顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #193 有馬記念

2009-12-26 14:34:47 | 競馬
本来なら中心となるべき4歳馬が皆無で、5歳馬も1頭だけ。世代格差が表面化したメンバー構成だけだに、素直に3歳世代と6歳世代から入る。数頭を除いて何が勝ってもおかしくない組み合わせだが、中山はローカル並みに適性の差が出る小回りコースなので、初物みたいのよりも実績ある馬を中心にすれば良さそうに思える。


有馬記念
アンライバルド
マツリダゴッホ
スリーロールス
ブエナビスタ
マイネルキッツ
ミヤビランベリ


アンライバルドは中山で2戦2勝。しかもG1とG2だから価値は高い。馬群から一気に抜け出した皐月賞の勝ち方を見ると、一瞬の速さを生かせる舞台が合っている感。ダービーは道悪で度外視。神戸新聞杯と菊花賞は広いコースで走る気が出すぎてしまった。春の内容からも、中山では課題の折り合いもマシ。人気落ちで怖い外国人騎手を起用と妙味いっぱい。



1034万画素の多機能デジカメが7,980円


昨年は掛かって自滅したマツリダゴッホだが、まともなら当然勝ち負け。一昨年はダイワスカーレットを一蹴、ほかにオールカマー3連覇など、中山なら現役最強だろう。今回は引退レースで必勝態勢。リーチザクラウンのペースを、いつもの高速スパートで捕まえにいくのはキツそうなので、そこをアンライバルドにすくわれなければ。


スリーロールスの菊花賞は強い勝ち方。淀みないペースを好位追走し、直線で外へフラつく若さを見せながら押し切った。着差以上に余力があった証拠。重賞勝ちは前走のみで初コース、乗り役も経験が浅いだけに、相手強化の難コースで予断を許さないが、前走G1勝ちにも関わらず人気控え目なので狙いは立つ。


ブエナビスタは牡馬に勝ったことないうえ、やはりコースが合わない予感。崩れはしないだろうが、絶好調の鞍上をもってしても勝つのは難しいのではないか。天皇賞・春を勝ち、舞台が同じ日経賞2着なのに無視されているも同然のマイネルキッツ、この距離での2つを含む今季重賞3勝のミヤビランベリも侮れない。


※こちらからlivedoor.blogへのトラックバックはできない状態です。ご了承ください。

Comment

●太いの堅いの #192 朝日杯FS

2009-12-20 01:03:03 | 競馬
朝日杯FSは今季一番の自信の◎。先週は入れ替えたうちの1頭が2着にがんばってしまい△→ヌケ→◎での決着となったが、朝日杯も自信の◎と△で決まるのだろうか。


朝日杯FS
エイシンアポロン
ローズキングダム
キングレオポルド
キョウエイアシュラ
ニシノメイゲツ
トーセンファントム


デイリー杯での粘り腰を見て、朝日杯はエイシンアポロンで勝負と決めた。そうしたら、京王杯2歳Sでは目の覚めるような指し切り勝ち。根性に加えセンスも見せてくれてますます自信を深めた。枠もここまでなら許容範囲だろう。エイシン軍団は2歳戦に強いし期待は大きい。



1034万画素の多機能デジカメが7,980円


ローズキングダムの東スポ杯2歳Sも見事だった。デビュー2戦目で400mも叩き合って譲らないのは非凡さの証明。スタートは決まるし折り合いも問題ない。初の小回り、1600mで流れに戸惑わなければ。大一番で勝負弱い血統も懸念材料。


キングレオポルドは東京でレコード勝ちも、フジキセキ産駒らしい一瞬の脚に良さがあるので中山の方が向いてると思う。外回り1600mはデビュー戦で勝っているし、前記2頭にない舞台経験があるのは強味。掛かる面あるのでこの枠もいい。


押さえの3頭には底割れしてない魅力がある。ただ、不器用だったり大物感に欠けたりで頭はなさそう。


※こちらからlivedoor.blogへのトラックバックはできない状態です。ご了承ください。

Comment

●太いの堅いの #191 阪神ジュベナイルF

2009-12-12 13:09:52 | 競馬
「予想は当たってるのに馬券が獲れない」状態を、ようやくジャパンCダートで脱出。今年初めてG1を勝てた。ただ、あとボタン1押しで買えていたエスポワールシチー1頭軸3連単を寸前でやめ、3連複に変更したのが悔やまれる。3万馬券を的中しても10万馬券をドブに捨て、なんだかんだで当たった気がしない。


阪神ジュベナイルF
ベストクルーズ
ステラリード
タガノエリザベート
アパパネ
△アニメイトバイオ(変更)⇒カスクドール
△メイショウデイム(変更)⇒タガノガルーダ


コース改修後の3回はダービー馬1頭にオークス馬2頭を輩出。本格派が勝つレースに変貌を遂げたが、今年のメンバーではクラシックにつながらない感じがする。馬券的にもアテにならない馬ばかり。参加費程度の少額投資で済まそうと思う。



競輪の伏見俊昭も絶賛! 二日酔いにも効くプラセンタ


ベストクルーズはファンタジーSで惜敗も、直線勝負に賭けてハマった感ある勝ち馬より、勝ちにいって一旦は先頭に立った内容が濃い。前走はゲートのタイミングも今ひとつだったので、スムーズなら巻き返せる。単複で。


ステラリードも久々で力みっぱなし。それでも着差はわずかだったので叩き2戦目の期待をもてる。この鞍上もいいだろう。ベストクルーズとの馬連&ワイド。馬券はここまで。


※こちらからlivedoor.blogへのトラックバックはできない状態です。ご了承ください。

Comment

●太いの堅いの #190 ジャパンCダート

2009-12-06 01:25:19 | 競馬
忙しくて死にそうなので印だけで。


ジャパンCダート
エスポワールシチー
ワンダーアキュート
ラヴェリータ
シルクメビウス
スーニ
ゴールデンチケット


※こちらからlivedoor.blogへのトラックバックはできない状態です。ご了承ください。

Comment