サランヘヨ 登山

登る男の山行き日記がメイン
ものづくり、わが家の飯、料理レシピ、手打ち蕎麦、韓国発見は映画紹介に日韓文化比較。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

007春野菜とあさりのマリネ

2010年07月09日 |   グラタン・ピザ・サラダ



ゆでた野菜はザルに上げて水分をとばす。あさりの塩分があるので、味をみながら加える。

あさりは砂出ししてよく洗う。
アスパラガスは根元の皮をむいて3cm長さに切り、ブロッコリーは小房に分け、ミニトマトは縦半分に切り、にんにくは半分に切って芽を取り、つぶす。
鍋にあさり、にんにく、白ワインを入れて蓋をし、強火にかけて沸騰したら中火にし、あさりの殻が開いたら、煮汁をペーパータオルで漉し、身を取り出す。
熱湯に少し多めの塩を加え、アスパラガスとブロッコリーをゆで、ザルに上げる。
ボウルにマスタード、白ワイン酢、塩少量、こしょうを混ぜ合わせ、バージンオリーブ油を少量ずつ加えながら混ぜ、ドレッシングを作る。
ドレッシングを少量残して、あさり、アスバラガス、ブロッコリー、ミニトマトを和え、あさりの煮汁の味をみて少量加え、よく冷やす。
(6)を器に盛り、残りのドレッシングをかける。

食材2人分

あさり 20個
にんにく 1片
白ワイン 大さじ2
アスパラガス 6本
ブロッコリー 1株
ミニトマト 6個
マスタード 小さじ2
白ワイン酢 大さじ1
バージンオリーブ油 大さじ3 1/3
適量
こしょう 適量
コメント

006シンプルサラダ&バケット 

2010年07月09日 |   グラタン・ピザ・サラダ

レタスは水洗いして水気をよくきり、冷蔵庫で冷やしておき、食べやすい大きさに切る。
ミニトマトは5mm幅に切る。ゆで卵を細かくカットする。
(1)のレタス、(2)のトマト、ゆで卵をのせ、ドレッシングをかける。
好みでパルメザンチーズやマヨネーズ、黒コショウをふる。
オリーブオイルを皿にとり、胡椒、塩をかける。
トースターでバゲットを焼き、取り出して食べやすい大きさに切る。
(4)のソースを付けていただく。
   
食材 4人分
レタス 1/2個
ミニトマト  1パック
ゆで卵
2個

ドレッシング

適量
バゲット(斜め1cm厚さ) 4枚
適量
コショウ 適量
黒コショウ 適量
マヨネーズ
パルメザンチーズ(粉)
適量
適量

☆パンソース
 
   
オリーブオイル 大さじ3
適量
胡椒 適量
 
 
 
コメント

005 焼きカレー

2010年07月08日 |   グラタン・ピザ・サラダ



【1】
にんにく、しょうがはみじん切りにする。玉ねぎ、にんじん、じゃが芋は一口大に切る。

【2】 鍋に油大さじ3、にんにく、しょうがを入れて中火にかけ、香りが立ったら玉ねぎを加えて
炒める。鶏肉を加えてさらに炒め、肉の色が変わったら小麦粉をふり入れて炒め、粉が
なじんだらカレー粉を加え、香りが出るまで炒める。
【3】 (2)に湯4カップ、スープの素、ローリエ、にんじんを加えて10分煮る。
さらにじゃが芋を加えて10分煮、ケチャップ、ウスターソース、しょうゆ、ガラムマサラ、
粗塩、こしょうを加えて混ぜ、ひと煮する。
【4】 耐熱皿に(3)を入れ、卵を割り入れてチーズとパン粉をふり、オーブントースターで
こんがり焼き色がつくまで7~8分焼く。ごはんを別皿に添える。

食材 4人分
鶏肉(こま切れ) 250g
にんにく 2かけ
しょうが (大)1かけ
玉ねぎ (大)2個(540g)
にんじん (大)1本(180g)
じゃが芋 2個(300g)
 小麦粉 大さじ4
 カレー粉 大さじ2+1/2
 スープの素 2個
 ローリエ 2枚
 トマトケチャップ 大さじ2
 ウスターソース 大さじ1
 しょうゆ 小さじ2
 ガラムマサラ 適量
 粗塩、こしょう 各少々
4個
溶けるチーズ 80g
パン粉 大さじ2
ごはん(温かいもの) 600g


