ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

キリシタン殉教の碑

2017年11月30日 13時29分04秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
慶長18年(1613)江戸幕府によるキリシタン禁教令が行われ元和6年(1620)には仙台領でもキリシタンの迫害が始まりました。元和9年(1623)冬、ポルトガル人宣教師ガルヴァリヨ神父他8名の日本人キリシタンは奥羽山脈に潜伏中捕らえられ仙台に護送された。 同年大晦日、大橋の下の水牢においてまず2名が殉教翌元和10年(1624)1月9日ガルヴァリヨ神父を含む7名が殉教しました。 イエズス会のポル . . . 本文を読む
コメント

伊達の黒箱/寛文事件(伊達騒動)の資料

2016年03月17日 12時32分53秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
追記し、再度更新しました。 仙台藩の御家騒動である寛文事件又は伊達騒動と云われる大事件がありました。 伊達騒動(寛文事件)とは 江戸前期(1660潤オ1671)仙台潘伊達家に起こった御家騒動。 万治3年(1660)三代藩主伊達綱宗は所行紊乱(びんらん)の廉(かど)で幕命により、わずか二年で隠居を命じられます。 酒や遊興にふける綱宗に、藩の重臣や親戚の大名が注意をするものの一向に改善されませんで . . . 本文を読む
コメント (22)

宮床伊達氏「仙台藩五代藩主・伊達吉村」

2016年03月06日 18時21分59秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
旧宮床伊達家住宅 仙台藩一門、宮床伊達氏だが、四代藩主の綱村は父では無い、つまり養子に入ったわけだがその背景から記してゆきたい。 三代藩主である綱宗は故ありて21歳の若さで逼塞を命じられ、一生を江戸の仙台屋敷で過ごすのです。 このことを発端に始まった事件を「寛文事件」または「伊達騒動」という。これについてはHPに纏めているが、まだ書き足さなければいけないので、編集途中だが興味があればご覧く . . . 本文を読む
コメント (4)

臥龍梅 

2015年07月19日 19時28分11秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
昨日のブラタモリで放映されてツイッターにもUPされていたようですね。 あの政宗が朝鮮出兵の際に持ち帰ったという「朝鮮うめ」ですね。 実はあの宮城刑務所(若林城)の中にだけあるわけではありません。 下の記事は2009年6月の記事です。 ふたり・・・・西公園(桜ヶ岡公園) それから松島瑞巌寺にもあります。記事には書いていたのですが、梅の時期ではなかったので写真は撮りませんでした。 「瑞巌寺」 . . . 本文を読む
コメント (2)

私の先祖は日本のサムライ/支倉常長一行の子孫

2014年11月05日 16時59分09秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
それは、私のことでは無く、スペイン南部のアンダルシア地方のコリア・デル・リオという川岸の町で無敵艦隊や商船隊の玄関口と言われる地に残留した日本人がいた。 今ではマスコミ等で有名になりましたが、仙台藩・伊達政宗から遣わされた支倉常長を大使とする日本人使節の一部が残留しその末裔がJapon(ハポン:日本姓)を名乗ってこの地に暮らしているのです。 民間レベルでの交流も現在はあり、皇太子も訪問していま . . . 本文を読む
コメント (4)

仙台藩(伊達藩)歴代藩主の側室たち 3代~13代

2014年09月01日 22時54分57秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
仙台藩:歴代藩主の側室たち 藩祖政宗~二代忠宗 上記写真は瑞鵬殿にある、政宗から三代までの廟所が建っていますが、前回の記事で政宗の瑞鵬殿と忠宗の感仙殿の一部をUPしました。 この建造物は三代綱宗の善応殿です。 この写真ではわからないのですが、ある部分が違います。 この理由については私の想像で記事にしています。ご覧になりたい方はこちらにリンクします。  瑞鵬殿  三代綱宗の側室 ●三沢初子 . . . 本文を読む
コメント (2)

仙台藩(伊達藩)歴代藩主の側室たち 藩祖政宗~二代忠宗

2014年08月29日 21時19分29秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
藩主達は何故側室を持ったのでしょう。 当時の社会における藩主達には、側室は必要だったと言えるでしょう。 後継者を作ることは不可欠でしたが、それだけではありません。 多くのお子を作って、他の藩や家臣と縁組をさせることが自分の藩を守る一番良い手段であったのです。 正夫人たちは家柄の立派な血筋を重んじましたが、側室たちは必ずしもそれにこだわらなかったようです。 家臣の娘や浪人の娘など、その生ま . . . 本文を読む
コメント

