岐阜の住宅設計事務所の でいbyでい

岐阜の住宅屋 タマゴグミの日々の他愛もないことを綴ったブログです。

本巣で完成見学会です

2018-06-16 | 日記

本巣の家、ぼちぼと見学会をやっています。
明日日曜日の予約状況は午後からまだ空いています。
ご都合のつく方は是非おいでください。
058-372-2575(夜9時までok)にご連絡ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本巣の家の見学会です

2018-06-13 | 日記

鷺山の家 臨時での扶桑の家 長良の家 そして本巣の家と毎週見学会を行っています。臨時の扶桑は別として、鷺山の家 長良の家とも10組以上のお客様が見学されホッとしていますが、今度は危ない。。。多分、

ですから、今回はおいでいただくのに必死です、と言いながら、唯一の連絡方法であるメールは開催3日前の明日 水曜日に出す予定。。

ぜひ、おいでください。

今回の家はなんと15分に1回必ず樽見鉄道が見れます!!

詳しくは タマゴグミ 本巣の家見学会案内 まで。

こんな写真が出てきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は岐阜市鷺山で見学会です

2018-05-15 | 日記
こんな感じで仕上がっています。
お昼から少し空きがあります。ご希望の方は058-372-2575まで電話ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見学会の案内をあげました

2018-05-15 | 日記

ホームページに見学会の案内をあげました。毎度のごとく完成前の状態ですので、いい写真があげられません。宣伝としては最低レベルです・・・

写真で見るより実物は結構いいので、ぜひ見に来てください。詳しくは ここをクリック 岐阜市鷺山の見学会

 

さて、最近のタマゴグミは、

岐阜市長良で建て方を行いました。

縦長の間取りですので、いつもどのように光を取り込もうかと悩みます。前方の部分は吹抜けを活用し、後方は屋根に段差をつけて窓をつけました。 また隣地からも少し距離をとり、東からも光を取り入れています。

そうそう、建て方といえば先日東京で建前を見学してきました。

私も一枚かんでいる新しい工法の家の3棟めです。その工法についてはいずれ説明します。

こんな建て方をみると、タマゴグミが日ごろ如何に楽をして建て方をしているかわかります。使用しているクレーンもピタゴラスクレーンといって途中からアームが折れる特殊なものです。

敷地26坪、「おいくらですか?」と聞いてみたら、「う~んここら辺は東京の郊外だからまあ安いほうかな、坪130万円で3400万円弱かな。」

はあ~13万円じゃなくて、130万円。畳一枚分が65万か・・・

 

土地と建物の総額は6000万円程度になるそうです。その費用をどのように捻出するか、実はこの家の一部を賃貸してローンの半分を捻出するそうです。

この方法は立地がよいから成り立つ方法なんだろうな、と思いましたが、よくよく考えてみるとどこでも成り立つ方法です。何かで魅力ある地域であれば可能性はあります。

 

次に、こんなこともしてきました。

目隠し壁を造ってきました。

外構屋さんにアルミ支柱のみ立ててもらい、そこに桧の板を止めてきました。

右に見える窓がキッチン部分で、その窓を気にせず開けられ、お庭を見ながら料理が出来るようにと思ってつけた目隠し壁です。

あと、

5月27日 日曜日のお昼から、半日だけこのお宅の見学会を行います。

案内は来週くらいにメールいたします。

 

今日は以上です。

 

見学会、来てくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本巣の家 なかなかいいですよ

2018-05-04 | 日記

今朝は本巣の家でお客様と打ちあわせ。

喜んでいただいているようでホッとしております。

直ぐ南には家が建っている敷地ですが、吹き抜けから光を落とすことで、室内を明るくしています。(といいながら逆光の写真を出すなんて・・・)

西には、たるみ鉄道が走り、その先は伊吹山。この景色を何とか取り込みたいと角を開けました。

けど、こちらは西側。夏はつらい方向になります。そこで、屋根付のそとの居場所を造り光を和らげる工夫をしました。施工はこれからですが、格子のとびらをつける予定です。

外から見ると

こんな感じです。

コンパクトだからこそ、無駄な場所をつくる。

それが、コンパクトな家を豊かにする方法だと私は思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満足頂いているでしょうか?

