岐阜の住宅設計事務所の でいbyでい

岐阜の住宅屋 タマゴグミの日々の他愛もないことを綴ったブログです。

狭小地だからできること

2021-06-12 | 日記

内容には全く関係ないですが、

マチネの終わりにという映画をみました。福山雅治さんがギタリストとして出演する映画です。その中でのギターが素敵でなんという曲かと探しました。そして見つけた音楽がこれです。ニューシネマパラダイス ギターの音色が素敵で、これをピアノで弾いてみたと思い家内に簡単な楽譜を探してもらっているところです。

ピアノをお持ちのタマゴグミオーナーの方へ、伺ったときは披露します(多分1年後ですが・・・)

これにはおちがありまして・・・実は福山さんが弾いていた曲はこれじゃなくて、幸福の硬貨 だったんです。なんで間違えたんだろ?私の音楽音痴がばれてしまう。

 

さて本題です。

岐阜の狭小地住宅にサッシが入りました。YKKの樹脂サッシの納期が予定よりもかかりやっと入りました。

FIXガラスの筋交いの奥は外のデッキなのですが、そこにはポットに入れた植栽が入ります。

狭小地でも緑を感じならキッチンに立ちたいという奥様の願いを何とかかなえようと木を一本植えます。また、昼も夜もカーテンを閉めなくてよいように、そしていつも明るいように外部の壁はしっかりと作り、一部屋根をくりぬきました。

 

そして奥の部屋にも光が届くように、ハイサイドライトを取り付けました。北の部屋なのに結構明るい部屋となっています。

 

狭小地の家でも明るさと広がりをあきらめず工夫をすると、きっといい空間になると思い、チャレンジしています。

今月20日過ぎには、一ノ宮で狭小住宅の建前、そして瑞穂市で地盤改良工事が始まります。

ボチボチですが、着実にいい家を一棟づつ つくっていけたらと思っています。

 

 

追伸

タマゴグミのスタンドFM すでに17話目です。夫婦喧嘩を科学的に解明するという回もあり面白いと思いますよ。よろしければお聴きください。

スタンドFM

 

 

コメント

今年のプレゼント品 決定

2021-06-01 | 日記

こんにちは、タマゴグミの井手です。最近いい天気ですね。

昨日建てさせて頂いたお客様のところへ寄ったところ、工事の時残した木々の新緑がすごくきれいに見えました。

残しておいてよかったと思います。

 

先日の日曜日はタマゴグミのお隣さんの8周年記念にちょっとだけ参加してこんなものを作りました。

ヒノキのスマホスピーカー。

スピーカーと言ったら間違いですね。スマホの音を集約して指向性を変える装置です。

よって、最近すごく音が良くなったスマホに対しては効果が感じられなく、単なる「ちょっといい香りがする変な形のスマホ置き」です。

こんな時期ですので、一組づつボチボチと自作してもらいました。

20台チョットの準備をしていたのですが、出荷台数9台。つまり余っています。

で、考えました。

昨年もイベントがなにも出来なかってこの時期にプレゼント企画をしましたが今年もこれでやろうと。

今回、このキットをプレゼントします。オーナーさんとタマゴグミに登録している方には、数日以内にメールが届きます。ぜひご応募ください。

なお、限定15個くらいとさせていただきます。出荷までにはちょっと時間がかかりますがご了承ください。

また、事務所においでいただき作っていただくこともできます。遠慮なくお申し出ください。

 

再度、申します。

スピーカーとして期待はしないでください。念のために。

コメント

梅雨の合間にコンクリート打ちです

2021-05-25 | 日記

今年は例年になく早い梅雨入り。参ります。

今日は、一宮で基礎コンクリート打設です。

今日はこんなに晴天。ホッとしました。

コンクリートは水セメント比といって水の分量は強度に関わります。小雨でしたらいいもののまともな雨が降っていたら、施工はできません。

打設状況です。熱中症になるため、作業の時のみマスクはしていません。許してやってください。

コンクリートの一体打ちという工法で、基礎と立上り部分を同時に打ちます。それによって強度および気密と水密性が増します。この工法をやってくれる基礎屋さんは少なく、私はずっとこの業者さんに依頼しています。

通常2回コンクリートを打つのが1回なのでお安い・・・ことはありません。技術が結構いることと、特殊な金物を多用するので通常の基礎工事よりお値段は高いです。

このお宅も、許容応力度計算という方法で基礎や構造の計算をしていますがその計算結果に限りなく近づけるためには施工が大切だと思っています。この工法もその一環です。

さて、全体野写真を見てみましょう。

えっ?どこでやってるの?と思いますよね。

パン屋さんと お隣の家との間のほんの5メートルチョットの隙間です。

この間にタマゴグミの家が建つとなると結構ワクワクするのですが、工事はドキドキです。

今日も、歩道を通行止めしての施工周りの方々に大変迷惑をおかけしております。

 

