岐阜の住宅設計事務所の でいbyでい

岐阜の住宅屋 タマゴグミの日々の他愛もないことを綴ったブログです。

丸テーブルを作成しました

2022-05-27 | 日記

瑞穂の家、もうそろそろお引渡しです。

お客様へのプレゼントとしてテーブルをつくりました。

コンパクトな空間には、全ての位置が正面の丸テーブルがよく似合うと思い作成しました。

Jパネルという杉のパネル1枚から天板と脚を切り出し組み立てました。

脚には10度の角度をつけ、小さなテーブルに安定感を感じるように仕上げました。

あかん、広角レンズを使うと変だ・・・

こんな感じで配置しました。

脚をもっとキャシャにつくれればいいなとちょっと思いますが 結構いい出来だと思います。

 

上の写真は、瑞穂の家の2階部分です。

 

そうそう、丸テーブルに焼き印を押す動画を作ってみました。

よろしければどうぞ .

タマゴグミのyoutube

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここ1ヶ月半の行動は

2022-05-18 | 日記

いや~サボりにサボりましたね。

言い訳がましいですが、資料をご請求いただいた皆様には週に1度、家の勉強メールをタイムリーな内容で送っています。

前回は「スタグフレーション時代での家のつくりかた」について書きました。

また、今月末にはシークレット見学会もご登録いただいている方のみにご案内して開催します。

ぜひこの機会に資料請求をしてください。資料請求はこちらです。 タマゴグミの家づくり勉強セット

 

さて、一か月半、写真とチョットコメントでお楽しみください。

鶉の家はお引渡しが終わりました。

車をとめるために、庭は建物に平行ではありません。それがまたいいのです。

内部は

こんな感じで仕上がっています。

 

そして、犀川の家は

お引渡しに向けて、最終段階に来ています。屋久島杉が感じよいですね。

そして、

羽島の平屋を着工しました。と思ったら1か月半のうちに

建前まですみました。

倉知製材所が吟味した杉とヒノキの家、今回も美しいです。

そして、

羽島の中古再生住宅 (タマゴグミのモデルハウス)が再開しています。外壁には杉板を貼る予定です。

それと、

6月から始まる大垣の家の地縄張りをしてきました。

 

ついでに

フランクロイド・ライトさんが昔つくった迎賓館なんかを見てきたりしています。

次回はもうちょっと内容があるモノにしますね。

取り急ぎここ1か月半のご報告まで

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

机のつくり方

2022-03-26 | 日記

今日は、午前中は鉄くず回収と業者への持ち込み、お昼からはずっと机や棚やステップや・・・を作っていました。

そしてなんか忘れているような気がして、ふと思い出しました。

家の言葉の勉強メールと 気まぐれメール 本日発送だったのに忘れました。。。すみません。

明日の夕方以降に送ります。

 

さて、作っていた机についての解説です。

 

家の見学会を行わせて頂くと、私が押しつけがましく机を作ってプレゼントしています。

お客様からの要望は、高さと大きさ それ以外の要望は受け付けません。

天板はJパネルを使い、脚は残材を眺めながらその場で構想して作ります。奥様方が冷蔵庫をのぞき込んで、日曜日のお昼ご飯を作るような感覚ですね。

毎回作る机の形は変わります。

今回の机はこれ

以前つくったものに似ているのですが、今回やってみたかったのが脚の横使い。

脚は45㎜×105㎜の材料を使っているのですが、脚は今回の向きの逆に使った方がつくりやすいです。つまりハの字のほうに45㎜を向ける方法です。

ただ、そうするとどうしてもつなぎの材料とか部品点数が増えてしまいます。理由を説明すると長くなってしまいますのでやめますが、とにかく部品点数を減らしてすっきりしたものが造りたかったのです。

 

この脚は、こんな計算で出しています。

15度傾けていますので、机の予定高さをコサイン15°で割って出します。今回の予定高さは700㎜。

そして結果は

703㎜ 3ミリの誤差が出てしまいました。

けど、凄いと思いませんか? 丸のことお客様からもらったテーブルソーだけでこの精度。

机の角も

10度の勾配をつけました。机の天板に何となく「いらっしゃい」感をつけたかったのでやってみました。

明日、搬入予定です。

 

