日々茫然

猫・本・アート・日常生活などを、つれづれと思いつくままに記録

作ってみましたバーダン

2005-10-31 | 猫たちの話
すなふにゃんさんのブログ で初めて知った、猫の爪研ぎ「バーダン」
大きな段ボールゴミが出たので、思い出して作ってみました。
同じ幅に切るのが結構大変な作業でした。
段ボール箱2.5個分ひたすら切って巻いて、やっと直径35cmのバーダンが完成☆手はボロボロ。

さて猫達の反応は‥
ユズには、見向きもされず(T^T)
チビさんは、ちょっと乗ってみたけど興味薄。
ひなを乗せてみると、ちょっと爪を研ぎ、しばらく上で落ち着いていました。

どうもうちの猫達は、爪研ぎだと認識してないようです┐('~`;)┌
写真のひなも、なんだか上に乗ってみただけ~、って感じですね(´▽`;)


コメント (4)

ユズのお気に入り

2005-10-30 | ユズの話
ユズのお気に入りは、キャットタワーの布でハンモックみたいになっている所です。
今の家に替わった時に、以前の家より上下運動できる空間が減ったので、思い切って買いました。
猫の物としては、とても高価な買い物なので、誰にも見向きされなかったらどうしよう、とかなり悩みました。
猫のおもちゃなんかでも、気に入ってくれなかったら、開封後一分でゴミでしかなくなってしまいますから。
猫に「これ高かったんだよ~(T△T)」と泣きを入れても、「知らね~」と完全に無視‥
飽きっぽいので、最初は食い付きがよくても、10分もすれば飽きて2度と見向きもしないことも。

そんなわけで、危険な賭に出たのですが、結果はユズのお気に入りに。
お気に入りのポイントは、上から人間どもを見下ろせることかも。
ダッシュで軸の部分を垂直に駆け上がり、バリバリと爪を研いでから一休み。
軸に巻いてある丈夫なハズの麻縄がもうボロボロ‥
すっかりユズの城になってしまったので、チビさんとひなは全く寄り付かないのですが、巨大なゴミにならなかっただけで、良しとしなきゃいけません。

コメント (2)

子供がうるさ~い!

2005-10-29 | 雑記
今子供の絵と書道の作品を展示しているので、いつもは静かな館内がとても騒がしいです。
他の公共の場でもそうですが、最近の親は子供が騒ごうが走り回ろうがほったらかしの人が多いです。
小学校高学年とおぼしき子まで、一緒になって走り回ってふざけています。
大人の公共マナーも悪くなる一方なので、それを見て育つ子供達がこれ以上良くなるわけがないですが。
母が、私達兄弟の小さい頃は新幹線に乗せてもトイレの時以外は絶対席を立たさなかった、厳しく言い聞かせておとなしく座らせていたものよ。と言ってました。
祖父母も優しい人で、怒られた記憶はほとんどありませんでしたが、箸の使い方や食べ物を残さない、などのマナーやお行儀はしっかり教えてくれました。
きちんとしつけてもらって、感謝してます。

将来社会に出て困るのは子供なのに‥
「信じられないくらい」常識がない、使えない、というアルバイトや社会人も増えているそうです。
この先どうなっちゃうのでしょう?

人間はともかく、猫の躾も難しいですね。
暴れん坊のユズをなんとかしたい‥

コメント

チビさんのお気に入り

2005-10-28 | チビさんの話
最近母が「安かったから」とプーさんのクッションを買って来て、枕の横に置いておいたら、すっかりチビさんのお気に入りになってしまいました。
母が寝てる時は、横で同じポーズでクッションを枕に寝ています。
プーさんの顔にすがってるみたいなチビさんがラブリーです。(≧∇≦)

コメント (4)

マタタビ~

2005-10-26 | ユズの話
猫は犬に比べて結構手が器用ですね。

うちの猫はマタタビの枝をあげると、縦笛や横笛みたいに手で持って、齧ったり舐めたりお顔にスリスリしたりします。
写真は、私が枝を持ったまま離さないので、私の手ごとつかんでスリスリしてるところです。
顔がブレてちょっと怖いですが、動きがあって雰囲気は伝わりやすいかな、と。
猫の「かわいい顔」がなかなか撮れないので、「変顔」撮るのが趣味みたいになってます。(^◇^;)

コメント (3)

干支づくり

2005-10-25 | おえかきとか工作やってみました
今日は、販売用の焼き物の干支(戌)を作りました。
他にも業務は山積みですが、もう焼くにはギリギリの期間しかないので、今日の午後からは最優先課題として取り組みました(笑)
時間もないことだしちょっと横着をして、一昨昨年に作った未の型を使って型を抜き、アレンジして、取りあえず形ができあがり!
左が羊(原形)で右が犬です。
さて犬に見えますでしょうか?

