元*おばドファイターのブログ

ジュニアバドミントン、卒業しました。
オトナのバドミントンはボチボチ。
今は、仕事と子育てと動物とビールと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心が折れました

2010-05-18 15:30:27 | バドミントン

もとい、ラケットが折れました。

ぶつけたりしてないもん。
ただシャトル打ってただけだもん。

このモデル、何本目だっけ??
去年のこの時期、買ったばかりで折った記憶があります。

明日、大事な試合なんだがなー
コメント

いい試合

2009-10-22 21:30:20 | バドミントン
本日、自分の試合でした。

最初はまたガチガチだったけど、最後にはほぐれて、いい試合しましたよ

・・・でも、負けたとです。

最近、いつも「いい試合」をして周りの皆さんに誉めていただいたり励ましていただいたりです。
・・・んが、勝てていない。

「いい試合」って、アレだな。
一生懸命、あきらめないでシャトルを追って、拾って拾ってつないでつないで、長いラリーをしてるんだと思うんだな。
それで、勝てていない。
いいかげんそろそろ、「いい試合」と言われても、喜べない。
「いい試合」なだけじゃ、ダメなんだな。

決定力が足りないのかな??
あたしに足りないのは、むしろレシーブ力だよな??

ああ、また、迷いの森の中・・・・


人気ブログランキングへ
コメント

体育館

2009-09-26 15:13:05 | バドミントン
昨日のジュニアでは、コドモたちに練習不足の話をしました。
他のジュニアに比べて、圧倒的に練習時間が少ないかな、と
週2回の2時間。
こないだの試合で勝ってたトコは、週5回練習とか聞いた。

・・いいなあ

まあ、てなワケで、コドモたちはお休みの日は体育館に行って自主練するんである。
(エラいねえ

今日の土曜日は、下娘も参加。
あたしも一緒に打ちたかったけど、今日も上娘の送迎があるから、時間が合わなかった

さて、近くの体育館。
区の体育館だったのが、経営困難なためか、各区一斉に民間企業の経営になっちゃった。
利用料金とか予約方法とか変に変わっちゃったらどうしようと思ってたけど、省エネにうるさくなったくらいであまり変わらない。
近くの体育館は、某スポーツクラブの経営になった。

個人利用で空いてる時間を問い合わせて、体育館集合。

予定時間よりちょっと早めにコートが空いた。
んが、早すぎて、何人かが激しく間に合わない。
(もともと少し遅れる予定だったのね
終了時間は全員一緒だから、早めに入っちゃうと遅れる数人がかわいそうじゃん

って相談してたら、体育館の兄さんがやって来た。
「利用券をご購入ください」
「いや、でも、何人か遅れるから・・・予定時間まで待って入ってもいいですか?」
と、あたしたち。
「いやそれは、あとから来られる方が困るんで、もう入ってもらっていいですか。」
ごねるあたしたち。
今日、別に混んでないし。
他に誰も待ってないし。
ほんの5分10分くらいだし

そこで、体育館の兄さんは言った。
「2時間もあるんですよ。
コドモなんだから、1時間もやれば十分ですよ。」

・・・はあ!?

「いいえ?2時間でも足りないくらいですけれども
すかさず、言い返した。

「そーですかあ?」
とひっこまない、お兄さん。
「そーですよ?いつも2時間では足りないから、こうして来てるんですよ
「そーですかあ?」

なんだこの男

6分だけ待って、利用券を買った。
なんだ、この体育館
いつもオトナで利用してるけど、こんな不愉快なこと言われたのは初めてだ

「コドモだから1時間で十分」って、一体何

民営化か民営化のせいか
コイズミのせいか
(・・・ちがうか

って、4年生に利用券買わせてたら、値段まちがって買ってくれたわ・・・

とたんに、立場逆転
「すいません、すいません」と謝りたおして、買い直し。

ああ・・・・

今日も、いい天気~ 


人気ブログランキングへ
コメント (2)

試合でした。

2009-09-14 10:21:41 | バドミントン
昨日、試合でした。
市民戦。
下娘も出るので、一緒に出かける。
これだけでうれしくて、テンション上がる
ジュニアから、3ペア。
いつもなら引率だけなので油断しまくりなんだが、自分も試合
うれしくて、たまらない。

あたしのペアは、組みたかったヒト。
すご~い。シアワセ~
弁当は、チャーハンわ~い
(そこか

開会式前に、仕事&猫友だちの、Tさんに会えた
リアルで会うのは、すんげい久しぶりだった。カンゲキ

そんなこんなで、テンション上がりまくりのこの試合。
コートに入ると、どうなると思う?



