ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

「ALFA-X」新幹線E956形電車

2020年10月26日 10時40分15秒 | 鉄道&航空&宇宙
「ALFA-X」

先日、利府の新幹線車両基地の横を車で通過したとき、見たことのない新幹線が・・・・
「ん?」「アルファーX」?鼻が長い。 敷地外からのスマホでの撮影ですのでイマイチですがUPしました。




北海道新幹線札幌開業を視野に360km/h営業運転が可能な営業車両の開発を目的とし、2019年5月から2022年3月にかけて、400km/h走行なども含めた様々な試験を実施する。
先端部分の「鼻」の長さが1号車は約16メートル、10号車は約22メートルあり、両端を異なる形状にしてトンネル進入時の車体への圧力などの違いを分析する。(Wikipediaから)


「ALFA-X」新幹線E956形電車

コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中秋の名月 | トップ | 胃腸の調子が・・・&メダカ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんごろう)
2020-10-27 23:07:37
写真を拝見しましたら、先頭車両の座席は3列なのでしょうか。閉塞感が無いと良いのですが。
しかし長い鼻ですね。愛称は「サルタヒコ」でしょうか。
きんごろうさんへ (ひー)
2020-10-30 20:15:20
詳しくないのですが、確かに先頭車両の乗車人員は30名のようなので少ないですね。でも運転席と鼻でそうとう長さをとるので座席数が少ないだけなのかも。
基本は2列と3列のようですね。
愛称を「サルタヒコ」がいいですね。
ナイスアイディアです。
こちらも冬の足音が..... (クロンシュタット)
2020-11-05 05:07:26
利府の駅からしばらく歩いた病院(地元の人にはすぐわかるでしょうが)で母が亡くなったため、心が痛む場所です。

利府の車両基地には、昔から実験車両が留置されていましたね。耳が出てくる車両とか。
直線区間が長い東北新幹線は、高速運転のための実験線の役割も果たしてきました。
実際の運用も、国内最高速であり、東海道山陽新幹線(長男の仕事先)では体験できない世界です。

先日の家族での帰省(両親の墓参)は、次男の車で向かいました。
だんだんんと、息子たちがメインの時代になってきたようです。

宮城の感染者数が、東京ほどではないにしろ、愛知や大阪、福岡を越えてしまいそうな状況が続きました。
毎日毎日、気にしていますよ.....
クロンシュタットさんへ (ひー)
2020-11-05 11:03:45
そうでしたか。
仙台の夜は、平年と比べて少ないとは言え、感染者の発表された年齢の通り20代から30代は馬鹿げた騒ぎ方をしており、なんとも感じていないようです。
夜遅くまでうろつき、終電に乗り遅れた若い女性たち(酔客)は「カラオケにでも行こうか!」と駅を出て行きます。
一人暮らしなんでしょうね。親御さんは何も知らないでしょう。腹立たしい日常が沢山あります。
最近、胃腸の調子が悪く職場を休んでいました。
もう少しで復帰します。

コメントを投稿

鉄道&航空&宇宙」カテゴリの最新記事