2018-04-27 | 日記

今朝は扶桑で外構工事の材料運び。

 南北に長く、南はベッタリ家が建っているという条件。何とか北が開いていたので北から光を取り込んでいる家です。

東に向いたバルコニーには網戸をつけてあります。虫が苦手な奥様が気候の良いときに窓を開け放てるようにです。

その東側にちょっと高めの目隠しを造り囲まれた空間をつくります。

周りに家が建っているときや、広い土地で全てをきちっと造りこむには莫大な費用が掛かるときに良く使う手法です。

要は、自分の視線をコントロールしてしまい小さくても快適な場所を作り出す方法です。

 

そして、この方は

お施主様です。

久々にお会いしたのでちょっと警戒されてしまいました。

ご満足頂いていればいいのですが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このごろの様子

2018-04-23 | 日記

ご無沙汰しています。

最初に、、

プランをお待たせしている方へ。本当にお待たせしていてすみません。もうちょっとでお見せできるかと思います。すみません。

 

と、私的な連絡をさせていただいたあとに、今の状況です。

 

鷺山の現場では、最後の追い込みに入っています・

 

ご主人の書斎になる あっ、間違った。先日現場にて奥様が「ここは私のスペース」と宣言されて急遽奥様の憩いの場になることになった吹き抜け横のスペース。天井がグッと下がってきており、結構よい感じに仕上がってきています。

今後は、機器の取り付けに入ります。

長良のちょっと目立つところで施工させていただいてるお宅ですが、本日より外壁の工事が始まりました。そとん壁の白を塗ります。白は汚れると思われるのですが、軒を出しておりますのであまり汚れません。年数がたつと結構よい感じになってきます。すみません、写真はちょっと前に行ったときのものです。

本巣の現場は、外壁が終わり大工さんの仕上げ段階です。すみません、写真がありません。来週末に足場が外れますので、そのときにアップします。

 

もうひとつの長良の現場では

鉄筋工事が終わりました。

構造計算をしてベタ基礎に地中梁を入れております。

他にも地盤調査をしたり、地鎮祭をしたり 造成をしたりとボチボチ動いています。

 

またこんなものも造りました。

ちゃぶ台です。脚をよ~くみてください。ちょっと斜めになっているでしょ。最近覚えた新しい技です。

理屈上は簡単なのですが、脚と天板をくっつけるビスを打つのが苦労するのです。

こんな感じで動いています。

 

そういえば先日現場で犬のサンボをされている近所の方が

「足場が外れてやっと全体が見えてましたね。気になっていたんですよ、タマゴっちの家。」

そっか~~ うちは今度は「タマゴっち」になったんだ。以前はタマゴクラブといわれていたんだっけ。

次はナンテ呼ばれるのだろう。 タマゴパックとかは嫌だな。

そうそう、配達の運転手さんが 「この現場(某大手)さんですか?」って間違えて荷物を持ってこられた方がいたな。「タマ」しか一緒じゃないのに。

 

追伸: 裏でやっと新しいブログが立ち上がっています。公開はしているのですがまだ不完全ですので、発表はもうちょっと待ってください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は一ノ宮で見学会

2018-03-25 | 日記

今日はのんびりと一ノ宮北方で見学会。
予約制ですが
午後3時から空きました。もしよろしければおいでください。
058-372-2575にお電話頂ければご案内します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここ数ヶ月のタマゴグミは(長いのでご注意を)

2018-03-08 | 日記

ご無沙汰しています。日本全国23名のタマゴグミファンの皆様お待たせしました。久々に投稿です。

全く投稿しなかったら、お客様より「どうかしたのですか?」と心配されてしまいました。これはまずいと思い、ここ数ヶ月の出来事を一挙に公開します。

ムチャクチャ長いのでお暇な方だけ読んでください。

まずは家づくりです。

昨年末から今年にかけて、4棟上棟しました。

まずは一ノ宮です。

ご夫婦だけのコンパクトな2階建て。キッチン、食事の場、居間、寝る場所。すべて段差があるバリアフリー時代にふさわしくない建物。。なぜ段差があるのか。それは部屋と部屋のつながりを分断させないためだったり、食事のときの外の景色を演出するためだったり、会話を楽しんだりするためだったり。きっといい感じに仕上がるはずです。