・・ガチガチに緊張するんである・・



でもまあ、もう初心者でもないので、緊張ではとまどわない。
緊張を受け入れて、試合をする。
サーブする手が震えていて、自分で笑ってしまう。
初戦は、若いペア。
キレイなフォームで、ガンガン打ってくる。
第1セットをギリギリで落としてしまった
ただ、相手は若い分、ミスも多い。
あたしたちオバチャンは、じっくりみっちりガマンして返していき、だんだん調子を上げ、ファイナルセットまでいったがちゃんと勝てた
ああ、よかった。
こういう、きちんとがんばれば勝てる試合を文字通りきちんと勝てること、これ大事

第2戦は、知ってるペア。
一人は悪友。もう一人は、上ランクの方。
こういうペアは、トップアンドバック(略してトッパン/前後の隊形)固定で戦うので、あたしたち、このトッパンをどうくずすかで作戦練って試合に臨んだ。
前に張り付きたい悪友を、後ろへ後ろへ追いやる。
トッパンをくずすのは、成功した。
・・・したが、そっからのプランが足りなかった・・・
惨敗
だいたい、アタマ使って作戦練って入った試合で、勝てたためしがない
アタマ使うと、カラダが止まるんである。
とてもキレのないあたしたちであった
まず、いつも通り、相手の出方を見ながら思い切りやって、それでダメなとき初めて作戦変えた方が生き生き試合できるんじゃないか。
そう反省した。
対戦相手に対する予備知識ってジャマだなあ
まだまだ未熟な自分なのであった。
悪友ばっかり狙って打っちゃったわ。ごめんね

これで、決勝戦には行けなくなった。
あとは、いい試合をするのみ。

第3戦は、これまた、以前ペアを組んでいただいたことがある先輩と、上級者ペア。
(おいおい、そんなんばっかりだな
この試合は、なんの気負いもなく、いい試合ができた。
もちろん、2セット先取で、勝った

勝ちたい試合でも、気負いなくきちんと勝つ。
これができたのも、いい自信になった。

今回の試合、結果は残せなかったけど、本当にためになった。
ペアとあたしは、まったくタイプのちがうプレイヤー。
チカラで押そうとするあたしと、上手な配球でチャンスをつくってくれるペア
とても気持ちよく、ガンガン打たせていただいた。
ダブルスって、二人でやるもんなんだねえ~
・・・って、実感持てる試合であった

コドモたちもがんばっていました。
みんな1試合は勝てたし、女子の1ペアはDランクで準優勝しました
スゴいねえ
ウチの娘たちは、4年生ですからねえ。
すんごい小さくて、ビックリだった。
これからですね。

さあ、また明日からがんばろー


人気ブログランキングへ
コメント (2)

さるだんご

2009-09-07 13:52:48 | バドミントン
日曜日、全小県予選でした。
ウチのジュニアからは、8人が市予選を勝ち抜いて、出場。
結果は・・・ははは。まだまだですな。さるだんご

ああ、ウチのジュニアの愛称は、「さるだんご」というのです。
月刊で「さるだんご通信」というのも発行してます。
コドモたちには、毎回毎回お小言を言ってるんですが、ど~も覚えてない感触なんですわ
保護者の皆さんに伝えなきゃイカンことも、ロクに伝えておらん
そんなこんなで、月に1枚、通信を発行して、ジュニアの今の様子ややろうとしてること、試合結果などをお知らせしてるワケです。

・・・なんで「さるだんご」かって??

