顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #100 京成杯/日経新春杯

2006-01-14 17:24:48 | 競馬
記念すべき100回目の予想が、なんともショボい顔ぶれのレース。当たらない奴が言えた義理ではないけど。

京成杯
ジャリスコライト
ネヴァブション
シベリアンヒート
モエレフェンリル
  ニシノアンサー
  ディープウイング

まともなら◎ジャリスコライトが負けられない。道悪になっても上の2頭が上手だったので問題なかろう。相手は出世レースと化した寒竹賞からの連闘策が不気味な○ネヴァブション。3着に敗れたとはいえ差のない内容で走破時計も上々。これまで2000mのレースを4戦も経験しているのは大きいだろう。

良なら△モエレフェンリルが3番手だったが、京都を見ても回復は望み薄なので、パワーありそうな▲シベリアンヒートを鞍上込みで繰り上げる。鞍上超弱化の△ニシノアンサー、スーパーホーネットと接戦の戦績が光る△ディープウイングは休み明け不安で連下まで。


日経新春杯
マーブルチーフ
トウカイトリック
エルノヴァ
ストラタジェム
  スウィフトカレント

土曜の京都芝コースは前に行かないと話しにならなかった。各騎手も対策を立ててくるだろうが、長距離戦だけに序盤からペースが速くなることもないだろう。このレース2年連続2着している◎マーブルチーフの適性を疑う余地はない。馬場的に先行脚質なのは何より。しぶとさが身上で、少々早めに来られても粘り込める。

○トウカイトリックも鞍上が早めの競馬を口にしている。まさに比叡Sのレースぶりが今回のイメージにピッタリで、堅実な近走内容も好印象。▲エルノヴァは鞍上に恵まれた。頭を使うレースなら武豊に任せておけばよく、馬自身も相手なりに走れるので警戒は怠れない。消耗戦になれば豪腕起用の△ストラタジェム、△スウィフトカレントに上位進出の目もあるか。特に昨年の3着馬で近走も安定している前者には勝ち負けのチャンスも。

Comment

●太いの堅いの #99 シンザン記念

2006-01-08 19:55:15 | 競馬
シンザン記念
ロジック
エムエスワールド
イースター
メジロシリング
  ディープエアー
  リメインオブザサン

シンザン記念における武豊は、過去10年で9回騎乗して7連対(6勝)。目下4連勝中と抜群の相性誇る。年明けから開催3日間で早くも12勝、8日には7勝をマークと相変わらず乗れている。よって◎ロジックを軸に信頼。少頭数だけにペースも落ち着きそうで、先行できるのも有利だろう。相手筆頭は平坦コースでキレ味生きる○エムエスワールド。▲イースターは前走、追い出されてからの反応鈍く坂下で一瞬置かれた。この手のタイプは京都外回りの下り坂で後手に回ることがある。

ダートの新馬戦を快勝した△メジロシリングだが血統的には芝がいいはず。ダートでも強い勝ち方をしていたので、芝替わりでちょっと楽しみ。キャリアに敬意を表しつつ、走りに秀でたモノがない△ディープエアーと△リメインオブザサンは善戦止まりと見て連下まで。

Comment

●太いの堅いの #98 ガーネットS

2006-01-07 15:10:18 | 競馬
ガーネットS
コパノフウジン
ブルーコンコルド
ケイアイメルヘン
スターリーヘヴン
  オフィサー
  シルヴァーゼット

行きそうなのは内から△シルヴァーゼット、◎コパノフウジン、ディバインシルバー、ボタンフジの4頭。まず、軽ハンデとはいえ大外で持ちタイムもないボタンフジは消せる。ディバインシルバーは過去の実績で57kgを背負わされたうえ、休み明けは買えない和田厩舎でリスク大きい。コパノフウジンはクリスタルC2着があるようにスピード上位。ダートの方がいいが、スタート地点が芝というのも相手関係から有利に作用しそう。初ダートの前走でアッサリ逃げ切ったシルヴァーゼットは展開に恵まれたので今回が試金石。

○ブルーコンコルドのベストは1400m。1200mは少し忙しく59kgの斤量も微妙だが、前記4頭が先行する流れなら比較的ペースも落ち着く。追走に手間取ることもなさそうで格好はつけてくれるか。その流れで脚が溜まれば、前走でコパノを下している軽量▲ケイアイメルヘンのキレ味が侮れない。同様に、前々で捌く△スターリーヘヴンの残り目もフォローしたい。

Comment

●太いの堅いの #97 中山金杯/京都金杯

2006-01-04 14:36:12 | 競馬
中山金杯
カンファーベスト
ヴィータローザ
ブラックカフェ
アサカディフィート
  マイネルレコルト
  ダンスインザモア

前走内容やコース適性を考慮すると◎カンファーベスト中心が妥当か。メジロマントルが引っ張り、コスモオースティン辺りが早めに動くであろう展開的にも向くと見る。○ヴィータローザはGIIIなら大威張り。中山との相性も悪くはなく、鞍上込みで対抗評価。単穴は母系からグレイソヴリン系の血を引く▲ブラックカフェ。有馬記念は母の父トニービンの2頭が1着と3着、グッドラックHをウイニングチケット産駒が勝つなど、有馬→金杯の馬場連動説を信じれば候補は1頭のみ。基本的に中山しか走らない馬だし、53キロのハンデもいい。

一昨年の覇者アサカディフィートが末脚の安定感を増しており押さえ筆頭。父方はグレイソヴリンをさらに遡って一緒のナスルーラでパワー秘める。残り2頭は世代レベル判然としない明け4歳勢から△マイネルレコルトと△ダンスインザモア。レコルトの近走は結果伴わないが内容的にはそこそこ。不運な面も見られるので巻き返しに警戒。ダンスは代打の田中勝と手が合いそう。母の父がアサカと同系という点もポイント。


京都金杯
オレハマッテルゼ
アルビレオ
キネティクス
グレイトジャーニー
  メイショウオスカル
  ディアデラノビア

◎オレハマッテルゼは前走内容が秀逸。前が塞がり追われたのは最後の100mほども、一瞬の隙を見逃さず鮮やかに抜けて出た。オープン特別で明らかに力量上位ならGIIIでも足りるはず。○アルビレオの前走も惜しい内容。こちらは包まれて動くに動けず脚を余してしまった。引き続き手綱を取る岩田の意欲、昨年2着した馬の地力に期待。キネティクスは京都コースの適性高く、過去[1121]と好相性の池添に手が戻るなど条件揃った。展開ハマれば。

安定感出てきた△グレイトジャーニーは、シンザン記念を制した舞台で上位進出も。前走は実質トップハンデで4着と地力示すもマイル微妙な△メイショウオスカル、長休明けで初の古馬相手と条件的に厳しい△ディアデラノビアの牝馬2頭は連下まで。

Comment