ピアノレッスン♪ちょっとひと工夫

「フォルマシオン・ミュジカル」「ロシアン・メソッド」「苦手なことがある子供たち」「コンサート情報」など綴っています。

アレクサンダー ・ガヴリリュク ロシア3大協奏曲 2018年9月12日

2018年09月13日 | コンサート情報
東京芸術劇場コンサートホール(1999席)が満席でした。

一晩で3曲のピアノコンチェルトをガヴリリュクは演奏しました。

昔、アシュケナージが一晩でブラームス第1番とラフマニノフ第3番を演奏し、ラフマニノフの途中で弦が切れ(確か第1楽章)、第2楽章に入る前にステージ上の全員が一旦袖に引っ込み、調律師さんが登場し皆の注目を浴びながら応急処置をされたことがありました。

一晩で複数のコンチェルトを一人で演奏するのを聴くのはそれ以来です。

プログラムは
チャイコフスキー第1番
プロコフィエフ第3番
ラフマニノフ第2番

チャイコフスキーを聴きながらこの曲を生で聴くのは30数年ぶりだと思い出しました。
聴いていて、ロシア色満載な曲だと今更ながら思いました。
ガヴリリュクの艶やかな音からロシアの風土、文化が伝わってきました。
純粋にロシア音楽を堪能できました。
ただ、オケが随分と慎重で少々不満を感じましたが、曲の最後の最後でテンポも音量もアップし、この時のために押さえていたのかとも思いましたが、そんなに押さえなくともガヴ殿は大丈夫ですけど・・と思ったりしました。

プロコフィエフはオーケストラがノリノリでした。
もう少しオケの音のごわつきがなければスッキリとしていたと思いますし(もっとシャープでドライな方が良かった。木管の音の重なりが厚ぼったかった。)、ピアノとの音量のバランスも指揮者がもっと押さえてくれても良いのでは?と思いながら聴いておりました。

ラフマニノフはガヴリリュクの音に一番合っていると思いました。
美しく滑らかな音が内面の葛藤を描き出すのにピッタリでした。
(でも昨年のBBCプロムスの第3番の方がもっと良かったです)

もちろんガヴリリュクは心地良い音だけではなく悪夢をも描き出す音を持っています。

学生の頃、ジェシーノーマンのリサイタルを聴きに行ったピアノ科の知人が「彼女は音楽のためなら汚い音も出す。でも自分はまだそれができない。」と話していたことがあります。
その知人は足りないものがないくらい素晴らしい演奏をする人でした。その彼女のこの言葉は私には衝撃でした。私はそんな風に音楽を捉えたことがありませんでしたので。

ガブリリュクの演奏を聴くと知人のその言葉を思い出します。
しかしガヴリリュクは決して汚い音は出しません。人間の声とピアノの音ではリアルさに違いがあり、ピアノで本当に汚いとされる音を出してしまっては芸術ではなくなると思います。

ガヴリリュクの凄さはのひとつは天国の音も地獄の音も出せることだと思います。その到達度が凄い・・

2018-2019のシーズンは、フィルハーモニア管、シカゴ響、ウィーン響、バーミンガム市響との初共演があるそうです。

コンチェルトは相手あってのものなので、音楽の深さを共有でき、さらに触発される機会が徐々に増えてきていることをとても嬉しく思います!

もっと早くメジャーなオケと共演していても不思議ではないピアニストだと思っています。
共演者へのリスペクトもガヴ殿は素晴らしいです!
数々の経験が将来とてつもない花を咲かせてくれることでしょう。

その日が待ち遠しい・・


全く知りませんでしたが、いただいたチラシの中にギルトブルグのチラシが・・
今年の11月2日にトッパンホールで演奏します。
仕事を休みにして行きます!先程チケット買いました!
今年のイベントはガヴリリュクで終わる予定でしたので11月までは頑張れそうです。
11月27日のヴィルサラーゼも行くことにしました!

わーい!!