ちょっと話は変わりますが、昨日1週間前にお引渡しをした瑞穂の家へお邪魔しました、その時見た光景です。

階段横の本棚が・・・

まあ、こんな使い方もあるということで。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月19日・20日は岐阜市で見学会です

2022-03-18 | 日記

3月19日・20日は岐阜市で見学会です。

日曜日の午後に2枠空きがあります。ぜひおいでください。

お申し込みは 直接お電話058-372-2575へご連絡頂くか、ホームページの申し込みフォームからお申し込みください。

お申し込みページ

 

で、今日はやっとお見せできるようになった内部の写真を一アップします。

1階の感じです。床がチョット光っているのは荏油を塗ったばかりだからです。

そうそう、荏油また値上がりしました。18Lでなんと 凄い万円になってしまいました。

2階の様子です。2階はこのエアコン1台のみです。

チョット低めの天井は結構落ち着く空間となっています。

 

今日、作りました。

照明をぶら下げるための腕です。ワイヤーで釣っています。

こんな感じで仕上げています。

貴方のおいでをお待ちしております。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月19日 20日は岐阜市で見学会を行います

2022-03-12 | 日記

3月19日 20日と完成見学会を行います。

やっと形になってきたので、写真をのせます。

外部の様子です。

ガルバリウムと屋久島杉をあわせています。軒の下にも屋久島杉を貼っています。

いい感じだなとつくづく思います。

内部の様子です。

2階には間仕切りが一切ありません。30坪の家が一塊になっているような家です。

2階からの写真です。

まだ施工中でまともに写真を公開できないのが残念です。

見学会について詳しくはこちらを見てください。

岐阜の家見学会

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビオソーラーの効果

2022-02-23 | 日記

お昼に現場にて打ち合わせをしていたら、垂井で建てさせて頂いたお客様から電話が。

「また、玄関前の扉やりました~」

お子さんが元気で、玄関前の框戸のツインカーボをぶつけて破壊したとのこと急遽直しに行ってきました。

垂井だから、雪が積もっているかと思って長靴持参で行きましたが、こんな感じです。

聞くところによると、1週間前の雪の時は80センチ近く積もったそうです。

ちなみに屋根の上に木の手すり他見えるのですが、これは新幹線と伊吹山を見るための月見台です。

 

伺ったついでですので、24時間換気の掃除と床下点検も行ってきました。

床下の様子です。配管の上に白く積もっているのはホウ酸です。

右奥に縦にダクトがおりていて、半分カットされていますね。 あれが、ビオソーラーの吹き出し口です。

天気の良い日は、屋根で暖められた温度40℃程度の空気がここから吹き出します。

ビオソーラーの詳しい説明はこちらを見てください。  ビオソーラーは快適商品です

 

このビオソーラーってやつは、なかなか厄介で1年目は全く効果を感じません。(断言していいのだろうか?)

それは、基礎コンクリートがまだ完全に乾いておらず基礎部分に温度がとられてしまうからです。2年目、3年目と徐々に本領発揮するようです。

点検が終わり、今年の調子を聞いたところ

「エアコン、相当寒いときじゃないと使っていませんよ。」とのこと。

「夏も相当暑いときじゃないとエアコンはいりません。」とも伺いました。

実はこの装置、夏は朝方や夜の涼しい空気を床下に放り込むようにできてるのです。

 

ビオソーラーという仕組みは、数年前までは特許がかかっていました。特定の団体しか設置できず、なおかつムチャクチャ高価なものでした。

今は特許も外れ、昔の半額、いや3分の1程度の価格で設置できるようになりました。

お薦めですよ。けど一年目は残念な結果になるけど。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温熱検討会開催中

2022-02-22 | 日記

羽島市で春より着工するお宅の温熱環境の検討会をしています。

温熱の先生に来てもらってソフトを使いながら検討中の様子です。

性能はUA値0.38 G2レベル。とこんな数値自慢しても仕方がありません。

目標は居室で冬は15℃以下に落ちる時間を5%以下、夏30℃以上にはしない これを決められたエネルギー量で実現することです。

そのために、近隣の気象情報を1年分入力して何月何日にこの部屋は何℃になるかを出していきます。

結果が思うようにいかなかったら換気の方法を変えたり、窓に位置を少しずらしたり、庇の長さを変えたりいろいろしながら何度もシミュレーションを行います。

 

と、あたかも私がやっているように書いていますが、私はカメラのこっちにいます。そして彼らのお茶が切れないようにお茶くみをしたり、結果にチャチャをいれて「窓はやっぱりここだろ!」といい加減なことを言っているだけです。

 

と性能を検討していることを書きましたが、性能を検討すると必ず付いて回ることがあります。

窓は何のためにあるの? 間取りは何のためにあるの?

