ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

SENDAI AIR PORT

2010年01月29日 23時33分12秒 | 鉄道&航空&宇宙
久しぶりに仙台空港に行ってみました。 貞山運河の写真を撮りに行ったのですが、せっかくなので飛行機が来るのを待って撮影! ついでなのでカテゴリーを新たに設けました。  AIRPORT なかなか他の空港に行くことは無いと思いますが・・・とりあえず。 写真を撮っていると、やはり昔の旅行会社時代を思い出します。 少なくとも国内線・国際線を含めれば、500回は乗っていると思います。 死ぬ思いをしたこともあ . . . 本文を読む
コメント (30)

母の目玉/遠野の昔話

2010年01月28日 16時53分17秒 | みちのく昔話
                                  定義如来五重塔 母の目玉 遠野昔話から・・・・ 昔、あったづもな・・・ あるところにとても仲のよい夫婦があったど。 ある時、がが様がさっとした風邪がもとでぼっくり死に、旦那殿ァ三度の飯も喉さ通らなくなったど。  ある晩、その家に若い娘が訪ねて来たど。 食う物も着せるものも無いからと断ったが「軒の下でもいいから」というので、気の . . . 本文を読む
コメント (18)

樅ノ木は残った 

2010年01月26日 20時30分11秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
樅の木は残った 来月、テレビ朝日系でドラマスペシャル「樅の木は残った」の放映があります。 そうです、あのNHK大河ドラマになった山本周五郎原作の「伊達騒動」を題材にした代表作「樅の木は残った」です。 また、伊達騒動のことを「寛文事件」ともいいます。 歌舞伎では「伽羅千代萩」(めいぼくせんだいはぎ)が有名です。 約2時間のドラマなので、どこまで表現できるかが心配ですがリアルタイムで見ていない私 . . . 本文を読む
コメント (18)

古事記・・・・You Tubu 1~5

2010年01月24日 12時39分13秒 | みちのく文化研究&歴史
1では、古事記の基礎知識をまとめていました。   日本神話 高天原の神々の物語    イザナキ・イザナミの国生み   アマテラスの天の石屋(いわや)・スサノオ ヤマタノオロチ退治・・・ この神話の原点が古事記です。(現存する日本最古の歴史書・国宝) 1300年前、誰が何の為に作らせたのでしょう。 和銅5年(712)1月28日「古事記が天皇に献上されます。 記事にするより見た方が早いので・・・最 . . . 本文を読む
コメント (12)

古代イスラエルと日本との密接な関係

2010年01月23日 15時03分52秒 | みちのく文化研究&歴史
写真は「みっちゃん」の2007年7月17日の記事から拝借しました。 今から、出勤なので事後承諾。 ピラミットとラクダの絵に注目下さい。何故京都の祇園祭りにエジプトなのでしょう。 その理由は、動画の番組をご覧下さい。 「あらはばき」のなが~い記事に書いてあるアラビアからメソポタミア~インド~中国~韓国~日本への文化の流れが、この番組でも裏づけするような内容になっていました。 記事を読まなくて . . . 本文を読む
コメント (16)

蛇・・・大嫌いなのに・・・・

2010年01月22日 21時45分20秒 | 国内の散歩道
先日の化女沼の蛇の話で思い出したのですが、大嫌いな蛇なのに写真の様な具合に蛇を首に乗せてしまいました。 これは、男の見栄なのです。 仕掛けたのは、下の写真のガイドさん!  玉泉洞に着くと連れて行かれたのがこの撮影場所、まずはガイドさんがパチリ! サービスだから添乗員さんもどうぞ! そこで私は、蛇は嫌いだから・・・・なんて言えません。 渋々・・・・ 笑顔で泣いていました。 う~~~~~~キモイ . . . 本文を読む
コメント (16)

「リゾートみのり」 パート3

2010年01月20日 18時30分36秒 | 鉄道&航空&宇宙
「リゾートみのり」    パート3 東北本線、国府多賀城駅付近にて・・・・ 平日は、小牛田駅発なので、土日の仙台発じゃないとこの駅は、通過しません。 天気が良くなったのでチョットスナップをとこのポイントへ来ました。 いつも土日には、ここや国府多賀城駅の上りのプラットホームには、鉄男君達がカメラを構えています。 珍しくこの日は居ませんでした。 これは通常のE721系だと思います。  . . . 本文を読む
コメント (24)   トラックバック (1)

化女沼 古代の里/大崎市古川

2010年01月19日 13時49分35秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
化女沼 古代の里  <古代の村> 化女沼(けじょぬま)と呼びますが、ばける女の沼と書くのは、一瞬ゾクっとしますね。 もうこの辺りは、雪で足場が悪かったので、化女沼の写真は撮らずに来ました。 ここには、やはり伝説があります。 そこで代表的な伝説をご紹介しましょう。 「照夜姫伝説」 昔、化女沼のほとりに長者が住んでいました。 長者には一人の綺麗な姫がおり、姫は朝に夕に美しい姿をその沼に映していまし . . . 本文を読む
コメント (22)