「さるだんご」・・・そう、寒い冬の日に、ニホンザルたちがよくギュウギュウに集まって暖をとってますよね?
アレです。
大分県別府の高崎山でよく見る、あのさるだんごですわ。
え?行ったことない?
九州の人間じゃない?
ええい、高尾山でもいいんですよ。
え?猿いない?
・・・まあ、そのさるだんごですわ
え?説明になってない?

命名は、ウチのメインコーチ(大分県出身)なんですが、ウチのジュニアのコドモたち、今でこそ県大会に行くメンバーも出て来ましたが、ず~っと弱い弱い世間知らずでした。
まるで、「さるだんご」のように、狭い世界で身を寄せ合って、じっと寒さをやりすごすだけ。

そんな弱いだんご集団の中から、誰でもいい、早く抜け出して来い
抜け出せなければ、いつまでもさるだんごのままだぞ

メインコーチのそんな思いからの、命名ですわ

今、県予選でいいとこベスト8止まり。
でも、ちょっと前までは、市予選でそんな成績でした。
だから、がんばればもっともっと伸びていくんじゃないかなあ、と楽しみなんです


・・・んが、今度のジュニア団体戦で、チーム名から「さるだんご」の文字を削除されてしまったよ・・・
なんでだろ
ふざけてるようにでも見えたか
あたしもショックだったが、メインコーチもかなり凹んでいた



さて。
県予選、強い選手たちの試合をたくさん見られて、とても楽しいです。
強い、すごい、だけでなく、いろんな個性の選手もいる

ふと、ギャラリーから端のコートを見下ろすと、見慣れた強い男子ペアが試合をしている。
相手は・・・・あれ???



アレは・・・女子よね

なんで、男子対女子オープン試合
確かに、棄権ペアがいたけれど・・・いやいや、いくら棄権があっても、男子対女子とかいう試合をやるもんか。
ここ、県予選よ
たちまち、ギャラリーで大騒ぎ。(うるさい
「女子よね」「女子だろ」「カワイイぞ
「胸あるよ」(←おい
対戦表をめくって確認する、あたし。
ゼッケンの名前も確認する。

・・・合っている。対戦表と、ゼッケン。

男子なのか~

カ、カワイイ~ン

なんでペア二人とも髪を長めにしてるのか、ひとりは色白ふっくらめで胸あるし、ひとりは、チョーカワイイお顔
これか、この路線だな(何が
ウチのジュニア男子の誰をアイドルに仕立てるか、また大騒ぎ。(うるさい

その隣のコート、男らしい試合。

女子は、サーブの前にカワイイ声で「いっぽーん」「はーいとかけ声を出す。
レシーブのときは、これまたカワイイ甲高い声で「ストップー」「はーい」と
それに比べ、男子はケダモノだ。
サーブだろーが、レシーブだろーが、ラッキーだろーがドンマイだろーが、かけ声はすべて

えーい

「ぅえい」だったり、「ぅえーーーーーーい」だったりのバリエーション。
これは、魂の叫びだな。
すでに、コトバを超えた、魂の声。ケモノか。

この乙メンの隣コートの男子ペアは、自分たちがキメるたんびに、交互に「ぅえーい!」「ぅえーい!」・・・・と5回やまびこるんであった。



いや、にぎやかなのはいいことだ

「声で5点取れる」って言うからな
出せば出すほど、よい

近頃、自分も声出しが変わってきた、あたし。

「ぅえーーい」って・・・言ってたよ。あたしも。
試合中は、ケダモノなんですわよ


人気ブログランキングへ
コメント (3)

お願いしもうす!!

