日々好日・いちよう

ちょっとした日々の一コマです

紅オクラ花咲く

2018-07-14 | 趣味・遊び
昨日書いたオクラ
今朝起きて見ると、黄色い花が咲いていた。



ちっちゃ!
10㎝以上になる筈が、たった5㎝程



しかも、株にひとつづく
同じような大きさ

夕方には萎むだろうと思っていると
一時半に見た時はもう・・



栄養不足か?
暑くて咲き急いだせいか?

この暑さで肥料を買いに行く気にもならず
夕がたの水やりだけではいけなかったのか。

残っているカリ肥料で我慢してもらおう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクラの勢い

2018-07-13 | 趣味・遊び
今日の暑さは殺人的
ひるまえに1.5㎏先から歩いて帰ると
汗みずく。
途中の木陰で何回か休んで帰り着いた。

そんな苛酷なベランダだが
焼ける程の暑さの中でも
オクラは元気そのもの



棘だらけの芽の中から蕾とおぼしき形が出来てきた。

    

葉っぱも日陰になるとピンシャンと広がって来る
食べられる実も、芙蓉のような花も楽しみ

この勢いで育って行く・・でしょう

これから楽しみ・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田中修著「植物のかしこい生き方」

2018-07-12 | 読書
新宿西口の帰り、本屋さんによった。

    

地下道に面するBOOK1st、このところお気に入りの店
迷路のような売り場がジグソーパズルのようだが
なれてしまえばそれも楽しいし
本が見つからなければ、検索のパソコンが幾つもある。

残念ながら、お目当ての本は無かったが
諦めがたく、新書版のコーナーで見つけた一冊



田中修著「植物のかしこい生き方」SBクリエイティブ刊
 ー欲張らず、無駄に戦わず
  したたかに生きる知恵ー

動物と違い動けない植物、苛酷な競争環境で絶滅しないで繁栄する

 朝顔:他の花と違う早朝に咲き、昆虫を独り占めする
 福寿草:寒い季節に花の中央に暖かさを集めて、昆虫を居心地よくさせる
 ドクダミ:抜かれても地下茎(家族の絆)で繁殖するしたたかさ
・・などなどだが、文末に人の生き方を加えてある。

なんか説教臭いなあ、と思っていると帯の後ろに
「40才を過ぎたら、生き方は植物から学ぼう」とあった!
がむしゃらに競争して進むより、知恵を絞って賢く生きよ、だった。

 1-戦略的に闘わずして生き延びる
 2-環境に即した知恵と工夫・・等等

美しいと愛でたり、早起きのご褒美に思えたりする植物には
人智を越えたしたたかな戦略があった。

そんな思いで見る花々は、今までとは違って見えそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンナ

2018-07-11 | 自然・風景
遊歩道の所どころに咲いている「カンナ」



色鮮やかで、夏の間咲きつづける。
子供の頃は流行っていたのか、多かった気がするが
今は家の庭で見かける事は少なくなった。



遊歩道の緑のトンネルの先に咲いている。
この暑さのでは、緑のトンネルはオアシス
一気に汗が引くスポットです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別飼育牛肉

2018-07-10 | 生活
先日牛肉を送って頂いた。



特別飼育された赤身肉

元居候に声を掛けると、休みだったのでやって来た。
一人暮らしを始めたばかりなので、会話は途切れない。
お肉に着いていた美味しい調理法を
ジックリ見ていたにもかかわらず
ーホークで突き刺して柔らかくーを忘れ
それでも、お塩は寸前かフライパンの中で振るは忘れずに
性急にひっくり返さず、ジックリ焼いた。


(盛り付けが酷い)

野菜を添えて、ビールとジュースで乾杯!

ダメな調理にも関わらず、
臭み無し、柔らかくミディアムに美味しく出来た。


「おかずの作り置きをするのね」と言いつつ
セッセとお持ち帰りをこしらえていたっけ。

一人暮らしでもきちんと朝食は食べて
野菜不足にトマトを箱で買っているとか。
「それの方が安い」
経済観念もしっかり身に付いているようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和田堀池悲喜こもごも

2018-07-09 | 自然・風景
先週の和田堀池



水面は綺麗に澄んでいる。
水辺に浮かぶ小鳥達は見えず、烏も鳴かない

子ども達がザリガニを見つけていた横に



ザリガニ回収用のザリガニポット
開けて見ると、ザリガニが三匹
お家で買っていたザリガニか?

