ピアノレッスン♪ちょっとひと工夫

「フォルマシオン・ミュジカル」「ロシアン・メソッド」「苦手なことがある子供たち」「コンサート情報」など綴っています。

マリア・ジョアン・ピリス ピアノリサイタル2018年4月17日

2018年04月17日 | コンサート情報
ピリスの引退公演に行って参りました。

舞台袖から現れたピリスは本当に小柄でした。
ピアノまでトットコ歩いているのにすぐに辿り着かない。

そして迎えた聴衆の拍手がなんと温かかったか。
あんな拍手の音は聞いたことがありませんでした。

プログラムは
モーツァルト:ピアノソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
      :ピアノソナタ 第13番 変ロ長調 k.333
シューベルト:4つの即興曲 Op.142 D935

どの曲も素晴らしかったです。

モーツァルトはきっと子供の頃から何十年も弾いてこられて、何百回、何千回とステージで弾いてこられた曲だと思います。
それでも真摯に音楽に向き合っている姿が印象的でした。

シューベルトは本当に素晴らしかった。
特に3曲目。
ロザムンデの旋律がテーマになった変奏曲です。
タッチのパレットの豊富さ、精神の幅の広さ。

ピリスの演奏家としての人生がシューベルトの音楽と重なってきて、「また聴きに来れる」はないんだなと急に悲しくなってきました。

引退公演を聴くのは初めての経験で、演奏を聴いていてこれまで味わったことのない気持ちになりました。

最後の第4曲はヘ短調のハンガリー風舞曲を思わせる曲です。
右手の長い下行するスケールで曲は終わります。
単音のF音で終わります。

プログラムの最後がこの1音で終わるとは・・
余計に悲しい・・

しかしピリスはアンコールを弾いて下さり、さらに素晴らしい演奏を聴かせて下さいました。
3つの小品 D946 第2曲 変ホ長調です。

お別れのあいさつをしているんだなと思いました。
全力の演奏でした。
演奏後ピリスは左目の涙をスッとぬぐいました。

聴衆は多くの方がスタンディングオベーションでした。
ピリスと共に歳を重ねてきた方たちの姿が多く目につきました。

多くの方に愛されたピア二ストなんだなと思いました。

日本での本当の最終公演となるデュオのコンサートにも行くので、今日はまだ本当の最後ではないと自分に言い聞かせておりましたが、デュオのコンサートの日はタオルハンカチを持って行かなければ・・
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ロシアン・メッソド バレエの... | トップ | ルース・スレンチェスカ ピア... »

コンサート情報」カテゴリの最新記事