『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えませんが。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年 ブロガーが選んだ映画ベスト10

2017年01月20日 | 映画ベスト10
今年は、去年休んだんで2015年のものと、「バックトウザフューチャー」2・3の様に同時制作してたら、予想以上に時間かかりまして、えらい遅くなってしまいました。その間、キネ旬のベスト10が発表され、日本アカデミー賞もノミネーションされましたね。で、なにか不満が、ちょこちょこ出てるみたいなんですが、このベスト10を見たら解消されるんでは?というわけでご覧ください。(過去のベスト10 2015年2014年2013年 2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年)。


今回は73ブログ。
得点の付け方は、1位10点、2位9点…9位2点、10位1点。
邦画・洋画別に選んでる方は、邦画1位・洋画1位は各9.5点、2位各7.5点…5位各1.5点。
ランク付けのない方は55点÷本数としました(10本未満選択の場合は選択本数を基礎点とします)。
映画タイトルの後にある【】は1位に選んだ方のブログです。
クリックしますとその方のベスト10記事に飛びます。
それでは、どうぞ!


10位『ボーダーライン』64点【Days of Books, Films & Jazz】


9位『シング・ストリート 未来へのうた』89.5点【タニプロダクション】【京の昼寝】【NAO日和】


8位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ ストーリー』94.5点【YUKKOのI LOVE MOVIES】【だらだら無気力ブログ!】


7位『ルーム』98点


6位『オデッセイ』100.5点【はらやんの映画徒然草】【etoile】【満腹亭ぷくぷくの事件簿】


5位『ハドソン川の奇跡』109.5点【C’est joliここちいい毎日を♪】【シネマ親父の日々是名言】【虚馬ダイアリー】


4位『君の名は。』135点【NAO日和】【パピとママの映画のBlog】【映画は時代を映す鏡】


3位『レヴェナント:蘇りし者』137点【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】【新・辛口映画館】【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】【ぁの、アレ!床屋のグルグル回ってるヤツ!】【映画!That'sEntertainment】



2位『シン・ゴジラ』』195点【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】【新・辛口映画館】【シネマ親父の日々是名言】【西京極 紫の館】【風情の不安多事な冒険】


1位『この世界の片隅に』217点【Akira's VOICE】【オールマイティーにコメンテート】【タニプロダクション】【元副会長のCinemaDays】【Con Gus,Sin Hielo】【COLOR of CINEMA】【SGA屋物語紹介所】【みはいる・BのB】【こねたみっくす】【お楽しみはココからだ】【舞い上がる。】【佐藤秀の徒然幻視録】

この世界(ブロガーが選ぶベスト10)にもガラスの天井がありまして、過去12回一度もアニメ作品がベスト1になったことはありませんでした。まぁ邦画自体も2007年の「それでも僕はやってない」っきりで、アニメ作品は2008年の「WALLE ウォーリー」の3位が最高で、「サマー・ウォーズ」「トイ・ストーリー3」「風立ちぬ」がすべて4位と、はね返されてきました。私は個人ベストで、この12年4本もアニメ作品を1位にしてきただけに、アニメが1位になったのと、この作品で1位になったのが、すごくうれしいです。ちなみに片渕監督の「マイマイ新子」は2009年に30位と、それなりに評価されていたことも付け加えておきます。
2位に「シン・ゴジラ」、結構追いつめていましたね。
洋画の最上位は「レヴェナント」。ちょっと意外な気がしましたが、1位推しが多いですね。
4位「君の名は。」。ウェブ上では、「キネ旬ベスト10でなぜ圏外」という記事が出ていましたが、こちらでは入りました。
5位のイーストウッド監督作、これで3作連続です。完全にV字回復しましたね。
6位、リドリー・スコット初ランクイン。70年代から活躍されてる監督が、入るのはうれしいですね。
7位「ルーム」は、1位にされた方がいなくても、ベスト10に入ってきたつわものです。
「スターゥォーズ」シリーズは、かろうじて8位を確保。シリーズものでは唯一、ベスト10を逃していない作品で、今後も頑張ってほしいですが・・・。
9位に「シング・ストリート」。そういえば、音楽系、いつもなにかしら入っていますね。
10位はコンマ差でした。11位~13位も1点差ずつで、正直、あと一人の票差で変わっていたかもしれません。
そんな残念な11位以下です。