2008-10-24 14:23:25 | バドミントン
「週刊よしもと」を応援してくださる皆さん、いつもありがとうございます

よしもと、元気です

例の件の続きはどーした、と報告をお待ちでしょうが、まだまだ話し合い中です。
さあ、今日も元気にいってみよう


さて。

先日、コドモたちの試合の審判に行って来ました。

行くまで知らなかったが、更正施設のコドモたちのバドミントン大会です。
年頃は、中学生くらい。女の子のみ。
ただでさえ難しいお年頃の中学生、それがちょっと問題があって親元にいられない状況になり、施設で暮らすと。
どんだけ心にキズを持ってるコたちだろう。
こりゃ、難しい試合になるんじゃないか?と思いました。

朝の打ち合わせでは、普段の試合にはない注意がありました。
審判も、コトバに気をつけること。
全員がバド大好きでやってるワケではないので、少々態度が悪くても頭ごなしに注意しないこと。
試合中に戦意喪失したり問題な態度をとっても、イエローカードやら退場やらと言わずに、監督を呼んで話し合うこと。
・・・などなど。
正直、ビビります

そして、なるべく正式な競技規則に沿って試合を行うと・・・・。

事前に、500円玉を持って来るよう連絡があったとですよ。
あたしら、交通費いただいておつりを払うためかいな、と思っていたですよ。

そしたら、コイントスのためですって

バドをご存知ない方のために書いておきますと、試合を始める前に、シャトル(サーブかレシーブか)を取るか、エンド(どっちのコートか)を取るか、選ぶとです。
普段はじゃんけんでどっちが先に選ぶか決めていたんですが、今回は、コイントスで決めるという・・・

やったことねえ

ただでさえ、主審としての英語でのコールを全部言ったこともないのに(それだけでもオロオロなのに)、コイントスまで

500円玉投げても受け損なって、チャリンチャリン~って恥ずかしいことになるんじゃ

はい、朝っぱらから、すでに緊張ピークです

そんな状態で、開会式が始まりました。

入場行進。

どんなコドモたちが入ってくるんだろうと見ると、フツーです。
(あたりまえやん
最初のチームなんて、大きな声で、「いっちにいっちに」と号令かけて歩いて来ます。
(ああ、施設では普段からこうして号令なのかな・・・とも思いつつ。)
でも、キモチいいやん。
あ、しかし、まゆ毛がないのもいる
話を聞く態度などは、ジュニアのコドモたちよりよっぽど立派でした。

試合、開始

コートごとにグループを組んで、主審を順番にやっていく。
線審、4人。
4人でなんて、やったことねえぇ~

試合が始まると、いろんなコが出て来る。
試合中に負け始めてすぐ泣くコ。
ひとつ失敗するごとに、「ああ~もう」と怒ってるコ。
「もうサイテー」と吐き捨てるコ。
(いや、サイテーがいくつあるんかーい
それでも、サーブを打つ前に、1回1回「お願いします!」と言う。
落としたシャトルを相手に渡すとき、必ず双方ネット前まで行って、手渡し。
ジュニアはどーだ。
サーブ1本1本が荒く、大切にしない。
相手にシャトルを渡すときはパーン!と的外れの方向に打って拾わせる。
・・・そんなコ多いよな
見習わなくては
(いやでも、手渡しは時間がかかるから、却下

時間がおしておして、いよいよ午後の個人戦の決勝戦へ。
誰が主審を・・・?

ご期待通り、それは、あたし

こんなときの当たり運は人一倍いいのよ、あたし

21点3セットマッチ、ラブオールプレイざんす

決勝に残ったコは、この日何回も審判にあたったコ。
最初の団体戦の試合で1セット目を落として泣いてたけど、すぐ調子を取り戻して勝ち進んだねえ
なんとなく、応援してたよ。
だって、このコのかけ声は光ってたんだもの。



・・鹿児島かっ

ああ、でも、なんかスキ
1日、ずっと聞いてるから、すっかり耳に残ってしまったわ。
オバチャン、キミを応援してるで~

・・・という勝手な応援に関係なく、そのコは優勝しました
相手のコが負け始めて泣いちゃって、でも一生懸命こらえて、いじらしかった。
試合追い詰められて、負けが決まりそうな相手のコは、主審のあたしに言いました。
「汗を拭いてもいいですか?」
あたしゃ一瞬、負けそうだから流れを変えようと試合を止めたいのかと思いましたが、そんな風ではなかったので許可しました。
(「あ、今日は『主審はやさしく』だった」とか思いながら。)
そのコは、コート内でさっと涙を拭いて、すぐに「お願いします!!」と復活しました。
・・・すぐに勝敗が決まりましたが。

