記事とは 関係ないのですが...)

1987年 ブラジル北部のアマゾン開拓村に二人の男性インディオが現れました。
彼らは二人きりで村のはずれの森の中に 木を組んだ囲いのようなものを作って暮らしていました。
開拓村からの報告により、政府は「イゾラド」接触チームを派遣。
ところが、接触チームが近隣のインディオの言語を用いて会話を試みますが、全く会話ができません。


彼らが使っていた言語は、近隣のどのインディオが使用している言語とも違っていたのです。

政府は二人をインディオ保護区内に連れてきて、ほかのインディオたちとの接触なども試みましたが、うまくいきません。
いつも二人で狩りをし、食べ物を作り、そして二人にしかわからない言語でずっと語り合っていました。
言語学者が彼らの言葉の聞き取りを試みましたが、二人は多くの時間を彼らだけで過ごし、なかなか周囲と打ち解けおうとしないため、聞き取りはうまく進みませんでした。

2012年二人のうちの一人がなくなりました。
癌でした。
一人残された「彼」は少しずつ言語学者や周囲の人たちに話をするようになりました。
それでも現在までに言語学者が聞き取った言葉は800ほど。

言語学者は、その800ほどの単語を用いて彼の話を理解しようとします。

「火花」「煙」「大きな音」等々

その中に、彼らが二人だけになってしまった理由や、どのようにして開拓村までやってきたのかなどの理由が語られていたのです。
しかし、言語学者、そして言語学者が提示してくれる単語だけを知ることができる私たちが理解できるこ想像の中でとはごくわずか。
あとは、想像していくことしかできません。

残された彼の推定年齢は65歳。
彼が旅立つ日も そうとおくはありません。
そうなると、この世界から 一つの文化が一つの言語が消えてしまうわけです。

2007年には32部族ほど確認されていた未接触部族ですが、先日の調査では27部族ほどになっているそうです。
おそらく、そのほかにも人に知られることなく消えていった部族があるのではないかと思われます。

イゾラドについてはこちら


コメント

あっという間に...

2018年11月07日 | 生活
あっという間に11月になってしまいました。
もうすぐ年末じゃない!
早いなー。

先日 ショッピングセンターに行ったら、お店のデコレーションはみんなクリスマスだったわ。
お客さん 山ほど買い込んでるし。
ブラジル人 クリスマスとかのイベントの大好きだしねー。

ショッピングセンターのクリスマスツリーは ただいま製作中。
まだブルーシートかかっていたわ。



我が家もツリーを出さなきゃね。

あらやだ 横向き。
直してる暇ないわ。
ごめんなさいねー。

我が家もそろそろクリスマスツリーを出したいわねー。
なんて思うのですが、ペケママは毎年のことながら、この時期は青色吐息。
桃色吐息じゃないのよ、青色 青色。
息も絶え絶え。
ああー このまま12月になってくれないかしら。
いえ、いっそ来年に。

今年もお年賀状は出せそうもないし...

で、そんな忙しいときに、ペケママブログの更新なんてしていいの?!
自分から自分への 厳しいお言葉が...

いいのよ。
いのよ。

だって...

家でできる仕事一式、そっくり職場に忘れてきてしまったんですもの。
あほー
ペケママの どあほー

体調が思わしくない今日この頃、夕ご飯を食べた後に「仕事ができそうだ」なんて思う日は数えるほどなのに。
この週末、がんばりやす!

コメント

こんなところに!

2018年10月29日 | グルメ
ブラジルでも有名な 日本人芸術家 大竹富江さん。



1913年(大正2年)京都で生まれ、1951年ブラジルに渡り その後、日本の方と結婚。
1968年にブラジルに帰化しました。

芸術に携わり始めたのが1952年。
展覧会でブラジルを訪れた日本人画家との会話をきっかけに、「芸術に携わりたい自分」が自分自信の内にいるところに気づき、以来製作活動に携わる日々を送ることになりました。
2015年2月12日 気管支炎により101歳で旅立たれるまで、精力的に作品を作り続けました。



サンパウロ州海辺の街にある日本人移民100周年を記念するモニュメント「21世紀の波」をはじめとして、サンパウロ市内の公園や空港などにあるモニュメント。



サンパウロ市内の地下鉄駅構内にある作品群等々。
作品は数知れず。

サンパウロ市ピニェイロ地区には大竹富江文化センターもあります。



ちょっとおしゃれな色合いのビル。
ロビーにはオープンスペースタイプのレストランもあります。



おひとり様おいくらで、食べられるだけいくらでも!っていうタイプのお値段設定。
お値段はそこそこですが、内容は充実しているそうです。



この週末 娘が訪問してきたそうです。

文化センター内の展示も なかなか興味深かったそうですよ。
私も大竹富江さんのモニュメントは目にしたことがありますが、それ以外の資料は目にしたことはありません。

機会があったら皆様もいかがですか?







