顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #173 有馬記念

2008-12-27 14:23:02 | 競馬
昨年の1、2着馬が、そのまま人気を集めているが、そんな簡単に決着するか疑問が残る。マツリダゴッホは9番人気、ダイワスカーレットは5番人気の気楽な立場。外が全く伸びず、行ったモン勝ちの不可思議な馬場の助けもあった。マツリダは確かに中山が得意だし、スカーレットの先行力も強力。それぞれの前走内容も評価できる。ただ、いかに実績のない東京とはいえ、2走前に1600万下で負けたばかりのスクリーンヒーローに捻られたマツリダ、激戦のレコード決着と響きこそ派手だが、あと一完歩でカンパニー程度に突き抜けられていたスカーレットに、真の強さがあるかは疑問。相対的なレベル低下の中で押し出されているだけのような気がする。

有馬記念
カワカミプリンセス
マツリダゴッホ
ドリームジャーニー
ダイワスカーレット
スクリーンヒーロー
フローテーション

中山の2500mは内枠有利がデータからも証明されている。しかし、今回の枠順は実績上位馬が中から外に集中し、唯一、カワカミプリンセスだけが内を引けた。エリザベス女王杯は勝ちパターンからリトルアマポーラを捕らえ切れず、衰えを感じさせる内容だったが、休養続きだけに復調途上の面も残っているだろう。現状、チョイ足らずの不安は拭えない。ただし、そんな馬に乗せたら当代一の鞍上が付け目。前走後、陣営に再度の騎乗を求めてきたというほど手応えがあるようなので、ここは思い切った手綱捌きで一発を狙ってくるはず。前後半の1000mラップが5秒差もある超ハイペースを、4角先頭で崩れなかった昨年の宝塚記念は秀逸。その力を取り戻せば、ここで十分に勝ち負けになる。

武豊が愛用のダウンジャケット

マツリダゴッホはジャパンCで進歩した姿を見せた。我慢に我慢の仕掛けで、先に鞍上の手が動いたウオッカとの追いくらべに敗れたのだから、コース適性で劣ったと考えるしかない。得意の中山なら、先行策からの高速マクリに不発はない。背後から並ぶ間もなくかわせる速さがある点で、対ダイワスカーレットでは有利だろう。
Take

マツリダの仕掛けに呼応し得るのは、同じくマクリ脚があるドリームジャーニー。57キロまでなら結果を出しているので、斤量1キロ減は大きい。中山は朝日杯FSで豪快に差し切った舞台。2000mのローカルG3をトップハンデで勝てるようなタイプは、有馬記念で穴を開けることも少なくなく、今回は走れる条件がそろっている。昨年のような変な馬場にならなければ。

ダイワスカーレットは、アンカツが天皇賞の時に「有馬記念の2500mは(スカーレットに)長い」という旨のことを言っていた。昨年も1周目のスタンド前まで慎重に運んでいたし、一段とマークが厳しくなってどうか。大崩れはないだろうが、頭のイメージも湧かない。他に押さえは、前走は決してフロックではないが、もう少し様子を見たいスクリーンヒーロー、スプリングSのようなレースができれば、入着くらいはありそうなフローテーションのガイジン騎乗馬。

※livedoor blogと相性が悪いようで、トラックバックを返せないかもしれません。ご了承ください。

Comment

●太いの堅いの #172 朝日杯FS

2008-12-20 18:07:54 | 競馬
過去5年の勝ち時計で1分34秒を切れなかったのは一昨年の1回だけ。その勝ち馬ドリームジャーニーは中距離路線で活躍中だが、残りの勝ち馬4頭は後にスプリント~マイルを主戦場にした。ドリームジャーニーにゴール寸前で差されたローレルゲレイロは今年のスワンSで2着、3年前の連対馬フサイチリシャールとスーパーホーネットは、一昨年と昨年の同レースを勝ち、5年前の優勝馬コスモサンビームも翌年にスワンSを勝っている。今後、スワンSを勝ちそうな、スケールの小さいスプリンターが狙い目。