フォルマシオンミュジカルってなに?⑩

2018年09月12日 | フォルマシオン ミュジカル
フォルマシオン・ミュジカル。

この言葉が初耳だった方も、そして聞いたことはあるけれど、
「あ~、フォルマシオン・・なんでしたっけ?」だった方も、
今では「フォルマシオン・ミュジカルですね。知っていますよ。フランスの音楽教育ですよね」と答えられるほどになっておられることと存じます。

私はフォルマシオン・ミュジカル(F.M.)のおかげでこれまで聴いたこともなかった曲、全く知らなかった作曲家の作品を知ることができました。
音楽は長い歴史を持つ過去の遺産ではなく、現在進行形で新しいものがどんどん生まれているものだと実感致しました。

さて、J.S.バッハよりも前の時代から現役の作曲家まで、これまでたくさんの作品をF.M.聴音で生徒さんと行ってまいりましたが、私が最も驚いた課題をご紹介したいと思います。

それは、ストラヴィンスキー作曲「兵士の物語」のナレーションです。
歌でも楽器の演奏でもない、ナレーターが朗読するあのナレーションのリズムの聴き取りです。

「兵士の物語」は、休暇に故郷に帰る兵士が悪魔に出会い、兵士のヴァイオリンと悪魔の持つ富を得る本を交換する話です。悪魔に騙され大切な故郷と婚約者を失い、最後は兵士の魂が悪魔の手中におちるといった内容です。
全てを持つことはできないという戒めを含んだ話です。

さて、課題は兵士が故郷に帰る第1部にある「兵士の行進」という部分です。
ナレーションは原作通りフランス語です。

「Entre Denges et Demezy,Un soldat qui ・・・・・」
いきなり「はぁ?」でした。

ナレーターが好きなように語っているそれを聴き取るのかと、あまりのユニークさに驚きました。

しかし、譜面をよく見るとちゃんと拍子があって、2拍子から3拍子、再び2拍子とあります。

気を取り直して良く聴いてみると、ちゃんと存在するリズムでナレーターは語っておりました。

リズム聴音の常識が崩れ落ちました・・
これをリズム聴音の課題にしようという発想にも驚きました。

フォルマシオン・ミュジカルのおかげで発想の自由さに触れ、柔軟で自由であることが新しいことを生み、人をワクワクさせるということを知りました。

さて、これまで10回に渡り書かせていただいた「フォルマシオン・ミュジカルってなに?」は今回を最終回にしたいと思います。

これまでお読み下さりありがとうございます。
レッスンや人生のお役に立てると(大袈裟すぎ?)嬉しいです。
では、またいつか。(=^・^=)

(注:楽器店での連載を終えただけです。当ブログではまだ続けるつもりでおりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。)

フォルマシオンミュジカルってなに?⑨

2018年09月11日 | フォルマシオン ミュジカル
「オー イヤ― イタ クク ワイエ~、
オー イヤ― イタ クク ワイエ~」

当ブログにお越し下さりありがとうございます。

さて、冒頭の「オ― イヤ―」
おお、これは!と思われた方はいらっしゃいますか?

流石!!

これは西アフリカにあるギニアの「KUKU」という民謡です。
遥か彼方の地、アフリカの民謡です。

F.M.のテキストに聴音の課題として載っておりまして、それで私は知りました。
初めて聴いた時は衝撃でした。

パーカッションの演奏から始まるのですが、それが長々と続きいつ歌が始まるのかと思っていると40秒くらいして地元のおばさんと思われる女性の声で「オー イヤ―」と始まります。

たいへん味わい深い演奏です。
ピアノにはない音程がチラホラ聞こえます・・
聴音というのはわかりやすく演奏されたものを聴き取るものだと思っていたので、初めて聴いた時は唖然としました。

しかしこれがF.M.なのだと、この時知りました。

地元のおばさんと思われる女性の歌を3~4人の若いと思われる娘さんたちが復唱するスタイルで曲は繰り返されます。
伴奏はパーカッションのみです。

途中でパーカッションによる長い間奏が入り、再び歌が繰り返されます。

このパーカッションが偉くカッコいいのです!
6~7個の楽器の音が聞こえますので、歌と合わせると総勢10名で演奏していると思われます。

歌詞の内容は「心配事は踊って忘れてしまおう!」というものです。

このリズム感、ホレボレします。
聴音のことなど忘れてリズムにノリノリの生徒さんもいました。
まさに「心配事(聴音)は忘れてしまおう!」です・・

レッスンで生徒さんと音楽を聴く機会がF.M.を始める前までは、ほぼありませんでした。
しかし今は、生徒さんと一緒に音楽を聴いて「この曲、いい曲だね」とか「この歌声、癒されるね~」といったひと時を過ごすことができます。
これもF.M.の良さだと思います。

