『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本沈没」 40歳の特撮男

2006年08月07日 | 映画
あの黒澤明監督が、女性を描くのがヘタというのは有名な話だが、特撮が女性の100倍好きだというオタク監督は、全く女性に興味がないんではないかというくらいの名シーンを描ききりました!!
あの柴咲コウに「抱いて」と言わせといて(このセリフ自体もトンデモないが)、
草なぎ剛 「いや、あの~、ちょっと・・・」って、お前はEDか!もしくはいつまで「いいひと」ぶってんだよ!!
中学生以下男子がたま~に「カッコイイ男って、こういう風な態度とるもんやで!」と見当違いな“男”像を、いまだに夢想する40男の監督。
彼は、今回もカッコイイ構図や特撮シーンを撮ることで絶頂を迎えました。

今まさに火の海に囲まれんとする男と少女。
ターザンのごとくヘリから救出するレスキュー隊員(柴咲コウが、レスキュー練習中に落下するシーンは、フジテレビの菊間アナへのオマージュ)。
このシーンで、真面目に見るのは止めとけというサインを冒頭にだしてくれたことで、覚悟ができました。
特に石坂浩二の首相が搭乗する飛行機が阿蘇山の噴火に巻き込まれるシーンは、ジュニアチャンピォンコースかジャガーバックスなんかのおどろおどろしい挿絵を実写化したみたいなイイ構図でした。
その後の、いつ終わるんだと誰も楽しみにしていない「美味しんぼ」の日本全県味巡りのごとく、熊本なら城、奈良は大仏、京都は清水寺、大阪は道頓堀のグリコで小樽はレンガ倉庫、東京は国会議事堂や六本木ヒルズなどを破壊していく。
こうなったら「沈黙の艦隊」で海江田艦長が国連で加盟国・地域を日の昇る順番に言いいだして、読んでる方を「おい、おいほんまに全部言っていくんかよ~!何ページ使うねん!」と思わせたように、各県のお国自慢を破壊していったらよかったのに~。
地図ブームだしね!
この映画に登場してこなかった県の人は、寂しい思いで見てたんじゃないかな?

SFXは、神谷誠。
「ガメラ」と、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ」、「CUTIE HONEY キューティーハニー」と、ず~っと当たりの人。
脚本は、加藤正人。
調べると評価の高い「雪に願うこと」の脚本もこの人。
もっと調べると森田水絵の「愛奴人形」の脚本やん!
世話になっとったわ!!

いつでも泣けるというか「演技に入っていけば、自然に泣けるじゃないですか」っぽいことを関西ローカル番組のインタビューで答えた天才少女福田麻由子には、すでに“ナマイキッズ”のオーラが漂います。
「ガメラ3」の前田愛が看護婦姿で登場するのを見つけ、福田麻由子はこんな風に健やかに成長せんやろな~とあらためて思いました。
お楽しみキャスティングでは、泣き叫びなげら幼子を抱きしめる母親(木村多江)を尻目に、金網の向こうでゆっくりと避難するヒルズ族?の夫妻を庵野&安野夫妻が憎まれやすい風貌で飄々と演じているのが2カットもあり、メカニックデザインなる部署も担当されたようで、あいあかわらず樋口監督との友情の深さを感じさせます(庵野監督にもなにか撮らせたれ!)。

それにしても“メガリス”って怪獣の名前みたい。
このまま東宝と蜜月関係を保ちながら、次の復活「ゴジラ」でも撮らせてもらったら~。


★★
東京大学地震研究所「日本沈没」と地球科学に関するQ&Aコーナーというのがあって、「どうして(映画が)こんなにおもしろくないのですか?」という質問がありました。
期間限定のコーナーなんで、どういった回答がされたかは、お早めにチェックを!

コメント (12)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 「M:i:III」 JJって... | トップ | 「神の左手 悪魔の右手」 ノ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
写りませんでした (メビウス)
2006-08-07 21:01:53
aq99さんこんばんわ♪TB有難うございました♪



あの状況下で『抱いて』はさすがに自分もドン引きしましたね(^^;)ぶっちゃけ柴咲も言いたくなかったんじゃないでしょうか?(汗





>この映画に登場してこなかった県の人は、寂しい思いで見てたんじゃないかな?



この映画って日本の名山名所が次々と噴火・破壊されていくので、やっぱり47都道府県各地で観てる人は地元がいつ破壊されるんだろうと期待を込めて観賞してる人も多かったはずですね♪

という我が地元青森県は写りもしませんでしたが・・・(汗

三内丸山遺跡とかぶっ壊れるとこ観たかったです(^▽^;)
オマージュ (kossy)
2006-08-08 02:11:38
菊間アナへのオマージュって・・・むちゃ懐かしすぎ!笑ってしまいました。



ゴジラシリーズもこの路線になるかと思うと、かなり怖いんですけど・・・
「抱いて」疑惑 (にら)
2006-08-08 13:54:29
2つの説があります。



ひとつは、草ナギくんがかねてからのウワサどおりやっぱりホ●だったという説です。



もうひとつは、『バトロワ』で柴咲さんを抱いた男子生徒たちがどういう末路になったかを草ナギくんが知っていたからという説。

同じ目に逢いたくないので、とりあえずやんわり拒絶しといて、寝入った頃を見計らって草ナギくんはスタコラ逃げたんですけど、バイクで追跡する柴咲さんにあっという間に追いつかれます。