ちなみにお隣のパン屋「たし算ひき算」さん。食パンがおいしいですよ!大人気で、毎日行列ができています。

このお宅が完成してお披露目の時にはいらっしゃった方にもれなく一斤プレゼントしたいけどそんな予算うちにはないか・・・

こんな感じで、工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

照明を着替えるという発想

2021-05-15 | 日記

まずは最近のタマゴグミは・・

一ノ宮 狭小地の現場、始まっています。 

とにかく近隣のかたにできる限りご迷惑をおかけしないようにと考えながら進めています。そろそろコンクリート打設。ちょっとゾッとします。

ガードマンをお願いして、歩道を通行止めにして・・・そして、ここからが重要!手を合わせて天に、「どうか無事に終わりますように。」とひたすら祈るという「神頼み工法」を採用します。

岐阜の狭小地の現場は安定期に入りました。

大工さんが床貼りをしています。今回もなかなか良い材料が入ってきています。今日は大工さんと巾4メートルを超すメインの開口部のおさまりについて話してきました。

私の意図を知ってもらい、大工さんと具体的にどのようにしていくのかを施工側と設計側からの考えをあわせていく行為です。

 

そして

こんなこともしてきました。

格子戸の桟を増やしてきました。というのも、この5センチ強の間から子猫さんが入ってくるのがわかりました。入ってきて出られなくなるものかわいそうですので、入ってこれないように加工をしてきました。

 

さてさて、本題です。

今日、スタンドFMの録音を女性建築士の奥野さんとやっていました。

今回は照明についての話になりました。照明ってどのように選ぶのがよいかという話です。

そこで、奥野さんからの提案がすごかった。「照明って着替えればいいんじゃない?」

人のように照明も季節によって衣替え。そんな方法を提案されました。

さすがです。

そんな話をしている タマゴグミスタンドFMはこちらです。 建築士たちの他愛もない話 照明について

 

 

コメント

タマゴグミのウッドショックの影響は

2021-05-02 | 日記

ウッドショックって聞いたことありますか?

日本の家の半分以上(と表現しておきますが結構多くです)が海外からの木材に頼って造られています。

コロナショックで流通が不安定な要素とアメリカや中国の好景気(なぜなんだろう?)によって日本にその木材が入ってこなくなりました。

ホワイトウッドやベイマツといった材料で造られている家は今後着工できない状態になっています。

 

タマゴグミはこの10年以上、岐阜県産材 それも倉知製材の材料をずっと使っています。https://www.youtube.com/watch?v=g3XlBEQTzZY

そのおかげで、材料は何とか回してもらっていますので 今後も着工できないという状況はま逃れています。

ただ、今まで外材を使っていた工務店が国産材に回ってきていますので、価格高騰と工期の遅れが発生しそうです。

価格はできる限り弊社で吸収してと思っていますが、今後どうなることやらです。

 

個のウッドショックを機に、国産材の需要が高まることを願っています。そうすれば、安定供給と品質のさらなる向上が期待でき タマゴグミにも恩恵が回ってきます。

みんなで、国産材をもっと使いましょう。

 

さてさて、タマゴグミの状況はというと

家と家に囲まれたところで建前を行いました。

このように長細い家のばあい、光をどう取り込むかがポイントになります。

そこで

こんな感じで屋根の途中に段差をつけて、光を取り込んでいます。こんな感じで入ってくる光はなんか幻想的でいいですよ。

 

瑞穂市では

地鎮祭を行いました。

お客様にはウッドショックの説明をして、工期が少し伸びるかもしれないとをお伝えしました。

 

そして、

一宮で建てさせて頂くお客様とショールーム巡りに名古屋へ。

テレビ塔周りが変わってから初めて行きました。

こういうところへ行くと、ついつい飲みたくなるのですが我慢をして帰りました。

名古屋は戦後の都市計画で広い道路がいくつもあります。そのために町が道路で分断され、つながりが薄くなっていたような気がします。

このように道路の真ん中に商業施設を作ることでつながりがある街に戻ると面白いですよね。

 

さて、今日の夕方は タマゴグミのホームオーナーさんたちとオンラインでグダグダ食事会です。何人の方が集まってくれるんだろうか・・・ゼロだと嫌だな。

 

コメント

ラジオもどきをやっています

2021-04-19 | 日記

ちょっと前にstand.fmというものを教えてもらいました。

インスタとかyoutubeとかと違って営業には役には立たないと思いますが、なんか面白くてここ数週間で8本ほど更新しました。

 

写真は、stand.fmの画面です。

岡崎の幸設計建築の奥野さんと他愛もない話を1回につき30分ほどダラダラとしゃべっています。

内容は、「リビングって何?」とか「子供部屋って何?」とか 旅行の話とか。

よろしければ一度聞いてみてください。なぜ私が建築士になったのかも話しています。

 

stand.fmタマゴ屋さん

 

 

コメント

ゾクゾクっとする土地

2021-04-15 | 日記

まずは写真を見てください。

ゾクゾクっとしませんか? 

