日々好日・いちよう

ちょっとした日々の一コマです

ブリタカートリッジ価格

2021-04-17 | 生活

随分と前から浄水器を使っている。

水道水に多くの不満があるわけではないが
うっかり、水道水でお茶を淹れてしまうと
どうしてもカルキ臭が鼻につく

浄水器は定期的のカートリッジを変えなくてはならないが
同じ物でも取り寄せ方にかなりの差がある。

今回は破格の価格のところから取り寄せた。

3000円以上していたのが2500円台
しかも送料無料!

だけど、パッケージなし

    

段ボール箱にコロンと3個
これも問題なし

だけど先ほど見たら2500円を切った価格で箱付き
箱はいらないけれど、値段てなんなんだろう??

せっかく幸せな気持ちになっていたのに、、
再チェックしなければ良かった!!

コメント

トウカエデのシデの絨毯

2021-04-16 | あ〜〜あ

近くの運動公園

シンボルツリーのトウカエデの下が
薄緑の絨毯のよう

見上げるとトウカエデ
花の後の蘂?(しで)か花が落ちていた。

目立たないけれど花が咲いていた?

桜の蘂は赤いけれど
唐楓だって薄ら緑の蘂か花が降り積もる。

コメント

トウカエデのシデの絨毯

2021-04-16 | 自然・風景

近くの運動公園

シンボルツリーのトウカエデの下が
薄緑の絨毯のよう

見上げるとトウカエデ
花の後の蘂(しで)が落ちていた。

目立たないけれど花が咲いていた?

桜の蘂は赤いけれど
唐楓だって薄ら緑の蘂が降り積もる。

コメント

パイナップルが安い訳

2021-04-15 | つぶやき

先だって買ったパイナップル

    

丸ごと一個で170円もしなかった。

早速芯をVカットして食べた。
甘酸っぱくって美味しい!

朝日新聞に、中国が台湾に嫌がらせをして
パイナップルの輸入を締め付けている、、と載っていた。
曰く害虫が見つかったと、

おかげか、日本では安くふんだんに食べられるし
害虫はいなかったし、美味しかったし、ありがたい。

中国もミャンマーも世界から外れると
先行きろくなことはない、、はず。

だけどとっても得をした気分。

コメント

おやつは控えめに!

2021-04-14 | つぶやき

昨日の新宿
ニトリで家具の下見を頼まれていた。


ついでに、高島屋の地下でパンを購入
ペックというパン屋さん
種類が多くなくてどうかな?
少し心配

家の近くで牛乳を買うついでに、おやつに手が出る

ファミマのエクレア
美味しかったけど、
高島屋のパンが気になる。

全粒粉パンにソフトフランスパン
全粒粉パンの山形のところを切って食べた。

美味しい!
パサツキがなくってしっとり

気がつけばおやつ以上の量を食べて
お腹がいっぱい!

おやつは控えめが一番だった。

コメント

新宿南口、落差が面白い

2021-04-13 | 自然・風景

今日もまた新宿南口のタイムズスクエアーに行ってきた。

用事を済ませ、ついでにお買い物をして
1階から出た

甲州街道の高架橋から先を見る
左手が新宿東口
中が新宿三丁目方向
結構猥雑な界隈
高架橋を抜けると

一転モダンな新宿駅南東広場
落差が面白い。

コメント

ネズミもち

2021-04-12 | 自然・風景

椿に似ている葉っぱ

年末には実がなって

    

2月になると、ポロポロ落ちた。

ネズミのフンに見えるらしい
で、ネズミもち

良く見るとマウスに見える
ネズミに似たパソコンのお供ね。

コメント

満開のハナミズキ

2021-04-10 | 自然・風景

昼食後冬物をクリーニングに出した。
たった2枚!
真冬は何を着ていたのか?
オーバーコートもダウンコートも数日袖を通しただけ
滅多に外出はしていなかった!
自宅で洗えるものだけで過ごした冬だった。

コロナが怖くても、春は巡ってくる。

神田川沿いの公園

ハナミズキが満開

真っ白で青空に映える

白く見えるのは萼と思うと味気ないけれど、、

神田川を行きつ戻りつ
運動公園はいつもより若者の姿が多い

貸切のようだ。

下って善福寺川沿いに帰ってきた。

コメント

野菜の花壇

2021-04-09 | あ〜〜あ

運動教室の帰り道
いつもの未来公園で給水休憩

ついでに花壇を散策

さやいんげんの花が咲き、実も成っていた。
手入れ中のお兄さんが「写真を撮ってくれるなんて」嬉しそう。

そら豆も、パセリもびっくりするほど元気
ジャガイモも芽を出し始めていた。

    

正真正銘の菜の花

畑の野菜だって十分干渉に耐えられる。

コメント

大根の花

2021-04-08 | 自然・風景

近くのお宅で満開の花

真っ白な大根の花

    

植木鉢?火鉢?から
育ちに育って、背丈ほど
食べるつもりだったのか?
花を愛でるためだったのか?