青麻神社 2 /仙台市岩切

2010年01月17日 21時26分37秒 | 仙台市内の散歩道
青麻神社2 一番手前で睨みを利かせていたのが、この一対です。 小さいものですが、どこか威厳がある。 鳥居の前のガードマン。 神殿に向かい右が吽形・・・ 興味深いのが・・・・前足を見ていただきたい。 右足を引いているのです。  左、阿形 こちらも対する左足を引いています。 指(爪)は4本、巻き毛は見当たりません。 尾は背中に背負うように真上に上がっています。 次の一体は、 . . . 本文を読む
コメント (14)

青麻神社 1 /仙台市岩切

2010年01月16日 21時45分55秒 | 仙台市内の散歩道
青麻神社 (青麻権現) 雨漏り殿から戴いた全国神社名鑑に記載がありました。 ここを訪れるには、理由がありました。 先日まとめた、定義如来を調べている時に、源氏方の青麻神社をお参りするときは、定義如来と同じ願を掛けてはいけないといいます。 そんな訳で、青麻神社を見たくなったのです。 2回行きました。「どんと祭」の前日13日と雪の景色は15日です。   鎮座地:仙台市宮城野区岩切字青麻沢三十二番 . . . 本文を読む
コメント (14)

加瀬沼/利府町・多賀城市・塩竃市

2010年01月15日 20時40分27秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
今年の加瀬沼公園 ここには、自然と四季と人とのふれあいがあります。 場所は一般的に利府と言われますが、実は塩竃市・多賀城市・利府町にまたがっているのです。 面積は、約102haあり、その中の18haを健康づくりやレクリエーションの場として近隣の人々に利用されています。 野球場やサッカー場のほか大型コンビネーション遊具や健康運動遊具など子供から大人まで誰も楽しめる公園です。 春には桜の公園 . . . 本文を読む
コメント (16)

小太郎/紅蓮尼「比翼塚」と三聖堂

2010年01月12日 14時37分45秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
松島「瑞巌寺」を正面に見て、左(西側)に行くと、円通院があり、そのほぼ向かいに、小太郎と紅蓮尼の「比翼塚」がある。 この写真をまだUPしていなかったので、ここで採用しようかと。 また、その隣に「三聖堂」がありますので、軽くご紹介いたします。 この小太郎と紅蓮の悲劇の物語は、以前の記事でご紹介しましたので、未読の方で興味があればご覧下さい。 「象潟/蚶満寺と紅蓮尼の松島こうれん」(悲劇の物語  . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (1)

小さな都会の夜

2010年01月08日 22時10分04秒 | 未分類
到底、仙台を都会などと呼べるはずも無く、敢えて「小さい」と入れたがかなり小さい。 今日は、所謂「花金」だが、この寒空にネオン街に出て歩く足並みも多くは無いだろう。 しかしながら「ゼロ」ではない。 酔漢が大虎に変身することもある。注:ブロ友の酔漢さんではありません。 大声を出すもの…リバースするもの…泣き出すもの…転んで怪我をするもの… そこには、様々な人間模様が見え隠れする。 寒空の下には、 . . . 本文を読む
コメント (17)

住吉神社/仙台市泉区西田中

2010年01月06日 21時59分27秒 | 仙台市内の散歩道
住吉神社 鎮座地:仙台市泉区西田中下田中15 祭 神:底筒男命・中筒男命・表筒男命 例 祭:11月第1日曜日 境内社:萱場神社(祭神・大山祀命、大巳貴神)・愛宕神社(祭神・火産霊神、軻遇土神)・法量神社(祭神・神少彦名命)・熊野神社・八幡神社・稲荷社(祭神・宇迦霊之命)・白狐社(稲倉魂命)・神明社(祭神・天照皇大神、豊受大神)・龍神社(祭神・素戔鳴尊)社名の最初の文字は正確には三水に大を書きま . . . 本文を読む
コメント (18)

緑のイスキア/Pizzeria Verde ISCHIA

2010年01月04日 23時37分41秒 | 山形県の散歩道
緑のイスキア/Pizzeria Verde ISCHIA 娘の住む、庄内は鶴岡に向いました。 娘のところに行ったカミさんを迎えに行ったのです。 今日は、宮城は晴れしかし、トンネルを抜けるとそこは雪国だったのです。 山形自動車道   鶴岡に着いたのが13時でした。 まず飯を食べないと・・・・「どこにしよう?」 以前娘に教えられたピッツァの店に行こうということになりました。 雪の中ですが . . . 本文を読む
コメント (18)