フォルマシオンミュジカルってなに?⑧

2018年09月11日 | フォルマシオン ミュジカル
さて、どんな楽器でも「聴音」は大事です。
特にピアノは一度にたくさんの音を一人で出しますので、メロディしか聴き取れていないよりは伴奏も聴き取れていた方がより良いわけです。
ついでに対旋律とか内声とか言われているものも聴き取れた方がさらに良いわけです。

ピアノを弾く人ってスゴイと思われるかもしれません。
しかし、ピアノを弾く人の多くはピアノ以外の楽器の音の聴き取りが苦手です。
弦楽器や管楽器の経験がない人は特にそうです。(それは私の事ですが・・)

F.M.ではどんな楽器を習っている方でも、様々な楽器編成、様式の作品を聴音の課題にします。

私が使っているテキストの「音の聴き取り」の1曲目は、
R.コルサコフの「ロシアの復活祭 序曲」です。
オーケストラ作品です。

最初の主題をフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットがユニゾンで奏でます。そのあと同じ主題を1オクターヴ高く第1ヴァイオリンとその1オクターヴ下でヴィオラが奏でます。第2ヴァイオリンは和声を作り出す音を担当しています。木管楽器と弦楽器で演奏される最初の主題を聴き取るのが課題です。

聴音といえばピアノで行うものと思って育った私には初めから「へ?」でした。

なかなかわからない時もあって「まずい・・」と思うこともありますが、人間の耳はちゃんと慣れていきます。若くなくても・・(これも私の事です;)

この課題は小学生の生徒さんもしています。
「ロシアの復活祭」と聞いて、みんなロシアが復活する意味だと思うので、卵に絵を描く「イースター」のことだと話すと「あっ、そっちね」とちょっと拍子抜けした顔をします。



なんだか、ドラマティックな話じゃなくてスミマセンという気持ちになります・・

ところで、なんと!大学の音楽学部の入試の聴音がF.M.になった学校がいくつかあるそうです。聴音の課題をピアノを使わずに行うそうです。

音楽本来の姿で課題を行わなければ意味がないということです。

私がこちらのブログでご紹介している話が「古いっ」と言われる日がいよいよ近付いてまいりました。

既にそうなっているかもしれません・・
が、もう少しだけお付き合いください。

では、また。(=^・^=)

フォルマシオンミュジカルってなに?⑦

2018年09月09日 | フォルマシオン ミュジカル
最近はフォルマシオン・ミュジカル(F.M.)をご存知の方が増えてまいりました。
私の話が「古いっ・・」と言われる日も近いかもしれません。

少しばかりの哀愁を感じつつ今回ご紹介をするのは、小さな生徒さんたちに人気の「5文字のリズム」です。

CDの音楽と一緒に<4分音符>と<8分音符>のリズムを叩くエクササイズです。
ノリよくアクセントをつけて叩きます。
2つの8分音符がベタついたり、ただの拍手にならないように気を付けて。

この課題の最後に5文字の言葉に合わせてリズムを叩くものが出てきます。
(「Faisons de la musique en F.M.vol.1」/ H cube)

テキストには「靴下を履く」とか「帽子を被る」とか「コートを着る」などとありますが、日本語では字余り過ぎて使えませんので、生徒さんたちに考えてもらっています。

私も考えまして、「チョコレート」「モンブラン」「いちごパフェ」などを用意しているのですが、生徒さんたちはそんなものでは満足せず自分で考えます。

例えば・・
「き・ん・し・ちょ・う」
「そ・う・ぶ・せ・ん」

さすが江戸っ子!

他には、
「コンサート」「ひこうせん」「プリンセス」
「かんきせん」(なぜ思いついたのやら)

そして私にとってのヒットは、
「わ・す・れ・も・の」

保育園で何があった?と心の中で問いかけたのでした。

では、また。(=^・^=)