子ども達も池のかい堀に理解を示しているのかもしれない。

浮き島に白い鳥
和田堀池で生まれたアオサギ3羽



池の噴水を定位置にしている(?)母親も健在
シュッとスタイルのいい母親と違い
子達は羽が乱れて情けない姿
そのうちにカッコ付け屋さんになるのかしら?

善福寺川の改修はズンズン進み、
5日に通行止めが解除されたエリア

    

右手にはテニスコートに使われている湧水池に繋がる隙間も出来て
集中豪雨の対策は着々と出来ている。

外来種がいなくなり、鳥達が寄り付かなくなった和田堀池と違い
(在来種が増えたら鳥も増えるだろうが)
拡幅工事が終った善福寺川は魚やザリガニ何でもござれ
川床に玉石を敷き詰めて、川の生物を育み
カルガモ、白鷺、アオサギ鳥達の楽園となっている。

悲喜こもごものこの界隈です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隙あらば

2018-07-07 | 仕事・建物
近くの公園の一角

親水公演のフェンス



アルミの継ぎ目にちゃっかりと
隙あらば繁茂したい

もう少し先には



アケビに良く似たムベが育ち始めていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極楽池の生き物たち

2018-07-06 | 自然・風景
出掛けた帰りに蓮池に寄った。

蓮の花より種が目立つようになった。



スターウオーズのヨーのような?
頑張った本田選手の目のような(失礼!)



虚ろに空を仰ぐ

    

子供を抱く母親のような

葉の間を飛交う極小のトンボ

  

せいぜい3㎝程度のクロイトトンボ
沢山飛交っていた。



睡蓮も咲き出す極楽池(勝手に命名)
生き物達が嬉しそう・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三浦しおん著「あの家に暮らす四人の女」

2018-07-05 | 読書
先週読み終えた一冊、
三浦しおん著「あの家に暮らす四人の女」中公文庫刊



三浦しおんは9年前に「まほろ駅前多田便利軒」を読んだ切り
まほろばは便利屋さんの物語だった。


ヒョンなきっかけから赤の他人と暮らす事になった
刺繍作家のアラフォーの女性、母と2人暮らしだった。
人見知り、外出嫌いの傾向があり
新たな出会い(異性)など望みようが無いが
印象の薄い顔の同じ年頃の女性会社員と知り合い
祖父から受け継いだモダンな洋館の自宅に、同居する事になる。

その上、会社員の部下も転がり込んで
仲良く愉快な生活を送っている。

世間知らずの箱入り娘(?)が困ると
印象は薄いけれど、会社ではバリバリの女性が支える。

古屋の雨漏りがきっかけとなり、リフォームをすると
イケメン社長が工事に当たり(経師屋さん)
いい雰囲気になる・・・

箱入り娘は狭い世間でも付き合いに無駄が無い!


そんな物語を読んでいる途中、通りがかりの公園



変に羽根を広げた烏
近付いても、チョンチョンと避けるだけ
カメラを向けても警戒するだけで飛び立たない
何処か悪かったのか?

読み終えて、カバーを取ると
そこに烏(ビックリ)

烏はこの本の重要な役回り
家を大規模改修する予兆か?

読めば分かる烏のお話
・・・では無く、他人と暮らす四人の女のお話しでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お土産 名古屋ふらんす

2018-07-04 | 生活
先日名古屋出張の人に頂いたお土産



「名古屋ふらんす」
涼しげなブルーのパッケージ



フワフワの焼き菓子にお餅と抹茶やチョコがサンドされている。

名古屋の人は美味しいものを組み合わせて
意表をつく食べものの文化がある(パッケージの一文)
そう言えば「てんむす」も「ひつまぶし」も名古屋発だった。

名古屋ふらんすは焼き菓子にチョコの普通の組合わせに
お餅と抹茶を加えて日本人好みのお菓子に仕上げている。

美味しい一品でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粗大ゴミ顛末記

2018-07-03 | その他
6月になって、仕事場と打合せ室の要らない物を仕分をした。

出る物はゴミの山
粗大ゴミも沢山出てきた。

40数年使っていた本棚、解体しようにもガッチリ止まって小さくならない。
一人で運び出すのは無理
粗大ゴミ収集の人に取りにきてもらうよう連絡をすると
「下見に行きます」「普通のスティールの本棚ですよ」
よっぽど酷い物と疑われたのか?

