顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #316 有馬記念

2015-12-26 16:51:31 | 競馬
判で押したように春秋のG1を2勝ずつしかできないが、今秋はスプリンターズSで勝っただけ。つまり、有馬記念は当たるということになる。低レベルの混戦だけに、鍵は馬より人だろう。

有馬記念
リアファル
アルバート
ゴールドシップ
キタサンブラック
ヒットザターゲット
ラブリーデイ

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



リアファルは勝負弱いゼンノロブロイ産駒で勝ち切れるようなイメージが湧かないのだが、この舞台で先行できるのはやはり強味。外国人騎手は逃げたがらないので、好位から流れに乗る形になりそうだが、ルメールならハーツクライで実績がある。早めに抜け出して押し切るパターンになれば、後半の持久力が問われる展開となって相手はスタミナタイプか。

データ的にはジャパンC経由が優勢なレースだが、4着ジャングルクルーズの結果の通りレベルは低い。古馬王道のレベルがこの程度なら、全てワンサイド4連勝で前走重賞勝ちのアルバートでも足りるはず。仕掛けてからズブいところは不安だが、アッゼニが2度目の騎乗なのは幸い。



ゴールドシップはハッキリ言って不安の方が大きい。奇数枠で隣に牝馬となると、また出遅れるのではないか。ただ、JCの内容は決して悪くなく、発馬五分でまともに走ってしまえばあっさりまである。軸にはできないので単穴評価が妥当だろう。

キタサンブラックの菊花賞勝ちは鞍上の好騎乗が大きかったが、G1では足りないと思っていた馬が実際に勝ってしまったのだから、その格は認めざるを得ない。もしかしたら急激に力をつけているかもしれないし、中山の成績も抜群なので一発もあるか。鞍上も気楽な立場なら怖い。ヒットザターゲットは小牧と手が合っており枠も絶好。ヒモなら十分。ラブリーデイは上がり勝負にならないと苦しかろう。

Comment   Trackbacks (7)

●太いの堅いの #315 朝日杯フューチュリティS

2015-12-19 20:41:52 | 競馬
舞台が中山から阪神1600mに変わった昨年こそ純マイラーのダノンプラチナが勝ったが、阪神ジュベナイルFはコース改修後にオークスまで勝つような本格派が上位に来るレースに生まれ変わっており、2回目の今年はそうなっても不思議はない

朝日杯フューチュリティS
イモータル
エアスピネル
ハレルヤボーイ
シュウジ
リオンディーズ
ツーエムレジェンド

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



イモータルのサウジアラビアロイヤルCは負けて強しの2着。勝ったブレイブスマッシュが内からスムーズに抜け出したのに対し、イモータルは大外枠から終始外を回らされた上に直線でも再三にわたって前をカットされる不利。それでも、残り100mで3馬身近くあった差をゴールではハナ差まで詰めている。加速力は相当で持ち時計も最速。たった1敗で前売り14倍台はちょっと考えられない。

エアスピネルのデイリー杯2歳Sは好位からの横綱相撲で、同じ相手に負けることはないだろう。ハンドリングも良さそうで崩れることはなさそうだが、速いペースの経験がなく、たった2戦で人気も被りすぎの感。多頭数でハイペースになる可能性があり、前を追い掛けて脚を残せるか判らない。



ハレルヤボーイは前走、前々走とも重賞で5着だが、サウジアラビアロイヤルCでは上がり最速、東スポ杯2歳Sでも上がり2位と末脚は確か。自力で勝ち切る実力はないものの、差し・追い込みが優勢な2歳G1なら展開次第で上位争いのチャンスもあるか。すぐ内にシュウジとエアスピネルがいる枠順もいい。

シュウジのスピードは魅力だが、やはり距離が長いか。リオンディーズは掛かり通しで新馬戦勝ち。負かした相手も次々と勝ち上がっており、血統通りに素質が高いことは間違いない。ただ、いろいろと難しい血筋でもあり押さえで様子見。ツーエムレジェンドは未勝利勝ちからの挑戦も、マイルの持ち時計は4位。速めのペースを中団から差し切った前走内容も上々で侮れない。

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売 価格:2,899円(税込、送料込)

Comment   Trackbacks (7)

●太いの堅いの #314 阪神ジュベナイルF

2015-12-12 20:23:24 | 競馬
前走の勝ちっぷりを比較すると、ハープスター(単勝1.7倍)とデンコウアンジュ(前売り8倍台)の評価に開きがあるのも違和感。これは美味しいのではないか。