コメント

TVペケペケ 今日の料理「茶わん蒸し」

2018年10月28日 | 料理
ちゃっ ちゃら ちゃらちゃら ちゃっ ちゃっ ちゃ~(今日の料理のテーマで!)



あら?ポニョさんがなにかチコちゃんに内緒話をしていますよ。





チコちゃん 驚き方がうそくさいわ。





トトロさんたら演技派ねえ。



まさか 青虫の大盛り???





夫 日本から銀杏を買ってきて 茶わん蒸し作りにはまっています。
これがおいしいんですよ。

ごちそうさまでした!
コメント (1)

どうしよっかなー

2018年10月26日 | ブラジル雑記
先日、娘はブラジリアへ所用で出かけました。
帰りは日曜日の夜。
予定では夜9時の飛行機を予約してあったのですが、少し早い便に空きがあり、変更することができました。
次の日は普通に仕事なので、少しでも早くアパートに帰れるのはありがたい。
猫のトトロも待っているしね。

早めに空港について、搭乗時に手荷物を「despacho voluntário」ー手荷物の無料預入ー で預けました。最近は、預入荷物は国内便でもお金がかかるので、多くの人が荷物の機内持ち込みをするので、飛行機内の荷物スペースが足りなくなり、搭乗に時間がかかるようになりました。
そのため、搭乗時に協力してくれる乗客に手荷物を預けてもらうようにしているのです。
預けた荷物は到着後、他の預入荷物と一緒に出てきます。

さて、サンパウロのコンゴニアス空港に着いた娘。
荷物の出てくるはずのターンテーブルの前で待ちました。

...が、荷物が出てこない!

娘だけでなく、他の乗客もターンテーブルの前で待ちぼうけ。
でも、誰の荷物も一個も出てこない。
自分の荷物だけだったらクレームのつけようもあるけれど、みんなの荷物が仲良く出てこないなんてね。

娘、飛行機会社のカウンターに行き、空港のインフォメーションへ行き。
色々調べ、尋ね、そして待ち。

待って待って、2時間後。
ようやくボツボツと荷物が出始め、娘の荷物も無事にターンテーブルの上に姿を現しました。

アパートに着くとすでに夜の11時。
結局飛行機を早めたかいもなくなってしまったということです。

   *    *    *    *    *    *    *

さて、どうして荷物が出てくるのがそんなに遅れたのかというと...

娘の乗った飛行機から出た荷物が、そっくりトレーラーごと国際線の到着荷物口に入ってしまったんですって。
国際線荷物に入ってしまうと、連邦警察の荷物検査の流れに入ってしまうのだそうです。
国際線荷物に入ってしまった国内線荷物。
本当なら国際線では持ってきてはいけないものも入ってたりするわけで...

なんじゃこりゃ?

ってなことになったのかどうか?
いろいろあって荷物が出てくるのが特に遅くなったのだそうです。

    *     *    *     *    *    *    *

そんなことがありました。
「Despacho Voluntário」
さて、次からどうしようかな?
預けようか?
預けるのやめようか?
考えちゃうなー。

コメント

腰抜かしたわー

2018年10月19日 | 生活
ほぼ3週間ぶりに車にガソリンを入れに行きました。
じーっと給油ポンプを見ていたはずなんだけどね、支払いの段階になって...

ほよよ???

腰抜かしたわ!

173レアイス??

日本円にしたら約4200円ぐらいかしら?
実は113レアイスだと思ってたの。
数字の7と1を勘違いしていたのよ。
まあ 35リットル近く入ったからね、量的に入ったということもあるんだけど...