1週間後くらいに下見の人4名も
「今日持って行ってもらえるのですか」
「今日は下見だけです」
本棚を確認して「職場体験の中学生が来ていいですか?」
そうだったのか、職場体験させる為に下見に来たのか

二つの本棚に確認の票をペタンコと貼って



ついでに2つの椅子も追加してもらった。

普通のルートの粗大ゴミと会わせて¥4.000円

それで先日職場体験込みの粗大ゴミ収集に来てくれた。

廊下にズラリと並ぶ人達、一二三・・総勢9名
(声を出して数えてしまった)
ピンシャンとしたお揃いの作業着を来た中学生に、世話役の大人達
小分けにした棚類を運ぶ中学生
大きな本棚をエッチラ運び出す大人
5分もかからずに綺麗になった。

緊張した面持ち中学生達だったが
お役に立てたかしら・・

足の踏み場も無いような部屋がスッキリ広くなったが
その後のこの暑さ
まだまだ手を入れなくてはならないのに
手つかず。

職場体験のお掃除屋さんなんて、いないよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三軒茶屋 にんじん塔

2018-07-02 | 仕事・建物
土曜日の梅雨明け以降、日差しは日に日に暴力的となり
午前中10分歩いただけで、汗ぐっしょりになった。


土曜日の昭和女子大の帰り道
本屋を探してキャロットタワーへ
あいにくの本屋さんは本より可愛い物達に力を入れていて
探す本は見つからない。

せっかくなので世田谷線を覗く



大昔は東横線の端っこから出ていたカエルさんだったが
今や立派な駅舎と人気のカラフル車両のなっている。

ついでににんじん塔の26階
レストランを囲む3方が展望台



六本木ヒルズを中に右に東京タワー左にスカイツリー
富士山は黒い頭だけが見えていた。



足元は、片付きようの無い密集地

カットガラスの向こうは魅惑的

    

ゆったり座っていられるので友達と来てもいいね。

にんじん塔の問題点は田園都市線とのアクセス



これからの季節、干上がったモニュメントを見ると
上がるのを躊躇したくなる。

この頃はめったに行く事の無い場所を旅先として
見物三昧・・

だけどお買い物は行き成れた新宿がいい
紀伊国屋で探していた本を見つけ
高野でおいしいパンを買って
ヘトヘトで帰宅しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和女子大公開講座・発達心理

2018-06-30 | 仕事・建物
梅雨明け二日の今日、三軒茶屋まで行って来た。

昭和女子大学特別公開講座
「乳幼児の発達心理学」
3年前から何回か乳幼児関連のセミナーに出席していたが、
今回はラビさんのfacebookで知り昭和女子大学は二回目になる。
(前回は4/14ベラスケス)

会場は緑溢れる庭園を見渡せるロビーの隣



講師は猫ちゃんと2人暮らしの松澤教授((心理学科・発達心理専門)

目が見えないと言われている生後1週間の赤ちゃん
人の顔(図形)を好んで見たり
立体画像や動画の刺激がある画像を見つめたりする。

3〜5ヶ月の赤ちゃんでも
善悪の区別がついたり
(意地悪をするぬいぐるみより優しい態度を取るぬいぐるみを好む)
自分と同じ好みのぬいぐるみに好意を示したり
大人と同じ価値観(?)を示す事にビックリした。

今まで聞いた発達心理のセミナーより
観念的でなく、実験に基づいた乳幼児の心理に感心しきりだった。



3階の会場の階段
赤ちゃんが見ると喜ぶか?
怖がるか?

炎天下を三軒茶屋駅へ戻りランチ



イベリコ豚の夏パスタ
エネルギーを充填させて午後、あちこちへ動き回った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早い梅雨明け

2018-06-29 | 自然・風景
今日は早朝から晴れ渡った空模様

昼前には柔らかな雲がただようだけ・・



帰り道、日傘をさしてノンビリ歩いていると
突風に襲われて、傘がおちょこに・・
見上げる空ほど優雅な下界ではない。

5階から見える、多摩の山並みの上には固まった雲



帰り着いてネットを開けると
「梅雨明け」(とみられる)
平年よりも22日も早いそうだ。

この暑くって、長い夏をどう乗り切ろう?
大好きなエアコンをフル稼働で頑張ろう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮の楽園2

2018-06-28 | 自然・風景
昨日も立正佼成会蓮を見に寄った。

強い日射しの中、今朝咲いてもう散っている蓮



蓮の葉陰で作業中の叔父さま

    

今年は早くて、5月29日に咲き出した、とか・・
「他ではまだ咲いていませんよ」「そうかね」

そんな話をしている間にも、
根元にシュッとスプレーを吹きかけたり
屈んだままあちこちに移動して世話をしている。

おかげで炎天下でも気分は涼風



他の人も写真を撮っていたっけ・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加