DaNang お天気 Blog

ベトナムの中部ダナン市より毎日のお天気と身近な情報をお届けしています。
過去ログは過去ログカテゴリーからどうぞ

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴6

2006年02月28日 | チャム族
#地名や個人名がでてくると弱いな。。。

サンスクリット記述(最も重要な文化的要素)は、古代のインド人記述からでした。サンスクリット文字に基づいて、それらは古いチャム記述(それは多くの段階を通って改善された)を作成しました。したがって、数人が今それを読むことができます。インドの宗教および文学中のいくつかの古典的例はチャム伝説の中で繰り返されました。チャム・アーキテクチャーおよび彫刻はヒンズー教芸術によって影響を受けました、そしてどれ(いくつかの東南アジアの国々の)。チャムは選択的にインドの芸術を受け取り、自分のスタイルでそれを表現しました。ヒンズー教の中の3人の主な神では、チャムはシヴァ神に大部分を激賞しました。それは、あった東南アジアの国々のどこにもそれほど言うことができません、多くの大きなサイズおよびChampaの王国でのような美しいリンガ祭壇。

チャム寺院タワーはインド、カンボジアおよびインドネシアでもののようにそれほど巨大でなく奇怪ではありません、しかしそれほど威厳がないその上、チャム・アーキテクチャーはその区別(丘の上にチャムタワーを作った)を持っており、光景からそれらをまわりに有名にしました。

音楽とダンスは、フェスティバル、結婚および葬式上のコミュニティーの習慣と同様に帝国の活動およびヒンズー教の儀式の要求から強く開発されていました。

結婚の習慣は今まで維持されました。女性は、結婚における活発な役割をとり、夫は重要な作品を担当しましたが、家族の中の上司と見なされました。

チャム葬式に関して、中国の記録は、死者がしばしば燃やされたと言いました、それらの灰は小さなつぼに入れられましたチャムキングの遺物は金のつぼに入れられ、海に投げ込まれました。有力者の残りは銀のつぼに入れられ川に投げ込まれました。また、民間人の灰は埋められて、陶器の�ツぼに次に入れられました。

現在では、以下のように分割されたグループの110,000人以上のチャム住民がいます:72,000人以上は、それらのNinh ThuanおよびBinh Thuan 60パーセントの中に40パーセントバラモンです、Banistsです。An Giangの中の13,000人のイスラム教徒。Dong NaiおよびTay Ninhの中の3,000以上.ホーチミンの都市のほぼ4,000人のイスラム教徒。ビンディンの山岳地方の約18,000、チャム・コミュニティーから分けられて、チャム-Horoiと呼ばれるPhu Yen、それらはM'nongのような山地の少数民族に接近して生きています、Bahnar、したがって、それらの文化的・経済的活動は平原のチャムとは異なります。

その上、ベトナム人と一緒に生きているとき、多くのチャムは集められました。それらは、徐々に多くの世代の言語および習慣を受理しました。Tra、Che、Ongなどのようなチャム姓があって、彼らはベトナム語で話し、Khanh HoaやQuang Binhでベトナム人として生きています。Quang Namは以前Champaの王国の小さな州アマラーヴァティーでした、どの中で、そのような有名な遺物、として、タワーのMy Son 聖地、主都Tra Kieu、Dong Duong仏教徒僧院およびグループが構築されました。今まで、それらの多くは自然な風化および戦争によって被害を受けました。しかし、いくらかは時間によってまだ残っていました。

この項終わり


Writing - the most important cultural element - was from sanskrit, an ancient Indian writing. Based on Sanskrit letters, they created old Cham writing, which was improved through many stages, so a few people can read it now. Some classical examples in Indian religions and literature were repeated in Cham legends.

Cham architecture and sculpture were influenced by Hinduist art and which of some Southeast Asian countries. The Cham selectively received Indian art and expressed it in their own style. In the three major Gods in hinduism, the Chams extolled Shiva the most. It can be said that nowhere in Southeast Asian countries there were many big size and beautiful Linga altars as in the Kingdom of Champa.

Cham temple-towers are not so huge and grotesque as the ones in India, Cambodia and Indonesia, but not less majestic; besides, Cham architecture has its owns distinction, the Cham also built towers on hill and made them distinguish themselves from the sight around.

Music and dancing were strongly developed from the demand of imperial activities and Hinduist rituals as well as the custom of community on festivals, marriages and funerals.

