顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの#33 中山記念/阪急杯

2005-02-26 20:47:56 | 競馬
私ごとで恐縮ですが、この度、競馬関係の編集職として社会復帰することが決まりました。実は本職がライター&エディターだったりしまして。従来のように更新できなくなる可能性大ですが、特にTBを頂いてきた競馬ブロガーの皆さんには、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、土曜のメインは東西とも◎-△で決着。しかし、東は馬連を獲ったもののトリガミ、西は芝でブライアンズタイムの系統が好調と見てロードマジェスティ軸に切り替え惨敗してしまった。阪神の芝は明日もブライアンズタイムに要警戒だと思うが…。

中山記念
メイショウカイドウ
エイシンチャンプ
トーホウシデン
カンパニー
  エアシェイディ
  グレイトジャーニー

格にメンバーの質が追いついていない。実質GⅢと見れば◎メイショウカイドウで足りる。前走時は夏馬の疑念を抱き切り捨ててしまったが、武豊騎乗なら問題なく結果を出せることが判明した。今回は北九州記念で1800mのJRAレコードを樹立した名コンビを信頼する。○エイシンチャンプは前走の小倉大賞典でメイショウと接戦。騎手もルメールからペリエへの乗り替わりなら心配ない。朝日杯と弥生賞勝ちある好相性のコースで前進。

一発候補は白富士Sで59kgを背負いながら見せ場あった▲トーホウシデン。確かに相手は弱かったが、小柄な馬だけに少々驚いた。グリーンチャンネルを見ていたところ、パドック進行の司会者が担当厩務員だか助手だかと仲良しで、普段は吹かない担当氏がヤケに強気だったという気になる情報も。元より実力は上位なので2kg減なら十分勝ち負けできる。

△カンパニー、エアシェイディ、グレイトジャーニーの4歳勢3頭は押さえまで。何だかんだ言って、重賞勝ち鞍が3頭で1つしかない。現状、人気先行の域を出ておらず元が還れば御の字。

↓ 皇太子殿下が感銘を受けた教育者の本 ↓
<iframe scrolling="no" frameborder=0 width=468 height=68 src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kaodashing-22&l=st1&search=%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%88&mode=books-jp&p=13&o=9&bg1=FFFFFF&fc1=3152A5&lc1=D60000&f=ifr">

<MAP NAME="boxmap13"><AREA SHAPE="RECT" COORDS="73,45,196,60" HREF="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm/privacy-policy.html?o=9" alt="プライバシー ポリシー"><AREA COORDS="0,0,10000,10000" HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=kaodashing-22&path=tg/browse/-/489986"></MAP>
</iframe>

阪急杯
ギャラントアロー
フォルクローレ
ワンダーシアトル
アドマイヤマックス
  スナークスズラン
  ゲイリーファントム

狙っていたチアフルスマイルが回避。ブライアンズタイム産駒も不在で購入意欲が湧かず、おそらく馬券を買うことはない。◎ギャラントアローはシルクロードSでチークピーシズ効果を見せた。一応、中心視する。相手は引退レースとの声も聞こえる○フォルクローレ。セントウルSの分だけ走れば勝負圏内だろう。▲ワンダーシアトルの持ち時計はカルストンライトオと並び最速。しかも、カルストンが引っ張るレースでマークしたものだけに今回も流れに乗りやすい。来れば太い。

6歳でわずか3勝の△アドマイヤマックスは実質、勝ち鞍が最も少ない。良績ない右回り、差し馬に福永では、人気とのバランス悪くヒモで十分。7秒台の時計持つスナークスズランと阪神得意なゲイリーファントムの方が面白い。

Comment   Trackbacks (41)

★ネスカフェ『香味焙煎』当選

2005-02-26 15:47:11 | 懸賞
20050226_1541_000.jpg
当選総数30万人。カノジョ名義でも当たったから計2個ゲット。コーヒー好きだから嬉しい。コレ1個で10~15杯は飲めるらしい。基本的にインスタントは飲まないが、美味しかったら購入も検討しよう。