でっも 高くなったわよねー

昨年の今頃はまだ3レアル台で入れられていたのよ。
それがどんどこ値段が上がって、先週ぐらいからとうとう5レアル突破の勢い!!
ほとんどのスタンドは、それでも4.99?とかいう姑息な値段のつけ方してるんだけどね、場所によってはきっちり5レアル越してつけてるところもあるわ。

これは全国的な傾向で、ブラジル南部の街caxias do sulでも...



これ、この通り。

エスピリットサント州のビラべーリャという街ではR$5.20に迫る勢いのスタンドもあるとか??

幸い今は娘の送り迎えも終わったし、燃費の良い車に乗っているので3週間に一度ぐらいの給油で済むけどね。
以前のように一回給油して一週間持たないようでは、きっとたまらんかったろうね。
ブラジルはほぼ自給自足ができるだけの産油国でありながら、なぜこんなにガソリンが高いのか?!
一般には石油精製能力が低いので、結局外国の援助に頼らなくてはならないからだって言うけどね。
ホントのところはどうなんでしょ?

ガソリンの値段が上がると、バスも上がるし、その他もろもろの値段もあれよあれよといううちに上がるからね。
しばらくは スーパーなどに買い物に行っても気が抜けません。




コメント

がんばれペケ姉さん!

2018年10月09日 | わんこにゃんこ
夕方5時半、いつものようにわんこ達 夕食前のおやつの時間です。
おやつはいつもバタつきパン。
一つをわんこ3匹+私とでわけっこ。

あげる順番も決まっているの。
一番初めはペケ姉さん。

あれ?今日はどこにいるかな?
部屋を見回すと階段の途中で寝てる。
踊り場の2段下。

「ペケちゃん おやつだよ~。」
ペケ姉さんの口元にパンを置いて つぎのチコちゃんを呼ぼうととすると...

ガタガタ方!

ペケ姉さんが階段から落ちた!

階段を降りようとする姿勢のまま、一番下まで滑り落ちた!!

どうした?
足でも折ったら大変!!

あわてて駆け寄ってみると...

階段の下のところで、何事が起きたのかとキョロキョロしているペケ姉さん。
よかった!
ちゃんと4本足で立ってるよ。

その後も吐き気を催すこともなく、夕ご飯もしっかり食べていたので一安心。

   *   *   *   *   *   *   *

我が家の長老ペケ姉さん 来月15歳になります。



すっかりおばあちゃんになり、耳もよく聞こえず、目もしょぼしょぼです。
最近では体に脂肪の塊のようなできものもたくさんできています。
食欲だけはあるのですが、朝はドライフードを食べたがらなくなった。
なので缶詰常備です。

一番年取ったなーと感じるのは、ちこちゃんたちと一緒に散歩に行けなくなったこと。
ほんの1か月前までは、速さはゆっくりでも、チコちゃん伝ちゃんと同じ距離歩けたんだけどね。
つらそうになったので、胴着型のハーネスを買ったのですが、3回ぐらいしか使いませんでした。

その代わり、今はチコちゃんたちがお散歩に出るときに、一緒に外に出てコンドミニオの門の外の芝生のところまで見送りに行きます。
往復でせいぜい200mといったところだけど。
コンドミニオの中だから リードもつけずにてってこ歩く。







お散歩で疲れた...

いつもの散歩コースでは、門番君たちやお店のおじさんが「あれ?白いのはどうしたんだい?」って聞いてくる。

いつまでこうして立ち上がって 自分の足で歩けるのかわからないけど、一日でも長く元気で生きてくれるようみんな願っています。

がんばれ ペケ姉さん!
コメント (3)

選挙

2018年10月08日 | ブラジル雑記
今回の選挙も山場を越えました。

大統領選では 予定通り 過半数票を獲得した候補者がいなかったため、決選投票に持ち込まれることとなりました。
決選投票に臨むのは...



