脱ケミカルデイズ

身の周りの化学物質を減らそうというブログです。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メタノールを白酒として客に提供、3人死亡―中国

2016年12月08日 | 化学物質

Record China 2016年12月05日 18時40分
黒竜江省牡丹江市のホテル、メタノールを白酒として客に提供、3人死亡―中国

 

2016年12月3日、中国黒竜江省牡丹江市林口県にあるホテルで行われた結婚披露宴で、ホテルが燃料などに使われるメタノールを白酒と間違って客に提供し、3人が死亡した。中国新聞網が伝えた。

披露宴には数十人が参加していた。3人は食事後に体調不良を訴え病院に運ばれたが亡くなった。公安当局はホテルの支配人ら関係者の身柄を拘束し、取り調べを進めている。(翻訳・編集/柳川)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響、低濃度でも 東北大調

2016年11月28日 | 食品

毎日新聞2016年11月28日 東京朝刊
マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響、低濃度でも 東北大調査 http://mainichi.jp/articles/20161128/ddm/001/040/187000c

 

 マグロやメカジキなどメチル水銀を比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると、生まれた子の運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが増すことが、東北大チームの疫学調査で分かった。メチル水銀は水俣病の原因物質だが、一般的な食用に問題のない低濃度の汚染でも胎児の発達に影響する可能性があることが明らかになるのは、日本人対象の調査では初めて。

 2002年から、魚をよく食べていると考えられる東北地方沿岸の母子約800組を継続的に調査。母親の出産時の毛髪に含まれるメチル水銀濃度を測定し、子に対しては1歳半と3歳半の時点で国際的によく用いられる検査で運動機能や知能の発達を調べ、両者の関係を分析した。

 毛髪のメチル水銀濃度は低い人が1ppm以下だったのに対し、高い人は10ppmを超えていた。世界保健機関などは、水俣病のような神経障害を引き起こす下限値を50ppmとしている。

 濃度が最高レベルの人たちの子は最低レベルに比べ、1歳半時点で実施した「ベイリー検査」という運動機能の発達の指標の点数が約5%低かった。乳幼児期の運動機能は将来の知能発達と関連があるとされる。3歳半時点の知能指数検査では男児のみ約10%の差があった。海外の研究で、男児の方が影響を受けやすいことが知られている。

 国は05年、海外の研究を基に、妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラムと決めた。厚生労働省はこれに基づき、クロマグロの摂取は週80グラム未満とするなどの目安を示している。今回の調査では食生活も尋ねており、約2割がこれを超えていたと考えられるという。

 研究チームの仲井邦彦・東北大教授(発達環境医学)は「目安を守れば、影響は心配しなくてよいと考えられる。魚には貴重な栄養も含まれており、妊婦が魚を断つことは好ましくない。食物連鎖の上位にいるマグロなどを避けサンマなどを食べるなど、魚種を選ぶことが大切だ」と話す。【渡辺諒】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

路上に“農薬ソーセージ” 食べ死ぬ

2016年11月18日 | 化学物質

TVアサヒ2016年11月18日 18:56
劇物だった…路上に“農薬ソーセージ” 食べ死ぬ
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088126.html

 

路上に落ちていたソーセージから劇物の農薬の成分が検出されました。

 和歌山市によりますと、11日、市内の獣医師から「路上に落ちていたソーセージを食べた犬が体調不良になり、死んだ」と通報がありました。市の衛生研究所で犬が食べ残したソーセージを検査したところ、畑の害虫駆除にも使われる劇薬「メソミル」の成分が検出されました。和歌山市は検査結果を警察に通報し、犬や猫の飼い主に、路上に落ちているものを食べさせないよう注意を呼び掛けています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のスモッグ、市民が汚染の象徴と知ったのはほんの数年前

2016年11月18日 | 化学物質

サーチナ2016年11月18日 12時15分
中国のスモッグ、市民が汚染の象徴と知ったのはほんの数年前 しかも教えてくれたのは「米国」だった=中国メディア

https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20161118_00023/

 

 本格的な冬の到来に備えて、今月に入って中国の各地で「暖気」と呼ばれる集中暖房の供給が始まった。それに合わせて、大気汚染のレベルが悪化し、大都市を中心に大規模なスモッグが発生している。本来はきれいな秋の青空が拝めるはずのこの季節、「いつからこんなになってしまったのか」と嘆く市民も少なくないはずだ。

 中国メディア・今日頭条は17日、「スモッグはいつから深刻化したのだろうか」とする記事を掲載した。記事は、大気汚染によるスモッグが発生し始めた時期は地域によって異なるものの、2008年の北京五輪や10年の上海万博におけるスモッグが印象的だったと説明。ゆえに、この時期より前に、すでにスモッグは深刻化していたと紹介した。

 また、中国国内でスモッグが重視され始めたのは13年であると説明。この年の1月には4度にわたるスモッグが国内30の省・自治区・直轄市を覆い、北京市ではスモッグが発生しなかった日が1カ月でたった5日しかなかったとした。さらに、中国の大・中500都市のうちWHOによる空気の質の基準をクリアした都市が、1%に満たなかったことなどを伝えている。