Comment   Trackbacks (5)

●太いの堅いの#29 ダイヤモンドS/きさらぎ賞

2005-02-12 20:09:40 | 競馬
金欠の悲哀をたっぷり味わう羽目になった1日だった。小倉の壇之浦特別は晒した買い目でバシっと決着。ワイドボックスを総獲りし、3連複流し2万馬券も的中したが資金難で購入できず…東京開催は相変わらず何が何だか解らないレースが続き、日曜日も勝てる気がしない。2頭も3頭も当てるのは無理だから、馬券は単・複と総流しでお茶を濁すのが得策か。

ダイヤモンドS
◎13ダディーズドリーム

トップハンデと1番人気が不振というデータがあるので、チャクラとハイアーゲームは軽視し、東京得意のトニービン産駒◎ダディーズドリームを軸に取った。半兄のダイナマイトダディ、トゥナンテともども好きな血統で、これまでレースは欠かさずチェックしてきたのだが、長距離戦を中心に使われるようになってから成績が安定。淡白な負け方をしていた面も、最近は相手なりに最後までしっかり脚を使うようになるなど、レースぶりに進境が見られる。極端な瞬発力勝負は不得手なタイプだけに、ジワジワとペースが上がるであろう展開面も味方する。頭で来れば太い。

【馬券】
単勝・複勝 13
ワイド 13-総流し
馬連 13-総流し(余裕があれば)


きさらぎ賞
◎7コンゴウリキシオー
○8アドマイヤフジ
▲9シンメイレグルス
△3シックスセンス
  6レジェンダロッサ

前走圧勝の◎コンゴウリキシオーを中心視。その内容は同日の古馬500万を凌ぎ、初勝ちの時計も古馬1000万と同タイムなら、この時期の3歳重賞で信用に足る。スピードがあるうえ、控える競馬もできそうなタイプだけに、レースを優位に進められるのもいい。相手は中山で惜敗続きの○アドマイヤフジ。今回は広いコースに替わって自慢の破壊力を存分に発揮できる。きさらぎ賞は過去10年で8連対の鞍上も心強い。

まとめて負かせばダートで連勝の▲シンメイレグルス。ケタ違いの末脚でダート戦を勝ち上がったパワーが、果たして芝でも通用するかはフタを開けてみないことには解らないが、半兄マイネルモルゲンの活躍を見れば、より高い適性を示しても不思議はない。勝つなら圧勝だろう。△シックスセンスはコンゴウをマークすれば終いジリジリ、アドマイヤをマークすれば前を捕まえ損なうのが落ち。ゲート難、キャリア不足のレジェンダロッサともども押さえで十分。

【馬券】
馬連・3連単B 7・8・9
3連複1頭軸流し 7-3・6・8・9

Comment (1)   Trackbacks (57)

●太いの堅いの#28 3場メイン

2005-02-11 18:43:01 | 競馬
バレンタインS 予想・買い目変更=12日9時25分
◎3シルクディレクター
○6アサクサキニナル
▲1カーティスクリーク
△9フジサイレンス
  2ニシノシタン

◎シルクディレクターに左回りで直線の長い府中はピッタリの条件。瞬発力優先の馬場も良く頭から狙える。○アサクサキニナルは連軸としてなら信用度はシルク以上。距離実績はないが得意コースで相殺できよう。まとめて負かせば▲カーティスクリーク。飯豊特別の再現あれば勝算見込める。昇級の前走で目途立てた△フジサイレンス、逃げ・先行活躍の傾向からニシノシタンを押さえに。

