元*おばドファイターのブログ

ジュニアバドミントン、卒業しました。
オトナのバドミントンはボチボチ。
今は、仕事と子育てと動物とビールと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クビ

2008-09-28 12:59:24 | Weblog
ジュニアのお話。

なに、あたしがとうとうコーチをクビになったって?

・・・それもいいかも

だから、せっかく教師にならない人生を歩いているっていうのに、なんでこんなにコドモに囲まれているんだか



話は、こないだのジュニアの試合でのこと。

メインのコーチは、大会本部でずっと運営の仕事をしなければいけなかったので、あたしと保護者さんたちでコドモの監督をしていた。

うち、人数が多いから、常に誰かがコートに入ってる状態。
食事をとるのも、いや、飲み物を買うヒマもない

コドモたちは、試合が終わるとコメントを聞きに来るから、コーチは(この
場合あたしだけ)全員の試合をしっかり見てないといけない。

・・・・ので、ギャラリーでのコドモたちのことはあんまり見られなかった・・・

つーか、見られないと、こんなに堕ちていくものなのね

まず、弁当時間前から、足下にはアメやキャラメルのゴミが散らかっている。
・・・食べること自体は叱らない。
お腹すいてチカラが出ないと困るからなあ。
少し糖分をとって元気を出す分には・・。
推奨はしないが、コソッとササッと食べてほしい。

んが、これがピクニック気分のはじまりだったか・・・

自分の試合以外は見もしない。
もちろん、仲間の応援もしない。
お菓子を食べて、しゃべっている。ふざけている。あばれている。

何度か叱るが、静まるのはその時だけ。

こんなジュニアだったっけ?

ずっとおとなしすぎて存在感の薄いジュニアだったが、元気になりすぎてこうなったのか?
副作用なのか

帰るときには、足下ゴミだらけ。
保護者の皆さんがゴミ拾い

こんな試合で、もちろんいい結果が出るはずもない。
最近では、最悪の結果だった。
いつも言ってるけど、勝ち負けではない。
練習の成果が出せない試合。
一生懸命やってるとはとても思えない試合。

もちろん、ちゃんとがんばったコも何人かいた。
ほんの何人か。

当然、最後のあいさつはお説教になった。
説教される方もイヤだろうが、する方はもっとイヤだ

なんだ、この試合。
なんだ、このジュニア。

何がいけなかったのか、コーチとしてうんと反省する。
最近、練習メニュー変えたり足の強化をしたり、特にがんばってきたつもりだったので、コーチ二人ともかなり落ち込んだ


そして、トドメの情報が入ってきた

我がジュニアの爆弾、ある6年男子が、こともあろうに他のコドモにお金をたかってカップそばを買い食いしていたという・・・。

おい・・・

いろんなコに事情を聞くと、体育館の売店でカップ麺を見つけ、食べたいと思ったが手持ちのお金が1円足りず、引き連れていた下級生の女の子たちとともに「1円寄付して」とたかりまくっていたらしい。
同じ6年の女子が1円あげて(本人的に貸したのかあげたのか不明確)、その1円硬貨を投げたり受けたりして遊んだあげく、買い食い。

知らんかった・・

いや、正確に言うと、食ってたのは見た。
でも、弁当食ってたのは見てないし、何より食べ物を買って食べること自体は禁止してない。
弁当が足りなくて、おにぎり食べることもアリだろう。
だって、朝7時あたりに集合して、夕方5時6時くらいまでずっとあるのよ。試合って。
お腹もすくやろう。
カップ麺がアリかどうかは意見の分かれるトコロでしょうが。
そして、基本的に、親の監督下でやってほしいトコロだが。
(この男子、やっぱり保護者はほとんど来れない。)