11位『湯を沸かすほどの熱い愛』63.5点【京の昼寝】【真紅のthinkingdays】
12位『ヒメアノ~ル』63点
13位『永い言い訳』62点【ジョニー暴れん坊デップの部屋】
14位『スポットライト 世紀のスクープ』59位【虎猫の気まぐれシネマ日記】【映画B-ブログ】
15位『サウルの息子』58点【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ】【日々是変化ナリ】【E!PLACE】
16位『ズートピア』55.5点【みはいる・BのB】【映画好きパパの鑑賞日記】
17位『リリーのすべて』53.5点
18位『ヘイトフル・エイト』53点
19位『エクス・マキナ』50.5点【我想一個人映画美的女人blog】
20位『手紙は憶えている』49点

今年も11~13位の邦画ラッシュ。この三作は、先ほど言った10位になっていてもおかしくない作品でした。「スポットライト」は、アカデミー賞作品賞で4本目のベスト10落ち。そして、なんと言ってもここでの最大のトピックは、タランティーノが、4作目でついにベスト10からの陥落でしょう。17位のトム・フーパーが、3作目で落ちてしまいしたが、三作連続してベスト10に入るのでも、すごいのに、4作連続となると、まさに偉業。過去達成しているのは、中島哲也、イーストウッド、クリストファー・ノーランで、さらに現在挑戦中なのが、マシュー・ヴォーン、クリストファー・ノーラン(継続中)、そしてイーストウッド(2回目)だけです。今後、期待できそうなのが、イニャリトウと、青田買いですがデイミアン・チャゼルでしょうか。
では、21位以下です。

21位『ザ・ウォーク』48.5点
22位『キャロル』47.5点
23位『怒り』47点
24位『アイ・アム・ア・ヒーロー』44.5点【ハリウッド映画LOVE】
25位『PK』43点【メモリの藻屑、記憶領域のゴミ】
26位『リップヴァンウィンクルの花嫁』38位【芸術に恋してBlog】
27位『帰ってきたヒトラー』36.5点【レザボアCATs】
27位『最愛の子』36.5点
29位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』36点【SGA屋物語紹介所】
30位『ブルックリン』35.5点【マープルのつぶやき】

31位『海よりもまだ深く』35点【『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記】
32位『さざなみ』
32位『セトウツミ』32.5点
33位『映画 聲の形』31.5点
34位『ちはやふる上の句/下の句』29点【キネマ・アイランド】
35位『オマールの壁』28.5点
36位『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』28点【Oliver Cinema】
36位『マジカルガール』【ここなつ映画レビュー】
38位『マネー・ショート 華麗なる大逆転』27.5点【元副会長のCinemaDays】
39位『裸足の季節』25.5点
40位『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』24.5点【パピとママの映画のBlog】

私の1位は、また、こんなところに入っていました。ちなみに40位中19本見てました。40本とも見た人っているかな~?アニメ、ヨーロッパ、エンタメ、アジアと各種入ってるので、全部見たというのは、なかなか難しいのでは?
以下、1位に推された映画たちです。

46位『レッドタートル』【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】
46位『ロブスター』【JOEは来ず…】
51位『ダゲレオタイプの女』【芸術に恋してBlog】
55位『ナイトクローラー』【銅版画制作の日々】
58位『FAKE』【センタのダイアリー】
59位『グッバイ・サマー』【森直人/脱力日記ハイパー】
61位『チリの闘い』【宇宙のめいぐると】
66位『青空エール』【気ままな映画生活】
68位『ハートビート』【映画1か月フリーパスポートもらうぞ】
68位『王家欣』【龍目日記】
68位『イップ・マン 継承』【私設刑務所 CHATEAU D'IF】
68位『ダイ・ビューティフル』【映画三昧、活字中毒】
68位『10 クローバーフィールド・レーン』【或る日の出来事】
68位『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』【A Little his REDEMPTION.』趣味映画鑑賞】
74位『オートマタ』【佐藤秀の徒然幻視録】

また順不同の方にもご協力いただいております。 【映画批評的妄想覚え書き/日々是口実】【ノルウェー暮らし・イン・原宿】【to Heart】【pure breath★マリーの映画館】【juntana325 趣味三昧】【ノラネコの呑んで観るシネマ】【黒猫のうたた寝】【映画とJ-POPの日々】【ポコアポコヤ映画倉庫】

では、今年も、良い映画にたくさん出会えますように!!

