ピアノレッスン♪ちょっとひと工夫

「フォルマシオン・ミュジカル」「ロシアン・メソッド」「苦手なことがある子供たち」「コンサート情報」など綴っています。

そういう感覚

2018年11月15日 | フォルマシオン ミュジカル
ソルフェージュを音楽に結びついたものにしたいと長年思い、出会ったのがフォルマシオンミュジカルでした。

先週、FMの話を楽器店の先生や指導者友の会の先生にさせていただきましたが、若い先生に多かったのが、ソルフェージュとピアノを別個のものとして考えていた。自分もその様に習ってきたのでソルフェをピアノと関連付ける発想がなかった、というものでした。

何のためにソルフェがあるのか。

音感を良くする、音がすぐに読める、正しいテンポできっちりとリズムが叩ける、という目的のためだけにソルフェージュはあるというのが日本のソルフェージュ教育なのだと思います。言い過ぎかもしれませんが。

機械的にそれらを行って演奏に役立つものにはならない。
でもソルフェはそういうものだから・・

音楽に役立たないソルフェージュの力は有害でさえあると思います。

リズムを無機質に叩く習慣は音楽の生命力を奪います。
音を聴いて何の音かわかってもその意味を理解する教育を受けていないと音の羅列で終わります。

間違えてないけれど音楽的には間違いという現象。

ワークブックでゆっくりとなら音を読むことができても楽譜を見た瞬間に読める瞬発力がなければ役には立ちません。

受験英語はできるけれど会話はできませんと似ています。


ピアノも美しい音を出せるようにならなければ音楽は奏でられないはずなのに、形だけ整えてそれでおしまい。
そのようなものが多くはびこっているのでそれが定番化されて偽物なのに本物のように思われている。

本当の事が後回し、もしくは無視された教育が日本には広まっているように思います。

子供はこの位出来れば良いとか、初心者に初めから本物を求めても無理とか知らぬうちに思ってはいないでしょうか。

日本は貧困国になっているそうで、経済やテクノロジーで一目置かれていた時代は過ぎ去ろうとしています。(過ぎ去りました?)

本物の教養を身に付ける、そんな価値観がより大切になるかもしれません。

教養が大幅に不足している我が身に気付きながら、チャージせずにいる私は残高不足で二進も三進も行かなくなる日がくるでしょう・・

まずい

「不思議な音の国」下巻に入ったら・・

2018年11月12日 | ロシアン・メソッド
16回のレッスンで「不思議~」上巻を終え、下巻に入った生徒のレッスン1回目。

初めの2曲は上巻と同様にノンレガートですが、その次からはレガート奏法を覚えます。

その話をしましたら、「これが本当のピアノの弾き方なんですか」と言われました。

だったら初めからそれで教えてくれた方が良かったという気持ちなのだろうと察しました。

その方法で長年教えてきて色々と問題を感じていたのでその方法をやめたのですが、なんでと思われても不思議ではないと思いました。

講師にとっては「不思議ではない音の国」ですが、保護者の方にとっては本気で「不思議な音の国」

下巻で習うレガートは、スラーの初めで重みを掛けてそれを次の音、次の音と手首や腕を使って移していき、スラーの最後でそれを抜く、ということだと私は理解しています。

これは一音で行っていたことと同じです。
複数の音に重みを移し替えていくお猿のスウィングの動きが加わるだけです。

お猿のスウィングは上巻の早い段階で登場します。

それは全音符が登場したところでやってきます。
腕を外側にゆっくりと4拍の長さに合うスピードで開くようにします。

このことによって澄んだ音が伸びるのが分かります。
私はそれが目的だと思っていたのですが、レガートで複数の音をつなげる時の動きのためであるとあとで気付きました。

日本では肘を張らないよう指導されることが少なくないので、この動きはやってはいけないように思うかもしれません。

しかしロシアやその周辺国の子供たちやピアニストの腕の使い方を見るとそうではないことがわかると思います。

上巻から下巻に入った生徒が今週もう1人現れました。

2人ともレッスン回数で行くと4ヶ月くらいで上巻を修了しました。
ロシアでは一音に3年かけると言いますが(その確認を大事に進めるという意味だと思います)、できればノンレガートで弾くことは長い期間やりたくないというのが実際にレッスンをした感想です。

大事なことは十分承知しており、これができなければそのあとも問題を抱えたままいつか良くなるだろうという幻想を抱いてレッスンを続ける結果になると思います。

週2回レッスンで2~3カ月で上巻を修了できるとレガート奏法に入るのも短い期間で始められますが、週1回レッスンで上巻を終えるのに8カ月はかかるとなるとピアノを習っているのにレガートで弾くことをを知らずにその間過ごすわけで、申し訳ない気持ちになります。

ドイツのロシアンメソッドのテキストを見ると、レガートに入るのにそんなに時間は掛けません。

ロシアの「はじめての音楽との出会い」もノンレガートは最初の5曲だけです。
6曲目にスラーが出てきて、7曲目にはスタッカートまで出てきます。
元々このテキストは進みが速いのですが・・