3月末ころにお披露目できる予定です。

そして次は

岐阜市鷺山です。

数年前より一緒に土地探しをしていたお客様です。金華山の見える場所でということでここに決めました。夜、食事をしながら晩酌が楽しく出来たらと言うご希望をかなえるべく、お庭と縁側、居間のつながりに工夫をしています。(とはいっても特殊なことはしてません)

外部は、シラス壁の塗り壁 内部は珪藻土という仕上げです。現在ご家族は高山に住んでいらっしゃって、私は打ち合わせと称して高山出張をさせていただいてます。おかげさまで高山で馴染みの飲み屋さんが出来ました。ありがたいことです。

そして今年になり

岐阜市長良です。

長良でも大変目立つところにありますので、お気づきの方もいらっしゃるかも知れません。そうです、あのスーパーの近くのあそこです。(ってどこやねん)

奥様はお料理好きで、そんな関係でお友達を気軽に呼べたらなというご希望。そこで、玄関を通らずお庭を通って食事の間へいけるアプローチを造っています。

白い塗り壁(ソトン壁)の素敵な家に仕上がる予定です。

 

次は

本巣です。樽見鉄道沿いに建てています。

4人家族のコンパクトな家です。南と東に家が迫っていますので吹き抜けを通して光が落ちるように工夫をしています。また、コンパクトなのに屋根付の4帖程度の外の居場所を造る贅沢さ。そのプランにご理解いただいたお客様に感謝です。

お子様は中学生と高校生の男の子ですが、これがまた素直でカワイイんです。

そして建設中は

扶桑町で3人家族と2人のネコさんの家を造っています。

久々に完全北向きの長細い家。2階リビングで造っています。窓を北に向けたからといって暗くなるわけではありません。結構明るいです。室内は珪藻土仕上げです。

 

お引渡しをさせていただいた家もあります。

ご夫婦お二人の家です。広大な敷地にポツンと平屋のコンパクトな家、いいです。

南の土間につながったロフト付の居間と、その居間につながった掘こたつ付の4畳半の畳の間、そして坪庭があるお部屋。それらの部屋を開け放したり、閉め切ったり出来る引き戸で緩やかにつないでいます。

私が住んでいる家は30坪あるのですが、もう子供の巣立ち夫婦2人だけです。こういう家を造らせていただくと、家内が「いいな~いいな~」とうるさくてたまりません。これから家を造られる方にアドバイスです。家は出来る限りコンパクトなほうがいいですよ。

 

そして

垂井でご家族4人の家をお引渡ししました。

この家は 2階の屋根の上に物見台をつけています。ここから見えるのは、目の前を走る新幹線と伊吹山。さらには、南に広い屋根付濡れ縁を作りその前に目隠し付のお庭を造りました(写真はつくっている最中です)1階2階とも大きな収納を持った家で、収納には困らないようになっています。

屋根にはビオソーラーをつけ、太陽の力を利用して家をほんわかと暖めています。

ビオソーラー いいですよ。私が新築するときにあったら絶対つけていた装置です。冬は床からほんわか暖めてくれて夏は夜から朝の涼しい空気で家を包んでくれる、そして単純な仕掛けで壊れにくい。価格は50万円から。ただ、太陽光発電のように金額的に元が取れる装置ではありません、あくまでも空間の快適性を安価によくする装置です。

 

岐阜市では

大きなガレージ付の家をお引渡ししました。

弊社島田がお客様と二人三脚でコツコツと仕上げていったお宅です。このお宅は、部屋数をきちっと確保しつつそれらを吹抜けでふわっとつないでいる家です。

このお宅にもビオソーラーを設置。結構効いています。

 