【馬券】
単 3
馬連・3連複流し 6-1・2・3・9
3連単流し 3→6→1・9・2


すばるS
◎7ビッグフリート
○3ツルマルファイター
▲11エコルプレイス
△15アタゴタイショウ
  5ヒカリジルコニア
  14アグネスウイング

好メンバーがそろったうえにハンデ戦で混戦模様。ならば攻め爆走の◎ビッグフリートで勝負する。昇級初戦も前二走で接戦の相手は悪くない。自在な脚質+勝負に行く鞍上で魅力たっぷり。ライバルは距離、コース実績上位の○ツルマルファイターと▲エコルプレイス。前走、内で詰まってレースにならなかったツルマルは特に注目。一方、エコルプレイスは単騎で行ければアッサリも。その流れなら△アタゴタイショウにも向く。実力最右翼のヒカリジルコニアは鞍上が減点、アグネスウイングもトップハンデで勝てるほど強くなく押さえまで。

【馬券】
馬連・3連複B 7・3・11・15
3連単F 7→3・11→3・11・15・5


壇之浦特別
◎11スリーロケット
○4マチカネエテンラク
▲14ストロベリードール
△6アンテリオール
  8フジヤマビューティ
  15トーセンザオー

小倉の芝、特に短距離はミスプロ系にバクシンオー、タイキシャトルの独壇場。なおかつ先週から外差しが決まり出した。◎スリーロケットはバクシンオー産駒。前走接戦の勝ち馬はシルクロードSでも3着した。外目の枠から好位で流れに乗れるのも有利。タイキシャトル産駒○マチカネエテンラクを相手に。伸びない内枠も超強化した鞍上がどうにかしてくれよう。▲ストロベリードールの前走は◎と0秒1差。多頭数の乱戦に乗じて直線強襲もある。500万から勝ち上がりの△アンテリオール、フジヤマビューティ、トーセンザオーを押さえに。

【馬券】
ワイドB 11・4・14・6・8・15
3連複1頭軸流し 11-4・6・8・14・15

Comment   Trackbacks (14)

●太いの堅いの きさらぎ賞展望

2005-02-10 20:20:52 | 競馬
近年、クラシックでの活躍馬を多数輩出する出世レースとして定着し、存在感は地盤沈下が著しい共同通信杯と対照的。しかし、アドマイヤフジコンゴウリキシオーシックスセンス辺りが上位人気を分け合う今年のメンバーは小粒な印象。クラシック戦線のヒモ探しと考えておけばいいだろう。

京成杯2着から参戦のシックスセンスは差す戦法がすっかり板に付いてきた。これまで戦ってきた相手関係からも好勝負必至で軽くは扱えない。しかし、堅実な反面、ハッキリした着差の敗戦が続いているのも事実でパンチ不足は否めない。ここも届かず2着、3着辺りに収まるのではないか。

頭から買うならコンゴウリキシオーだろう。前走は逃げ切り勝ちだったが、スピードが違う感じで何がなんでもという風には見えなかった。先行できる脚質は強みで軸としての信用度も高い気がする。何より、2頭出しの山内厩舎にあって、藤田が素質を高く評価するダンツキッチョウではなく、こちらに乗せてくるあたりに勝負気配が漂う。

アドマイヤフジは器用さに欠けるレースで惜しい星を落とし続けているが、広いコースに替わって巻き返しのチャンス。鞍上が過去10年で8連対の武豊というのも心強い。ただ、こちらもシックスセンス同様、詰めが甘いだけに…。

今一つ信頼感に欠ける3頭が人気なら、シンメイレグルスレジェンダロッサの素質馬2頭の一発はないか。

特にシンメイはダート戦ながら圧巻の内容で新馬→500万と連勝。初の芝戦がどうかだが、半兄マイネルモルゲンは芝で活躍しているだけに巧者の可能性もある。ここをアッサリ通過するようなら、「クラシックのヒモ探し」という前言を撤回する必要も出てきそうだが。いずれにせよ、勝つか飛ぶかではないか。

レジェンダは新馬勝ちからの重賞挑戦も、クラシック戦線の常連血統とあって魅力たっぷり。課題は試験に落ち続けたというゲート。もともとゲートが悪い血筋でもあり、おそらく今回もすんなりとは行かないだろう。頭からは狙いづらい。

Comment   Trackbacks (6)