  • じゃが芋は小さめにカットします。
  • 小麦粉は粉っぽさがなくなるまでしっかり炒めること。
  • 市販のカレールウがなくても手近な材料を使ってもOK。
  • ガラムマサラない場合はカレー粉で代用します。
  • レトルトカレーのアイディアにもおすすめ!
コメント

004 ピザ

2010年07月07日 |   グラタン・ピザ・サラダ



【1】
牛乳は耐熱容器に入れ、電子レンジ(500W)に1分かけて温める。
ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、粗塩、オリーブ油、温めた牛乳、ドライイーストを加え手でよく混ぜる。
【2】
なめらかになったら、手でよくこねる。ひとまとめにしてラップで包み、温かい場所に1時間おく。
または、発酵モード 35度で1時間発酵。
【3】
ソースを作る。フライパンにトマトの水煮、はちみつ、おろしにんにく、粗塩、こしょうを入れ、
中火で15分程度、水分をほどよく飛ぶまで煮詰める。仕上げにケチャップを入れる。
【4】
玉ねぎは薄切りにし、ハムは一口大に切る。アアスパラは3cm程度に切る
【5】 (2)の生 地を3等分し、手で引っ張りながら平らにのばす(空中で扱うとのびやすい)。
オーブンシートを敷いた天板にのせ、さらに直径20cm大に手で薄く押しのば す。
ソースをぬって玉ねぎ、ハム、アスパラ、ゆで卵それに、チーズを散らし、オリーブ油をかけ、
250℃のオーブンで約10分焼く。

 

食材 直径30cm  2枚 4人分
▼生地
 強力粉 200g
 砂糖 大さじ2
 粗塩 小さじ1
 オリーブ油 大さじ2
 牛乳 250ml
 ドライイースト 大さじ1
 薄力粉 150g

▼ソース
 トマト水煮(カットタイプ) 1缶(400g)
 はちみつ 大さじ1
 おろしにんにく 1かけ分
 粗塩 小さじ1
 こしょう
 ケチャップ
少々
大さじ2

▼トッピング
玉ねぎ


1個
ハム
アスパラ(茹でる)
ゆで卵
5枚(75g)
5本
3個
チーズ(シュレッド) 240g
オリーブ油 小さじ3

 

コメント

003じゃがいもグラタン

2010年07月03日 |   グラタン・ピザ・サラダ




ジャガイモは2mm幅の半月切りにし、ボウルに入れて分量の塩をし、水分が出るまでもみ、水気をふき取る。
耐熱容器にバター半量を塗る。
ボウルに小麦粉、ニンニクのみじん切り、牛乳、生クリームを混ぜ合わせ、塩、コショウ、ナツメグを加える。
フライパンにジャガイモを入れ、(3)を加えて火にかけ、沸騰したら中火で5分煮る。
(4)を耐熱容器に流し入れ、グリュイエールチーズと残りのバターを散らし、180度のオーブンで25分焼く。
(5)をオーブンから出して器に盛る。

(4人分)
ジャガイモ 800g
大さじ1/2
ニンニク(みじん切り) 1/4片
小麦粉 小さじ1 1/2
バター 20g
牛乳 1 1/4カップ
生クリーム 1カップ
ナツメグ 適量
グリュイエールチーズ(ピザ用) 50g
適量
コショウ 適量
コメント

002 小海老のドリア

2010年07月03日 |   グラタン・ピザ・サラダ

いただきました ★★★ です。!


マッシュルームは縦4等分に切り、ロースハム、赤ピーマンは1cm角に切る。
鍋にバターを溶かしてむきエビを炒め、表面の色が変わったら、マッシュルーム、ハム、赤ピーマンを加えて塩、コショウをして炒める。
(2)に小麦粉を加えて全体になじませ、ブイヨンを3回くらいに分けて加えてのばし、沸騰させてご飯を加え、一煮立ちさせ、塩、コショウで味を調える。
グラタン皿に(3)を入れ、スライスチーズをのせ、オーブントースターで表面に焼き色がつくまで焼く。
(4)を取り出し、パセリのみじん切りをふる。

(4人分)
ご飯 400g
むきエビ 200g
マッシュルーム 8個
ロースハム(薄切り) 60g
赤ピーマン 1個
小麦粉 大さじ2
ブイヨン 1 1/2カップ
パセリ(みじん切り) 大さじ1
スライスチーズ 8枚
バター 20g
適量
コショウ 適量
コメント