さてさて、こんなこともしてきました。

 母校の柔道部の名札掛を作成しました。私の名前も上の段の真ん中の下のほうにあるのですが、名札がいい色になっちゃって・・・・年齢を感じます。

 

 お客様と一緒に机用の天然板を探しに河合銘木さんに行きました。ここに伺うといつも圧倒されます。木ってこんなにでかくなるんだということを改めて感じます。

番頭さんが、安くてカッコいい板を探してくれてお客様も大満足。5月頃の見学会で見ていただける予定です。

 

 建てさせて頂いたお客様の家に、棚をつけにいってきました。

設置させて頂いた薪ストーブAgni-ccです。日本製の薪ストーブで杉などの針葉樹もOK、たまに弊社の廃材を持っていってもらっています。

私はこのデザインが好きで、薪ストーブを設置するお客様にはこの機種を勧めています。

 

 

 床下点検もボチボチとやっています。

 

 

そして年が明けて

 恒例の時期はずれ餅つき大開です。

お餅がベチャベチャになる昨年までの失敗を何とかしなくちゃと思い、今年は三重県から助っ人を呼びました。

やっと原因がわかりました。お米は蒸さなきゃいけなかったのですね。炊飯器の炊きたてご飯はダメみたいです。知らなかった・・

 

ちゃんと勉強もしています。

 エコハウスの勉強です。

受賞された家をみてデザインとエコが融合してきたような気がします。

 

 

次は、こんなところに行ってきましたシリーズです。

 

 久々にシアトルとバンクーバーに行ってきました。

写真はシアトル美術館の前です。行ってきた目的は、知り合いが家を購入されたということで見てきました。

 

 エバレットというボーイングの工場がある町です。

広い敷地には築50年以上の家、写真は裏庭から撮ったものです。

アメリカは家は中古だし土地が安いから・・と思われるでしょうか。この物件、日本円で1億です。

お金持ちだから買える、訳ではありません。買われた方は普通(よりちょっといい)のサラリーマンです。

簡単に言うと、アメリカは物件が買ったときより高く売れることと、物価が上がっているからこのような物件を安心して購入できると思われます。

 

そして年が明けて、毎年恒例の宮崎初詣へ

 関東と中部の建築屋さんや不動産屋さん数社が集まって毎年行っています。

年間売り上げが弊社の50倍以上の会長もいらっしゃるのですが お祈りするときは皆同じ、必死なのです。

 

そして

 高山にはお客様との打ち合わせで行ってきました。

古い町並みに、夜8時までやっている酒屋さんがあります。酒蔵ですからいいお酒を安く提供してもらえます。ここ、穴場ですよ。

 

そして、こんなとこにも行ってきました

 心が洗われる思いです。

 

こんな感じで、ここ数ヶ月をすごしてきました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ2つです  と 素敵なお部屋になりました。です

2017-11-26 | 日記

久々の登場です。で、お知らせです。

まず個人的なお知らせ。11月28日の夕方から12月3日の夕方まで不在のため、電話がつながりません。すみません。お急ぎの方は、メールite@tamagogumi.comにお送りください。

もうひとつは見学会のお知らせです。大垣のアパート改装の見学会ですが、12月8日から10日まで行なう予定です。4日ころに案内メールを送ります。

以上です。

 

さて、本題を。

昨日、1年ちょっと前にお引渡ししたお宅へ行ってきました。

こんなに素敵に育っていました。うれしかったです。

タマゴグミは壁の色を変えたり、模様のついた壁紙を張ったり、小さな物置や棚を作ったり、カフェスタイルにしたりという小細工は大変苦手です。テレビで流行っているびょ~んと飛び出す巧みの技も出来ません。というそういうことを極力やらないようにしています。それは、今後その空間がどんなふうに育っていくか、その育ち方に極力制限をつけたくないからです。

自然素材を多用するのもその理由からです。自然素材や自然にある色はなんか回りに馴染もうとして、存在感を消そうとするような気がします。

私たち住宅屋の仕事は、丈夫で長持ちする空間を作るまでが仕事で、その空間に個性をつけるのは住まい手の仕事だと思っています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加