コメント (29)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2015年 ブロガーが選んだ映... | トップ | 2017年 映画ベスト10 »
最新の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (真紅)
2017-01-22 21:47:46
aq99さん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
今年も映画ブロガーの末席に加えていただき恐縮です。
そして集計お疲れ様でした。
私の一位はベストテン圏外、、、くぅ~~残念!
映画ブログってやっぱいいな~と思います。今年もよろしくお願いします。
Unknown (Nakaji)
2017-01-22 22:08:43
こんにちは。今年もありがとうございました!
ブロガーさんの中に入れてもらってうれしいです♪

やっぱりあの映画人気あるだ~って再認識でした。
映画ブログやっぱりいいですね!!!!

今年もよろしくお願いいたします。
ご苦労様です! (ノルウェーまだ~む)
2017-01-22 23:15:33
aq99さん☆
集計大変だったと思います。御苦労さまでした。
なるほどのベスト10ですね~
私はランキングにしてないですが、集計のお仲間に入れて頂けて光栄です。
「この世界の~」は未だ観てないのですが、まだやっているかしら?劇場に急がなきゃ!
aq99さん⭐︎ (mig)
2017-01-22 23:55:11
去年なかったので寂しかったんですよ!
今年もお疲れさまでした!
わわ、エクスマキナ人気あったので今年は上位かな?と思ったらまだまだですね、笑
ミニシアター系が結構好きだから仕方ないかな 笑
でも上位はさすがみんな見ている人気作ばかり。

おっしゃる通り、デイミアン・チャゼルの若き才能、
すごいですよね。今後注目だし、
私、きっと自分の今年の一位の作品になると予想してます!
今年もよろしくお願いします♪
Unknown (なな)
2017-01-23 00:24:02
ありがとうございます。

毎年こうやってまとめていただけるとその年のヒットの傾向がよくわかります。
そうか~~今年の1位はアニメ映画で邦画というだけで快挙なんですね!
私はアニメ映画は苦手でまずアニメというだけでスルーするんですが
「君の名は」は依然として興味ないですが,「この世界の~」は観てみたくなりました。

今年もよろしくお願いします。
今年もご苦労様です (Kei)
2017-01-23 00:42:18
昨年はよく考えたらなかったんですね。復活嬉しいです。集計ご苦労様でした。
「この世界の片隅に」ベストワン!もお大満足です。
「シン・ゴジラ」が2位に「君の名は。」が4位と、日本映画が大健闘…と思って喜んでたらベスト10に日本映画、この3本だけなんですね。嬉しいけどちょっと複雑です。
大変でしょうが、2017年度集計も(笑)よろしくお願いいたします。
お疲れ様です (masala)
2017-01-23 00:56:08
膨大なブログからランキングを集計する。
根気のいる作業に頭の下がる思いです。
本年もよろしくお願いします。
お疲れ様でした (NAO)
2017-01-23 16:00:35
ブログにコメントありがとうございました。

毎年、拝読していますが、膨大なブログからの集計。
ホントに凄いですし、頭が下がりますし、毎年楽しみにしています♪

邦画は全体的に良い作品があったように思われましたが
蓋を開けてみれば、「シン・ゴジラ」「君の名は」「この世界の片隅に」がぶっちぎりなんですね(驚)

2016年がアニメ作品当たり年だったのは、アニメファンの一人として嬉しいです。
本年も宜しくお願い致します。
お疲れ様です (AKIRA)
2017-01-23 18:54:24
集計ご苦労様です!
ありがとうございます。

2016年の映画ランキングは歴史的ともいえますね。
記憶に残る!
こんばんは~☆ (kira)
2017-01-23 20:29:21
2016年は、鑑賞本数が減っていたにも拘わらず、未アップも多くて大反省でしたが、
今回も末席に加えていただき、恐縮です。
洋画の最上位が「レヴェナント」で嬉しいです☆
それにしても昨年はまた邦画が素晴らしかったですね~♪

毎年の集計は大変でしょうが、
楽しみにしてましたので、嬉しいです~!
出来るだけ続けて下さいまし。
今年も宜しくお願い致します🌟

コメントを投稿

映画ベスト10」カテゴリの最新記事