 

タマゴグミの考えは、窓は外と中をつなぐ重要な装置と考えています。

窓の開け方ひとつで居心地がころっと変わります。

窓をここにつければ、窓の大きさをこの大きさにすれば温熱環境はよくなると解っていても、その窓の持つ意図が崩れるのであれば私たちは迷わず性能を削ることを選択します。

今まではそれを勘でやってきましたが、今は数値を確認しながら行うようにした、ただそれだけです。

このようなソフトで新世代の家ができるようになった訳ではありません。

今までやってきたことが、数値化して見えるようになったということです。

この結果も実は、鉛筆をなめなめ(しませんけど)して書く最初のプランで決まっていたことです。

重要なのは、その結果を数値的に確かめてそれを感覚的につけていくことなんですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

椅子を一脚買いました

2022-02-16 | 日記

タマゴグミで建てられたお客様に 家具の設計をされている方がいらっしゃいます。

その方の会社から椅子を一脚購入しました。

凄く洗練されたデザインで、いい感じですよね。座り心地もよくておまけに軽い。価格もお手頃です。

この軽さなら、小学校高学年のお子様なんかにいいかもしれません。移動もお子さんで十分できるので一脚あればいろいろ使い勝手かあると思います。それに一生ものですので、ずっと使い続けることもできます。

アルダーという材料にこだわって作っていらっしゃる家具屋さんで そのこだわりを一緒にいらっしゃった工場長さんにしっかりと伺いました。

その工場長も以前は医療関係の仕事をしていて、ふと家具に目覚めてしまい専門学校に入りなおしてこの道に入ったとか、面白い方でした。

この家具屋さんは岐阜のikususuさんです。ikususuさんHP

 

家具と一緒にお客様から包みを頂きました。

「これ、家内から。」

おお~この時期、そして包み袋、さては・・・と考えていたら

「ああ、これチョコレートちゃうよ」と一言。

気になり、その場で開けさせてもらったら

一冊の本が。

そういえばこの前お宅にお邪魔した時、調子に乗ってピアノを弾いたんです。ついでに「わたし、楽譜一切読めません。音符がドレミで訳してある本を使っています。」と言っちゃったんです。

きっとその時奥様が私のことを不憫に思ったのでしょうね。

 

なんか気を使ってもらえるなんてムチャクチャ嬉しく感じています。ありがとうございます。

1年後には何とか楽譜が読める・・・といいなと思っています。

 

写真は西鶉の現場です。

3月中の完成を目指して進んでいます。

屋久島杉の外壁が結構いい味を出しいてます。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プランニング(間取りづくり)の完成は?

2022-02-15 | 日記

今日も一物件提案をさせて頂きました。

以前設計事務所ではよくやっていた分野の建物ですが、タマゴグミとしては初めての分野ですので提案を作るのにてこずりました。

べニアの価格がここ数ヶ月で倍になるというアホみたいな価格上昇の中、価格を抑えながらの間取りづくりは結構大変です。

何でここで写真かというと、文書だけでは何となく寂しいと思ったからです。それと・・・前回もいったようにポートレートという撮り方を覚えたので、使ってみたくて仕方がないのです。 写真は1週間ほど前に床下点検に伺った羽島の家です。

さて続きを

たまにお客様から「間取りってどうやって考えるの」と聞かれます。

その時は、「構造から考えます」とか「グリッドで考えます。」とか「土地が教えてくれるんですよ」とちょっと危ない話なんかをするのですが、まあ、本当は慣れです。

この仕事を何十年も繰り返しやっていますので、何となくできるのです。

 

