文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

ダムマンガ 2

2021-02-26 11:23:41 | 書評:その他

 

 黒部弓見は、男の子たちからダム子とからかわれるのがいやで、女子高である私立荒玉女子高に進む。そこで八田かなんというクールビューティな先輩と出会う。そのかなん、大のダムマニアで、なんとダム部の部長。この巻では、顧問教諭もみつかり、晴れて正式な部となる。実はこの顧問の空海まお、オカルトマニアで、ダムには怪談がつきものと引き受けることになる。(なお、空海が顧問として白羽の矢を立てられたのは彼女が車を持っているからダムへの移動に便利だということかららしい。ただし、事故があるとまずいので、生徒をむやみに車に乗せないように校長から釘を刺されている)ただ、薗原ダムへ行ったときの空海の台詞には思わず突っ込んでしまった。

ヤバい! 吸い込まれそうな闇の力を感じる!! このダムに飛び込んだ平家の落人が怨霊と化しているんだわ!(p17)


いや、あの時代にダムはありませんから!!!

 作者のダム愛もそこかしこで感じられるとともに、ダムに関する知識も知らず知らずのうちに身につくので、将来この道に進みたいような人にはいいだろう。ダムカレーも紹介され、かなんのライバルともいえる群馬県立水上温泉高校ダム同好会会長の伊奈ひかるも出て来て、益々今後の展開が気になる。

 絵は、成年誌で緊縛漫画を描いている井上よしひささん。絵柄が綺麗で、ダム部員は結構可愛らしいが、緊縛されたシーンはないので念のため(ただしいわゆるサービスシーンはいくつかある)。しかし、私だったらこんな美少女ばかりがダムに興味を持ってくれれば、嬉しくって、つい案内にも力が入るだろう。(笑)

☆☆☆☆☆

初出は、「風竜胆の書評」です。

 

コメント

FACES いじめをこえて

2021-02-24 09:14:00 | 書評:その他

 

 本書はNHKの動画配信サイト「FACES How I survived being bullied (
FACES Project/NHK)から生まれたものだ。掲載されているのは20人の実例。いかにいじめをうけて、それを乗り越えたかという物語だ。本書を読むと、いじめは日本だけの問題ではなく、世界中にあると言うことが分かる。NHKのプロジェクトということもあるのだろう、本書に登場するのは日本人が多いが、外国の人も結構いる。また、日本にカウントされている人の中にも外国出身で、そちらで被害にあっていた人が入っている。

 一つ疑問がある。どうして「いじめ」なんて曖昧な言葉を使っているのだろう。もしその国の法律に触れるようなものがあれば、はっきり「犯罪」と言えばいい。「いじめ」なんて言葉を使うのは、問題をあやふやにする恐れがあるだけだろう。そして、犯罪に対処するのは学校ではなく警察なのだ。そして、そんないじめに加担するものは、犯罪の共犯者なのである。これを曖昧にしてはいけない。

 それにしても、どうして人間は少しの差異を見つけて、人を排斥したがるのだろう。「これからは個性の時代」といいながら同調しない者をはじき出す。正しいことに(何が正しいかというのは議論対象になるが、誰が見ても間違っているだろうと思えるものはある)同調するのならまだわかるが、おそらく声の大きい者、そのグループのボス的な者の言うことを聞かなければいじめられるのだろう。

 本書に出てくる人たちはいじめをのりこえているが、おそらくその後ろには乗り越えることが出来たかった人たちが沢山いると思うと痛ましい。金子みすゞの「みんな違ってみんないい」という言葉をもっとかみしめて欲しいものである。

☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

孔雀王戦国転生 1~3

2021-02-22 20:30:20 | 書評:その他

 

 

 

 孔雀王シリーズ、言わずと知れた故荻野真さんの代表作である。この作品では、孔雀が戦国時代で大暴れ。タイトルは転生となっているが、厳密に言えば転移だろう。孔雀王ライジング(小学館)と共に荻野さんの最後の作品となったものの一つだ。

 この作品の特徴を言えば、出てくる戦国武将が人外の者ばかりということだ。なにしろ徳川家康はヴァンパイアだし、今川義元も斎藤道三も怪しげな術を使う。織田信長の正妻である濃姫は実は式神。その信長も、異人の血をひく超絶美少年。その母親がどうも阿修羅らしい。妹の市も美少女だが、別の異人の血をひいているようだ。

 実はこの作品の誕生には裏話があるらしい。このころ荻野さんは孔雀王以外に漫画を描きたかったらしいのだが、リイド社の担当者の熱心な誘いに、切れた荻野さんは、冗談半分で「出てくる戦国武将がみんな妖怪でタイムスリップ SF・・・・・・「何でもアリ」孔雀王なら!!」(3巻)とOKしたらしいが、これが意外に受けたらしい。

 孔雀は、阿修羅を救うために戦国時代にやってきたという。この3巻までは、黒幕の悪徳太子の影、西洋悪魔の出現、そして阿修羅は丑寅の金神として登場する。荻野さんは病床でこの作品と孔雀王ライジングの両作品を完結させたというが、果たしてどんな結末が待っているのだろうか。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

 

コメント

放送大学から卒業認定通知が来た

2021-02-22 20:07:18 | 放送大学関係

 放送大学から、何か来ていたので、2学期の成績通知かなと思って開けてみると、卒業を認定するという通知だった。これで6回目の卒業になるが、ご時世がら学習センターの卒業式も行くつもりはないので、郵便で卒業証書を受け取ることになる。それにしても早くコロナが終息して欲しいものだ。こちらでは大分落ち着いているが、やはりワクチンが行きわたらないと安心できないというところがある。

 

 

コメント

老子

2021-02-20 08:23:54 | 書評:学術・教養(人文・社会他)

 

 道教の始祖と呼ばれる老子。本書は、その老子が書き、一般に「老子」と呼ばれているが、正式名「老子道徳経」の全文を紹介したものである。全部で81章からなり、各章の翻訳文、漢文の読み下し文、原文、注釈という形になっている。だから書かれていることに対する講義のようなものはない。そこは自分で考えろということだろう。

 気の向いたときに、どの章でも読んでみるといい。おそらく共感できるところとそうでないところがあるのではないだろうか。共感できないところは、なぜ共感できないのか考えてみるといいと思う。それこそが読書の醍醐味なのだ。

  孔子のように、どこか上から目線で押し付けがましくないところがいい。孔子は嫌いだが、老子は好きだという人は結構昔の科学者には多かった。(最近は孔子、老子、それ食べれるのといった人も多くなってるだろうが) 我が国最初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士も、老子に親しんでいたのは有名だ。

 老子の正体は謎につつまれている。候補は何人かおり、最も有力なのは老聃だという。ただ、正体が誰にせよ、この老子道徳経を書いた人物がいたのは間違いないだろう。儒教嫌いにもぜひとも勧めたいと思う。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

 

 

 

 

 

 

 

コメント