干支に猫がないのは猫好きとしてはさみしい限り。

コメント

ケンカするなぁ!

2005-10-24 | 猫たちの話
だいぶん更新をさぼってしまいました。
ユズは、退屈まぎれに自分からケンカふっといて、相手がやり返そうとその気になると、飽きてしまいます。
チビさんの頭を手で押さえこんでおきながら、膠着状態が長引いてきて、もう気が散って目はヨソを見ています。

ケンカを振られた方は、いい迷惑~☆

コメント (5)

ペットの名前

2005-10-17 | 猫たちの話
ペットの名前をつける時、結構悩みますよね。
ネットでいろんなペットブログを見ていて、どんな由来なんだろうなぁ、と興味が湧きます。

私の場合、ちょっとひねくれていて、見たまんまじゃあ面白くないぞ、という意識が働く事が多いです。

白×黒のタキシード柄猫(初代)→ミケ
由来:マンガ『動物のお医者さん』のミケから。外で「ミケ~!」と呼んで探していて、白黒の猫が現れるので、よく通行人に驚かれていました。

雑種の犬♀→公二郎
由来:当時私と妹が大ファンだった広島カープの選手から。当初は♂だと思われていた。(^_^;)

白×黒タキシード柄猫(2匹目)→チビさん
由来:拾った時は、目も開いてないくらい小さくて、仮にチビと呼んでいたら定着してしまった。今では6キロ超のデカ猫に。
落ち着きがあって賢いので、いつの間にか敬意をもって「さん」がついた。

こげ茶×茶トラの縞猫→ポチ
由来:まさに意外性をねらって。これも名前を呼んでは、通行人を驚かしてました。(゜口゜;)

グレーの縞猫(アメショーの雑種)→ひな
由来:とにかくかわいかったので、珍しくストレートに女の子っぽい名前に。雛形あきこから。

こげ茶の縞猫→ユズ
由来:マンガ『あたしんち』の弟「ユズヒコ」から。ほのぼのした顔でちょっと天然な、こんな弟が欲しいなぁ~、というキャラです。
こいつはとんだ問題児に育ってしまいました。(-"-;)

こんな感じです。
最初から意外性のあるネーミングにするパターンと、
割と素直につけたつもりが、名前とは似ても似つかぬ性格や外見に育ってしまう(-_-uU)というパターンがあります。 

他の皆さんは、どんな思いでネーミングしているのでしょうね?

写真は謎の毛玉(ひなの後姿)でした。

コメント (4)

すごく気になる!

2005-10-15 | ヘンなもの、面白いもの見つけました
洗濯洗剤やマウスウォッシュのCMで、汚れを洗い流す映像の時、目立たない部分に汚れがちょっとだけ残ってるのが、すごく気になる!
「汚れが落ちなかった!(`ε´)」というクレームがあった時に、言い逃れするためか、
「完全に汚れが落ちる」みたいな映像は、偽りになるからしちゃいけないのか、
とにかく、微妙にこっそりと残してあるのが、めちゃめちゃ気になって、気持ちがすっきりしないのです。
見るたびにストレス‥(-"-;)

すっきりキレイに流しちゃったらダメなの!?
あ~、気になる!
コメント (2)

キンモクセイ

2005-10-13 | 雑記
昨日、チャリでDM配りに出たら、街のあちこちでキンモクセイのいい香りがしてました。
キンモクセイの香り、好きなんです。
祖父の家に大きなキンモクセイの木がありまして。
子供の頃、祖父母に可愛がってもらっていた楽しい思い出の、懐かしい香りです。

ただ、昔はトイレの芳香剤といえば、なぜかキンモクセイが使ってあったので、懐かしさと同時に、「トイレの芳香剤」も思い起こされてしまうのが困ったもんだ(ーー;)

コメント (4)