 記事の見解では、少なくとも2000年代前半には大規模なスモッグが発生するほど中国の大気汚染は深刻化していた、といったところだが、果たして長年中国で暮らしてきたネットユーザーたちはどう考えているだろうか。記事に寄せられたコメントでは、「数十年前からもうひどかった」、「子どもの頃にもスモッグはあった。その時はスモッグとは知らなかった。1990年代中期から末期だ」など、大気汚染はここ10年ほどで深刻化した訳ではないと意見が出ている。

 また、深刻なスモッグが単なる「霧」ではないことに気づいたタイミングについては、複数のユーザーが「北京の米国大使館でPM2.5の観測をするようになってからだ」と回答し、多くのユーザーが賛同している。米国大使館が観測を始めた時期は定かではないが、中国国内で議論を呼んだのは2009年以降。深刻な現実に、しかも、米国大使館の行動によって気づかされたこと、そして長きにわたってスモッグが深刻な汚染の象徴であることに気付かなかったことに対して、市民たちはさぞや大きな驚きとショックを覚えたことだろう。「米国大使館に感謝しなければ。彼らがいなければ、われわれはまだ知る由もなかった」とするユーザーもいた。(今関忠馬)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台車部品にアスベスト=510キロ、不適切処分-JR東

2016年11月16日 | アスベスト

時事通信2016年11月16日20時30分
台車部品にアスベスト=510キロ、不適切処分-JR東https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2016111600898/

 

 JR東日本は16日、宇都宮線など在来線で使っていた列車の台車部品の一部にアスベスト(石綿)が含まれており、約514キロ分のアスベストを不適切に処分していたと発表した。走行時には飛散せず、禁止されている破砕処理をした可能性は低いとしているが、同社は部品を扱っていた社員ら105人の健康診断を行う。
 同社によると、部品は2種類で最大20%のアスベストが含まれていた。2005年に破砕処理が禁止されたが、アスベストが含まれていることを知らず計2079個を誤って廃棄したり、鉄くずとして売却したりしていた。

 部品は、さいたま市、前橋市、秋田市、長野市、福島県郡山市の5カ所の車両センターで扱われ、交換する際に切断することもあった。今年9月の定期検査で、破損した部品を見た社員が不審に思い発覚した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杭州で黒い雨、服や顔が真っ黒に

2016年11月16日 | 化学物質

サーチナ2016年11月16日06時10分
杭州で黒い雨、服や顔が真っ黒に=当局は「毒性はない」と説明―中国https://news.nifty.com/article/world/china/12181-155188/

 

016年11月15日、澎湃新聞網によると、中国浙江省杭州市で14日朝、「黒い雨」が降った。地元環境保護当局は「廃棄された缶に残った石油が乾き、粉末になって雨に混じった」と説明している。

「黒い雨」が降ったのは14日午前8時ごろ。小雨が降るとともに地面、住宅の屋根、自動車、田畑などが黒く塗ったようになった。道を歩いていた人の服や顔も真っ黒に。ネット上には次々と写真がアップされ、人々は「完全武装で外出しなければ」などと波紋が広がった。

地元環境保護当局が調べたところ、原因は5年前に閉鎖された染料工場と判明。敷地内に放置された缶を処分する際、中にこびりついていた石油が黒い粉状になり、舞い上がって雨に混じった可能性があることが分かった。「黒い雨」は南風に乗り、工場を中心に半径800メートルの地域に広がったという。当局は「毒性はない」と説明している。(翻訳・編集/大宮)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高額抗がん剤「オプジーボ」半額に値下げへ

2016年11月16日 | 

日テレnews242016年11月16日 12:30
高額抗がん剤「オプジーボ」半額に値下げへ 
http://www.news24.jp/articles/2016/11/16/07346611.html

 

薬の価格を審議する厚労省の協議会は16日、高価なため医療費を圧迫するとされる新しい仕組みの抗がん剤「オプジーボ」を、来年2月から半額にすることを了承。肺がん患者1人が1年間使う場合、約3500万円必要で、医療費を押し上げると指摘されていた。

全文を読む

 高価なため医療費を圧迫するとされる日本発の全く新しい抗がん剤「オプジーボ」が半額に引き下げられることになった。

 薬の価格を審議している厚生労働省の協議会は、16日、抗がん剤「オプジーボ」を来年2月から半額にすることを了承した。「オプジーボ」は、がん細胞に作用するのではなく、患者自身の免疫を高める、全く新しい仕組みの抗がん剤。

 当初は、皮膚がんの一種の患者の年間約470人分で開発費などを回収できるよう、非常に高い価格が設定されたが、現在は患者が1万人以上いる肺がんをはじめ、保険でこの薬が使えるがんの種類が増えている。

 肺がん患者1人が1年間使う場合、約3500万円必要で、医療費を押し上げると指摘されてきたが、海外では日本の半額以下なことなどから、2年後の薬価改定を待たず、例外的に引き下げが決まった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲地下で水銀再検出 「安全性問題ない」都、2回目の専門家会議