負けたコのほとんどが、泣いていましたよ。

決勝戦は圧勝ですごい内容ではなかったけれど、なんだかコドモたちの熱心なキモチにつられて、こっちまでもらい泣きしてしまったよ。

審判でもらい泣きは初めてだ

決勝戦は人数たくさんの大審判団で試合をジャッジしたんですが、他の審判の方に、主審を誉めていただきました
「声がよく通って、戸田恵子みたいだったよ。」って
戸田恵子さん。アンパンマンの。
いやあ、ウレシイわあ
声がでかいから、初めて誉めていただきました。
いや、ホントは、試合を誉めていただけるようになりたいですが・・・

翌日は、自分の試合でした。
団体戦

まだ、先週末の体育祭のリレーの筋肉痛がとれてないッスよ?
2年前このせいで肉離れを起こしてたいへんだったッス
第1試合が終わって、すでにおケツが割れそうに痛い・・・
(いや、みんな割れてるんとちがうんかーい
最後の試合はうんとがんばらんとイカン情勢でしたが、もう立ってるだけで左ももがぴくぴくケイレンしてました。
ケイレンはさすがに初めてだったので、か~なり不安でしたが、がんばりたかったの
なんだか動きが固いまま負けてしまいましたが、足は大丈夫でした。
よかった・・・でも、もっといい試合したかった・・・

が、がんばるぞ~


人気ブログランキングへ
コメント (5)

夢燃・・・

2007-12-11 23:17:06 | バドミントン

また、変なTシャツを買ってしもうた。

みなさんトコのパソコンでは何色に見えているかわかりませんが、かわいらしいピンクです。
オモテには、胸いっぱいに○ーセンのマーク。
おげれつ。
んでもって、ウラがこうなのです。

こう書いてあります。

夢燃(むねん)


・パートナーよ 私の足を引っぱるな。
・線審よ もっとラインをしっかり見ろ。
・神よ助けて
 もう私は限界なのだから・・・。
 ああ・・又、私は自分に負けた。

どーしちゃったんだ、○ーセン
なんでこんなTシャツ作ってんの
喜んで買うあたしらも、あたしらだが

しかし、実際、みんなこーなのかしらねえ。
試合中って。
けけけけけ。



今日、お友だちの紹介で、カウンセラーさん?いや、話聞きます業の方にお会いしました。
心理カウンセラーとしてお勉強しているけれども、カウンセラーという肩書きがしっくり来ないとおっしゃっていました。
話を聞くのが仕事だから、と。
なるほど、悩みっていうのは、ヒト様に話せた段階でほぼ解決に近いんだろうと思います。
順を追って、自分の気持ちや考えをまとめる作業ができますからねえ。
なるほどねえ。
経験を積むために、話を聞かせてくれと言われたのでした。
あたしゃねえ、うれしかったんだよ。
こうしてブログにいろいろ書きつづっているけれども、それってひとりよがりだし。
よく考えてみると、最近はヒト様の話を聞いてばかりで、自分の気持ちをヒト様にじっくり聞いていただくことなんてあんまりなかったなあ。
・・・あたりまえか
本当の気持ちなんて、誰にでも話せるワケではないからね。
ブログにしても、書けないことの方が多いワケだし。

いつもこのブログを読んでくれているそのお友だちは、
「誰かまわりに悩んでるようなヒト、いないかな?」
と聞かれて、まっ先にあたしが浮かんだらしい。

まっ先かいっ



お友だちのおかげもあって、あふれるようにここんトコのストレス話をしゃべらせていただきました。
よい巡り合わせでしたよ。
あたしにとって、とても必要な時間だったと思います。
いろいろムリして自分を納得させようと理屈をひねっていましたが、要は、

「キライなヤツとは、うまくつきあえん」


ってことで。
(すいません。ワケわからんよね
ほんっと、自分、一回キライだと思っちゃうと、シャッター閉めちゃうんだよなあ。
そんな全否定しなくてもいいのに、白か黒かでいってしまう。
グレーは中途半端でキモチワルイ・・・

オトコらしいな


(・・・ちがうか・・・

ストレスをうまく解消できない男らしいあたしだが、これがあたしだ。

もう少し、かわいがってやならんとな

お話、聞いていただいてありがとうでした。


・・・ああ、夢燃・・・


よかったら、今日も応援クリックお願いします・・・

人気ブログランキングへ
コメント (4)

何着てく?