とりあえず、草ナギくんは何とかその場を切り抜けヘリで空中へ逃げ、柴咲さんも一旦引き下がりましたが、いつレスキュー隊のヘリで追って来るかも知れません。地上も空中も安全でないと悟った草ナギくんは海中へ逃げますが、潜水艦で永久に海底に居るわけにもいきません。

そこで、意を決して潜水艦とともに海の藻屑となる道を選んだわけです。



うーん、無理があるから、ひとつ目の●モ説にしときます(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。
TBさせていただきました! (てれすどん2号)
2006-08-09 03:34:59
僕も特撮好きなので、スタッフ陣の絆を感じれましたね、映画で。特撮と本編がマッチし、3Dもかなり以前から成長していましたね。そうですね、彼らはあとはゴジラ復活しか野望がなさそう、、、(笑)
メビウス さんへ (aq99)
2006-08-14 22:23:32
滅亡モノにつきものの、ヘンな宗教とかでてこなかったけど、もしでてきたなら恐山の巡礼の列とかあったりしたかも。

青森が舞台って、深作健太が実写化を狙ってる(やめてほしい)マンガ「THE WORLD IS MINE」がそうじゃなかったですかね~。

映画化の暁には、思う存分破壊してください。
kossy さんへ (aq99)
2006-08-14 22:26:50
「ガメラ」も残虐なところが、見所のひとつでしたから、「ゴジラ」でもきっとやってくれると思います。金子にやれて、樋口にやれないことはない!と、怪獣映画に関しては思うのですが・・・。
にら さんへ (aq99)
2006-08-14 22:35:40
今思えば、柴咲のしつこさは、ホント、ターミネーターばりの「バトロワ」でしたね~。

男の死に方ナンバー1は腹上死だそうですが(ホントか?)、草ナギはイヤだったんですね~。「バトロワ」説に一票をと思いましたが、●モ説がますます怪しくなってきました。
てれすどん2号さんへ (aq99)
2006-08-14 22:38:36
樋口監督には、「ガメラ」の時みたいに、いい脚本家に恵まれてほしいですね~。

SFXだけでなく、脚本にもダメだしはしてほしいです。
お国自慢 (アガサ)
2007-02-07 22:13:04
aq99さん、こんにちは。

私の地元岡山県は、ばっちり出てきませんでした・・・。
まぁ、いいですけど・・。

そのせいかどうなのか、どこか引き気味な気持ちで観ていましたが、やっぱり一番引いてしまったのは「抱いて・・」でしたね。

昭和かよ!

TBさせて頂きますね♪
アガサ さんへ (aq99)
2007-02-08 22:09:02
岡山~、揺らしがいのある瀬戸大橋があるのにね~。
アンパンマン列車とともに揺らして、言う事聞かないクソ子供がギャ~って「ガメラ」時代の樋口監督ならやってくれそうなんですが・・・。


コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

日本沈没(映画館) (ひるめし。)
いのちよりも、大切なひとがいる。 CAST:草なぎ剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博 他 ■日本産 135分 良く出来た大作だと思うけど、観ててなんか気分が暗くなって凹んだ・・・。 やっぱり映画とはいっても日本列島がめちゃくちゃになったり、地割 ...
『日本沈没』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも ...
日本沈没(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】樋口真嗣 【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二 【公開日】2006/7.15 【製作】日本 【ストーリー】 潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
★「日本沈没」 (ひらりん的映画ブログ)
2006/07/15公開の作品。 むかーーし、テレビ版はかすかに記憶にぃーーー。 (年がばれるぅ) 結末とか覚えてないし・・パニックものだし・・ 新たな気持ちで見る事に・・・。
日本沈没 (ネタバレ映画館)
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
日本沈没 (Akira's VOICE)
好きなシーンはある。映像も圧巻。 心に残るドラマもあるし,正直,嫌いではない。 ただ,全体のあちこちが中途半端で物足りなさが沢山・・
『日本沈没』 (ねこのひたい~絵日記室)
いいか、よく聞け。 フォッサマグナとムラカミファンドの崩壊で、TBSは一気呵成に沈んでいくんだ!
「日本沈没」レビュー 樋口真嗣も小野寺俊夫も、人類は一生懸命に輝く。  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪ ※てれすどん2号 ...
パニックサスペンス×メロドラマ『日本沈没』 (夢だと気づいた時に夢は始まる)
 樋口真嗣監督版『日本沈没』──。脚本が悪い、との指摘を結構見かけるのだが、果...
真・映画日記(2)『日本沈没』 (CHEAP THRILL)
(1から) 16時50分に映画館を出る。 TSUTAYA渋谷店でとある監督の短編作品を借りる。26日と27日で半額デーをやっているので210円で借りられた。 銀座に出て18時50分までDELLのパソコンレンタルで時間を潰す。 19時から喫茶店「ルノアール」の会議室で行わ ...
日本沈没 東宝的様式美は、パニックをラブストーリーに変えた。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:日本沈没/東宝 ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分 映画館:三番街シネマ1(614席) 鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ 私の満足度:65%  オススメ度:65% 今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみた オリジナル ...
『日本沈没』 (すきなものだけでいいです)
  国宝の郵送先は、大英博物館宛でお願いします。 現実が、想像に追い付き追い越すこの世の中。 地球温暖化による水面上昇で、2100年頃には日本の海面も1メートル近く上昇している予定だそうですね。 そうなる