「刃傷男 ボルソナーロ」VS「ルーラの隠れ蓑 ハダッジ」

ボルソナーロ氏は ミナス州で遊説中に腹を刺されたあの人ですな。
腹を刺されたことで 支持率が伸びたとか言われてたけど、あながち嘘じゃなかったみたいね。
得票率は ボルソナーロ氏が46%、ハダッジ氏が29%。
3位のシロー・ゴメス氏が12%だから、この二人の...いえ、ボルソナーロ氏のぶっちぎりと言っても過言ではないかもしれないわね。

ただ、ボルソナーロ氏は過激な発言をすることでも知られていて、特に女性に対する差別的な発言は しばしば社会問題になるようです。
女性団体による 彼への反対デモなども行われました。
彼に対しての 好き嫌いもはっきりしていて、「絶対に彼に入れない」という人も多いようです。

一方ハダッジ氏は 前々大統領ルーラ氏や前大統領のジルマ氏と同じ政党ということもあり、汚職事件などに関わったのではないかと疑う人も...
ですが、それほど強い個性を押し出しているわけでもないため、流動票をうまく取り込んで、場合によっては当選ということも考えられるとか。
  
決選投票は 10月28日日曜日。
どうなるでしょう?

   *   *   *   *   *   *   *

今回はまた 州知事や連邦議会下院議員の選挙もありました。
アマゾナス州知事はジャーナリストのウイルソン・リマ氏が33%で一位、現職のアマゾニーノ・メンデス氏はそれを追って2位です。
こちらも決選投票に持ち込まれます。
ブラジルでは全部で26の州と州都特別区があるのですが、半分の13州で決選投票になったようです。

また、連邦上下院議員、州議会議員などでも選挙が行われ、近所の候補者さんのお宅でもバンバン花火が上がっていたわ。

さてさて、決選投票は\10月28日日曜日。
どうなるかしらね?
楽しみ楽しみ。
コメント

笹かまと一緒に寿司三昧 夫の日本訪問2

2018年10月07日 | 旅行
夫は寿司が好きです。
リオにいた時には それなりに日本食レストランがあって 好みのお寿司が食べられたのですが、マナウスに来てからはじっと我慢の子。
だって おいしいお寿司がないんですもの。

なので、日本に帰った時にはお寿司堪能。
今はおいしくてお値段もお手頃なお寿司屋さんがたくさんありますものね。

こんなんとか...



こんなんとか...



みんな お手軽お寿司屋さんのお寿司。
最近はすごいわよねー。
立派!

夫、こんな生物のいるところにも旅行しまして、



ここでも...



でも ここではやっぱり...



これでしょう?



あら汁なんかもいただきまして、





ゲソチャーハンは同行した笹かまちゃんの注文。



突き出しの茶わん蒸しなども堪能。

...と、これは??



うぎゃー!
白子寿司だって。
クリーミーでおいしいらしいですよ。



ねっ こにゃんちゃん!




コメント (2)

嵐とウナギ 夫の日本訪問1

2018年09月30日 | 旅行
今回の台風、大変だったみたいですね。
被害にあわれた方には お見舞い申し上げます。

思い起こせば、何週間か前、天気予報で「台風24号が発生しました」というニュースを聞きながら、「まさか この台風が今度の日本訪問に関係するなんてことはないわよね」なんて夫婦で話していたものでした。
まさか、本当にどんぴしゃりでやってこようとはね。

話は前後しますが、夫、先週から日本に行っています。
行き帰りを含めて10日間ほどの駆け足訪問です。
所要を済ませて、さて明日はいよいよ成田、って時にやって来た台風。

「今度の台風はすごいみたいだよ」
「早めにホテルに入って 動かないのが一番だよ」
友人たちからは ホテルでおとなしくしているように勧められました。
でもでも、みんなが薦めていた鰻屋さんには行きたい!
空模様をにらみながら、ホテルのシャトルバスで成田駅まで。



成田山新勝寺はすぐそこ!

でも、今日の目的地はこっちよ。



大正時代に創業という成田の老舗鰻屋さん「川豊」
誰に聞いても、「成田で鰻だったらここ!」って言うもんね。

どれどれ、それではいただきましょうかね。



うーん、香ばしい香りが漂ってきそうだわ。
娘は、この写真を見て「サンパウロで鰻の食べられる店はないものか?!」と考えていたわ。

夫、鰻を堪能。
満足満腹で店を出ると...

そこにはすでに台風の兆しの雨。
ホテルに帰るためのシャトルバスを拾うためにバス停に向かう間も、雨はどんどん強くなっていきます。
雨に打たれてびしょぬれになりながらも、鰻の余韻をジワリとかみしめる夫なのでした。
(ここのところ 想像)
コメント