顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #365 ジャパンC

2017-11-25 20:15:37 | 競馬
マイルCSではデータ的に劣勢な3歳馬の狙いを自動的に下げたが、終わってみれば3頭が掲示板入り。土曜日のキャピタルSでも強かったし、3歳馬ハイレベル説を信じることにした。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

ジャパンC
レイデオロ
キタサンブラック
シュヴァルグラン
ソウルスターリング
サトノクラウン
イキートス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】アンジェラ芽衣(2018カレンダー) [ アンジェラ芽衣 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


レイデオロのダービー制覇は妙な展開で評価をしづらかったが、2着に退けたスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯を完勝して一定の裏付けにはなった。神戸新聞杯で負かしたキセキも菊花賞を勝ったし、世代屈指の実力馬であることは間違いないだろう。前にいるであろうキタサンブラックについていくだけの展開も楽だし、頭固定で3連単を買ってみようかと。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】吉岡里帆(2018カレンダー) [ 吉岡里帆 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


昨年は逃げ切ったキタサンブラックだが、今年もこれといった先行馬は不在。ドイツのギニョールは逃げて勝ってきた馬だが、テンの速さがないし、先を譲ったところでどうという相手でもない。もし2番手につけてきたら、キタサンブラックの勝機が増すだろう。

昨年のシュヴァルグランは大外17番から3着。そもそもの問題として国内G1を勝てる器と思えないものの、今年は最内枠と条件が一変したので一縷の望みも。積極的に動いて残せるボウマンへの乗り替わりも悪くはないはず。


ソウルスターリングはオークスの時計が優秀だし、当時の上位馬は今秋も活躍している。オークス好時計勝ちのジェンティルドンナが3歳でJC制覇をしたこともあり侮れない。サトノクラウンはミルコが怖いが、時計勝負になると最後に足りなくなることも。イキートスは先行有利の昨年に見どころあった。今年はより展開も向きそうなうえ、体調も良さそうなので押さえておきたい。
Comment   Trackbacks (5)

●太いの堅いの #364 マイルCS

2017-11-18 21:06:16 | 競馬
登録メンバーを見た段階で軸ならイスラボニータ、単ならレッドファルクス、それで1点勝負と考えていたのだが、まったく妙味がないので馬券の買い方を練らなければ。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

マイルCS
イスラボニータ
レッドファルクス
クルーガー
エアスピネル
アメリカズカップ
サトノアラジン


土曜日の京都は芝が重まで悪化。日曜は晴れの予報だが、気温が低く乾いても稍重までか。もともと良でも時計がかかっていたので、パワーやスタミナのある馬が優勢と見ておく。イスラボニータの富士Sは休み明けの外枠で力みが目立った。それでも崩れず走れる持ち味を発揮したし、ガス抜きを終えて実績十分の京都1マイルなら馬券県内は堅いのではないか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】アンジェラ芽衣(2018カレンダー) [ アンジェラ芽衣 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


当初はレッドファルクスが本命だった。以前から一介のスプリンターとは見ていないし、安田記念でも本命にしたほど。しかし、直線平坦より上った方が良く、坂越えも不安という陣営の見立てを聞いて自重。確かに追うほど伸びるタイプなので、下り坂で脚元を気にするようだと踏み遅れるし、直線に上り坂がないから前も止まりにくい。コース実績の差でイスラボニータに譲った。

面白そうなのがクルーガー。昨年のマイラーズCでは内枠に恵まれただけと思い、その後も休みがちで印象が薄かったが、富士Sではかなり後方からよく差を詰めてきた。調教の動きも素晴らしく、叩き2戦目で型通り良化してきたなら侮れない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】吉岡里帆(2018カレンダー) [ 吉岡里帆 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


エアスピネルは直前のゴタゴタが気に入らない。ムーアを確保できたとはいえ、そもそもG1では足りない器に思えてきた。時計がかかればアメリカズカップの流れ込みはないか。京都外回りではきさらぎ賞と前走でOPクラスを2戦2勝。どちらも完勝だったし押さえには。安田記念を勝ったサトノアラジンだが、展開ハマってようやく1着。馬場も微妙か。
Comment   Trackbacks (6)

●太いの堅いの #363 エリザベス女王杯

2017-11-11 23:42:09 | 競馬
本命と対抗はすぐに決まったが、3番手以下がなかなか難しかった。マイルールの6頭から漏れた中にも、3着ならありそうな後ろ髪引かれる馬が何頭かいる。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

エリザベス女王杯
ヴィブロス
モズカッチャン
クイーンズリング
ルージュバック
ディアドラ
リスグラシュー


ヴィブロスは泡沫候補と思っていたドバイターフでの勝ちっぷりが鮮烈。序盤は走りづらそうだったのに、直線で外に持ち出されてからの伸びは目を見張った。レースを投げ出さない根性は相当で、芯の強さを見直した。昨年との比較でも細身の馬体にも身が入って力強さを増した印象。ドバイで負かした相手関係を見る限り、ここでは役者が違うか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】吉岡里帆(2018カレンダー) [ 吉岡里帆 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)



応援しているのはモズカッチャン。逃げ馬でもないのにオークスと秋華賞で一度は先頭に立っている訳だし、G1を勝てるだけの実力を秘めているのは間違いない。ただ、勝ち切れないのは脚を長く使えないからと見え、特殊な馬場状態でテン乗りだった前走から、ミルコがどれだけ手の内に入れられたか判らない。土曜のミルコがツキに見放されていたのも気になる。

昨年は超スローペースに恵まれたクイーンズリングだが、先導役が距離に不安のあるクロコスミアあたりなら今年もやれそう。短距離免許で来日してからクリスチャンには世話になっているし、今回は人気も大したことなくて気楽に乗れるので一発あっても。


ルージュバックについては非根幹距離で云々と取り沙汰されているが、要はG1を勝てるような底力に欠けているだけ。押さえには必要だが、ムーア騎乗で人気を吸ってくれるならありがたい。秋華賞のディアドラは展開からルメールの騎乗までハマりすぎでは。リスグラシューは崩れない走れる能力と器用さを評価。
Comment   Trackbacks (5)