阪神ジュベナイルF
デンコウアンジュ
アットザシーサイド
クロコスミア
アドマイヤリード
ペプチドサプル
メジャーエンブレム

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。

【送料無料】Your まぎー

【送料無料】Your まぎー 価格:2,376円(税込、送料込)



デンコウアンジュはアルテミスSで上がり33秒3の直線一気を決めた。ハープスターが新潟2歳Sで繰り出した上がりは32秒5と、デンコウアンジュより0秒8速かったが、新潟2歳Sの半マイル通過は0秒9遅かった。3角通過順(デンコウアンジュ13番手、ハープスター18番手)や坂の有無などを考慮すれば、デンコウアンジュはもっと評価されていい。血統や厩舎など背景は地味でも侮れない。

アットザシーサイドは秋明菊賞が好内容。直線で馬群の狭い所を難なく抜け出し、あとは手綱を抑える余裕があった。それでいながら上がり33秒9と速く、目一杯に追っていればまだまだ詰められる。ゲートに課題はあるが、それを補えるだけの魅力があり、中枠から五分に出て変に揉まれるよりマシか。



クロコスミアはアルテミスSでデンコウアンジュに完敗だったが、中団からしっかり脚を使ってレース巧者ぶりは見せた。赤松賞を快勝して世代上位の実力は証明しているし、アルテミスSに加えて札幌2歳S3着の実績なども、昨年2着のレッツゴードンキに似ている。上位争いには絡んでくるだろう。

アドマイヤリードは新馬戦でシルバーステートを差し切り、前走も条件戦を快勝。今ひとつ掴み所がないが、ハマれば勝ち負けになって不思議はない。ペプチドサプルはデビュー2戦目のアルテミスSが上々の内容。その一方で、メジャーエンブレムはペースに恵まれた前走で勝ち切れず押さえまで。

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売 価格:2,899円(税込、送料込)

Comment   Trackbacks (6)

●太いの堅いの #313 チャンピオンズC

2015-12-05 20:12:17 | 競馬
帝王賞の上位4頭の上に、そのままコパノリッキーとサウンドトゥルーを足した結果がJBCクラシック。形だけならJBCクラシック>帝王賞になる。あとは休み明けなど各馬の事情を考慮するのと、3歳馬がどこまでやれるのかだろう。

チャンピオンズC
コパノリッキー
ノンコノユメ
ホッコータルマエ
サウンドトゥルー
ダノンリバティ
グレープブランデー

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。

【送料無料】Your まぎー

【送料無料】Your まぎー 価格:2,376円(税込、送料込)



カネヒキリという歴史的にも強かった例外を除き、秋の中央ダートG1を勝っているのは5歳まで。今回の勝者はコパノリッキーかノンコノユメになるような気がする。両者では脚質が異なり、先行力あるコパノリッキーを軸にしやすい。

JBCクラシックは弛みのないペースを作って突き放す強い内容。これまでとは取り口が変わってきており、鞍上的にも再現を狙ってきそう。逃げるのはコーリンベリーだろうが、明らかに距離が長く放っておけば落ちてくる。相手が控えてくれれば勝機倍増で、あとは昨年のような出遅れがなければ。

コパノリッキーが弛みなく飛ばせば、追い掛ける先行馬には厳しくなり、ノンコノユメが浮上する。JDダービーのように早めに動く脚もあり、初の一線級相手に力さえ足りていれば一気の差し切りも。ダート路線は長らく低迷してきた印象があり、ここで世代交代してほしい。



ホッコータルマエは叩き良化型だけに、JBCクラシックの敗戦は気にする必要ない。帝王賞ともども「休み明けはクリソライトより1馬身程度強い」くらいだろう。昨年もJBC4着から一変した。ただ、年齢的に不利なのと、前後から強い馬に挟まれて乗り方が難しい。

勝ち切る程の迫力は感じさせないが、サウンドトゥルーの地力強化が目覚ましい。末脚勝負のシンプルな戦法からも、漁夫の利を得て連下なら十分。ダノンリバティの近走は距離(ハンデ)や馬場状態に敗因を求められる。ここにクロスクリーガーが出走していれば人気していただろうし、レパードSと似たような舞台設定で見直しが必要。左回りの走りが良く、鞍上も魅力のグレープブランデーを最後の1頭に。

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売

【送料無料】有馬記念全軌跡 10/27発売 価格:2,899円(税込、送料込)

Comment   Trackbacks (7)