Custom of marriage has been kept until now. Women took an active role in marriage and were regarded as the boss in the family although husbands took charge of important work.

About Cham funeral, Chinese records said that the dead was often burnt, their ashes were put in a small urn. A King's relics were put in a gold urn and thrown into the sea. Mandarin's remains were put in a silver urn and thrown into the river, and civilian's ashes were put in a ceramic urn then buried.

At the present, there are over 110,000 Cham inhabitants of carious groups, divided as follows : over 72,000 in Ninh Thuan and Binh Thuan 60 percent of them are Brahmin, 40 percent are Banists. 13,000 Muslims in An Giang. Over 3,000 in Dong Nai and Tay Ninh. Nearly 4,000 Muslims in Ho Chi Minh city. About 18,000 in mountainous area in Binh Dinh, Phu Yen called Cham-Horoi, separated from Cham community, they live close to mountainous ethnic minorities, such as the M'nong, the Bahnar so their cultural and economical activities are different from the Cam in plain.

Besides, a large number of the Chams were localized when living together with Vietnamese. They gradually accepted language and custom in many generations. Having such Cham surnames as Tra, Che, Ong, etc, they speak Vietnamese and live as the Vietnamese from Quang Binh to Khanh Hoa.

Quang Nam was once the minor state Amaravati of the Kingdom of Champa, in which such famous relics as the My Son sanctuary, the capital Tra Kieu, Dong Duong Buddhist monastery and groups of tower were built. Until now, a lot of them were damaged by natural desasters and wars, but some were still stable through time.
コメント

移動手段UPしました

2006年02月28日 | つぶやき
ダナンdata blogにご質問の多いダナン近郊の交通手段をアップしました
タクシー、ツアーバス、鉄道
新しくできた市内巡回バスを載せてあります
コメント

[気温24℃][曇り] 今月は今日で終わりだった!!

2006年02月28日 | 曇り
今日もうす曇で暑くも無く寒くも無く
半袖半ズボンでもOKという気候です

今月は今日で終わりなんですよね
うわぁぁぁ
今日は一日完全休養日にしようかと思ってたのに
事務処理、請求書発行しなくちゃ!!!

ということで行って来ます

写真はKhuong My 遺跡のナーガと猿のセット
コメント

[気温24℃][曇り] 体育座りの彫刻

2006年02月27日 | 晴れ

今日は一日それほど気温も上がらずに終わりました
薄っすら曇っていて湿度は低かったですね

写真は先日書いた体育座りのおじさん
たぶんブラフマーではないかと思うのですがどうでしょう

象の陽気な表情といい、この体育座りのおじさんといい
この彫刻はどこか楽しげです
全体の1/3程度しか残っていないのが残念です
コメント (2)

トラックバックを

2006年02月26日 | つぶやき
入れておきます
コメント

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴5

2006年02月26日 | チャム族
G.Masperoによれば、始めから傾くことまで、Champaの王国の歴史に78人の王との14の王朝がありました。Champaの王国の土地は製品で有名でした、中国の記録では、チャムが敬意あるいはサンダル森、シナモン、胡椒、象牙、�Tイのつの、海亀などのような北方の国々との貿易を払った製品のことを多くに伝えました。Thuy Kinh Chu(中国の記録)は、作られた布への作られた絹、綿およびツナソ・プラントにチャム人がカイコを育てるかもしれないと言いました。チャム軍は米で払われました。それらは労働ツールおよび鉄の武器を鍛造し、熟練した金(銀)を、装飾および儀式のオブジェクトを青銅色にすることができました。設立する国の夜明けに正しいので、チャム貴族は、彼らの王位を維持するためにインドの神のシステムを受け取り適用しました。それらはヒンズー教の神を崇拝しました、そのような宣教師ブラフマン、シヴァ神、ヴィシヌなど インド人は、国家システムを組織する彼らの文明および経験を広げました。いくつかのチャム場所名は、Amaravati、Indrapura、VijayaおよびSimhapuraのようなインドの起源を穿ちます...さらに、チャム王の王の肩書きを行いました。

According to G. Maspero, there were 14 dynasties with 78 Kings in the history of the Kingdom of Champa from the beginning to the declining.