今考えているのは、上巻で全音符のお猿のスウィングまで進んだらレガートの弾き方を教えようかと。

下巻はレガート、ノンレガート、スタッカート、左右で異なるフレージングが出てきますので、レガート奏法を上巻と並行して他のテキストで経験してもらうと、途中からグンと難しくなる下巻でも順調に進めるかもしれません。

初めて使う”奏法を学ぶ”ためのテキスト。
と、言っては怒られます・・日本人にとってはそうですが、音楽を表現するためのテキストです。

私も1年生ですので使って初めてわかること、知ることがあります。

同じテキストを使う先生や使おうと思っていらっしゃる先生、ロシアンメソッドで教えてみようと考えていらっしゃる先生の参考になると幸いです。

改めて思いました

2018年11月08日 | フォルマシオン ミュジカル
昨日フォルマシオン・ミュジカルの話を先生方の前でさせていただいて、生きた音楽の中で「音読み」「リズム打ち」「聴き取り」を行う大切さを改めて思いました。

今日レッスンしたピアノ歴11ヶ月の年長の生徒さんが、「不思議な音の国」で新しい曲を一緒に予習した時に、質問しようと思っていたことを私が聞く前に気付いてこう言いました。

「ここと、ここおなじ」

そうです。
音やリズムは1つずつ見ても意味を成しませんが、パターン(形)で読む習慣がつくと音楽を理解することに役立ちます。

今年は稼働日が増えたので引き継いだ生徒さんが多く、その全員がワークブックとソルフェージュの本を使っていて正直辟易しています・・

私は使ってほしいというご要望がない限りワークも有名なソルフェの本も使いません。

それには理由があります。
演奏に結びつかない、音楽に結びつかない。それが理由です。

唯一使用するソルフェはきれいな伴奏がついたものだけです。
(受験生は別メニューです)

ワークや有名なソルフェを使っている生徒さんに共通しているのは、1音1音見る癖がついてしまっていて、まとまりとして音やリズムを見ることができないことです。

その感覚のままピアノを弾くのでブツブツ途切れた演奏になります。(滑らかに弾けないのは奏法の問題だけではないと思います)

指導の仕方を間違えなければワークもソルフェも有効かもしれませんが、勉強している気がするので親御さんも安心すると安易に使ってはいないでしょうか。

「不思議な音の国」は上巻はノンレガートで弾くので、音やリズムをパターンとして捉える力がつきにくいかと不安に思っておりましたがそうではないとわかり安心しました。

おそらくノンレガートで弾いても、音と音の間に虹が見えるように、蝶々が花から花に飛ぶようにつながりをもたせて弾くのでこのような感覚がちゃんと育つのだと思います。

よかった、よかった

FMで聴音していたとは

2018年11月07日 | フォルマシオン ミュジカル
今日は3年振り位にフォルマシオン・ミュジカルの話を講師さん方の前でさせていただきました。

同じ楽器店の先生方の前で何度かお話させていただいたことがありますが、今回は楽器店の指導者友の会の先生もお招きしてのレクチャーでした。

これまではFMの内容を全くご存知ない先生方ばかりだったのですが、今回はご本人がFMでレッスンを受けていたという先生が現れました!

おー、こんな時代になっているとは!

ただご本人たちはそれがFMだとご存知なかったり、自分が習ってきたことを生徒さんのレッスンでどのように行えばよいのだろうと思っていらしたようです。

私にとってはFMはまだ浸透しているとは言い難いのですが、講師になりたての若い先生の中にはご自身が生徒としてそれを経験してきたという方もいらっしゃるとは驚きです。

こうして「ロシアンメッソド」も当たり前のことになってほしいと願います。

喜ばしい日なのに

2018年11月05日 | ロシアン・メソッド
今日は「不思議な音の国」のテキストを修了した生徒が初めて誕生しました!


まだ上巻の方が修了しただけですが、1冊終えた生徒は誰もおりませんでしたので何とも喜ばしい気持ちです。

16回のレッスンで終えたので私の生徒の中では進みが速い方です。

下巻から始めた生徒は奏法を直しながらですのでスムーズには進まず、まだ誰も終えておりません・・

そうそう簡単には直らないものだと私も悟りまして、最近ではひどくなければ先に進めています。

同じ月からレッスンを始めても最初の1冊目ですでに結構な差がついてしまいました・・

しかし、今日は1冊修了した生徒が現れたので晴れやかな気分でおりました。


ところが、ショックな光景をそのあと目にすることに・・

他の生徒の時に小道具のお猿を使おうとしましたら、袋の中の様子がなにかまずい状況に・・
(私は自宅でレッスンをしていないので小道具もテキストも持ち歩かなければなりません。小道具は袋にまとめて入れています。)

なんと、スライムの蓋が外れ、中身が空に・・

( ̄∇ ̄;)ハハハ、その中身は見事にお猿に絡まっておりました。

帰宅して速攻洗いました。