ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

加瀬沼と白鳥

2008年01月30日 19時40分31秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
車を降りると、白鳥が鳴いていた。 オッ・・・・いるいる 駐車場からは、土手があるので見えないのだが、白鳥の声は聞こえて来る。 どこかの夫婦が餌付けに来ていた。 餌は、米のようだ。  雁から鴨からウミネコまで楽して餌を戴こうと集まっている。 何羽いるだろう{%quesmark%}  さすがに鴨はネギを背負ってはいないようだ。 山の陰になるところは氷っていた。   白く見えるところが . . . 本文を読む
コメント

昔ばなし・・・「半殺し」「皆殺し」

2008年01月30日 19時25分26秒 | みちのく昔話
昔々・・・山間にお爺さんとお婆さんが住んでいました。 ある日のことです・・・一人の青年が旅をしていましたが、日が暮れてしまい一夜の宿を求めて来ました。 「トントン・・・トントン」  『あれ、今頃だれですかね~ お爺さん』 『どれどれ見て来よう』 お爺さんは、土間の戸を開けに立ち上がりました。 「こんばんは、日が暮れてしまい道に迷いました。 今夜泊めて頂くわけにはいかないでしょうか。 . . . 本文を読む
コメント

松島の島々・・・仁王島

2008年01月30日 19時16分00秒 | お絵かき
松島を跡にして四大観の一つ多聞山に向かいました。 . . . 本文を読む
コメント

松島の島々・・・千貫島

2008年01月29日 19時07分55秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
海水の浸食によって造り出されたこの島は、美岩、奇島が多い 松島の中でも特に印象に残る島の一つが、この千貫島です。 見えますか 中央にある小さい島です。 コンパクトカメラでは、次が限界です。 この島は、昔、伊達政宗公が湾内を遊覧したときに、この島の形の良さに感銘され 『この島を代の館に運ぶものあらば銭千貫をつかわす』 と申されたことに由来する説が有力だと思います。 PC . . . 本文を読む
コメント

松島:雄島 2

2008年01月28日 19時03分30秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
渡月橋を渡ると『磨崖仏』が見えました。 島には岩窟がたくさんあります。 芭蕉が奥州行脚する目的の一つとした。    松島は、奥の細道の中で「松島の月まず心にかかりて」とある。 湾内の水深は10メートルと浅く、いわゆる島は山頂が島として残っていると言う感じだろうか。 地核変動で隆起したり沈んだり、そこに海水が入り今の形になったようです。 この海水が引いてしまって田園に島が浮いてる . . . 本文を読む
コメント

松島:雄島

2008年01月28日 18時38分40秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
またまた、松島ですがどうしても案内しなければいけない島が・・・・ なんて言ってたら、260もある島を片っ端から案内しなくては・・・ 全部の島に名前が付いています。 恵比寿・大黒・毘沙門・布袋・・・・いずれ少しずつ・・・ 今回は雄島に行ってきました。 めっちゃくちゃ寒かったですが、青空で気持ちが良かったです。 陸地からは、あの朱塗りの赤い橋、渡月橋を渡ればすぐ島に渡れます。 島に . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

東北の方言

2008年01月27日 18時34分11秒 | おもろい看板&方言シリーズ
タイトルほど立派なものでは無いのであしからず。 以前、仙台弁の記事を書いた事がありましたが、濁音などがあるため漢字を使えず ひらがなばかりで、読みづらいものでした。 私の友達に、五所川原出身の人が居まして、よく津軽弁しゃべってみて と聞かれるので、自分でこれを話そうと決めている言葉があるそうです。 これです。 あっこのけんど、あさいってらんず、なのけやぐでねぇのぉ と話してあげるそう . . . 本文を読む
コメント

駅のアナウンスが訛ってましたねぇ~

2008年01月26日 16時41分23秒 | おもろい看板&方言シリーズ
ちょっと昔は、東北の駅に着くと、よく訛(なま)った駅員さんのアナウンスが駅構内や列車の中に響き渡ったものです。 その訛りのお陰で大きな間違いをしてしまったおばぁさんの話しです。 青森のおばあさんが仙台に行くことになりました。 青森から東北本線に乗り、仙台へ。 青森を出て間もなく、ある駅に着いたとき 『あさめし~あさめし~』ちょっと昔は、東北の駅に着くと、よく訛(なま)った駅員さんのアナ . . . 本文を読む
コメント (5)