001 天然酵母パン

2010年07月02日 |   グラタン・ピザ・サラダ

イースト菌
 市販されているパンの多くは発酵のための酵母として純粋化学培養された 工業イーストを使用しています。
 イーストを使うと、短時間に大量のパンを 一定の品質でつくることができます。
 しかし、パンの味は酵母の培養基(酵母に与えるエサ)の善し悪しにより 大きく変わります。
 酵母菌だけ取り出して化学肥料で純粋培養したのでは、 せっかくの自然の味を失ってしまいます。

ホシノ天然酵母
 東京都町田市にある「ホシノ天然酵母パン種」という会社が、自然あふれる丹沢の地から、パンを発酵させる
 能力のある菌を採取し、数々の研究を重ねて作った酵母です。昨今の健康ブームで天然酵母は知れ渡り、
 有名になりましたが、この会社は1951年創業。意外にもホシノ天然酵母は歴史あるしろものです。

 
天然酵母で作るパンは、イーストを使った場合と比べて、香り、腹持ち、かびの つきにくさ、どれをとってみても
 すぐれています。そして、噛めばかむほど味わいが でるおいしいパンができます。
 また、一般のパンには小麦粉改良剤、乳化剤、酸化防止剤、膨張剤、保存料など 二十種類もの化学物質の
 添加を許されていますが、天然酵母を使ったパンづくりでは、こうした添加物を使用する必要がありません。

天然酵母菌はネットで購入 
   クオカ  http://www.cuoca.com/   
   3日ほどで配達、代金はコンビニから


生だねづくり
  パン焼き器に天然酵母菌の生だねづくりモード有り  24時間 で生種づくり、
  生だね出来上がり。2回分の分量

   


 生地づくり
  小麦粉に生だね・砂糖・塩などをを混ぜ練る。     1時間 

   


一次発酵
 夜12時頃にスタート一次発酵、28~30℃ 湿度80%、          6時間以上。
 早朝6時頃一次発酵完了発泡スチロールの中でうまく一次発酵が進む、
 小さい容器には熱湯が入っている外気温で湯量を加減

   

分割、丸め

   

ベンチタイム                    0.5時間

成形
  

仕上げ発酵  これも発泡スチロールで          1時間程度

  

焼成
 窯で焼く。手作りのパン焼き釜で200℃で15分、
 レンガの釜全体が温度上昇し完全に木が燃焼し煙が出ない赤い炭になっていること
 木が燃焼し切れていないでパン生地を入れると、煙が生地に移り色・匂いも悪くなる

   


コメント

009 クラブハウスサンド

2010年05月11日 |   グラタン・ピザ・サラダ

 


【1】  鶏肉は余分な脂をとり除き、身の厚い部分に切り込みを入れて厚みを平均にし、塩、こしょうをふる。
【2】 フライパンに油小さじ1を熱し、鶏肉の皮を下にして入れ、落としぶたで押さえながら、弱めの中火で6~7分焼く(途中、出てきた脂をふきとる)。返して身側を2~3分焼き、中まで火を通す。粗熱がとれたら、薄いそぎ切りにする。
【3】 フライパンをきれいにして油少々を熱し、長さを半分に切ったベーコンを炒め焼く。
【4】 卵は溶きほぐして塩、こしょうし、油少々を熱した小さめのフライパン(直径22cm)に半量ずつ流し入れ、弱めの中火で厚めの卵焼きを2枚焼く。パンの大きさに合わせて切る。
【5】 トマトは薄い輪切りにする。サラダ菜は葉をはがして洗い、水気をふきとる。
【6】 バター、練り辛子、マヨネーズを合わせてなめらかに混ぜておく。
【7】 パンは軽くトーストして3枚1組にし、両側のパンは片面、真ん中のパンは両面に(6)をぬる。パン、サラダ菜、トマト、鶏肉、パン、ベーコン、卵、サラダ菜、パンの順に厚みが平均になるようにサンドし、手で軽く押さえて落ち着かせる。
【8】 食べやすく切って器に盛る。

 

食材 4人分

イギリスパン   1斤
鶏もも肉 (小)2枚(360g)
 (塩小さじ1/3 こしょう少々)
ベーコン 8枚(120g)
4個
 (塩、こしょう各少々)
トマト (大)1個(180g)
サラダ菜 1個
 バター 大さじ2
 練り辛子 小さじ1
 マヨネーズ 大さじ2
●油
コメント