和田堀公園は膨れ上がる緑一色!

コメント

菜の花にぽっかり穴?

2021-04-07 | 自然・風景

近くの善福寺川の公園

菜の花が咲き乱れている。

洪水対策の遊水池のはずが
菜の花に占拠された。
通りすがりの人は「ノラボウだって!」

あきる野名産の野菜が、なんでこんなところに??
数年前からこの辺り一面に増えてしまった。

もっと不思議なのは、真ん中がぽっかり空いていること
ミステリーサークル??

道路から除いても原因がわからない
柵によじ登ったり、石の上から見た結論?

真ん中には大きな石があった
何個かの石を避けて繁茂した菜の花

「綺麗だね〜〜」
自転車で通る人もつい止めてしまう。

今が盛りの菜の花です。

コメント

草原は息を吹き返す

2021-04-06 | 趣味・遊び

今日は寒い一日
久しぶりにエアコンをつけた。

いつもは大勢いる原っぱは静か

近くでは

    

ぺんぺん草が花盛り

    

タンポポの綿帽子が可愛い。

公園の植物たちには良い休憩日
踏みしだかれた草原は息を吹き返している、、

コメント

柳広司著「風神雷神」上下巻

2021-04-05 | 読書

先週末に読んだ上下巻
柳広司著「風神雷神」講談社文庫刊
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000348681

あの有名な俵屋宗達の風神雷神図屏風をモチーフ(?)に

俵屋宗達の生涯を物語にした。

柳広司の本は読んだことがないし
ミステリー作家といえども、関心の埒外だった。

本屋さんで見て試しに上巻だけ買ってみた。
が、読み終わって直ぐに下巻を買いに走ってしまった。

宗達は幼い頃から色々な絵の模写に熱中し
扇屋の俵屋に請われて養子に入る。
考えているときは、ぼ〜〜とし
周囲に「大丈夫かいな」と思われたりしたが
一旦描き出すと周囲のことが目に入らないほど熱中し
同じ絵を描いても他とは抜きん出た作品に仕上げる。

色々な作品の模写の機会に恵まれ
次第に扇屋の範疇以外の注文も入り
大きな屏風に描くようになる。

あの本阿弥光悦との有名なコラボ作品
俵屋宗達の鶴の下絵の上に光悦が歌を描く
以前見たことがある!

遠い江戸時代のお話が一気に身近になってくる。

あの出雲のおくにまで近しい間柄になり
びっくり仰天するが、
同時代を生きて来た人たちと納得させられる。

歴史上の人々が近くに感じられることはないけれど
小説になるとぐんとみじかな存在になる。

さらに、昨年三十三間堂でじっくり見て来た風神雷神
http://sanjusangendo.jp/b_2.html
きっと宗達も見たに違いない、
けれど鎌倉彫刻と違い、一面に漂うユーモア
怖くても、恐ろしくはない国宝

だけど小説では、いくつもの絵を描いているときの描写(物語)はあるものの
風神雷神図屏風は近しい女性3人が見ているだけ

意図的すぎる、、

びっくりする物語ではあり、良くぞ物語ってくれた、、

おすすめの一冊です。

 

 

コメント

公園だって笑っている

2021-04-03 | 自然・風景

今日は電話で起こされた。

会話の中で日曜日と間違えてしまった。
毎日が日曜日の副作用かも?

今日も今日とて公園散歩
久しぶりの善福寺川の遊歩道

満開なニワトコ
見えないほどのちっちゃい花が寄り集まって
黒い点々は種

遠目ではわからない精密さ

八重桜、近づけば本当に綺麗

    

自然林は芽吹きどき

    

公園だって笑っている。

 

 

コメント

はしゃぎにくい春

2021-04-02 | その他

今にも振り出しそうな空模様

昨日まではうらうらと浮き立つような陽気

駐車場の三角地はたんぽぽや春の種々が咲き誇る

運動場では石楠花が咲き出した。
緊急事態宣言が解除されて、立ち入り禁止のテープが剥がされ
春休みの若者たちが元気に駆け回る。

微笑ましい景色ではあるものの
ちょっと心配

浮き立つ春ではあっても、
一緒にはしゃぎにくい今日この頃です。

コメント