朝日杯FS
ホッコータキオン
ブレイクランアウト
フィフスペトル
セイウンワンダー
エイシンタイガー
トレノパズル

前2走、連続レコード駆けのホッコータキオンのレース内容は秀逸。自らペースを作っての結果だけに、そのスピード能力は信頼に足る。武豊やアンカツ、外国人ジョッキーあたりが乗れば1番人気も十分の戦績なのに、飯田に外枠も重なり望外の人気薄。ハナにこだわるタイプではなく、テンに速い脚もあるだけに、好位から揉まれず進んでいけば、バテたテレビ馬に代わり坂で労せず先頭。あとはスピードの違いで押し切れる。

Take
武豊が愛用のダウンジャケット








前走は馬体を並べたら相手に合わせてしまったというブレイクランアウト。消化不良のレースが続く一方で、高い能力は示してきた。反応が鈍い感じで小回りに変わってどうかだが、初めて同じ鞍上が手綱を取る利は大きいだろう。前走の反省から、追い上げるより早めに抜け出すパターンもあるか。

スケールは感じさせないものの、器用さとスピードがある点で好走モデルに合致するフィフスペトルも立ち回り次第でチャンスはあるか。セイウンワンダーは2番手追走のデビュー戦でツルマルジャパンすら捕らえ切れなかった。マイル3戦の時計も1分35秒台に落ち着いており、スピード勝負に対応できるか疑問。相手なりに走れるエイシンタイガー、新馬戦が味あったトレノパズルも連下に。

※livedoor blogと相性が悪いようで、トラックバックを返せないかもしれません。ご了承ください。

Comment

●太いの堅いの #171 阪神JF

2008-12-13 14:33:32 | 競馬
週末の関西方面は雨降りとの予報が出されていたが、どうやら、その可能性は薄まったよう。良馬場なら順当に決着するか。

阪神JF
ブエナビスタ
ジェルミナル
レディルージュ
ダノンベルベール
デグラーティア
フキラウソング

普通に回ってくれば、ブエナビスタが負けそうにない。2番手もレース運びに安定感あるジェルミナルで順当と思えるが、ブエナビスタを負かしにいくと、末を失って何かに割って入られる可能性も。前々からしぶとく伸びるレディルージュを警戒。



一発の魅力を秘めるも、レースっぷりに危うさあるダノンベルベールは押さえまで。マイルくらいまでなら問題なさそうなデグラーティア、持ちタイム上位で相手なりに走れるフキラウソングをヒモ穴に期待。




※livedoor blogと相性が悪いようで、トラックバックを返せない状態です。利用者の皆様には申し訳ありません。

Comment

●太いの堅いの #170 ジャパンCダート

2008-12-06 20:12:10 | 競馬
今年のアメリカ馬はみんな先行力があって速そう。フロストジャイアントとティンカップチャリスは血統的にもワンペース型だし、中途半端に緩むこともないだろう。人気馬の後に仕掛けられるタイプが買いだ。

ジャパンCダート
カネヒキリ
ヴァーミリアン
サンライズバッカス
ボンネビルレコード
メイショウトウコン
サクセスブロッケン

2年余りの病み上がりを叩いて2戦目、常識的にはまだ復調段階のはずのカネヒキリだが、前走の武蔵野Sでは力を再認識させられた。ソロっと回ってくるだけという、大方の予想通りの内容ながら、ほとんど追ったところなく勝ち馬とは0秒6差。まともなら、勝ってしまったのではないかという走りだった。実戦を経験してケイコの動きもガラリと変わってきたというし、狙うなら人気のない今回だろう。



ドバイWCでは恥ずかしい競馬をしてくれたヴァーミリアンだが、砂なら対抗以下には落とせない。期待通り前崩れの展開になれば、サンライズバッカスの差しが面白い。武蔵野Sでは58キロを背負って矢のような伸び。最も強い競馬をしていた。コース相性が良く、今年から距離が短縮された運もある。案外、フェブラリーSの優勝経験馬で決まってしまうのではないか。



心情的に最も応援しているボンネビルレコードだが、ここは見せ場なく負けてもらって結構。東京大賞典で、的場文男とのコンビ復活なった時に、ドカンと勝負させてもらう。G1では格負けするメイショウトウコン、完敗のJBCから斤量1キロ増で勝ち目が薄まったサクセスブロッケンは押さえまで。

Comment