仙台藩伊達家歴代藩主の正室たち

2014年06月14日 19時18分56秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
私たちが想像する藩主夫人の姿は、城中の奥深いところに居住し大勢の待女にかしづかれて暮らす高貴な婦人方というところではないだろうか。 当時の社会にあっては一般庶民から見れば、まさに雲の上の高貴な女性であった。 しかし、この高貴な婦人方は夫が支配する領国の城下町仙台を一度も見ることはなかった。 それは徳川幕府の方針で正夫人たちは勝手に江戸を離れることは厳しく禁止されていた。 そうでなくても藩主夫人で . . . 本文を読む
コメント (2)

伊達政宗の資質と歴史の因果

2014年02月19日 16時42分51秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
. . . 本文を読む
コメント (2)

支倉常長の名と大使抜擢の理由

2013年08月01日 23時22分26秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
通常、遣欧使節の大使と言えば、どの本にも支倉常長または六右衛門常長で記載している。 それはそれでいいと思います。私のHPでも当然「支倉常長」で通しています。 しかし、資料の中には、あれ「長経」とサインしている。?と気づくこともあります。 資料の中に現れる大使支倉の名前は以下のようである。 「五郎佐衛門尉」・「五郎佐衛門」・「六右衛門尉」・「六右衛門」・「六衛門」・「与市」・ 「長経」・「常長 . . . 本文を読む
コメント

瑞鳳殿

2013年06月20日 22時50分23秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
2008年に4話に分けていた「瑞鳳殿」を写真を差し替え一つにまとめました。 仙台市青葉区霊屋下にある瑞鳳殿に行って来ました。 この住所の霊屋(おたまや)もやはり、 ここに廟所があるからですね。 石造りの階段は。戦災をのがれ藩政時代からのもので、杉並木は樹齢370年余のものもあるそうです。 石段の途中には昔の「お手水」の跡地がありました。昔はここで身を清めたのでしょう。 そしてこの石 . . . 本文を読む
コメント (2)

ビスカイノが見た慶長三陸大津波(慶長使節派遣の布石)

2013年04月02日 16時13分23秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
※ビスカイノ(セバスティアン・ビスカイノ) ※金銀島探検記 支倉常長やサンファンバウティスタ号の話は以前記事にしていますが、後ほど追記したいと思います。 その前に、三陸沿岸の調査をしていたビスカイノ一行は慶長大津波を目撃していたのです。 ●ビスカイノの三陸沿岸の探索は1611年(慶長十六年)七月七日、徳川家康に対して日本の東沿岸の測量や造船などに関する朱印状交付の為の請願書を提出したことに始 . . . 本文を読む
コメント (4)

光明禅寺(光明寺:支倉常長の墓所の一つ)

2012年09月24日 21時27分42秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
過去の記事で支倉六右衛門常長とサンファンバウティスタ号について数話に分けて記載してきました。 墓所についても三箇所ある内の二箇所である大郷町のメモリアルパークと川崎町の圓福寺はアップしていましたが、光明寺の墓は記事にしていませんでした。 過去の記事についてはこちらをご覧下さい。 http://sanpomichi114.web.fc2.com/hasekura01.html 正門です . . . 本文を読む
コメント (6)

政宗の愛馬/後藤黒(五島黒)

2012年06月07日 07時28分41秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
書かなければと思いながら何年も経ってしまいました。 伊達政宗の愛馬が後藤黒という名前であることは、数十年前から知っていたのですが、記憶の中では、小牛田の家臣である後藤家から献上された馬でその逸話についてはほぼ覚えています。 そこで、ネットで検索するとやはり普通に知られているだけの話でした。 後藤家が小牛田である文章は無く、私の記憶と同じ記事は見つかりませんでした。 そこで、この家臣と馬の存在につ . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (1)

天麟院〔伊達五郎八姫霊屋〕/松島

2012年05月07日 18時01分09秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
松島の牡蠣祭り(2月4日)に行ったのですが、遅くなってしまいました。 瑞巌寺や五大堂は観光客も足を運びますが、瑞巌寺の両隣りにある、政宗の正室である愛姫の廟所 陽徳院御霊屋「寶華殿」や、二代藩主伊達忠宗の次男で、母は徳川秀忠の養女・振姫の子「光宗」廟所である円通院やこの五郎八姫の廟所を見学する人は少ないようです。 バスツアーでは、松島の観光時間は、昼食を含め2時間しか取れないのも原因の一つでしょう . . . 本文を読む
コメント (10)