The land of the Kingdom of Champa was famous for products, Chinese records told much about products which the Chams paid tribute or trade with northern countries such as sandal wood, cinnamon, pepper, ivory, rhino horn, sea turtle, etc. Thuy King Chu (a Chinese record) said that the Chams could grow silkworms to made silk, cotton and jute plants to made cloth. The Chams solidiers were paid with rice. They could forge labour tools and iron weapons, make skilful gold, silver and bronze ornaments and ritual objects. Right at dawn of the founding country, Cham aristocrats received and applied Indian divine system to maintain their Kingship. They worshiped Hinduest Gods such ad Brahma, Shiva, and Vishnu, etc. The Indian spread their civilization and experience of organizing state system. Some Cham places names bore Indian origin such as Amaravati, Indrapura, Vijaya and Simhapura... Also did the royal title of Cham Kings.
コメント

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴4

2006年02月26日 | チャム族
数世紀に繰り返し開発されていた小さな2州。南部の州の首都は、Simhapura(現代のTra Kieu)、北部州にPanduranga(現代のPhan Rang)に位置しました。7世紀の中頃では、Champaの王国になるために結合した2州およびSimhapuraがこの新しい王国の首都に選ばれました。領土の単一性は2人の親しい氏族にとって正常な必需品でした、しかし、南・北Champaの貴族間の増加する力のための戦いが、絶えず起こりました、したがって、王国は、ビンロウ氏族の王のriegnおよび他の時間の下に一度にありました、ココナッツ氏族の王。一般に、北の貴族はより多くの長所を持ちました。

王座をとるように隣人国からの支援にさらに頼んで、貴族で絶えず起こった力のための努力を係柱に巻くことは、Champaの王国を徐々に弱くしました。その間に王国およびクメール帝国、あるいは大越人の間の一定の戦争。AD 1000年では、チャム・キング、Yan-ku-pu は、それを止めるためにTra Kieuから首都をVijaya-Cri(現代のビンディン)に移しました。1468―1469のうち、チャム軍隊はHoa Chau(大越の領域の地域)を攻撃し手に入れました。Le Thanh Tong は、彼自身軍隊をチャムと戦わせ、1471にベトナムの軍隊で主都Vijayaを包囲しました、捕らえられたチャム王。Le Thanh Tongは使用しました、新しい占領地を支配するためにチャム有力者に譲渡する、そしてその、いつか、多くのベトナムの人々をそこに移住して来させ、チャムと一緒に荒廃した土地を耕作させた。その後に、Bo Tri Tri 1つの、チャム、一般的、Pandurangaの中の彼の敗軍を集めて、チャムのキングを宣言し、DaiViet人の家臣であることを主張しました。その時以来、Champaの王国の政治的な役割は、置かれ、かつ終了するように見えました。また、ベトナムで54の少数民族のうちの1つになりました。

These two minor states repeatedly developed in some centuries. the capital of Southern state was located in the Panduranga (present-day Phan Rang), of the Northern state in Simhapura (present-day Tra Kieu).

In middle of 7th century, these two states united to become the Kingdom of Champa, and Simhapura was chosen to be the capital of this new Kingdom. The territorial unity was the normal necessity of the two close clans, but the fight for gaining power between the southern and northern Champa's aristocracies constantly happened, so the Kingdom was at a time under the riegn of a King of Areca Clan, and other time a King of Coconut Clan. In general, the northern aristocracy had more advantages.

Bitting struggles for power that constantly happened in the aristocracies, even asking for help from the neighbor country to take the throne, made the Kingdom of Champa gradually weak. Meanwhile, constant wars between the Kingdom and Khmer Empire or Dai Viet.

In the year 1000 AD, Cham King Yan-ku-pu Vijaya-Cri transferred the capital from Tra Kieu to Do Ban (present-day Binh Dinh). In 1468 - 1469, the Cham army attacked and sacked Hoa Chau, a region in Dai Viet territory. King Le Thanh Tong himself led the army to fight against the Chams, and in 1471 Vietnamese troops besieged the capital Vijaya, captured Cham King Ban La Tra Toan. King Le used surrender Cham mandarins to rule the new occupied land and the some time,had many Vietnamese people immigrate there and cultivate deserted land together with the Chams. After that, Bo Tri Tri, a Cham general gathered his defeated army in Panduranga, declared himself King of the Chams and claimed to be vassal of Dai Viet. From then on, the political role of the Kingdom of Champa seemed to be put to and end, and the Chams became one of 54 minority groups in Vietnam.