2007-11-26 17:06:31 | バドミントン
うひゃあ
油断してたら、1週間なんてあっという間ですな

何してたかって・・・すいません、何もしてませんでした。

こないだまでは、なんかやたらヤル気に満ちてて毎日バドやってもカラダのどっこも痛くなかったし、ブログもスイスイ更新してたっていうのに、先週から電池が切れたようになってます。
栄養ドリンク飲んでがんばった後みたいだ。
ヤル気がスコーンと落ちた。
んで、やたら眠いし、カラダのあちこちが痛い・・・

何かを補給しないといけない気がするんだが、それが何かがわからない・・・。

アルコールならば、今週末から忘年会ラッシュが始まるから、大丈夫だわ

え~、本日は、バドの練習でした。
鬼さんの。
ああ、いや、区の合同練習。
鬼さんがいらっしゃるので、区のみなさんは当然鬼さんとこのメーカーのユニフォームを着る。
あたしも今までそうやって来たけど、なんかもう、イヤになっちゃってさ
フツーは教えてくださる方がメーカー所属の方だったら、敬意を払ってそこのを着て行くワケですよね。
そう、敬意を払えるのかっつーハナシですよ。
面と向かって
「アンタそんな態度はどーなのよ!?」
とは言わない。
ああ、それがオトナの世界
でも、コッソリでも意思表示をしたいぢゃないか
(小せえなあ・・・

そんなワケで、コッソリやってみました。



あたし、○アのお教室に通ってますから、上下○アで行ってみました

あぁあ~キモ冷えた~



もうおひと方、○アで来ている方がいるので、反発同盟を組んで相談して、鬼さんに何か言われたら泣いて帰るってことで行きました。
(よ、弱・・・

反発、というのはちょっとちがうか。
自由が欲しいんですよ。
自発的に敬意からそこのメーカーを着るのは、とってもいいことだと思うさ。
けど、そこのを着ていかないとイヤミを言われるのって、どうよ
欲しくもないのに、上から命令同然でそこのばっかり買わされて、だからといって熱心に教えてもらえるでもない。
そう、コーチしてもらえないんなら、何着たっていいじゃん。

自由でいいじゃん


ってワケで、自由を広げていこうという計画です。
徐々に人数増やしてやるもんね

結果、今日は鬼さんとヒトコトも言葉も交わさず、目も合わさずに終わりました。

泣かされるどころか、完全ムシでした~

どーなんだ、この計画!?
ばかだなあ・・・。
何やってんだかわかんない毎日ですね・・・


充電しつつ、がんばります。
ぜひ、応援をひとつ・・・ガクリ
人気ブログランキングへ
コメント (2)

鈍感力

2007-11-09 15:19:45 | バドミントン
先日、試合があった。

とてもいい試合の日であった

だって、当たったんだもん?




よくある、試合の大抽選会
一番お高い商品は多分ラケットだろうけど、今はラケットいらないも~ん
滅多に当たったことのないあたくしが、大人気商品を当ててしまいました。

・・・多分、この先10年分の運を使っちゃったでしょう。



この前の晩、ある占いを見たら
「よい行いは、いずれ自分に返ってきます。困っている人には、できるだけ救いの手を。そのご褒美がきっと天より授かるはず。よいことをしたら、クジなどを買ってみては?」
ってさ。
ほらね。
何いいことしたかって?
それはホラ、まあなんとなくね。ヒトのお世話をたくさんしてるからね?(汗

しかし、このステキなヨネックスのエナメルバッグ、どー見ても娘向きでしょう
取られるの、時間の問題。


さて、前置きは置いといて。(前置きだったのか!?)

