ごじゃ満開

いすみ市内外の隠れた情報と
ちょっとしたエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイドに 桜花賞

2016-04-10 09:22:58 | ワイドに攻める馬券講座
3月までの
超ハードな業務をこなし、
先週の日曜は
超久々の完全OFF。

気が付けば
春のGIシリーズ開幕。

高松宮記念の予想は、
さすがに
それどころではなかったので
回避。

だが、
今週は桜花賞。

今年のクラッシック
第一弾!

ばっちり
予想してみよう。

と言いつつも、
2002年の
1着アローキャリー
2着ブルーリッジリバー
馬連的中(\34,440)以来、
まったく当たっていない。

今年の桜花賞は、
1頭ズバ抜けてるのがいるが、
波乱があるのだろうか。

4月10日(日)
2回阪神6日 11R
第76回
桜花賞(GI)
芝1600m 右回り
発走15:40

まず、
能書き抜きにして
(5)メジャーエンブレム
は連軸として外せない。

対抗として、
(12)シンハライト
(13)ジュエラー
も同様。

どうみても、
この上位人気3頭が
中心だろう。

んがしかし、
これまでの桜花賞で
馬体重500kgともなる馬が
優勝した例はない。

優勝馬の
最高馬体重は
2000年の
チアズグレイス(490kg)
のみ。

上記3頭のうち、
前走の馬体重をみると、
(5)メジャーエンブレム498kg
(12)シンハライト430kg
(13)ジュエラー498kg
今週の調教後の馬体重では
(5)メジャーエンブレム505kg
(12)シンハライト430kg
(13)ジュエラー500kg
※共に4/7(木)計量
である。

近年では、
3着以内の馬ですら
2008年の
ソーマジック(490kg)
だけである。

男勝りの馬は
牝馬の祭典には
不向きなのだろう。

と着眼すると、
(5)と(13)は
連から外せる。
いや、
外すべきである。

となれば、
軸となるのは
◎(12)シンハライト

以下、
○(10)アットザシーサイド
▲(7)デンコウアンジュ

今日はOFFではない。

これから
ちょっぴり仕事して
家の庭の草刈と
風呂掃除に励む。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« あれから20年、これから何年? | トップ | ワイドに 皐月賞 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とりあえず)
2016-04-11 11:46:33
馬体重から入るとは
シブいね

コメントを投稿

ワイドに攻める馬券講座」カテゴリの最新記事