コメント

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴3

2006年02月26日 | チャム族
その時に、様々な氏族が、海岸平野中の2人の大きな氏族を含むSa Huynh文化のエリアに住んでいました。彼らは、南の北のココナッツ氏族(Narikela Vamsa)およびビンロウ氏族(Kramuka Vamsa)でした。今まで。私たちは、主としてチャム銘および中国の記録によって、これらのイニシアチブ状態のことをほんの少し知っています。Vo Canh村(ニャチャン)で見つかったsanskrit石碑によれば、2世紀後半に日付をつけました、マーラ様は、Champaの南部の州の第1の王朝の創立者でした。この石碑は、さらに、インドの文明の強い影響およびこの小さな州における聖職者の重要な役割に関して伝えました。その間に、北のTuong Lam地区の人々は、漢朝の王朝の厳しい規則の下にいました。190―193のADでは、中国で交戦状態を利用して、Khu Lien(中国の記録による)によって連れて行かれたTuong Lamの人々は、彼らの規則に不快を覚えて、Lam Ap(Linyi)という名の独立国家を設立しました。

At the time, there were many different clans living in the area of Sa Huynh culture, including 2 big clans in the coastal plain. They were Coconut clan (Narikela Vamsa) in the north and Areca clan (Kramuka Vamsa) in the south. Up to now. we have known only a little about these initiative states, mainly through Cham inscriptions and Chinese records.

According to the sanskrit stela which was found in Vo Canh Village (Nha Trang) dated the late 2nd century, Sri Mara was the founder of the first dynasty of Southern state of Champa. This stela also told about the strong influence of Indian civilization and the important role of the clergy in this small state.

Meanwhile, people of Tuong Lam district in the north were under the severe rule of the Han dynasty. In 190 - 193 AD, taking advantage of hostilities in China, Tuong Lam people led by Khu Lien (according to Chinese records) revolted against their rules and founded an independent state named Lam Ap (Linyi).
コメント

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴2

2006年02月25日 | チャム族
青銅器時代および初期に鉄器時代(20〜30世紀前に)に、ベトナム中部で暮らす住民のどんな部分もいました。1909年には、壺埋葬エリアが、そこに埋められた様々な種類の陶磁器、装飾および労働ツールでSa Huynh(Quang Ngai省)で見つかりました、として、1つの、から、死者と財産を共有することの。今まで、そこで見つかった約60の同様の遺物がありました。また、すべては、海岸から山岳地帯へその分配するエリアがドンナイ川の周辺のQuang Binh省だった壺および古い居住の埋葬を含むSa Huynh文化と一般に呼ばれました。

多額の陶磁器のそばにSa Huynh文化の時期に現われて、多くの鉄の労働ツールおよび武器が軸、くわ、半月刀、小鎌、ナイフ、剣などを含んでいました。Sa Huynh人々は、鉄の鍛造がかなり上手でした。それらは布、貴重な宝石からの形装飾および水晶を織ることができました。加工品によって、古代のSa Huynh人々は農業で生活すると知られていました。それらは、中部地方と高地と同様に平原の土地を耕作しました。当時、区別が間にありました、豊富、また貧弱。研究者によれば、始発状態が、Sa Huynh文化の最後の時期に現われました。勉強するセラミックスおよび他の加工品においては、考古学者が継続を見つけました。また、インドの文明の幼時は、初期の第1の世紀ADの中のインドの文明の輸入および同化と一緒にSa Huynh文化の開発に基づきました。

In the Bronze Age and early Iron Age (Twenty to thirty centuries ago), there were any part of inhabitants living in the Central Vietnam.
In 1909, a jar burial area was found in Sa Huynh (Quang Ngai province) with various kinds of potteries, ornaments and labour tools buried there as a from of sharing property with the dead. Till now there have been about 60 similar relics found there and all were commonly called Sa Huynh culture, includeing burial of jars and old habitations whose distributing areas were Quang Binh province to the basin of Dong Nai river, from the seashore to the mountainous region.

Appearing in the period of Sa Huynh culture, beside a large sum of potteries, there were a lot of iron labour tools and weapons includeing axes, hoes, scimitars, sickles, knives, swords, etc.