ウチにも、そこの指針はない。
だって、今までなかったことだから、考えたこともなかった。

・・・つーか、そんなことまで決めないとイカンのね・・・。

そんなにルールで縛るのって、息苦しいね。



さて、試合後初のジュニアは、反省会でした。
練習どころじゃないやろ。

全体に、キモチがゆるんでいたことを説教したのち、この爆弾オトコに事情説明をさせた。
このコは、まず、悪いことをしたとわかっていた。
そして、まわりの下級生がお金を集めてくれた、と言った。
他のコドモの認識と激しくちがう。
下級生のせいにするのか。

「学校で、コドモ同士のお金の貸し借りが許されているのか」
「家では許されているのか」

そう聞くと、ほとんどのコドモが「ダメです」と声をそろえて言う。
『ダメだ』とわかっているのか。

「学校で、家でダメなものが、ジュニアでだけ許されるワケがない。」

なぜダメなのか、1円だからいい理由はないことを説明した。

コドモは、お金の価値をまだ知らない。
たった1円を自分で稼ぐことのたいへんさも。
初めて外で働いて、初めてもらった給料を、何に使おうかとわくわく大切に思うキモチを知らない。
まだ実感できようもないのだから、アタマでわかっていただくしかないのだが。

そして、くり返し空気を乱すこの爆弾オトコを、ジュニア退部とした。

そう、これが初めてではないからだ。

くり返し叱られて、でも、何もよくならない。
不真面目、ヒトの話を聞かない、ふざける、おぼえない、提出物は出さない・・・キリがない。

ただ、このコは、明るいのだ。

コドモに、根っから悪いコはいない・・・んだと思う。

このコにも、悪気はないのだ。

でもね、ダメなことは、ダメなんですよ。
あまりにも守らないので、もう限界です。
ここは学校ではない。
最後まで面倒を見るトコロではないとです。



ここで退部としましたが、もし改心してどーしてもバドをつづけたいなら、もう1回入部したいと言って来いと言い渡しました。

鬼ではないので、やりなおす道は残しとるとです。



イヤな気分です。





人気ブログランキングへ
コメント (4)

だまされてる?

2008-09-25 14:09:13 | Weblog

また、あやしいモノを購入しました。

はい。
「韓国オリンピック委員会公式供給製品」

ああ、ここからもうあやしい・・・

「クリオ エナジーリング」

あやしい・・あやしすぎる・・・

素材は、「医療用シリコン」だそうです。
「身体のリラックス感を助け、健康をサポートする」んだそうな。

スポーツショップ&コーチのSっちが売りまわっていたんですが、集まったおばドたちにまず、何もつけていない右手を振らせる。
「これが、普段の手の重さ。覚えててくださいね。じゃ、これつけてまた振ってみてください。」
リングをつけて、振らせる。
「ほら軽くなったでしょう

集まったみんなは、
「う~ん・・??言われてみれば、軽い気もする・・・
半信半疑。
あたし、実は、ここんとこ右肘が痛いんです。
加えて、つい先日の試合で、すんげいボロボロの負け試合っをやっちゃって、神にもすがりたい落ち込みだったのです。

・・・言い訳はいーや。

買っちゃったんだー。
病気を苦にして高価な壷を買っちゃうキモチが、一瞬わかっちゃったね

みんなが、
「じゃあつけて試合してみて!上手くなってたら、あたしも買うから!」
って笑いながら言うので、練習試合に入ってみた。

なーーんも変わりましぇん・・・

相変わらず、スカッとか、ガショッとか。

ただ

じゃんけんには勝てるようになりました
今までは、ほぼ最下位になってたじゃんけんが、8割くらいの確率で勝てるようになったのでした


・・・えっとー・・

これは、いい買い物だったのか?