あたしの周りには、よくB型の方がいるんですよ。
美術科だったから、学生時代はまわりB型ばっかりだったし。
だからどーしたって、なんでこう、B型さんは気配りがすごくできるヒトと全くできないヒトに分かれるかな
気配りするB型さんは、超一流の気配りをするね。
気が付きまくりでビックリだよ。
大尊敬だよ。
かたや、気配りできない方のB型さん、

逆のイミでビックリだよ!!


(そして、こっちのタイプの方が圧倒的に多い気がしてるんだが?)
傍若無人にして、超鈍感だ!
これを読んでるB型のアナタ、いいえ、アナタの話じゃありませんよ。
そういうヒトもいるっていう話です。

最近、そういうタイプに振り回されてるな、あたし。
本来、自由奔放なB型さんを大好きなあたしなんですが(自分も半分Bだしな。)、自分が被害にあうと、そんな悠長なことは言ってられませんな。

「こないだは、私の仕事させちゃってゴメンね~!」
と謝ってきたその舌の根も乾かぬ内に、
「ゴメン、これやっといて!」
と来るか

『それもオメーの仕事だろーが!!』
というコトバを飲み込んで、「いいよー。」と引き受ける。
そんなことのくり返し。
久しぶりに会う友だちからは、いつも
「どしたの!?やつれてない!?」
とか聞かれてるぞ

ほーら、ご褒美にエナメルバッグがもらえるはずでしょう!?

こないだ、B型鈍感力No.1のAさんとNo.2のBさんが話してるの聞いたら、AさんがBさんを誉めている。
「も~Bさん、よくそんなことまで気付いたね!私、ちっともわからんやったよ!さすがやね!」
Bさんも、自慢げ。
「ん~、なんか話を聞いてたら、そんな風に思ってんじゃないかと気付いてね~。」
(どうも、自分の気持ちを言えずにいたヒトの要求に気付いてあげたらしい。)

アンタら、どっちも落第じゃ~!!


最初に気付いたのは、全然別のヒトじゃ。
アンタら、普段からヒトのこと、ちっとも気付いてないじゃろが!!
鈍感トップ2の二人が誉めあって、恥ずかしいんじゃ

・・・って思われてることにも、ちっとも気付かんじゃろーが

忘れんぼのあたしでも、このトップ2よりは気がまわる。
あたしの仕事ではないことでも、『今あたしがやった方がすごく合理的』と気付いたらやることにしている。
『合理的』だったらね。
そんなあたしのことを、トップ1さんはこう言った。
「もう~、よしもとさんは気がまわるけんねー
 私はちっとも気がつかんとよ~!」

ちがーう。


自分が「しない」ことを、「できない」と言って逃げないように。
気付くと面倒だから、気付かないようにしてんダロ。
わかってるよ。それくらい。
あたしだって一度シャッター閉めちゃったら、そうするよ。

この世の中、傍若無人で鈍感なヒトが、一番シアワセに暮らしていけるんじゃないだろーか。

自分はなりたくないけどよー。
(自分で負け惜しみに聞こえるぜ・・・

先日の試合、初めて打ち上げがありました。
うちの区は、鬼さん主催です。(”さん”付けかよ・・)
鬼なのに打ち上げを企画してくれたのもビックリでしたが、打ち上げでの『試合の厳しいダメ出し』にも愛があって、さらにビックリでした。
そういう厳しさはスキなのよ
いつもそんな風でいてくれたらいいのに、機嫌のアップダウンが激しいから、まだ油断ならん。

そうそう、この試合の選手宣誓をKっちがやったのですが、
「我々は、おばドファイター精神にのっとり・・・・」
ってやってくれました。
何人気付いてくれたかな?
ありがとう。笑えたよ、Kっち。

その試合の中身についてはあえて触れずに、本日終了

応援、ヨロシクです~
人気ブログランキングへ
コメント (3)

裏切られた話

2007-10-31 10:04:39 | バドミントン
全国の、わが子が伸び悩んでる保護者のみなさま、お困りですか?

ウチだよ・・・。



さて。

ひとつ、片付いたような片付いてないような、でも一応カタがついたようなので、書く。
ちょっと迷ったけど、裏切られたような気持ちが強くてちょっとご立腹なので、そのてん末を書くことにした。
・・・長いよ。いい?