暴風雪警報・・・・・散々な帰り道

2008年01月25日 16時05分20秒 | 未分類
いやいや昨日の帰り道・・・・・ 普段は、泊まり勤務が普通なので朝に帰るのですが、たまたま昨日は日勤でした。 だから帰りは、混雑が目に見えてます。 電車はダイヤが乱れ吹雪く吹雪く・・・近年の仙台は、温暖化の影響か?雪も少なく なりました。 久しぶりに吹かれましたよ こうなったらヤケクソでバックからカメラ出し、めげずに写真撮りました。 雪にも負けず、冬の寒さにも負けぬ丈夫な柱を持ち、し . . . 本文を読む
コメント

野蒜築港跡 打ち砕かれた夢

2008年01月22日 16時01分09秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
明治17年の台風で壮大な夢は、打ち砕かれ『幻の港』になってしまった築港跡が宮城県にある。 私がそこを訪れたのは17歳の頃だと記憶している。 友人に誘われ、その跡地を見に行った。 彼は自慢げに話してくれた。 『ここは、横浜のようなデッカい街になっていたはずなんだ。』 『築港跡を見に行かないか?』 そんな誘いに乗って自転車で行ったような気がする。 そこは、宮城県桃生郡鳴瀬町小野(現在の . . . 本文を読む
コメント

江戸時代/1日何キロ歩くの?

2008年01月18日 15時55分24秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
江戸時代の旅人は、1日に何キロ歩いたのだろう。 私は、最初こんな歌を思い出しました。 『♪お江戸日本橋七つ立ち 初上り アアコリャコリャ 行列揃えて あれわいさのさ こちゃ高輪 夜明けの提灯消す こちゃえ~ こちゃえ~♪』 最初の、疑問は七ツって何時? でした。 きっと暗いうちに出発して、高輪に着いた頃夜が明け、提灯の火を消したのだろうと想像がつきます。 調べているうちにいろんな事がわかっ . . . 本文を読む
コメント

大崎八幡宮 (宮城県:仙台市)

2008年01月17日 15時46分58秒 | 仙台市内の散歩道
社殿屋根 伊達家の話をしていると、切っても切れないのが大崎八幡宮でしょう。初詣やどんと祭(仙台での呼び名で関東あたりでは「どんど焼」でしょうか?も終わり静かかなぁ・・・と思いきや、観光バスが2台入ってました。団体でのご祈祷だったようです。 どんと祭には裸参りもあり、賑やかなのですが、生憎泊まり勤務で行くことが出来ませんでした。車で行ったので北参道から入ります。この鳥居は平成17年と新しいです . . . 本文を読む
コメント

松島今昔

2008年01月16日 15時40分09秒 | 仙台・宮城今昔物語
天守閣が見えますが、松島城観光ホテルの天守閣です。 しかしながら、2003年にその歴史を閉じ現在は天守閣は残されたものの、駐車場になりました。 天守閣をバックに撮った写真が我が家にありました。 昭和31年です。 マリンピア松島水族館です。 この写真も昭和31年です。 竜宮城のイメージですね。 . . . 本文を読む
コメント

松島:観瀾亭

2008年01月15日 15時37分01秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
小さい頃から両親に連れられ、幾度と無く訪れた松島です。 昔は、ヘルスセンターや松島タワーなどがあり、遊んだものです。 確か動物園もあったような? しかし、いまだにここだけは入った事がありませんでした。 チョット小高い山と云うか島と云うか、一段高い見晴らしのいい所です。 地元では、よくCMに使われる場所で、『白松がモナカ』さんもここじゃないかな(^_^)b? それでは、階段を上っ . . . 本文を読む
コメント

松島:五大堂 2

2008年01月13日 15時34分39秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
島の上に建てられた五大堂ですが、陸地から五大堂の間に小さな島が二つあります。 ですから、三つの橋を渡らないといけないのです。 それでは、入口の階段を上って行ってみましょう。 まず一つ目は、普通の橋ですが、他の二つは、『すかし橋』になっています。 説明文です。ご覧下さい。 すかし橋は、板を見てると怖く無いのですが、したの海を見るとふらっとバランスを崩しま . . . 本文を読む
コメント