ちなみに、3150円もしたのだが、どーよ

よかったら、同情クリックお願いします・・・
人気ブログランキングへ
コメント (2)

ご無沙汰です。

2008-09-15 23:28:07 | Weblog
もう、世の中、秋っすね・・・

キモチがブログに向かなくて、ご無沙汰してました。
仕事もしてたし。

娘も、ぼちぼち仕事を始めました。
まだプロモーション用の写真も撮ってもらっとらんのだが
なので、まだナレーション(声だけ)とかだ。

そんな娘のお友だちが、今度市民ミュージカルの主役に選ばれたとかで、TVに出ていたよ。
同じ学校の、同じ学年の。
こんな身近にいたか。
福岡はほんっと、芸能活動が盛んだよねえ。
娘は、事務所の劇団の舞台が決まっていたからオーディションを受ける気もなかったけど、やっぱり遅れをとった気がするよねえ。
落ち込んだ娘。
「この努力はいつ報われるんだろう」ってな。
報われないかもしれないけどな。

しかし、他人をうらやむのが一番いけない。
闘いの相手は、常に自分自身でなければ。
いつも負けつづけてきたあたしの、持論。
そうしないと、心が壊れてしまうからね。
こうして、努力する自分ができあがったんだもの。

世の中、競争がいっぱいだよ。
なのに、学校の中だけ競争を隠して無菌状態をつくろうなんて、おかしい話だよ。
負けたときにどーするか、学校でもきちんと教えといて
あと、勝ったときに思い上がらないようにってことも、教えといて。

あれ?これ、家だけで教えること?

いやいや、コドモがいっぱいいる場所で摩擦が起きるんだから、そこで教えないと。


あれれ?何の話だっけ?


今日は、楽しい団体戦があった

勝ったり、負けたり、ラジバンダリ

対戦相手には、「虹組キララ」というチームもいたよ
「ツッコミが遅ーい」の

気を抜くと負けちゃうよって相手に、一生懸命勝つのが楽しい
今日はふたつ、そんな試合ができたので、とても楽しかったッス
あと、かわいいアイドルTちゃん(ファンっす)とコーチのペアを見れたのが収穫でした
コ、コーチが二人おる・・・・ってカンジで
そういえば、コーチとTちゃんとコーチの娘ちゃん、3人ともシャトル打ってるときの左手、パーの手をピンと腰の横にそえている・・・

(ああ、こんなときこそイラスト入れないとねえでも今日は描けん・・・

なぜにソックリなのだ
みんなカワイイぞ

す、少しは見習うか・・・
あたしがマネしても、笑われポイントが増えるだけか・・・

そんなカワイイTちゃんに、本部で接近できたのに声をかけきらんやったオトメなあたしでした。
「アナタはもしや、こないだウチのブログにコメントをくださったTぴょんさんではありませんか・・?」

コドモたちのコーチのTくんには平気で聞けたのに、ちょっとファンだと聞けない。
ちがってたら、ハズカシイ・・・。
ああ、オトメな秋・・・


よかったら、応援クリックよろしくです
人気ブログランキングへ
コメント (4)

今日が休日

2008-09-01 18:48:20 | Weblog
やっと夏休みが終わりましたねえ・・

きっつい夏休みだった。
とくにこの1週間はひどかった。

それもこれも、上娘の舞台のため。
2日間、4回公演がありましたが、あたしはもちろん4回とも見ましたさ

ここの劇団は、保護者のお手伝いが一切ない代わりに、身内もキチンとチケット買って入らないといけないんであった。
あたしゃ、それでもいい
下手にシロートが手伝うのは、よくない。
仕上がりも、精神的にもね。

最近、前の劇団の関係者がウチ(あたし?)のことを悪く言っていたというのを小耳にはさんでしまったわ。
言いたいことは山ほどあるが、まあ円満な移籍なんてあまりないのでしょうね。
うまくいかないから辞めたんだし。

さて、今回の公演、上娘、一番下っ端ながら健闘しておりました
家ではヘナチョコだが、好きなことには集中するなあ。
ようがんばったと誉めてやらんとイカンなあ

1回の本番が終わるごとに、社長からダメ出しがあるそうなのだが、なるほど、細かい部分が変わっていく。
最後、4回目の公演の終わりには、もうキャストも涙でクシャクシャになってご挨拶。
客席でも、涙。
あたし、今回練習は1回も見てないけど、公演をすべて観たおかげで、キャストの成長や気合いを感じることができた。
もちろん、一緒に泣いてしまったがな

・・・あれだけ関わった前の劇団での公演では、涙より怒りや疲労感ばかりが残っていたなあ。
どうしてだ?