2016年11月12日 | 化学物質

日経新聞2016年11月12日23:25
豊洲地下で水銀再検出 「安全性問題ない」都、2回目の専門家会議
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09483680S6A111C1CR8000/

  東京都は12日、豊洲市場(東京・江東)の土壌汚染対策を検討する2回目の専門家会議を開き、10月中旬から11月初旬にかけて地下空間の空気から国の指針を超す水銀を再び検出したと発表した。会議のメンバーは、水銀は地下水から気化したもので安全性に問題はないとの見解を示し、地下空間を換気した上で再調査する方針を確認した。

  水銀は9月29~30日の調査で青果棟地下から指針値の約7倍を検出した。最新の11月3~4日の結果では2倍程度まで下がっている。メンバーの内山巌雄・京大名誉教授は人体への影響について「地下に一般の人は入らない。心配ない」と説明した。建物の1階では指針値を満たした。

  都は12月中旬に次回の専門家会議を開く予定。平田健正座長(放送大学和歌山学習センター所長)は次回の会合で再調査結果を公表する方針を示した。

  10月31日~11月1日には水産の卸売場棟と仲卸売場棟を結ぶ連絡通路の地下でも環境基準値や指針値を超すベンゼン、水銀を検出した。検出地点は通路外側の観測用の穴で、近くにガス管が通っているため汚染物質を含む土壌の除去が難しかった。観測用の穴も換気したうえで、調査を続ける。

  会合は築地市場(東京・中央)で開かれた。参加した市場で働く仲卸業者らからは、風評被害を懸念する声が出た。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温泉施設の実態調査=硫化水素事故防止で―環境省

2016年11月06日 | 化学物質

時事通信2016年11月6日8;38配信
温泉施設の実態調査=硫化水素事故防止で―環境省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000012-jij-pol

 

 環境省は5日、温泉での硫化水素による中毒事故防止に向け、旅館など温泉施設の実態調査に乗り出した。

 浴室内の濃度測定の実施状況や、利用許可申請があった際に配慮している点などを尋ねるアンケートを自治体に発送しており、温泉地保護利用推進室は「濃度が高い施設は定期的に検査するなど、安全対策を徹底してほしい」と話している。

 環境省は温泉施設の構造に関する基準で、浴室内の硫化水素濃度の上限値や浴室の構造を示しているが、運用は自治体に委ねられている。一方、浴室内で硫化水素中毒とみられる事故も発生。北海道足寄町の温泉施設で2014年10月、入浴中の男性が倒れ、意識不明の重体に陥った。

 同省がこの施設を調べたところ、硫化水素の濃度が入浴時に顔の高さになる湯面から10センチ上方で、国の基準(20ppm)の10倍に当たる200ppmを計測。基準では温泉の注入口を浴槽の湯面よりも上に設けると定められていたが、この施設では浴槽の底にあった。

 そのため今年10月27日付で、都道府県や保健所設置市などに対してアンケートを発送。アンケートでは「硫化水素の濃度が基準の上限値を超えていたり濃度を測定していなかったりする浴槽数」「許可申請の際に濃度が分かる資料や施設構造の図面を添付するよう施設側に義務付けているか」などを尋ね、運用状況を把握する。 

 

文字の大きさ 小中大印刷

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国産「上海ガニ」から基準超えるダイオキシン

2016年11月03日 | 食品

産経新聞2016年11月3日 20:00更新
中国産「上海ガニ」から基準超えるダイオキシン 香港当局が800kgを回収http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030059-n1.html

 

 【香港=河崎真澄】香港の食品衛生当局は3日、中国江蘇省の水産業者2社から輸入した「上海ガニ」から環境基準を超える発がん性物質のダイオキシンが検出されたとして、市中に出回っていた約800キログラム分を回収したと発表した。

 香港当局は2社からの輸入を禁止。さらに回収作業を進める方針だ。江蘇省の衛生当局も水産業者の調査に乗り出しており、香港側に協力するとしている。上海ガニは秋の味覚を代表する人気のメニューで、11月がハイシーズン。中国と香港の水産業者やレストランは対応に追われている。

 上海ガニは江蘇省の陽澄湖や太湖などで、一定の品質管理の下で養殖された産地ブランド品が最高級とされるが、他の地域の池や沼でこっそり養殖された上海ガニを「陽澄湖産」などと偽って高値で売りさばくニセモノも横行している。

 ダイオキシンが検出された今回の例でも問題のカニが紛れ込んでいた可能性がある。産地ブランドの上海ガニは、上海市内の店頭で生きたままの状態で1匹が100元(約1500円)前後で売られているが、ニセモノの原価は10分の1以下という。産地ブランドのプレートを偽造して大もうけする例が後を絶たない。

 香港でダイオキシンが検出されたのは「呉江万頃太湖蟹養殖」と「江蘇太湖水産」の2社。香港で売られている上海ガニの7~8割は両社から輸入された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加