顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドバイWCナイト 予想

2012-03-30 15:37:39 | 競馬
日本馬が出走するレースについて予想をば。


ドバイWC【波乱】
ソーユーシンク
モンテロッソ
ザズー
ゲームオンデュード
エイシンフラッシュ
カッポーニ


先行馬優位の傾向だが、今年は速い馬がそろったため、狙いは中位から後方の差し馬。ソーユーシンクは初ダートのBCクラシックでも見せ場を作ったしAWなら問題ないはず。相手は昨年3着でG前の脚が際立っていたモンテロッソ。フランスのトライアル(AWポリトラック)で高い適性を見せたザズーが不気味。重賞9連勝中のスマートファルコンだが、弱メン相手で価値は低い。それなのに注目を集めてしまい、逃げるため目標にもされる。後ろがけん制し合って仕掛け遅れない限りチャンスはない。とはいえ、能力を知っているトランセンドが放っておいてくれるはずもなく…。トランセンドの昨年2着は未勝利戦でもないようなスローペースに恵まれたもの。今回は見せ場もないだろう。


ドバイDF【混戦】
ダークシャドウ
カリフォルニアメモリー
アンビシャスドラゴン
エクステンション
ムシール
ムタハディー


実力伯仲のメンバー構成になったが、この相手関係ならダークシャドウにも勝機十分。不安は鞍上だけ。ライバルは3強そろい踏みの香港勢と見る。流れを読みにくい国際レースであることに留意し、年度代表馬のアンビシャスドラゴンより、カリフォルニアメモリーの自在性を評価したい。


AQスプリント【難解】
ジョイアンドファン
ソウルパワー
マーゴットディド
インヴィンシブルアッシュ
プロヒビット
ウォーアーティスト


直線レースは同じメンバーで何度やっても結果が変わり超難解。2年前の勝ち馬ジョイアンドファンの実績を買う。高齢馬だが今季好調で力は出せそう。トライアル2着惜敗も、内容よく臨戦から勝負気配を感じるソウルパワー、同8着ながら叩き2戦目のマーゴットディドはもともと安定感あり変わり身に期待。エーシンヴァーゴウは死にさえしなければ幸いな泡沫候補。


UAEダービー【惑星注】
ミックダーム
バラダセール
ラッキーチャッピー
キングレット
ダディロングレッグス
フォールズオブローラ


前哨戦のミックダームは行きたい馬を行かせ、離れて実質的に逃げる形から圧勝した。アルゼンチン牝馬クラシック2冠のバラダセール、ゴドルフィンがオーストラリアから連れてきたヘルメットは強力先行タイプ。再現を狙えそう。ヘルメットには距離が長く、失速ならバラダセールに残り目、共倒れならラッキーチャッピーの追い込みに注意。血統的に魅力あるゲンテンだが、距離や折り合いなど課題も多い。見せ場くらい作れてもいいが…。


ドバイGC【順当】
オピニオンポール
ミケイルグリンカ
フォックスハント
ザンザマー
カスバブリス
ジョシュアツリー


実績上位のオピニオンポール、ブリンカー装着で変わったミケイルグリンカの逃げ残り、上がり馬フォックスハント。前で流れに乗れて近走内容も良い3頭で順当と見る。月曜に蹄を傷めたなどと泣いてるマカニビスティーに出番はなかろう。

Comment

●太いの堅いの #237 高松宮記念

2012-03-24 15:14:42 | 競馬
オーシャンSで終始大外を回りながら小差4着のカレンチャンは予定を早めて使った事情も考慮するとかなり強い競馬をしている。事故さえなければ圏外ということはないだろう。相手探し。


高松宮記念
カレンチャン
ジョーカプチーノ
ダッシャーゴーゴー
アグネスウイッシュ
グランプリエンゼル
ロードカナロア


知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。2週間無料で利用できます。この機会にお試しください。


カレンチャンには香港スプリントで日本馬として史上最高の5着もある。それも、直線入り口で詰まり追い出しを待たされたもの。まともなら上位争いに絡めていた内容で、それだけでも実力の証明になる。ただ、先週やらかしてしまった池添の運気に不安があるので裏目は押さえたいところ。


馬場がどこまで回復するかにもよるが、ジョーカプチーノには真っ向勝負でカレンチャンを負かすだけの力がある。近年の高松宮記念はNHKマイルC上位入線馬の活躍が続いている。直線が延びて坂も設けられ、より東京に似た中京で傾向が強まることも。


新装中京の短距離戦ではサクラバクシンオー産駒の活躍が目立っており、ダッシャーゴーゴーにもチャンスはありそう。すっかり川田にスポイルされてしまったが、横山典に鞍上を強化したし一発決めても不思議はない。この前、中京に乗りに来た時は当たりまくっていた。


アグネスウイッシュは実績不足だが、武豊が終い勝負に仕込んでから良くなった。昨年の夏から目をつけていたし、山城S勝ち馬はカレンチャンやショウナンカンプなどG1級に出世した歴史がある。グランプリエンゼルはNHKマイルC3着があり穴に期待していたものの、デムーロが乗れなくなってしまい残念。連勝には敬意を表したいが、戦ってきた相手関係が微妙なロードカナロアは様子見。


※TBは必ず返すようにしていますが、技術的な問題で反映されない場合があります。ご了承ください。

Comment