娘も家に帰ったあとからも泣いている。

こ、こんなこと、初めてだぞ

きっとがんばったってことだ
よかったよかった


・・・・と感傷に浸っている場合ではなかった
翌日は、娘たち、今度はピアノの発表会だし

下娘はそれなりに練習していたが(放っといてもやる)、上娘は1週間ピアノに触っていない。
・・・なので、朝叩き起こして、とりあえず電子ピアノでヘッドホンして練習。

仕方ないよなあ。
長期の計画とか立てられない性格なんだよなあ。
8月は、舞台やらピアノやらチャレンジやらテストやら、月末にいろんな締めきり?がやってきて、泡をふきそうだったよね。娘。

朝早く、あたしはドッジへ。

体育館に着くと、強そうなチームが本格的なアップをしていた。

あんたら、ドッジのクラブチームやろ・・・

試合が始まったが、一番弱いブロックに入っているにも関わらず、やっぱり勝てなかった
2週間でみんな少しずつ上達してくれたんだが、なにせ市大会よ
区大会の決勝トーナメントみたいな試合しかないんだもんよ
誰も泣かなくてよかったなあ。
・・いや、ちょっとは悔し涙を流してもいいんだけどなあ

早めに負けちゃったおかげで、すぐタクシーで移動したらピアノの発表会に間に合った
こちらも、みんな少しずつ進化しているんだね
自分の演奏が終わって席に帰ってきた娘たち。
安心したのか、この夏休みの疲れがドッと出ている・・・



ダンナはいつもどこでも寝ているんだが、あ、あたしまで
そして、娘たちまで
舞台からの美しいピアノ演奏で、キモチよくなってしまった・・
(お義母さまは最後までキチンと聞いていらっしゃいました
先生、ホントにごめんなさい・・・。

一応着替えは持って行ったんだけど、やっぱり着替えるヒマなどなかった
美しい衣装のみなさんの中に、ひとりジャージのあたくし

ああ、こんなこと、もうゴメンだよ


さて、すべてのイベントが終わり、みんなでゴハンを食べに出かけた。
人気の●ッパ寿司
安くてシステムが進んでるから、人気なのね。
でも、この日はちがった

まず、レーンを流れてくる寿司の様子がおかしい。
ウニの軍艦、ウニが乗ってない・・・
チキンナゲットとかいって、ポテトしか乗ってないがな
誰か、ネタだけつまんでるのか
揚げ物は、やけに黒い。(まさか、二度揚げ??)
・・・と思ったら、最初に頼んだ寿司がまだ来ない。
わざわざ店員さん呼んで(ここ、タッチパネルで注文してレーンの上から注文品が流れてくるから、店員さん、あんまりいないんだぞ?)、早く出してとせかした。

『炙り海老カルボナーラソース』



そうそう、開いた海老を軽く炙って、カルボナーラソースをかけた、重そうな一品。

食ってみると、ビックリ
か、からい
ワサビか
なんでカルボナーラでからいんだっけ

でも、からいの好きだから、一応完食。

そんなことも忘れかけて歓談していると、レーンに同じモノが流れてきた。
・・・うん。まろやかそうなソースがかかってるよな・・・。
自分の皿を見る。

・・ソース、粒があるけど・・

すんごい見たことある、ザラザラ感。

これは・・・・

「おろししょうが」だろ

すぐに店員さんを呼び、またすぐに店長さんが詫びに出て来て、ひと皿分の会計を引かれました。

いつもは怒りっぽいあたしだが、お義母さまもいることだし、笑って流したかったのさ。

でも、なんでいつもあたし?


よかったら同情クリックよろしくです・・・
人気ブログランキングへ
コメント