郊外での工事が多いタマゴグミですが、数年に1度から2度は町中の土地があります。 今年はそのあたり年で、岐阜市内と一宮でこのような土地に恵まれました。

 

今日も朝6時半に道路を止めて重機搬入。入れたら重機でいっぱいの土地。今回は隣地の関係で砕石工法は使えず鋼管杭としました。

この場合奥から杭を打って重機は下がってくるのですが、入り口近くは反転して敷地内から杭を打ちます。ということは、杭の高さが地面より出たらアウトですので出ないように杭を土の中に埋め込みます。そのために基礎形状も変えました。

と長々と書きましたが、要は涙ぐましい努力をわかってもらえればということだけです。

このような敷地の場合、警察に道路使用許可役所に道路占用の許可をとりながら仕事をします。

弊社島田君は最近手慣れた様子で、役所や警察署をはしごしています。

今月末は岐阜市内の狭小地の建て方です。材料搬入のために道路を通行止めにして行います。

島田君が頑張っているなか、私はというと、

以前大規模リノベーションをさせて頂いたお宅の奥様の依頼で、絵をかけてきました。リノベーションさせて頂いてから10年ほど経ちますが、行くたびに「快適だ」とお褒め頂くのでついついお邪魔してしまいます。

こんなことや

 

7年ほど前に建てさせて頂いたお宅の戸車の交換に行ってきました。戸車も5年ほど使うとすり減ってきて動きが悪くなります。あたらしい戸車をもって、取り替えてきました。

 

こんな日々を送っています。

 

 

コメント

なぜか似たお仕事が重なるのです

2021-04-05 | 日記

最近の行動を書いていなかったので少し紹介します。

今年は狭小地のお宅が重なっています。

岐阜の現場では

コンクリート打設をしました。

ポンプ車を設置するために前面道路を通行止めにして作業をしています。建て方はいつものレッカーが使用できず、ポターンクレーンという電気式のものを使用する予定です。

一ノ宮の現場では、地鎮祭を行いました。ここも狭小地です。さらにはムチャクチャ街中です。建て方はポターンクレーンすら使えずに、ホイストクレーン(と言われても解りませんよね)を使います。

最近気づいたのですが、同時期に何らかの共通点がある家を造らせていただくことが多いです。何かあるんでしょうね。

そして、

空き家再生の現場では、構造補強を行っています。

大工さんには、「やりすぎじゃない?」なんて言われていますが、構造計算をするとどうしても補強が必要と判定が出てそれに従い行っています。

4月末から5月頭にかけて、一度内部を皆さんに見て頂ける機会をつくろうと思っています。

 

最近ウッドショックというものがおこりだしています。

外国産材の木材が手に入らなくなってきたそうです。それで5月以降の着工が止まるともいわれています。

タマゴグミの場合、構造材は100%岐阜県産材ですので今のところ問題はありませんが、そのうち影響を受けると予想しています。

ウッドショックの理由は、アメリカ等の経済が復活して住宅着工が増えているとの理由です。

 

解らないんですね。なんで景気が良くなるのか? リーマンショックのようなことにならければいいのですが。

コメント

空き家住宅解体中

2021-03-14 | 日記

昨年購入した空き家住宅を解体中です。

この家はちょっと変わった家で、古い平屋をまたぐように2階建てにした物件です。

昭和43年の物件ですが、2階に改造したのは平成の初期。その部分の確認申請もあったので安心して購入しました。

 

が、、、、いい加減な工事がしてありました。

図面には筋交いが入っていたのに全く入っていない。そして

断熱くらい入れたってばち当たらんと思うけど。

こんな建築屋さんはこの時代にはいないと思うけれど(多分この家をやった工務店は消えていると思う)これをみると憤りを感じます。

 

そして決めました。

今後中古住宅や 空き家住宅を買われる方のために解体してみたらこんな感じだったという実際の状況を見てもらう機会を作ります。

そしてどんなところに注意をして買ったらよいのか、そしてどんな改装をしなくてはならないか、そんなことをお話しできたらと思っています。

 

この現場、今後は基礎の補強に入ります。

 

コメント

見学会の会場の様子です

2021-02-26 | 日記

穂積の家の見学会ですが、明日27日 土曜日までです。

実は、、、土曜日の予約がガラガラです。(普通、こんなと書かないか)

よく考えればわかることでした。

完全予約制で連絡はメールのみ、見学会の開催を2週間行えば後半は誰も来なくなることを。

けど、今回はせっかく飾りつけをしたので見て頂きたくて。

ということで、ダメでもともとで案内をします。

 

ご希望の方は、土曜日でもいいので連絡ください。

058-372-2575です。事務所から近いので、おいで頂く30分前にご連絡いただければ見学可能です。

時間は 朝10時から夜9時までです。 夕方からはアプローチをライトアップします。雰囲気いいですよ。

 

 

中の感じは

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

えっ?これだけ写真を見れば十分 行った気になれるって?

し、しまった アップしすぎたか。

 

まあ、そんなこと言わずにぜひおいでください。

来ていただいても、残念ながらクオカードもお菓子も出ませんが・・・

 

ご連絡はこちら

info@tamagogumi.com

もしくは電話058-372-2575(毎日朝9時から夜9時まで)

よろしくお願いします。

コメント