こないだ、ジュニアバドでよそのチームの練習に参加させていただいた。
コーチ同士の関係がいいと、こういうとってもいい経験ができるから、ありがたい。
あっちこっち行きたいッス。みなさん、よろしくッス。

とてもいい練習させていただいて、後日。

そこのクラブに、練習に行きたいというコがひとり。
うちのクラブは今、練習が極端に少ない。
小学校の体育館の耐震工事よ。もう半年もまるまる工事中。
んで、近くの公共の体育館を借りて練習するのだが、みんな流れていくからなかなか予約が取れない。
コートも2面しかない。
そんな中だから、よそに行ってでも練習したいという気持ちはよくわかる。
お母さまは、すでにそこのコーチに話を通していらっしゃった。
そして、「うちはいいけど、自分とこのコーチに話を通していらっしゃい。」と言われて、うちの代表コーチに話をして来たのだった。

うんうん。話はよくわかるぞ。

「もっと強くなりたいんです。」

・・・・ちょっと待て

これが、うちのクラブでがんばってるやる気のあるコなら、ほんっと話はわかる。
だが、ちょっと待て。
ずいぶん前のブログでも書いた、あのコだった。

私「スマッシュがネットにずっと引っ掛かってるでしょう。横打ちになって、打点が低くなってるよ。」
そのコ「なってないです。」

何回あったかな。こういう会話。
素振りがいつも上の空だからと注意しても、返事もしてくれない。
恥ずかしがりで声を出せないのとは、どうもちがうらしい。

ウチではやる気がないんだよ・・。


もう、聞かないなら言ってやることもない。
このコに関しては、正直あきらめていた。
もう、アドバイスも最小限になっていた。

そういうことなので、聞いた話は少しニュアンスがちがってくる。
『うちではやる気が出ないけど、よそでがんばりたい』と。
そういう話だよね?
ああ、それならそれで、そう言えばいいのに。
移籍を止めることはないッスよ。
自分でがんばれるところで、がんばってほしい。
これ、正直な気持ち。

でも、「移りたい」とは言わないで、あくまでも「ビジターで行きたい」という話。
なので、お母さまに、
「うちでやる気のない練習をして上手くなりたいと言われても、納得できない。
でも、うちも今練習が少ないし、他で練習するのを止めることはない。
ただ、その分、うちでも一生懸命やってくれないと、他のコに悪影響が出たりしたら困る。」
と、精一杯伝えた。

伝わったのかと思っていた。



その、最初のビジター練習の前の晩。
近所でコーチ同士で飲んでたあたしたちは、偶然、うちのクラブの保護者の一人にバッタリ会った。
「コーチ、○○さんからビジター練習に一緒に行かないかって誘われたんですよ。どうすれば?」

・・・って、オイ!!


「上手くなりたい」んじゃなかったのかよ!?
ひとりで行くのはヤだから、友だち誘った!?
・・・何を聞いていたのかな!?
うちのコーチを通すっつー大前提はどうなってんのかな

なんかもうね。
ただのタテマエで話されてたんだなあって、ガッカリですよ。
自分のことさえよけりゃ、他はどーでもいいという?

ビジター料金はどうなってんのか?シャトルは?
(こないだみんなで行ったときには、好意で受け取ってもらえなかった。)
あいさつはできるのか?
ちゃんと球拾いをすすんでするのか?
く、クチゴタエなんかしないだろうな!?

子どもを行かせるのって、ほんと心配だらけなんですよ。
自分たちが引率してればその場で言ってやれるけど、行ってやれないし。
何かやっちゃっても、フォローできないっつの。
それを、勝手に人数まで増やすか

こちらは、誠実に対応しましたよ。
でも、こうですよ。
騙されましたよ。

その、最初のビジター練習、結局行かなかったそうです。
どう思ったかって?
「ああ、一人じゃ行けなかったんだ。」

自然に、そう思うよね。
これからうちでがんばるのかな?


あ、自分の練習行かなきゃ。
では、また・・・

よければ、応援をひとつ・・・
人気ブログランキングへ
コメント (2)