じゃあ、敷地図と条件さえあればサッサとやってしまえるかというと、そうではありません。

実は間取りには完成がありません。こっちを建てればあっちが建たず、これをやればあれをあきらめて、そんなことの繰り返しです。

そして、全く鉛筆が進まないことも多々あります。 もしかしたら、私だけかもしれませんが。

 

間取りを作ってみたものの、それを見て「なんで、こんなもんしかできんのや!アホか。こんな家に住まわさられる人の身になってみろ!」と嘆くこともあります。いやいや、殆どがそうです。

で、途中2日ほど投げ出します。

そしてまた、方眼紙に向かいます。

以前書いた変なプランに、全く新しい線を一本二本入れてみます。

するとあら不思議、スルスルとまとまっていきます。そしてそのプランは「いいじゃん!」と納得できるものとなります。

もし、そうならなかったら、もう一度自分をののしって、また1日から2日ほど空けてから、間取りづくりに取り組みます。

 

昔、建築家の高松伸先生が「私の設計は、神が手を動かしているのです」と言っていました。

わたしもそうなんです。 ということはありません。これには理由があるのです。(高松先生は本当に神が手を動かしているんだと思います。じゃないとあんな設計できません。気になる方は「高松伸」とgoogleで画像検索をしてみてください)

 

私は実は脳の仕組みを利用しているのです。

まず、いいアイデアがなくてもとにかく思いっきり考えるのです。その時、しっかりと敷地図をみたり、ヒアリングさせて頂いた内容をみたり、今までやった物件をみたり、建築雑誌をみたり、とにかく真剣に一杯考えるのです。考える時には「絶対いいプランを作る」と思い続けています。

そして、その行為をやめます。

やめても実は脳は情報処理をし続けているのです。

その結果を得るために2日ほど後に、もう一度プラン作りに取り組みます。

その時、処理結果を導きやすくするために、変なところに線を入れて刺激を与えます。

 

なんか怪しそうな話ですよね。

けど、あなたも一度は経験しているはずです。ムチャクチャ悩んでいる問題が、トイレの中とかお風呂の中とかでフッと解決されたり、いいアイデアがわいてきたりしたことが。 それと同じです。

 

これは、私が考えた話でもなんでもありません。ある本から教えてもらったことです。

 

この内容の続きを今週のメルマガ「週間 家の言葉の勉強会」で送ります。

メルマガをご希望の方は タマゴグミに資料請求を頂くか、info@tamagogumi.comまで「メルマガ送れ」とお送りください。

資料請求はこちら

 

長い長い宣伝でした。

犀川の家の施工状況です。結構よい家になりますよ。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

床下点検回り

2022-02-11 | 日記

今日も床下点検を午前中と午後 2軒回ってきました。

午後の部はなんと・・・私が予定を間違えてご迷惑をおかけしてしまいました。

床下に潜るのは、主に3つの目的です。

配管の老朽化による漏れの確認。白アリの発生の有無。そして結露の発生の有無です。

本日潜らせていただいたお宅は、1つは10年以上前に建てたお宅、もう一つは8年ほど経過したお宅です。

床下に潜ると、その当時どんなことを考えて家を建てていたのかがよみがえってきます。

 

点検の後に、いろいろお話をさせて頂くのも楽しみです。あの時のお子様がもう高校受験に挑まれるとか、大学に進学したお子さんが帰ってこないとか。。私も2人の子供の父親、共感しながらお話を伺いました。

 

写真は午後からのお宅のものです。片側2車線の広い道路の真ん前に建っています。

道路からの視線や音などを防ぐために、一枚の壁をたててプライベートな場所を作るというコンセプトで作りました。

ちなみに写真がこんな感じなのは、最近ポートレートという撮り方を教えてもらって面白くて使っています。

これが壁一枚隔てた中です。

木のデッキが広がる緑豊かなプライベート空間です。奥様が草木を色々育てていらっしゃいました。

コンセプト通りに使って頂いている様子をみると嬉しくなります。

そして部屋の中では

おお、ボスがいる。

8歳のボスが我が物顔でそこら辺中を闊歩していました。

もうひとり

人懐っこい子もいました。

この子たちにとって結構快適な家とのこと。良かったです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする