元*おばドファイターのブログ

ジュニアバドミントン、卒業しました。
オトナのバドミントンはボチボチ。
今は、仕事と子育てと動物とビールと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カツアゲだろ、それ。

2007-06-27 11:51:01 | 子ども
うちのごく近所に、女王のような女子がいる。
この女王と、うちの上娘、今年はとうとう同じクラスになってしまった。

この女王、小学校入学当初がとくにひどくて、マンション中の女の子とモメたものよ。
(くわしくは、HPの貯蔵庫に入ってますんで、ヒマのある方は見つけてみてね。)

でも、もう4年生。
とげとげの荒い岩も、荒波にもまれて丸くなってくる頃よ。
現に、同じクラスになって最初は心配してたものの、一緒に帰ったり遊んだりして平和に暮らしていたので何となく安心していたのでした。

女王んちは夕方までオトナがいないので、よく女王んちに呼ばれて何人かで遊ぶようになっていました。
あたしも、上がりこんで悪いなあと思ってたので、せめておいしいおやつでもと、生協でときどき買ってるおいしい手作りクッキー(決して自分の手作りではない)を持たせて、送りだしたのでした。

その次も、「ママ、あのクッキー人気だったよ。また持って行っていい?」と娘が言う。
「ああ、いいよいいよ。持って行きな。」
このときはまだ、
『子どもたちにウケてよかった
くらいにしか思ってなかったあたし。

そしたら、その次もまた言う上娘。
そんないっつもはないんだよ。
生協でも、月1回も載らない商品なんだからね。
あきらめる上娘。
でも、次も、その次も、クッキーをねだる。

・・・ちょっと待て。
なんであのクッキーばかり欲しがるの?
他の子たちは、何を持って来てるの?

「なんにも。」

あー・・・、アテにされてたかー。
まあ、ヒトんちに行くときにおやつ持って行くのって、保育園出身の子たちにはない慣習らしいので、それはいいとしよう。
んで、なんであのクッキーなのさ

「だって・・・。」



毎回、必ずこう言われているというのだった。
一緒に帰ってるのだって、毎日必ず
「今日、一緒に帰れる?」
と聞かれるからだという。

アンタ・・・、それ、パシリじゃん・・・
遊ぶの目的でなく、クッキー目的になってるぞ

それ以来、きっぱりお菓子持って行かせるのをやめました。
そしたら。



今度は、必ず1回帰って来るようになった。
多分、
「上娘ちゃん、今日はクッキーないの?」
「ないよ。」
「帰って聞いて来て
とか何とか、走らされているんだな。


もう、堪忍袋の緒が切れちゃうわよ?
帰った娘に遊びの様子を聞いてみると、女王ちゃんの勝手なルールの遊びや、ハナにつく自慢話やなんかで、ちっともおもしろくないそうなんである。
なんだ、1年生の頃から何にも変わってないんだ。
じゃあ、話は早いじゃん。

今後は、まず
「今日遊べる?」
のところで断ったら?と。
そしたら、必ず
「なんで?」
と聞かれるらしいので(ねちっこいな!)
「理由なんか親切に教えてやらんでいいっ
と、こっちがキレてしまいましたわ。

子どもの付き合いに親が口を出すのはとってもイヤなことよ。
ましてや、『あの子と遊ぶな』なんてこと言うのはとてもダメなことだけど、この際なんだよっ

うちの子をエサに、オイシイ思いをさせてたまるかっつんだよっ

この女王ちゃん、1年生の頃は近所の子から現金を巻き上げたというウワサも聞いたことがことがある。
(もちろんウワサだから、言いふらしてないけど。けけけ。)
でも、今回のことで、こいつならやるかもな、と思えた。
何にしろ、親はほったらかしだもの。
直接訴えても、ほったらかしだもの。
(1、2年生のとき、さんざんモメたからね
そこには、なんだか、淋しくて一人ではいられないかわいそうな女王ちゃんの心も見てとれる。
だけどな。
やっていいことと悪いことがあるんだよ。
将来、悪い中坊にならなきゃいいんだけどな。
でも、あたしは叱ってやらない。
この子の親とモメるのも煩わしいし、何より、キライだから。
キライな子は、叱ってなんてやらない。

しかし、うちの娘も、自己主張できないにも程があるぞ
モメるのがイヤだからって、モノを貢ぐのはやめてくれっ

ああ、ハラんたつほんなこつ
(武田鉄矢?)

怒りのクリック
人気ブログランキングへ
コメント (4)

熟女戦隊おばドファイター・14

2007-06-26 13:22:20 | 連載マンガ

お年寄り大会の報告です。
「お年寄り」といっても、参加資格は40才以上。
・・・あ、年齢バレますねえ
まいっか。
年齢と体重は、見かけですからキッパリ


福岡会場の試合なのに、東京からも来てましたよ。
神奈川やら広島やら、みなさん、すごい。
同い年のペアと、今回初めてこの大会に出てみました。

そしたら、朝っぱらから他のフツーの試合(!?)と勝手がちがいました。

開会式が始まる前、ネットが張られると、フツー練習に入りますよね?
みんな練習したいから、コート奪い合いですよね?
それがよ。
全国から集まるから開会式の時間も遅いため、朝は余裕があるんですよ?
コート、もうとっくにできあがってるんすよ?
放送も入ってるんですよ?
「開会式までコートは使っていただいてけっこうです。」って。
・・・なのに、誰もコートに入らない・・。
あたしとペアは、練習しときたくて、コートの脇でもじもじしてました。
本当に使っていいんかいな、と。
そしたら3回目の放送が入ったんで、恐る恐る基礎打ちを始めました。
すると、あたしたちを見てか、ちらほらヒトが降りて来て、通常通りの風景になりました。
・・・ふー・・

みんな中高年だから、とりかかりが遅いのかね??
???な気持ちで基礎打ちしてたら、同じコートから、きっついニオイが
わあ、よく嗅ぐオヤジコロンのニオイ
体育館にまでつけて来るかね
・・・ふー・・

試合まで時間がたっぷりあったあたしたちは、2Fのギャラリーで出番を待ちます。
すでに、おやつタイム。昼メシ前だが。
んで、あんまり座りっぱなしなのもカラダが固まるから、後ろの方で足を動かしてたら、きっついニオイが
わあ、自家製漬け物だよ
ウマイんだよ、これが
バド教室のとき、よくAさんのをつまませてもらってるよ。
しょっぱくて、ウマイのよう・・・って、試合で見たのは初めてだよっ
自分が食べるんじゃないと、こんなにきっつく臭うモンなのね
・・・ふー・・

そのあとも、ペアが
「わっ、今度はお香のニオイがするよっ
って青くなってたし・・・。
・・・なんで、お香

まだあるし。
選手以外は1F競技場に降りるの禁止、応援は2Fギャラリーで、って何回も放送が入るのに、コート後ろで座ってしゃべってるオバチャンたち。
ついに
「○番コートの後ろに座っている方、応援は2Fでお願いします!」
って名指しで注意されてんのに、まだムシ。
とうとう本部のおいちゃんが、直接注意しに行きました。
2Fからハラハラしつつ見ていましたが、なにやらオバチャンがくいさがっている
何を文句言うことがあんの
どんな正当な理由が
そして、たっぷり話し合った(?)後、ついにおいちゃんが去って行きました。
勝ったのか、オバチャン一体どんな理由で
次にそのコートで試合だからって、コートまわりで待ってちゃいけないのよ

・・・さすがだぜ、おばドファイター
誰もかなわないぜ・・・

あ、試合の方は、見事全敗しました・・・
また、同じ理由。
あたしがペアを引っぱれないから。
ペアは膝を故障してて、あんまり走れないのです。
それを考えた組み立て・・・・・
・・んな器用なこと、できるかいっ

この先、しばらくこの壁を登りますけん・・・

クリックで応援、よろしくです
人気ブログランキングへ
コメント

優勝!!

2007-06-24 22:20:22 | Weblog
やった~優勝

・・ああ、いえ、バドじゃありません。
ドッジです。

区大会で、見事優勝しました

・・・まー、3ブロックに分かれてそれぞれ決勝戦したので、優勝は3チームいるんですけどね。
めでたいめでたい。

そして、バドの方は・・・全敗しました・・・
年寄り大会だったんですが、普通の試合では見られない、中高年の特徴がふんだんに出ている独特の大会でしたよ。
ネタがてんこもりなので、またおいおい報告します。

今日は疲れた・・・。
寝ます・・・。


おやすみ前のワンクリック
人気ブログランキングへ
コメント

さらにやっちゃった娘

2007-06-20 16:11:54 | 子ども

非道の娘シリーズ、第3弾

ある、ほのぼのとした家族だんらんの一場面、ゴキゲンの上娘は、愛する父にいきなりこう言い放った
何の前触れもなく・・・。
一瞬、空気が凍り付く・・・

説明しとかなきゃいけないわ。
父と上娘は、とても仲良し
もし父と母がリコンしたら、迷わず父についていくんだってさ。けっ。
(ちなみに下娘は、『絶対ママ』ですのよ。)

それなのに、なぜ
そんなこと言うのって、まるでいつもパパがいないときみんなで『ハゲ』って陰口たたいてるみたいじゃん
言っときますが、いないとこで悪口なんか絶対言ってないからね。
そうやって子どもを自分の味方につけようとする母親もいるだろうが(あたしの母だが・・)、あたしはやってませんよ。
そんなヒキョウなこと。

・・・って、ここですかさず
「あたしは言っとらんけんねっ
って主張するのも怪しいであろう・・・。

いや、つーか、あまりの言い様に、とっさにコトバも出なかった。

パパは、頭髪のことを、気にしてるんである・・・。

見知らぬ通行人のアタマを見て「ほおおおぉぉ~」と感心しただけで(決して『ハゲ』とは言わなくても)、怒る。
静かに、怒る。
「ヒトとして、そんなことは言ったらいかんよ。」
って。
非常にデリケートな問題らしいんである。

だから、あたしももう真面目なハゲ対策の話しか振れないんである。

そこにアータ、直球、豪速球よ

パパは上娘に、静かにしかし強い声で諭しはじめた。
「そんなこと言ったらいかんよ。」

ひゃあ~
いたたまれないので、あたしはここで逃げる~
あとは愛し合う二人で解決してください~

あぁ、逃げるのも怪しいよなあ・・・


思ったら、何でもすぐ口に出す。
子どもの特徴ですな。
彼女はこれで少しはオトナになっただろうか。
逃げちゃったから、あたしにはわかんないわ


今日も、ワンクリック
人気ブログランキングへ
コメント (4)

さらにキビシイ娘

2007-06-19 14:24:40 | 子ども

・・・いえいえ。
このくらいなら、日常茶飯事ですよ。
あったりまえのクチゴタエですよ。


ついこないだ。
ジュニアの練習のあと。
試合も近いし、こっちも練習中から声かけにチカラ入ってて、それにまたクチゴタエなんかしてくるもんだから、すでに険悪でした。
「もっとこうした方がいいよ」
「やってるもん!」
・・・みたいな。
「やってないから言ってんだろ!」
「やってもできないんだもん!!」
さらに
「できないんじゃなくてやってないだけやん!」

ここで、上の娘のセリフ入ります。

何ができてないかって?

・・・ハイクリアー・・・

バドをやってない方へ
ハイクリアーとは、自分のコートの奥から相手コートの奥へ高く遠くシャトルを飛ばす基本中の基本ショットです。

さて。
他の分野のことなら、どんなにできてなかろうがチカラワザでも何でも使って娘を言い負かすことのできる母ですが(ダメじゃん・・)、バドのことになると、なんかすげーナイーブなあたし

(確かに、押されたときなんかクリア飛ばないし、できてないと言えばできてないよな、あたし・・・。)
となってしまう。
おまけに、いつの間にかコーチとか呼ばれているが、自分のレベルがまだまだなのは誰より自覚してるんであった。
常に、『あたしがコーチなんかやってていいのか!?』と悩む毎日なんである。
相手が誰であろうと、そこに『できてない』と言われたのである。
いきなり会話中断、凹んで黙り込む・・・。

・・・・・。
・・・・・。
・・・・・いや、ちょっと待て待て。
ここで凹むの、ちょっとちがうじゃんよ。

問題なのは、ヒトのアドバイスを素直に聞いて生かすことのできない娘の態度でしょうよ

「オマエの態度は、ヒトのアドバイスも聞く耳持たない、たいへんごう慢な態度だが、例えばジュニアの先輩が同じように『ここを直したらいいよ』ってアドバイスをくれても、同じように言い返すのか!?」
と聞いてみた。

「・・・言わないもん。」

・・・やっぱりか。
これって、親子だからなのね。
勉強にしても、劇団の歌にしても、家で練習させてると大体娘が泣いて終わってしまう。
(勉強はともかく、歌はねえ。あたし昔コーラス部だったから、キビシイっすよ【ダメじゃん・・・】)

親が子を教えるのって、ほんっとむずかしいことです。

その後、あたしの傷ついた様子を感じ取ってか、娘は少し素直になりました。




しかし、余談ですが、親子でなくても最近の子はクチゴタエが非常に多い。
試合練習のあと、子どもたちがコーチのところに「お願いします!」ってアドバイスを聞きに来るんですが。
「スマッシュを打つときのフォームがこうなってるよ(身ぶり)。」
「なってないです!」

・・・さあ、この子をどうしましょうか

怒りのクリック、よろしくです
人気ブログランキングへ
コメント (6)

キビシイ娘

2007-06-18 11:42:51 | 子ども


はい。
最近、ビンボーだという理由で、娘たちの限りない欲望を押さえています。
・・・それから、新しいユニフォームとか、ラケットとか・・・

だからって、そんなツメることないじゃん・・・。めそめそ。
(上娘のひどい言い様は、まだまだつづく。以降、次回お楽しみに!)


そんなワケで、お仕事くださいっ


本気充分の冗談はおいといて。

いろいろほったらかしになってますが、近況報告からしますと。
まず、欠けた前歯は、歯医者で無事元通りに復元してもらいました。
あたしは歯科衛生士さんの仕業だと思ってましたが、よくよく考えると、衛生士さんの使ってた歯を滑らかに削る器具では、バキッと欠けることはないのでは・・?
真相はわからないが、先生が謝罪の上修理してくれました。
治療費、110円。
(タダではなかった・・。)
先生ねえ、もともとは腕がいいんですよ。
歯茎の注射なんて、みじんも痛くねえ
うちの上娘が幼稚園の年長のとき、クラスの男子とぶつかってサッシに顔をぶつけ、上クチビルがサクッと裂けたことがありました。
6針縫ったひどいケガだったですよ。
このとき、口の中もやられてたから、念のため歯がいかれてないか行きつけのこの歯科医の先生に診てもらったんです。
このときの、幼稚園指定医の外科医の処置、・・・・テープ止め。
1cmほどサックリ裂けた上クチビルを、医療用テープでペンッて貼って止めただけ。
これ見て、歯医者の先生が、
「歯は大丈夫だけど、この処置は・・・・
と言って、大きな大学病院の口腔外科を紹介してくれたのです。
んで、テープをはいで、6針。
歯医者の先生は、上娘の顔の恩人なのです。
・・・なのになあ。
・・・最近、なんだかなあ。
先週も、虫歯治療の下娘のベロに歯を削る器具がちょこっと当たったらしく、痛くてゴハン食べるのつらかったですよ。
・・・お疲れなんですかねえ。
今日また下娘の治療なので、ベロ痛かったって言ってみます。


それから、松かさ病のベタ、やっぱり死んでしまいました。
調べてみて、治りにくいとは知っていたんですが。
・・・残念でございます。
近くの公園のすみっこに、コッソリ埋めてまいりました・・・。
バッタリ会ったママ友に、
「なんで自分ちのマンションの花壇じゃないんかいっ
とツッコまれましたが・・・・ごめんなさいい
おっしゃる通りっ
これで、ベタ水槽は、地味なメス1匹だけになってしまいました。
○イヤルホームセンターで売り物のオスベタを眺めてたら、上娘に
「つい最近ベタを殺したのは誰っ
とまた責められ、
(・・・殺してないもん!・・・また買うなんて言ってないもんっ!!)
と悲しく引き下がったのでした。
一方、ベランダの水鉢のコッピーちゃんは、赤ちゃんがたくさん育っています。
ホテイアオイやスイレンの葉っぱに、葉ダニやら何やらの虫が来るんですが、ソレを
割り箸でそっと水面に落としてやると、ウワーッとお祭り騒ぎで食い尽くす。
葉ダニは大嫌いだから、とてもほほえましい


さて、悩んでいた親子ドッジの区大会ですが、娘の大切な試合の引率をほっぽらかしてドッジに出ることにしました。
ジュニアのみなさんの温かいフォローに感謝
そうと決まったので、町内の子どもたちをガッカリさせないように、ドッジをがんばるのです。
勝ってやらねば


長い近況報告ですねえ。
ほったらかしてましたからねえ。

上娘の厳しいツッコミに耐えつつ、次回につづく・・・

クリック、よかったらお願いします
人気ブログランキングへ
コメント (2)

ご無沙汰です。

2007-06-11 23:09:46 | Weblog
「週刊・・」とか言っておきながら、とても時間がたってしまいました。

すいませんねえ。
なんかねえ、やる気が起きないんですよ。
いや、仕事しててブログやるヒマがなかったというのもあるんですが、最近、どーも気分が沈んじゃって。
誰も見てねーよ、こんなブログ・・・みたいな。
いいよ、がんばらなくても。サボっちゃえ・・・みたいな。

投げやりですねえ。
何事に関しても、うまくいかないとゆーか、やる気が出ないんですよ。


・・・更年期


仕事だけじゃなくて、週3回、ドッジもやってました。
そんで、日曜が校区大会だったんですね。
もちろん優勝ですよ
「親子ドッジ」も「高学年女子ドッジ」も両方優勝ですよっ
監督と、コーチのあたしにもメダルをいただきました。
こんなウレシイことはないです。
選手の子どもから、メダルかけてもらったりして。ほろり。

・・・でもね。
その夜は、ウレシイというより、自分のふがいないプレイが気になって落ち込んだりするんです。
「緊張してたね!」なんて言われてしまった
確かに、普段当たることは滅多にないのに、当たってしまったり。
(その後、当て返してやったが。)
バドの試合でアガるのは仕方ないとして、親子ドッジなんかでアガるってどーゆーこと
・・・たいへん、ふがいないです・・・。

まあ、圧勝すると思われていた親チームがギリギリでしか勝てなかったこともあり(子どもチームは圧勝だった)、今度の区大会、心配です。
上娘のバドの試合と日程が重なっています。
上娘は本人だから当然ドッジの区大会は出られないのですが、ただの引率のあたしは・・・?
引率、こんな理由で休めるのかな!?
・・・悩んでいます・・・

しかし、ナンだ。
あたしは子どもがキライだよ。
自分の子どもとは仲良くやっているけれど、基本的に子どもが好きじゃないのよ。
だから、ボールが軽~く当たっただけで泣き出してもう試合に入れなくなる女子なんかには、
「帰れ」
と言ってやりたくなる。
(言わないケド)
ロクに試合に参加できないそんな子が、他の子に、
「も~、なんで今のボールを取れんと~!?」
とか言ってるのを聞くと、
「おまえはもう二度と来るな」
と言ってやりたくなる。
(いや、言わないけどさ。)

そして、いつものように、「叱らない親」たちに代わってあちこちで怒鳴ってまわる。
なんで役員がいて、親がいるのに、叱らないのさ

去年は役員としてドッジの大会に参加してエライ疲れましたが、今年もやっぱり疲れてしまいました。
でも、去年3個だったヘルペスが2個ですんだので、少しはマシだったんでしょう。

ああ、気分が沈みます。
ウレシイこともたくさんあるのに、気持ちがついてきません。
何でしょう!?
どーすれば治るんでしょう!?


そして、今度は、ベタちゃんが病気です。



見たカンジ、腹部が異常に膨らんでいるのがわかるでしょうか?
あと、わかりづらいですが、ウロコが逆立っています。
(ああ、コレ苦手。ゾッとする。)
そう、これって「松かさ病」ですよね。
個室に入院して薬浴していますが、治るのは難しい病気のようです。
入院して、もう3日。
ゴハンも食べません。動き回っているんだけどな。

コッピーちゃんの方はとても元気で、日差しをよけるためにホテイアオイを浮かべてやったのです。
そしたら、売り物のホテイアオイ、虫がいっぱい付いているんですよね。
もう、コッピーちゃん、大ヨロコビ
お祭りのようです。食う食う
そして、今では稚魚が4匹
めでたい

なんとか、元気になりたいもんです。
また今度、試合に出ます。
このままでは、いい試合はできないであろう。
いや、かえって、冷静にいけるか・・・!?
そんなうまくいくワケないか!?
こんなときって、普段はなんともないヒトのコトバにムカッとくることがあるもんです。
(あったんです。すでに。)
気をしっかり持とう・・・

久しぶりなのに、後向きな日記でした。

あぁ~大阪~恋しぐれ

人気ブログランキングへ
コメント (6)