The Sa Huynh people were fairly good at forging iron. they could weave cloth, make ornaments from the precious gems and crystal.Depending on the artefacts, the ancient Sa Huynh people were known to live on agriculture. They cultivated land in the plain as well as in the midlands and highlands. In those days, there were the distinction between the rich and the poor. According to the researchers, initial states appeared in the last period of Sa Huynh culture. On the studying ceramics and other artefacts, archaeologists found continuation and the infancy of Indian civilization was based on the development of Sa Huynh culture together with the import and assimilation of Indian civilization in the early 1st century AD.

コメント

[気温27℃][晴れ] F1遺跡の彫刻

2006年02月25日 | 晴れ

今日は暑いですよ~
気温27℃でちょっと湿度もあります

今日の写真はミーソンのF1遺跡から発掘された彫刻
この彫刻はなかなか面白い彫刻です
象の神様が掘られているのはガネッシャではないかと思います
その下に体育座りをしてる人が掘られてるんですよ

わかりますか?

この彫刻はミーソンで見ることができます(2006年02月現在)
コメント

CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴1

2006年02月25日 | チャム族
チャム族に関する資料が少ないので "CHAM RELICS IN QUANG NAM" を機械翻訳してます

「CHAMPAの王国に関するいくつかの特徴」

Champa人々はAustroアジアの民族であります。また、それらの言語はマラヨポリネシア語のグループであります。Champaの王国を組織するおよび開発する歴史は、特にそれらのレースの出所に関して、やや複雑になりました。また、研究は様々なポイントを与えました。

何人かの学者は、Champa人々が東南アジアの島からの移民であると信じました。他の人は、彼らは南の東アジアの本土へ移動した南の中国の島人の一部であると思いました。最近の考古学の研究によれば、多くの研究者が、Champa人々が中央のVietNamの中の地方の住民だったという考えの方へ傾きました。

"SOME FEATURES ABOUT THE KINGDOM OF CHAMPA"

Champa people are of the Austro-Asian race and their language is of the Malayo-Polynesian group. The history of forming and developing the Kingdom of Champa was rather complicated, especially about the origin of their race, and researches gave many different point.

Some scholars believed that Champa people were immigrants from the islands of Southeast Asia, the others thought that they were part of the South Chinese islanders who migrated to the mainland of South-East Asia. According to recent archaeological studies, many researchers inclined towards the idea that Champa people were local inhabitants in Central VietNam.



コメント

[気温22℃][曇り] 牛とチャム遺跡

2006年02月24日 | 曇り

今朝は小雨混じりの曇り空で寒いです
気温は22℃だけどシンとした寒さです

写真のタイトルは『牛とチャム遺跡』ってそのまんまじゃん
Chien Dan 遺跡の裏には牛が放牧されてました
コメント

[気温26℃][晴れ] カジノで勝つ!

2006年02月22日 | 晴れ

昨日と1℃しか違わないのに今日は晴れているので暑いです
湿度も高くてムシムシじめじめしてます

2夜連続でカジノに行ってしまいました
一昨日の負け分を昨日はしっかり取り返してきました

カジノGMが『最初はよく出る』と言ったのを信じず
前回3回目で777が揃ったので、今回はその言葉を信じて
5枚掛け2回目に777!!
さらに中役が続けて揃っていきなり倍くらいに増えました
開始10分でやめちゃおうかと思いましたよ

その後も2回777が揃ったりと楽しく遊ばせていただきました

やっぱりGMのパソコンメンテしてあげたのが良かったのかな?

写真はチャンパ帽子コレクション最終回
Chien Dan 3です
一昨日の写真と似てますよね

コメント (3)

[気温25℃][曇り] ちょっと肌寒いかな?

2006年02月21日 | 曇り

今日はちょっと肌寒いかな?
同じ25℃でも日が射してないと急に寒くなりますね
半袖、長ズボンが丁度いいです

チャンパ帽子コレクション6
Chien Dan 2
これはChien dan 遺跡の博物館に収蔵されている物
この日と同じシリーズです
ちょっととぼけた感じの顔つきがChien Dan の特徴です
コメント

[気温26℃][晴れ] ダナンのカジノ

2006年02月20日 | 晴れ

今日は気温も高く湿度も低く洗濯日和です
洗濯日和といえば昨日一日停電で洗濯できなかったって
スターフルーツの木の下でに書いてありましたね

ところで今、ダナン唯一のカジノに来てます
え?昼真っからまたハマってんの?って

違う違う

カジノのGMのパソコンのメンテナンスだよん
コメント (3)