三度のメシより…イタグレびっちゃん☆

イタリアングレーハウンド(イタグレ)わさび(♀)の大百科

その後のびっちゃんと今後のリハビリプラン

2011年10月20日 | 関節変形に伴う理学療法的アプローチ
1週間の静養を経て、再び診ていただきました。

(わ)包帯外れました

静養中の間、足を使おうとはするものの、4本足での歩行には至りませんでした。
包帯を外し、改めて歩様をチェックしましたが、まだ3本足の傾向は残っています。
この1週間まともに足を使っていなかったから、まだ違和感があるのか、それとも他に原因があるのか…。

触診も全く問題なかったため、今度は包帯を外した状態で様子見し、少しずつリハビリを再開していくこととなりました。



前回の診察で気がかりだったこと
●亜脱臼の可能性
●骨吸収の加速

について、これまでのレントゲンを診ていただきました。

その結果、骨切り前から、関節・骨量の状態に変化はなく、今回の悲鳴と足の損傷の関連は低そう、ということでした。

また、プレートについては、生体親和性のある素材(チタン)のものなので、それ自体が悪さをしているとは考えにくく、この骨の細さで、プレートを外すメリット・デメリットを考えると、プレートは残したほうがいいだろう(=この骨の状態でプレートを外すと、再々骨折の可能性のほうが高まる)とのご判断です。

骨が細く、筋肉も落ち、それゆえ骨に必要な栄養が行き届かない状況なので、理学療法的アプローチで骨強化をはかる、という方向性で様子を見ていくことになります。
諸事情で5月から中断していたプール(水中トレッドミル)によるリハビリと、マッサージを継続していきます。



週末から心機一転
改めて『リハビリびっちゃん、Re:スタート』 です
(わ)足を太くしないとね
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« イタグレの骨折は『骨が折れ... | トップ | リハビリ段階に至らず… »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラテトワ母)
2011-10-21 08:00:16
先生の話し、私も安心しました。トワもプレート入れっぱなしです。担当の先生(整形外科)プレートを入れっぱなしを反対かは その先生の考えも あるそうです(笑)昔と違うそうです。ラテのように強くボルトでとめている、プレートが太い、大きいは問題が有るそう。ひめさま、良い治療でも何が起こるかしれません!これは誰でもですよ。びっちゃん あまりはしゃがないでね(笑)
Unknown (nonko)
2011-10-21 09:02:19
包帯が取れて良かったですね。
わさびちゃん、すっきりしたかな。

リハビリびっちゃんを応援します!
Unknown (エクルの姉)
2011-10-21 18:28:41
リハビリびっちゃん、がんばれ~。
お散歩も大好きなわさびちゃんだし、ゆっくりだけど、確実に、良くなって行くに違いない!と私は信じていますよ。

余談ですが、昨日、エクルが急に足を引きずって歩くので、脱臼か!?と思ってお医者様に行ったらば、足はなんともなくて、熱が高かったのだそう。ちょうど、前日に1回下痢をしていたので、どうやら、腸の調子がよくなかったようです。それで、何で足?なんですけど、気がつかないよりはよかった。色んなシグナルがあるものです・・・。
良かったって言っていいのかな!? (ゆり)
2011-10-21 20:11:31
足の損傷の関連は低そうってこと、良かったです。
理学療法で、骨って鍛えることが出来るんですね。
プールにマッサージに、ひめさん、忙しくなりますね。
応援するしか出来ないけれど、ひめさんも、びっちゃんも、負けないでね!
らてトワ母さま☆ (ひめ)
2011-10-23 23:43:59
そうですね。プレートひとつにしても、先生によって、いろいろ見解がありますね。ワタシもいろんな説があるのは耳にしました。
わさびの骨はずいぶん痩せ細っています。
もしかしたら、らてあちゃんよりも細いんじゃないかしら?って思うくらいです。そんなんですから、私たちもプレートを取らない方向での治療のほうがいいな、と思ってたんです。
何がいい治療なのか…永遠の課題になりそうですね^^;
nonkoさま☆ (ひめ)
2011-10-23 23:46:10
ありがとうございます♪
見た目にすっきりしましたが、まだ足の違和感は残ってて…。
ちょいとやっかいな感じです…^^;(後日ブログアップします)
長期戦でがんばります!!
エクルちゃんのお姉さま☆ (ひめ)
2011-10-23 23:53:26
がんばり屋さんのびっちゃんですから、二人三脚でがんばっていこうと思います!
エクルちゃん、大丈夫ですか!?
跛行(歩き方がおかしいこと)って、いろんなシグナルがあるんですね。
実はわさびもこうなる少し前から、跛行の傾向があったんです…。今思えば、すぐに先生に診てもらってたら、状況が変わってたかもしれませんね。
ご両親はそういうシグナルを見落とさず、すぐに先生に診ていただいたことで大事に至らなかったんですものね。
素晴らしいです!!
ゆりさま☆ (ひめ)
2011-10-23 23:56:40
よかった、でいいと思います^^
やっぱり、3度目の骨折となると、ワタシの心も折れちゃいますから…^^;
ただ、ちょっとやっかいな感じになってるので、今は家でのマッサージが一番の重要課題です…。
早く理学療法ステージにまで持ち込めるようにしたいものです。

コメントを投稿

関節変形に伴う理学療法的アプローチ」カテゴリの最新記事