オーケストラな食卓

オーケストラでフルートを吹いてました。食卓にもハーモニー溢れる料理を♪テキサス州ダラス在住。オーダーケーキ販売してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第二子を出産しました♪

2012-02-03 12:23:47 | ステキ!なもの
1月23日に無事赤ちゃんを出産いたしました。
3121gの元気な男の子です。
私のブログを時々覗いて「まだかな~」「産まれたかな~」と
気にかけてくださった皆様、ありがとうございます!

名前はこちらでは「Haru」と呼ばせて頂きますね。
これは日本名の短縮形ですがHaruにはもうひとつ名前が付いています。
ミドルネーム「William ウィリアム」です!
日本の戸籍には載らないけれどせっかくアメリカで生まれたので付けてみました。
音の響きが好きなのと、妊娠中にウィリアム王子結婚で湧くイギリスを
乗換で降りたので。

Haruはアメリカの国籍、パスポートを持ち、SSNも持てる点で
我が家初のアメリカ人!
思いきり日本人顔してますけどね(笑)
初、といえば血液型がAB型でした。
身内にはAB型なんていません。どんな性格になるのかしら~

よくお乳を飲み、兄が騒いでいてもスヤスヤ寝てくれる良い子です♪
3年ぶりの新生児、小っちゃくてフニャフニャでとても愛おしいです。

今回の出産も帝王切開だったのですが日本だと10日は入院したのに
こちらは3泊4日!
術後数時間でゼリーやスープが出され、翌日には歩行してシャワーも
浴びられるという退院まで超スピードでした。
でも痛み止めは強力だし、色々と合理的でアメリカでの出産は
日本より楽かなぁ、と感じました。
心配していた英語も80%は理解できましたよ~
ちゃんと痛みや必要なことを伝えたいんですもの、そりゃ恥ずかしがらずに
文法がおかしくたって必死に伝えます!
ナースの皆さん、みんな頼もしくて優しかったです♪

お部屋は完全個室で付き添いの方も寝られるソファーベッド付き。
ホテルなみにキレイ☆
広さなんて日本に住んでいた家の半分以上はあったぐらいですもの。
だからか入院費は超お高いです。
1泊10万はくだらないんじゃないかしら。手術費込めたら100万以上でしょうね。
たぶん会社の保険で大部分支払われるので安心ですが。。

今回、手術中もダンナさんは立ちあえました。
手術室はものすごく寒かったしやはり不安だったので手を握ってくれているだけで
とても心強かったです。
前回は手術室に入れなかったし、入院中も病院の方針で
パパは抱っこもさせてもらえなかったので、今回ダンナさんは
産まれる瞬間を見て、あのホヤホヤ超新生児を抱っこして
感動していました。

3歳になった兄、Ryuは「弟」の存在を「ベイビー♪」「ハル君♪」
と家族の一員になったのを少し理解しているよう。
ある時は自分のお気に入りの毛布やぬいぐるみをHaruの寝ているそばに
「はい、ど~ぞ」してあげて優しい面を見せたり、またある時は私が授乳していると
「ママ、もぅい~よ、こっちおいで~」とかまって欲しいと訴えたる事もあり。
可愛い兄弟を授かり、本当に幸せを感じています。
兄弟仲良く、元気に成長していってね。


3月頭まで母が滞在してくれるので、甘えつつ新生児のいる生活に
慣れたいと思います。
どうぞ皆様、これからもよろしくお願いします!
















Comments (30)