顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #285 宝塚記念

2014-06-29 01:30:02 | 競馬
近年の宝塚記念でステイゴールド産駒が猛威を奮っているが、他のG1では目立たなかったアーネストリーやサクラメガワンダーといったグラスワンダー産駒が活躍している点も見逃せない。ステイゴールドもグラスワンダーも宝塚記念の連対馬であり、その条件を満たす産駒を中心にすれば良いと考えている。


知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。


宝塚記念
ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
ゴールドシップ
ジェンティルドンナ
トーセンジョーダン
カレンミロティック


ウインバリアシオンは勝負弱く勝ち切れるか判らないが、馬券になるという面では最も信頼できる。当面のライバルになるゴールドシップには有馬記念と天皇賞・春で完勝しているし、それぞれ高速馬場と力の要る馬場と条件も異なり、普通に考えれば勝負づけも済んでいる。ここはG1制覇へのラストチャンス。


天皇賞で期待に応えてくれたホッコーブレーヴでもう一丁狙いたい。当時は抜群の仕上がりを生かせたが、今回も状態は良さそう。ウインバリアシオンもあと一完歩というところまで追い詰めており、ロングスパートによる潰し合いも考えられる終盤、仕掛けられてからズブいこの馬に展開がハマる可能性も。父マーベラスサンデーは1997年の優勝馬。条件も満たしている。


ゴールドシップは昨年の優勝馬であり、コース適性に関しては言うまでもないが、天皇賞で大きく出遅れたり、昨秋のチグハグなレースぶりもありアテにしづらい。この1年で勝ったのも弱メン相手の阪神大賞典だけ。復活したと言い切れるのか疑問がある。





ジェンティルドンナはダノンバラードさえ捕らえられなかった昨年と同じローテーション。2か月以上の間隔が空くとひと叩き必要になるのは戦績が示す通りで、それを克服するまでは押さえ程度で十分。トーセンジョーダンはひと叩きで変わるタイプだが、鳴尾記念を使ってきたのにまるで人気がなく狙い目。カレンミロティックは有馬記念の強い内容を再現できないままだが、当時4着に激走したラブイズブーシェも低迷から一転して目黒記念を制したように、そろそろ軌道に乗ってくるか。





※TBは必ず返すようにしていますが、技術的な問題で反映されない場合があります。ご了承ください。

Comment   Trackbacks (6)

●太いの堅いの #284 安田記念

2014-06-08 00:05:40 | 競馬
8割方仕上がってさえいれば、ジャスタウェイは堅そう。ただ、極端に悪化した馬場も含めて横一線の相手選びは難解だ。馬の適性より乗り役の勝負勘が、より大きなウエイトを占めることになるような気もしている。


知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。


安田記念
ジャスタウェイ
グロリアスデイズ
フィエロ
グランデッツァ
ダノンシャーク
カレンブラックヒル


天皇賞・秋から圧倒的な内容で3連勝を飾り、現状は世界最高のレーティングを得ているジャスタウェイ。いずれもペースや馬場の状態により上がりを要すレースになっており、それまではレッドスパーダを相手に取りこぼしていたように、速い上がりの勝負になれば取りこぼす危険もあると思っていた。しかし、今回は不良馬場。土曜の芝戦では直線もバラけており、末脚不発の懸念は良馬場より低下したと考えられる。海外遠征後の初レースという以外に死角は見当たらない。


土曜の芝戦は逃げ・先行馬でも直線で馬場の三~四分所に持ち出し、後続も内目を避けていた。ただ、ガラ空きの内を突いた馬でも上位争いに加わる程度の見せ場は作れており、力さえ足りていれば勝ち負けになりそうな感じもあった。グロリアスデイズは3年連続の出走となるが、前2年は高速馬場に対応できなかったもの。地元の香港では条件戦でGood to Yieldingの馬場状態までしか経験がないが、当時は届かないような位置から差し切り勝ちを決めている。今回ほどの極悪馬場に対応できるか未知数ではあるものの、少なくともスピード負けした前2年より条件は好転するはず。何より鞍上のモレイラが魅力で、無駄なコース取りをしない外国人なら、内がガラ空きになる今の馬場状態を利して勝利をさらうことがあっても。


乗り役という面ではフィエロにも注意したい。岩田も外を回すより内にこだわるタイプの乗り役。7枠13番と外目の枠ではあるが、強めの先行馬がそろったこともあり、馬群の切れ目から内へ潜り込むこともできそう。人気薄の気楽な立場もあり、直線では大きく空く内を狙ってくる可能性が高い。フィエロは実績不足で格下の身だが、2走前に道悪のオープン特別を完勝しているし、ジャスタウェイを除けばもともと低レベルな路線であることからも、あまり気にする必要はないように思う。





グランデッツァは道悪のスプリングSを快勝し、皐月賞では1番人気に推された実力の持ち主。皐月賞は5着に終わったが、今になって戦績を紐解くと、2000mは1ハロン長かったのかもしれない。マイルは今回が初めてになるが、むしろ好都合なのではないか。ダノンシャークは好調教。昨年の3着馬であり、マイルでの信頼性も高い。速い馬場だと最後にひと押し欠けるが、道悪なら逆にジリっぽさが生きる。溜めが利けばカレンブラックヒルも面白いが、前走だけで完全復活なったかは判らず押さえまで。





※TBは必ず返すようにしていますが、技術的な問題で反映されない場合があります。ご了承ください。

Comment